シロー動物病院 さん プロフィール

  •  
シロー動物病院さん: 埼玉県久喜市 シロー動物病院のブログ
ハンドル名シロー動物病院 さん
ブログタイトル埼玉県久喜市 シロー動物病院のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/shizu2006-mikan2007/
サイト紹介文埼玉県久喜市にありますシロー動物病院です。動物たちとのこと、日々の出来事をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/08/08 20:05

シロー動物病院 さんのブログ記事

  • 命の交差点
  • 今朝、とある病気で定期的に通院していただいた飼い主様から動物が亡くなったとのご連絡をいただきました。 数日前に拝見したときは状態は安定していたのですが昨日、急に状態が悪化してしまったとの事。ただ、15年以上長生きしていたワンちゃんだったので飼主様も、動物が亡くなったことを納得して下さっているようでした。 その後連絡があった直後子猫の飼い主様が薬を取りにいらっしゃいました。その子猫ちゃんは食欲不振のため [続きを読む]
  • 口内炎の治療
  • 猫の慢性口内炎の治療として臼歯の抜歯を行いました。 消炎鎮痛剤に反応する子も多いんですがうまく薬を飲ませられない猫ちゃん反応の悪い猫ちゃん何度も再発する猫ちゃんは、最後の手段として抜歯を行うことがあります。 ただ、抜歯と簡単には言うものの実際は結構大半な作業で力任せに作業をすると大きな血管や周りの組織を傷つけてしまうこともあるため集中力がかなり必要です。この処置をやると、私もグタッとしてしまいます。 [続きを読む]
  • 外猫
  • 昨日の昼は、外猫ちゃんの避妊手術の予定でしたが猫が捕まらないとのことで手術が急きょキャンセルになりました。 外猫ちゃんの手術の場合、当日急に予約が入ることもあれば昨日のように直前になって延期になることもあります。 普段お世話されている方でも猫を捕まえてケージに入れるまで結構苦労されるようです。 担当(院長) [続きを読む]
  • モルモットの腫瘍摘出
  • 最近は犬猫以外の動物の手術が続きます。当院はげっ歯類とかの専門病院ではないのですが不思議なもので、立て続けにご依頼がありました。 そして、先月もモルモットの手術を行いましたが昨日もモルモットの手術でした。 モルモットストレスに弱い動物で出来るなら手術は行いたくなかったのですが術前の検査で悪性を疑わせる腫瘍細胞が見られたので手術もやむなしです。 麻酔から覚めた後、すぐにご飯を食べてくれて一安心。病理検 [続きを読む]
  • ハムスター頑張りました
  • ハムスターの手術を行いました。 当院では、ハムスター麻酔をかけるときはガス麻酔を袋に充満させて眠らせます。麻酔ガスを充満させると、1〜2分で麻酔がかかります。逆に麻酔ガスを嗅がすのを止めると、数分で麻酔から覚めてくれます。犬や猫よりも、麻酔のかかりも覚醒もずっと早いですね。 大きな手術でしたが無事麻酔から覚めてくれました。小さな体でよく頑張ったねと言ってあげたいです。 担当(院長) [続きを読む]
  • 猫、ねこ、子猫
  • 最近、子猫を保護したという飼い主様が多くご来院されました。 春の出産シーズンが4〜5月位ですからちょうど今頃が離乳前後の子猫が多くなるわけです。 外にいる猫を保護されたわけですから目ヤニがあったりとか、寄生虫がいたりとか保護された方にとって、初めのケアはなかなか大変です。ただ、どの保護者様も、献身的にお世話されているのには頭が下がります。 保護された猫ちゃんたちが幸せになることを祈ります。 担当(院長) [続きを読む]
  • 手術器具
  • 手術器具を少しリニューアルしました。 鉗子と言って、糸をつまんだり出血した部位を挟んで止血するという手術器具なのですが試しに買ったものが使いやすかったので大人買い(?)です。まあ、一回の手術で何本も使う器具なので大人買いっていうのも変な表現ですが。 担当(院長) [続きを読む]
  • 野鳥の骨折
  • 家の壁に衝突したというムクドリが搬入されたのですが右の羽の動きが悪いのでレントゲンを撮ってみると 骨折していました。 こっちは反対側 鳥の羽は人間の両腕に相当するので人間でいえば二の腕の肩に近い部分の骨が折れていると言えば分かりやすいでしょうか? ただ、全身を打撲していたせいだと思いますが手術中に亡くなってしまいました。 野鳥の診察はなかなか報われません。 担当(院長) [続きを読む]
  • 新しいうさぎ
  • 私が担当する小学校が新しいウサギを飼い始めたので健康診断をさせていただきました。 新しいウサギといっても成体です。 他市の小学校から頂いてきたとのことで結構人に慣れています。 新天地でも子供たちの癒しになりそうです。 担当(院長) [続きを読む]
  • 夏バージョン
  • フィラリア予防薬の処方と狂犬病予防注射がピークを越え少し空き時間が出来たので待合室の飾りを夏バージョンにしてもらいました。 窓に貼るグミみたいな飾り。 ペタペタと貼ってもらって 天井からも、夏っぽい飾りを垂らしてみました。 担当(院長) [続きを読む]
  • フィラリア予防がまだの飼い主様はお早めに
  • フィラリア予防薬の処方は当院ではピークを過ぎました。 お薬の処方がまだの飼い主様はお早めにお薬を取りにいらしてください。 お薬の飲ませ始めが遅いと予防が不完全になる可能性があります。 当院で使っているフィラリア検査キット。青い丸が一個しか出なければ陰性です。 まだ飲ませていない飼い主様はお早めにお薬を取りにいらしてください。 担当(院長) [続きを読む]
  • 時計
  • 時の記念日が近いということで待合室の時計を替えてみました。 実は当院の壁掛け時計はすべて手動で時間を合わせるもので表示が少しずつズレてしまいます。なので、今回から電波時計にしました(今の壁掛けはほとんど電波時計なんですが)。待合室の雰囲気も微妙ながら変わってくれていい感じですね。 担当(院長) [続きを読む]
  • 花壇の植え替え
  • 花壇の花を夏バージョンにしていただきました。 おととしから業者の方にお願いしているのですが色のバランスとか花の選定とか素人ではまねができませんね。 夏らしくぱっと華やかな感じに仕上げていただきました。いつもありがとうございます。 担当(院長) [続きを読む]
  • 異物回収
  • 異物を飲み込んでしまったというワンちゃん。催吐剤を使っても吐かなかったので内視鏡で回収することにしました。 動物の場合、内視鏡は全身麻酔を使わないといけないので簡単にやりましょうという訳にはいきませんが動物のサイズを考えると腸閉塞を起こしてしまう可能性があるのでやむなしです。 飼い主様がおっしゃったものと同じものが胃内に存在していました。 バスケット状のワイヤーで無事回収。 そのあとは胃の中をくまな [続きを読む]
  • はじめまして②
  • はじめまして、こんにちわ。今年の4月からスタッフに加わった(か)ですよろしくお願いします。前回の(に)さんの記事を真似て私の家族達を紹介したいと思います。まず、猫の茶助です。2年前に保護したときはこんなに小さかったのですが、、、 ↓↓今ではこんなにたくましく我が物顔で布団を占領するようになりました。 次にハムスターのアルジャーノンです。この子は、半年前にとある理由で譲り受けました。先日当院で耳につい [続きを読む]
  • はじめまして♪
  • はじめまして、4月から新しくスタッフに加わった(に)です初めてのブログなので、私の愛犬を紹介したいと思います!!↑愛犬のベルです14歳の老犬なので寝てばかりいます実家が群馬で1か月に1回会いに行ければ良いほうでアパートに帰っても一人なので寂しいです 新しい土地で慣れないことも多いのですが先輩たちや同期、院長に助けてもらいながら日々頑張っています!何かと至らないことも多くまだまだ未熟者ですがご指導 [続きを読む]
  • ハムスターの手術
  • ハムスターの腫瘍切除を行いました。ハムスターは、皮膚の腫瘍が非常に多いので手術のご依頼は時々あります。 こんな感じで麻酔をかがしたあとは手術。拡大鏡は必須ですね。 無事に麻酔から覚めてくれました。 担当(院長) [続きを読む]
  • 諏訪大社に行ってきました♪
  • こんにちはスタッフの(す)ですGWにお休みを頂いて長野の諏訪方面に行ってきました諏訪湖周辺に4か所ある諏訪大社を巡りました最近御朱印を集めるのが趣味な(す)ですがこの日1日で4か所を廻りました(笑)御朱印を4か所集めると記念品が貰えるので廻った達成感がありました そして7年に一度テレビなどで中継される御柱(おんばしら)祭りが開催される「天下の木落とし坂」の上へ行っていきました 急こう配の [続きを読む]
  • 明日午後臨時休診と、藤井四段
  • 明日、5月28日(日曜日)午後臨時休診とさせていただきます。 将棋の藤井聡太四段、まだ14歳なのにプロデビューから負け知らずでとうとう19連勝しましたね。 棋譜を調べてみましたがとにかく読みが深くて正確、という印象です。 攻める時も受ける時も相手の剣先から目をそらさずに皮一枚の差で見切っているという感じがしました。 若い棋士のほうがたくさん手が読めるというのは昔から言われていますがとにかく [続きを読む]
  • 昨日でひと段落
  • 昨日で先週からの手術ラッシュがひと段落しました。 手術そのもの難易度はそれほどでなくても重大な基礎疾患がある動物や犬猫以外の動物の手術が入ったりと麻酔管理が大変な症例が多かったので結構気を使いました。 幸いにも大きなトラブルもなくすべて乗り切ることができたのはスタッフのチームワークの賜物ですね。 担当(院長) [続きを読む]
  • 検査してみないとわからない
  • 便に血液が混じっていたという子猫ちゃん。検便をしてみると コクシジウムという寄生虫のオーシストが多数見つかりました。 これだけたくさん見つかるのってめったにありません。 必ずしも寄生数が症状の悪化と比例するわけではありませんが幸いなことにこの子は、元気も食欲も普通にありました。 検査してみて予想外の結果にびっくりすることは時々あります。 担当(院長) [続きを読む]