8チャン さん プロフィール

  •  
8チャンさん: バイクと映画とひまつぶし
ハンドル名8チャン さん
ブログタイトルバイクと映画とひまつぶし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kle400-8chou
サイト紹介文バイクに乗ったり直したり、時々は映画も観ます。たまには写真も撮ります。
自由文所有するバイクは3台、ZZR250、DT230、DR250Sです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/08/05 07:04

8チャン さんのブログ記事

  • ブリューゲル「バベルの塔」展を観る(その3)
  • きょうは、「バベルの塔」の絵以外でその絵画展で展示されていたものについての印象です。この絵画展に添えられた副題は<16世紀ネーデルランドの至宝ーボスを超えてー>となっています。ネーデルランドとは「低地の国々」を指す言葉で、現在のベルギーとネーデルランド(オランダ)およびルクセンブルクのの3国からなる地域と巨大辞書にありました。また、この地域は「ベネルクス3国」ともいわれています。ベルギーとネーデル [続きを読む]
  • ブリューゲル「バベルの塔」展を観る(その2)
  • 昨日の続きです。ここで、ブリューゲルが描いた「塔の階数」に眼を向けてみましょう。この絵によれば7階までがほぼ完成していて、それより上の階層、即ちこの絵に見られる8階と9階は建設途中である事が解ります。この「バベルの塔」は実は7階より上の階層は完成を見ることが無かったのです。それは何故でしょうか?主は、人々が町と塔の建設をすることを許さなかったと旧約聖書の記述にあります。逆の言い方をすれば、主は7階 [続きを読む]
  • ブリューゲル「バベルの塔」展を観る(その1)
  • 所用があり上京しました。ついでに東京都美術館で行われている「バベルの塔」展を観てきました。観に行った日が日曜だったので、行列の肩越しに少しだけ観覧するような有様。ゆっくり美術鑑賞が出来るような雰囲気ではありませんでした。どうせ行くなら平日の朝いちばんでなければだめですね。そんなわけで、少しでも観てきた印象を忘れないようにとガイドブックを買い求めてきました。次のものです。そしてそのガイドブックには原 [続きを読む]
  • スイフトに自転車キャリヤを付ける
  • 健康増進のためと思って長年休んでいた自転車乗りを再開してみました。街中でスポーツ用自転車を乗るのは、交通の妨げにもなるし、自動車との混走では危険でもあります。郊外の交通量の少ない道で走行してみました。ただそこまで行くのに自転車を何らかの方法で運ばなければなりません。コンパクトカーであるスイフトには自転車を分解しなければ積載は出来ません。前後の車輪を外せばスイフトにも積めないことはないのですが、ちょ [続きを読む]
  • 寺山修司についての映画が秋に封切られる。
  • その映画の題名は「あしたはどっちだ、 寺山修司」というものです。予告編がありましたので紹介しましょう。この映画の制作者は相原 英雄さんという人で、1954年生まれの方だそうです。寺山修司にぞっこんほれ込んで、一度は寺山についての映画を作ってみたいと思っていたそうです。寺山修司が持っていたエネルギーの秘密を、どのように描いたのかが気になります。この映画の封切りは秋からとの事ですが、秋田ではまず観るこ [続きを読む]
  • 「うどんこつよし」は「うどんこ速し」君であった。
  • けさ、裏庭の畑をのぞいたら、キュウリの花が咲いて小さな実を付けていました。苗は30センチにも満たない背丈なのですが、早くも花が咲いているのです。キュウリの銘柄は「うどんこつよし」という苗です。苗のタグには病気に強い台木を使用した接ぎ木苗とあります。こんなに小さいうちから花を付けるなんて、強いだけではなく、速い事でもあります。この「うどんこつよし」は「うどんこ速し」君でもあったのです。でもちょっと心 [続きを読む]
  • 勉強はつらいよー。
  • 先月の中旬ころより机にかじりついて勉強しております。某通信制大学で学び始めて3年目なのですが、今の期間は通信指導課題の提出期限が迫っているのです。それを提出し合格しなければ、学期末の単位認定試験を受けることが出来ないのです。それに向けて勉強中で、4講座のうち三つまでは何とか提出したのです。しかし、最後に残った外国語がさっぱりなんです。なんでこれを選んでしまったのかと悔やんでも始まらないと思っている [続きを読む]
  • きょうから6月、衣替えですね。
  • きょうは、6月1日、衣替えですね。きょうの午前中は、秋田市から車で45分の距離にある船川まで、工事に行ってきました。昔の職場の社長からステンレスの手摺の作図を頼まれ、ついでに現場施工もお願いされたのです。自分の作図した施工図で物が出来上がり、そしてそれが現場と寸分違わないように出来上がるのは当たり前のことですが、やはり気持ちの良いものです。さて午後3時半からは、予約していたクリニックに行き、受診し [続きを読む]
  • バラの老木が花を付けています。
  • 我が家の庭には数種の花木が植えられています。今、花開こうとしているのは、ばら、シャクナゲです。バラは父親が残してくれたものですが、手入れが行き届かなくて枯れてしまったものも多くあります。中には50年近くにもなる老木もあるのですが、元気に花を付けてくれるのを見ると、心が和みます。半世紀もの長きにわたり、花を咲かせてくれるのが奇跡に近い出来事に思えるのです。いずれも老木なので、花もかってのように大きくは [続きを読む]
  • スイフトのタイヤについて
  • ブリヂストンのエコピアというタイヤが、このたび買ったスイフトに装着されていました。きょうはこのタイヤがどんなタイヤなのかを調査してみました。エコピアはその名の通り省燃費を図りそのうえ長持ちするというエコなタイヤであるらしい。この銘柄にも数種があるようで、新車装着タイヤはエコピアEP150でした。タイヤのサイズは185/55R16 83Vというサイズです。コンパクトカーの中では扁平率55%というやや扁平なタイヤです。同 [続きを読む]
  • スイフトの燃費について
  • スイフトを購入してから走行距離が1200キロを超えました。燃費はどんなものなのかを見てみたいと思います。先日の走行で192.7キロを走りましたが、その時の燃料消費は11.23リットルでした。単純に1リットル当たりの走行距離17.1キロになります。走行した道路の条件は以下の通りです。高速道での走行距離は約90キロ。渋滞のない郊外の平坦路での走行は50キロほど。渋滞の少ない市街地での走行が20キロ。そしてそんなにき [続きを読む]
  • ブログって自己表現の一つだと思う。
  • 世の中に五月病というものがあるらしい。五月病は自己を取り巻く環境の変化に適切な対応が出来なくて、変調をきたす精神上の病理という事になっている。普通の人はそれを自覚することなくその時期をやり過ごすのであるが、何かの拍子にそのような状態につかまってしまう人がいる。多くの人たちはそのような状況に鈍感であるのが正常なのですが、まれにその変化を敏感に感じてしまう感性を持ってしまった人たちがいるのだろう。その [続きを読む]
  • ほんの少し野菜を植えてみました。
  • 今までの畑はなくなってしまいましたが、やはりそれではあまりにも寂しいので、少しばかりの野菜を庭の片隅に植えてみました。植えたものはつぎのもの。トマトの大玉品種が2種類。普通の桃太郎が2本。桃太郎ゴールド(黄色い大玉)が1本。そして中玉品種が1本、ミニトマトが1本です。ミニトマトは近年、品種改良が進み、色んな種類の苗が売られていますが、今年選んだのはデルモンテが開発した「トウインクル」というものです [続きを読む]
  • マイケル・フレイン「コペンハーゲン」を読んで(その1)
  • マイケル・フレインという劇作家がいます。この作家の代表的な戯曲が「コペンハーゲン」ですが、難解な対話劇という評価が多いのです。ハヤカワ演劇文庫にこの戯曲がありましたので、購入しました。ざっと目を通した印象では、とにかく難しい言葉の連続で取っ付きにくいと思いました。劇の進行というのは、普通では何かの事柄を巡って、登場人物がとる言動を記述されるものだと思っていると、これは少し違います。いや少しどころか [続きを読む]
  • 「エレニの旅」を観る。−その2−
  • 「エレニの旅」を観る。−その1 の記事を投稿してからしばらくたってしまいました。この連休で、全編を通して再度鑑賞してみました。長い作品でした。エンドロールを除いた本篇の時間を測ってみました。2時間47分40秒ありました。なんでこんなに時間を正確に測ったのかを述べます。テオ・アンゲロプロスは一つのカットをを長く撮る監督として有名ですが、はたしてこの映画ではいくつのカットに分かれているのかを知りたく、 [続きを読む]
  • スイフトに乗ってみて(その3)
  • 先日の記事の続きです。本日、燃料をスイフトに補給しました。先日の走行距離は374キロで燃料は22リットル入りましたので、燃費は17キロという事になります。4人乗車で山岳路を含んでの燃費としては悪くない数値ではないでしょうか。昨年12月、秋田、盛岡間の一般国道を軽自動車のミラで往復したことがありましたが、その時の燃費がやはり17キロぐらいでした。その時にミラの乗車人員は大人2名、今回のスイフトの乗車 [続きを読む]
  • テレビの「見方」。
  • 最近と言ってももう数年になりますが、テレビを見ることがほとんどなくなりました。興味をそそる番組がないのが大きな理由です。ニュース番組でも、何か格別な出来事がない限りテレビでの報道を見ることはありません。次の朝の新聞を読めば、大体の用は済みます。其のときにリアルタイムの報道に接しなくとも事実を知ることはできるからです。テレビは映像の撮り方によっては、その時起きている現象よりも過大に表現する傾向がある [続きを読む]
  • スイフトに乗ってみて(その2)
  • 昨日の記事に引き続き、スイフトでの遠出での感想です。5月2日にスイフトで遠出してきました。行った先は八甲田山です。八甲田から酸ケ湯温泉を通り、十和田湖を経由しての走行距離が370キロでした。山の登りでの燃費は車に搭載されている燃費計では15キロほど。下りと平坦路での最高燃費は18,7キロを表示しました。カタログ燃費が20キロなのでその93%の燃費を達成したことになります。にわかには信じられない好燃費な [続きを読む]
  • スイフトに乗ってみて(その1)
  • 長年、下駄代わりにしていたタウンボックスという軽自動車にガタが来て修理費が高くつくようになってきましたので、このたび思い切って車を取り替えました。今度の車はスズキのスイフトです。これです。今年の1月にモデルチェンジをした事を知り、スズキの販売店に行き、展示車を観たりカタログを見たところよさげに思われたので購入を決意したのでした。選んだグレードは近頃流行りのハイブリッド車ではありません。スズキが言う [続きを読む]
  • いよいよ農園主を卒業。
  • 表題の画像は我が家の畑の片隅に植えられている梅の木です。今を盛りとばかりに花が咲いております。長年にわたり家庭菜園で野菜作りをしてきましたが、この畑をやめることにしました。先日からその畑のかたずけをしています。作物の栽培に使った支柱や作業道具、耕運機などを整理して自宅に持ち帰る作業をしています。また、最後の収穫として、前年から畑の土においてある長芋を掘り出してみました。これです。いつもとと違う場所 [続きを読む]
  • 春から始めてみたい事ー自転車乗りの再開。
  • 春から始めてみたい事はロードスポーツの自転車乗りを再開することです。自転車で、天気の良い日など近場にサイクリングに出かけてみたいと思っています。小屋にしまい込み7〜8年も乗っていなかったのですが、しばらくぶりに引っ張りだしてみました。埃まみれになってはいましたが、手入れをすればまだ乗れそうな感じです。ハンドルに巻いてある滑り止めのテープなどは風化してボロボロになっていました。また、タイヤの空気も抜 [続きを読む]
  • 「七十すぎたら、暴走族」
  • いよいよ、4月になりましたね。今年度初めてのブログの投稿です。それにふさわしい題はないものかと思案の挙句、考え出したのが表記の題なのである。そう、ぼくは七十にもなってしまっているのであるが、この先いつまで元気でいられるのかは分からないという実感を持っている。ところで、わたくしにはいろいろとやることが多くあるので、今年からは畑仕事をやめることにした。4月はとにかく、忙しいのである。ここ数年は、家庭菜 [続きを読む]