こんぶネット さん プロフィール

  •  
こんぶネットさん: こんぶろぐ
ハンドル名こんぶネット さん
ブログタイトルこんぶろぐ
ブログURLhttp://kombu-net.jugem.jp/
サイト紹介文(社)日本昆布協会:こんぶネットのブログです。全国の昆布大使さんからの昆布に関する話題を更新中!
自由文全国から昆布好き「昆布大使」さんを募集。昆布に関する情報や我が家の昆布レシピ、食育、昆布ネタ などの話題を投稿、更新しています。ぜひ、のぞいてみてくださいね♪

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/08/05 10:34

こんぶネット さんのブログ記事

  • 男性対象の昆布料理教室
  • 大倉由美昆布大使(広島県) 私が受け持っている【シニア男性料理教室】は13年目を迎えました。毎月広島市五日市公民館にて、エプロンとバンダナ姿の男性達(最年長は80歳です)が料理を楽しんでいます。3月の料理教室では、初めて昆布料理にチャレンジしま... [続きを読む]
  • 簡単!昆布出汁でシンプル炒飯がメチャウマ!
  • 嶌田佳小里昆布大使(三重県) 我が家では旦那様が夜勤、残業などで帰る時間が遅い事もあり、その都度何かを用意するのが大変!しかし、美味しくて簡単!そんな炒飯が作れたら最高だと思い、作ってみました! 材料(二人分)卵:2個 ご飯:お茶碗二杯分中華調味料:好みで。長ネギ:一本昆布だし:100cc油:適量醤油:適量塩コショウ:適量長ネギはみじん切り、卵はといておきます。昆布だしを準備しておきます。? 熱したフ [続きを読む]
  • 昆布のススメ
  • 黒澤東江昆布大使(山梨県) いつのまにか汗ばむ日が多くなり、あんなに寒がっていた朝もすっ、と起きられるようになりました。色々な物事が動き始めていますね。私の住んでいるところでは、熊さんが冬眠から目覚めたようです。そんな春といえば新年度、新年度と言えばひとり暮らしを始めた人も多いのではないでしょうか。先日、ひとり暮らしをしているという大学生さんたちとお話をする機会がありました。彼らは自炊しようと [続きを読む]
  • 昆布の出前授業2
  • 小土道治昆布大使(北海道) 昆布は潮流の関係で横に寝そべってます。潮流の強さや向きは結構変わります。潮流がない状態だと昆布同士が絡み合うこともあります。 これは昆布のカギ採りという採取方法で、ナガ昆布の採取時に行います。 底に見える昆布の向きに合わせて棹を入れるのですが、上手じゃない人は画像のようになります。船同士が隣り合ったりするので、早い者勝ちで先に昆布をかけた方がとりま [続きを読む]
  • 真昆布粉末オイルとタリアテッレ
  • 曽布川優子昆布大使(東京都) デパートの物産展に行くのが好きです。先日も北海道物産展に行ってきて 見つけたのが真昆布の粉末。 塩をはじめとした調味料や保存料を一切使っていない昆布100%。だから、うま味や香りを付けたいときに ささっと加えられて手軽で便利。この真昆布粉末とおろしにんにくをオリーブオイルに加えて、たけのこと春キャベツパスタとブルスケッタを作ってみました。 和風なお味 [続きを読む]
  • レモン昆布鍋
  • 根岸朋子昆布大使(千葉県) 国産レモンが手に入りましたらぜひ!たっぷりの昆布だしに、レタス、豚薄切り肉、アスパラでしゃぶしゃぶに。締めは稲庭うどんがよく合います。昆布だし最高の仕事してくれますよ♪ [続きを読む]
  • お弁当のおともに 出がらし昆布の味噌玉
  • 蒲澤章子昆布大使(東京都)4月に入り、新生活でお弁当作りを頑張っている人も多いことと思います。そこで便利なのが携帯味噌汁『味噌玉』です。会社のマグカップや使い捨てカップにさっとお湯を注ぐだけで美味しい味噌汁が楽しめるんです。普段のお料理で出汁をとったあとの出がらし昆布を入れると旨みもプラス、具材としてもおいしく食べられます。出がらし昆布も捨てずに上手に活用したいものです。 (材料)5個分味 [続きを読む]
  • コンブとワカメの違い
  • 寺井朱星昆布大使(大阪府) 先日、春に美味しい生ワカメを使った「若竹煮」を作った。 食べていた子どもから「お母さん、この昆布美味しいなぁ」との感想。……ちょっと待て、君たちは昆布とワカメの区別もついていないのか?と思い、説明するも、なかなか上手には説明できない。調べてみると、どうやら日本人の2人に1人が的確に昆布とワカメの違いを説明することができないそうだ。調べる前に、まず、子 [続きを読む]
  • 塩昆布とオイル
  • 田邉佳子昆布大使(兵庫県) 美味しい塩昆布キュウリに出会いました。ワインのお供です。 決め手は、ゴマ油。油のおかげで、塩昆布の色がしみ出していませんでした。塩昆布をサラダにミックスしたりしていましたが、色合いがイマイチでした。これならOK。脂質は三大栄養素のひとつです。油というと悪者のように思われがちですが、良質な脂質は、血管、脳、そして全ての細胞膜に必要だそうです。酸化していない油をバラン [続きを読む]
  • 昆布の出前授業1
  • 小土道治昆布大使(北海道) 2月に根室の小学校にて、漁協青年部による地元の水産業の出前授業をしました。私の担当は【昆布】で、ほかの人は【タコ】や【サケマス】【ホタテ】【ウニ】の授業をしていました。 授業内容ですが、日本では年間、大体二万トンの昆布が水揚げされていて、その内三千トンが根室で水揚げされているが、豊漁だったり不漁だったりもあるので平均すると大体三千トン。根室では歯舞 根室 落石の漁 [続きを読む]
  • ヘルシーチヂミ
  • 縄文弥生昆布大使(東京都) もち麦入りのヘルシーチヂミを作りました。春菊と牛肉とキノコを入れてごま油で焼きました。つなぎは米粉。昆布だしと昆布だしをとった後の昆布を刻んで入れて風味がよいチヂミでした。もち麦には水溶性食物繊維の一種、β-グルカンが豊富。血糖値の急激な上昇、悪玉コレステロールの上昇を抑えたり、中性脂肪の吸収を抑えると言われています。私ももち麦を定期的に取り入れることで腸の大掃除 [続きを読む]
  • 昆布をめぐる旅 沖縄へ
  • 松田真枝昆布大使(北海道) 北海道から遠い遠い沖縄。その昔、どうして昆布が琉球にまでたどり着いたのか、それもどうして道東の長昆布だったのか。知りたくて沖縄に出かけました。以下、ざっくりすぎる「想像の世界」です。良かったらご一緒に想像の旅へ出かけましょう。昆布は昔の中国では薬として珍重されていたので、江戸幕府の鎖国の下では薩摩藩が密貿易で琉球経由で中国に昆布を売り、その利益がのちの倒幕費用となっ [続きを読む]
  • 冷蔵庫で置くだけ!旨味たっぷりの『春キャベツの昆布〆』
  • 松橋佳奈子昆布大使(愛知県) 昆布好きがこうじて「昆布大使」になりました。そんな私が好きな昆布料理のベスト3に入るのは何と言っても「昆布〆」。 昆布の旨味が素材にじんわりと移って、潔い美味しさ。昆布〆と言えば、刺身を使うイメージがあるようですが、私のルーツがある富山では、野菜の昆布〆もよく見かけます。以前に冬の根菜を使った昆布〆をご紹介したところ周りの方々から好評をいただきましたが、実は春 [続きを読む]
  • 子どもこんぶ教室
  • 伊藤陽子 昆布大使 (大阪府) 3月27日に自宅にて、昆布を使ったお料理教室を行いました!5歳から12歳の子ども6人が、ママの為にお昼ご飯を作りました!! ●メニュー昆布佃煮入りオニギリ🍙昆布入り豆ごはんオニギリ🍙名残昆布と野菜のかき揚げお野菜いっぱい酒粕入りお味噌汁昆布粉入りカップケーキ昆布粉入りチョコいちご 春から中学生の女の子3人を中心にテキパキとお野 [続きを読む]
  • 昆布料理発表会
  • 天野美樹昆布大使(北海道) 根室市と歯舞漁協女性部との共催事業「第15回昆布料理発表会」へ行ってまいりました。昆布料理発表会は根室市では人気イベントです。今回の来場者は250名。試食料理は20分ほどでなくなってしまいました。テープカットならぬ昆布カットで始まる楽しい発表会でした。発表会では歯舞コンブの消費拡大を目指し、13団体が考案したコンブ料理18品が紹介されたほか、コンブ製品の販売、歯舞漁 [続きを読む]
  • 昆布を干すバイト
  • 海山昆布 昆布大使(東京都) こんぶにちわ!そして昆布ばんわ!海山昆布です。 今回のレポートは『昆布を干すバイト』です!僕が経験した、一生のうち皆さんが経験することはないであろうバイトです。真昆布が採れる南茅部というとこにおばあちゃんが住んでて、昆布が身近にありました。高校の頃、夏休みの期間だけ3年間やりまして朝4時半に起き。5時から約3時間くらい、ひたすら昆布を干すだけというバイトです。どん [続きを読む]
  • ナポリのソウルフード ゼッポリーネを昆布で
  • 曽布川優子 昆布大使(東京都) イタリアは海草類を食べないと言われていますがカンパーニャ地方のナポリ近郊は特別です。ピッツァの生地に海藻を練り込んで小さく丸めて揚げた”ゼッポリーネ”はピッツァリアなどで出されるアンティパスト。郷土料理の一つです。そんなゼッポリーネを昆布だしとだしを取った昆布で作ってみました。周りはカリッと中はモチモチ昆布の旨味と香り また刻んだ昆布の食感が楽しい食べ出 [続きを読む]
  • テキトーがいちばん!
  • 黒澤東江 昆布大使(山梨県) 寒さも残る3月上旬、毎年恒例のお味噌作りをしました。大豆を丸一日かけて柔らかく煮て、臼と杵でこなします。 ここにちょっといい塩と自家製の麹を混ぜたらあとはじっくり待つだけで美味しいお味噌になります。 今年は麹を贅沢に使ったので樽みちみちになりました。出来上がったら昆布だしで美味しいお味噌が毎日飲めますね(^ν^)大豆が目の前でぷくぷくにな [続きを読む]
  • 三陸・陸前高田の大きな昆布
  • 松田真枝 昆布大使(北海道) リアス式海岸と、黒潮と親潮がぶつかりあう豊かな漁場に恵まれた三陸海岸は国産昆布の南限。岩手県陸前高田市はその海岸線に位置する、歴史を持ち文化に恵まれた町。山の恵みが気仙川を通って海へ注がれ海の幸は味わい深く育ち、豊かな食文化も育まれる町の歴史を重ねてきた中で、2011年3月11日東日本大震災で、津波の甚大な被害を受けました。「がんばっぺし」。町の人たちは、陸前高田 [続きを読む]
  • 忙しいママの味方、豚汁
  • 加納舞乙 昆布大使(東京都)……………………………&h
    ellip;……………………………………最近外食
    が多いため、野菜取不足の気がします。冷蔵庫の残り野菜と切昆布を使って、豚汁を作りました
    。 材料大根、里芋、キャベツ、シイタケ、豚肉、切昆布。 [続きを読む]
  • 講演会 昆布の機能性についてより
  • 田邉佳子 昆布大使(兵庫) 3月14日に神戸メリケンパークで日本昆布協会の臨時総会及び3月例会が開かれました。例会の入札後の講演会を、私たち昆布大使も聴講することができました。講師は、大妻女子大学家政学部長の青江誠一郎教授。日本食物繊維学会副理事長。日本における食物繊維研究の第一人者です。このような講演会を聴講させていただけましたこと、深く感謝いたします。今回のレポートでは、この講演会の一部をご [続きを読む]