nama3 さん プロフィール

  •  
nama3さん: nama3の写真日記」
ハンドル名nama3 さん
ブログタイトルnama3の写真日記」
ブログURLhttp://kitano3.exblog.jp/
サイト紹介文自由気ままな写真日記です。できるだけ毎日更新するようにしています。写真はネイチャー系が多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/08/02 14:18

nama3 さんのブログ記事

  • 町田良太写真展「虚空の庭」
  •  22日から始まった町田さんの写真展「虚空の庭」へお邪魔してきました。ちょうどパーティの最中でしたが、見るスペースを開けてもらいながら拝見しました。撮影の何倍もの労力をかけて和紙にプリントされた作品です。写真の素材は植物ですが、町田さん流の深い思考で仕上げられた作品群です。自分は、インクジェットプリンターでプリントして仕上げた写真しか作れませんが、町田さんの作品は、プラチナパラジウ... [続きを読む]
  • レンゲショウマの御岳山へ2
  •  御岳山へ初めて登ったのはいつのことだったか、記憶が定かではありません。たぶん、大岳山登山の途中、寄ったのが最初ではないかと思います。そのあと何回か、職場のハイキングなどでも登った記憶があります。頻繁に行くようになったのは、20年ほど前、宿坊のひとつと仕事上のつながりができてからです。10年ほど前まで、仲間内の忘年会を宿坊のひとつで毎年開催していた時期もあります。御岳山の宿坊は、押... [続きを読む]
  • レンゲショウマの御岳山へ
  •  土曜日、曇り空でしたが、レンゲショウマが咲いているであろう御岳山へ向かいました。ケーブルカーの始発は7時半ですが、7時頃到着しました。ちょうどいいかなと思いつつゆっくりと準備をしていると「臨時始発を出します」とのアナウンス、なんと7時15分に臨時が出ることになりました。「今日はラッキーかも」と思いつつ乗り込みました。久しぶりの御岳ケーブルカー、登るにつれて霧も深くなる。雲の中に入... [続きを読む]
  • 緑の絨毯 ハイマツ帯
  •  北アルプスや南アルプスの高山に登るとある一定の高さに森林限界があります。それ以上高い所は、立木が生えることのできません。でも、日本の山の植生は素晴らしく森林限界より上にもこのハイマツが生えています。登っていてハイマツ帯に辿り着くと急に視界が広がり、高いところまで登ってきたことを実感します。このハイマツを初めて見たのは、今から45年ほど前、初めて単独で登った山=金峰山ででした。奥秩... [続きを読む]
  • 花の山 白馬岳ラスト
  •  白馬岳の高山植物シリーズ、今回で最後となります。白馬大雪渓を下って、雪渓末端にに辿り着いたときには、息ヘロヘロ、膝ガクガク状態でした。カメラもしまって、ここから猿倉までの1時間、脇目も振らずに歩こうとしたのです。でもその考えは、すぐに破れました。キヌガサソウがあったからです。ザックを降ろして再びカメラを出したことは言うまでもありません。10年ほど前に登った双六岳で見て以来です。予... [続きを読む]
  • 花の山 白馬岳3
  •  白馬岳の稜線付近や大雪渓の上部で撮った花の写真は、今回で最後になると思います。振り返って、今回は、定番高山植物をあまり撮っていませんでした。シナノキンバイ、ミヤマダイモンジソウ、チングルマ、タテヤマリンドウといった花です。稜線では、確かにたくさん見かけましたが、「あとでいいや」が結局撮らないままに下山してしまった感じです。行動中に見かけた場合は、とりあえず撮っておくことが大事なの... [続きを読む]
  • 花の山 白馬岳2
  •  昨日の続きです。昨日、今日と稜線や大雪渓の上部=所謂高山帯で撮った高山植物をアップしています。かなり意識して撮影しましたが、撮り忘れてる花も多いです。7月虫旬から8月中旬にかけての約一か月が花のピークです。この時期は、登山口付近から頂上付近に至るまで花を楽しむことが出来ます。 正直、花の名前は自信がありません。ありませんが、記入します。1枚目は、イワツメクサ、2枚目はチシマギキョ... [続きを読む]
  • 花の山 白馬岳
  •  白馬岳は、北アルプスの中でも有数の花の名所です。大雪渓上部や頂上稜線のそこここでお花畑を見ることが出来ます。自分がこれまで登ったことのある山域では、薬師岳から双六岳へ稜線と双璧だと思います。ウルップソウなど、本州ではここでしか見ることができない品種もあります。そんな白馬岳の高山植物、今回、可能な限り撮りましたが、撮り逃した花もたくさんあります。それでも結構な種類を鳥ことが出来まし... [続きを読む]
  • 白馬大雪渓
  •  白馬岳大雪渓は、一般登山道の雪渓としては最大規模の雪渓です。これまで2回ほどここを登って白馬岳に登頂しました。今回は、栂池高原から登って、大雪渓を下山ルートとして使いました。三十数年前と一番の違いは、登山者の足元ではないかと思いました。それは、アイゼンです。殆どの登山者がアイゼンを付けて登下山していました。自分は、夏山でアイゼンを付けたことがありません。アイゼンはピッケルとコンビ... [続きを読む]
  • ちょっとだけ山岳写真考
  •  2日目の早朝、白馬岳頂上方向へ登り始めて1時間、日の出直後の時間ですが、大きなカメラで撮影中の写真家さんと遭遇しました。8×10のカメラで撮影しているところは山では初めて見たかな。そんなこともあって、そのカッコよさについつい言葉をかけてしまいました。かぶり布から、こぼれるような笑顔が出てきました。「おはようございます。そのカメラは、8×10ですか?」「はいそうです」「すごいですね... [続きを読む]
  • 白馬岳へ
  •  9日から2泊3日で北アルプス白馬岳へ行っていました。当初は、3日から6日の予定で考えていましたが、迷走していた台風5号のことが気になって9日から12日へ変更しました。今から思えば、変更しなかった方が良かった。それほど台風の動きが想像以上に遅かったからです。9日は小雨の中を登り始め、最初のピーク乗鞍岳あたりから晴れ始め、夕方には、完全な快晴状態となりました。そのまま、台風一過の天気... [続きを読む]
  • インプットの時間 ジャコメッティ展
  •  インプットの時間ということで久しぶりに六本木の新国立美術館を訪れました。目的は今開催中の「ジャコメッティ展」です。ジャコメッティの彫刻は、本でしか見たことがありませんでした。本人の肖像もなんの本だったか、アンリ・カルチエ=ブレッソンが撮った写真で見たのが最初です。シュールレアリスムや実存主義についてちょっとかじると名前が良く登場する彫刻家でした。自分の中では、そういう観念的存在で... [続きを読む]
  • そんなところで咲かなくても
  •  雑草園に植えられている百合が、こんなところで咲き始めました。この場所は、隣のアパートの塀際、駐車場への導入路の端っこです。写っていませんがこの花の咲いている道路の左側に雑草園があります。種がこぼれたのか、鳥が運んだのか、理由はわかりませんがこの場所に芽を出し花を咲かせました。しかも雑草園より早く咲き始めたのです。土の地面の雑草園よりコンクリートの隙間の方が成長が早い?環境に不満の... [続きを読む]
  • 榛名山沼ノ原の花
  •  一週間たってしまいました。先週撮った写真は、まだまだあるのですが、今回で最後にしたいと思います。沼ノ原で撮った花をできるだけたくさんアップします。花の名前は、調べている時間がありません。このほかにもオミナエシ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、キキョウなどが咲いていました。花の宝庫です。秋にかけてさらにまだまだ花のリレーが続きます。 [続きを読む]
  • 白馬岳が遠ざかる
  •  3日から白馬岳登山を計画していましたが、延期しました。台風5号の動きが遅く、その影響でしょう、天候不順が続いています。休暇を取っていく以上、できるだけ好条件の下登りたい。そういう訳で、この週末は、ぽっかりと予定が空きました。できるだけ有意に過ごしたい。写真展巡回も良いし、久しぶりに美術展も良いなあ。それから雑用も出来るだけこなしてしまおう。プリンターが不調なので、修理手配もやって... [続きを読む]
  • おっとどっこい
  •  榛名神社へ行った時のことです。新しく市営駐車場(無料)が出来ていました。神社まではほんのちょっと(参道まで3分くらい)遠くなりますが、ここからなら、大鳥居から山門まで続く「宿坊街」の参道を歩くことができます。なので、ここへ車を止めて行くことにしました。そして、歩き始めてすぐ写真のこれが目に入りました。銀杏の幹を切って作られた腰掛です。なんと葉っぱが出ているのです。つまり、死んでは... [続きを読む]
  • 天邪鬼
  •  自分のことではありません。自分はどちらかというと素直な人間だと自分では思っています。天邪鬼は今時の関東の天気です。梅雨の間は、空梅雨で「もう明けたんじゃない」と思える天気が続きました。気象庁が梅雨明けを発表した途端、毎日毎日どんよりそして時々大雨という天気が続いています。そんなこともあって、3日から北アルプスへ行こうと考えていましたが、いったん中止することにしました。台風5号の動... [続きを読む]
  • 防塵防滴
  •  自分の撮影フィールドではこの性能がとてもありがたい。今回持って行ったボディはすべて防塵防滴でした。レンズは防塵防滴仕様でないものも車に積んでいきましたが、実際に撮影に使ったのはすべて防塵防滴レンズです。自分は、上下の雨具に長靴、さらに傘までさして行動しましたので、体は濡れません。カメラは、2台を首から下げて、1台はザックのすぐ取り出せるところに収納して撮影に臨みました。 本降... [続きを読む]
  • 気を撮りたい
  •  これは、ここ2年くらいの目標にしていることです。気は目になかなか見えません。どちらかという見るというより感じるものです。この感じるものである気を2次元の映像で出せないか、ちょっとでも感じる写真が撮れないか、そういうことです。 自分の腕ではなかなかできませんが、気を感じてもらえる写真を撮ってみたい。気と言ってもいろいろあります。ちょっと気が付く言葉を思い浮かべてみると空気 大気、雰... [続きを読む]
  • ユウスゲの榛名山は大雨
  •  2年ぶりに榛名山沼ノ原へ行ってきました。朝2時過ぎに出発して4時ごろ到着しました。晴れていればすぐにでも撮影を始めるのですが、小雨模様、なので、明るくなるのを待つことにしました。シートを倒してウトウトしていると大きな雨音がして目覚めました。小雨模様が本降りの雨となり始めたのでした。 三脚が必要ない明るさになったところで出発しました。服装は、登山用雨具、長靴の出立です。カメラは... [続きを読む]
  • さあ週末、はりきって
  •  やっと週末がやってきました。思う存分撮影に時間を使えるのは週末の2日間。この週末は、土曜日は撮影に出ます。そして日曜日は、8月3日からの北アルプス遠征に向けた準備に当てようと考えています。本当に久しぶりになりますが、榛名山へ行くことにしました。目的は榛名山沼ノ原のユウスゲです。ユウスゲの花は、ご存知のように夜咲いて、朝にはしぼみ始めます。なので、暗い時間から早朝が狙いめな... [続きを読む]
  • ルドペキア 雑草園の花
  •  花のピークは過ぎつつありますが、いま雑草園で最大の勢力を誇っています。西側の敷地に多く植えられているので、ひょっとしたら風水を信じて植えたのかもしれません。でも悲しいかな、どんどん増えるのはルドペキアだけで、金運は全然上がりません(笑)ちょっと増え過ぎ感がありますので、少し間引いて、違う花を植えたほうが良いように思います。 花期が長めで、昆虫もよく集まっています。バッタやカマ... [続きを読む]
  • 咲いていた百日紅 雑草園の花
  •  毎日通勤で通り抜ける職場近くの公園では、とっくの昔に咲き始めている百日紅、しとしと雨の朝、雑草園の百日紅がどうなっているか見てみました。敷地の中でも日当たりの悪い、一番北側の一角に植えてしまったためか、雑草園の百日紅は、花の咲き始が、ちょっと遅いのです。 そんな心配をよそに、2輪だけですが、しっかり咲き始めていました。この花も雑草園では「夏告げ花」です。職場近くの公園には、白... [続きを読む]
  • アメリカ芙蓉 雑草園の花
  •  ネタ切れなので、今週は、雑草園の花を中心にアップしようと思っています。ちょっと退屈な写真と文章のオンパレードになりそうですが、ご容赦ください。今日は、今見頃を迎えたアメリカ芙蓉です。夏の花には、芙蓉の様にしべに特徴のある花が多いですね。雑草園の花では、芙蓉や木槿などがこの形状です。 だからという訳ではありませんが、ちょうど朝の光がしべに当たり始めて美しい。なのでレンズをマクロ... [続きを読む]