かわず堂カメラ工房 さん プロフィール

  •  
かわず堂カメラ工房さん: カメラ修理屋日記 Camera Days
ハンドル名かわず堂カメラ工房 さん
ブログタイトルカメラ修理屋日記 Camera Days
ブログURLhttp://kawazudorepair.ti-da.net/
サイト紹介文沖縄に移住しカメラ修理専門店を営む店主の日記。カメラ修理に関する事は勿論、沖縄生活の日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/08/10 13:45

かわず堂カメラ工房 さんのブログ記事

  • 通常営業しています。
  • 残暑お見舞い申し上げます。といっても、沖縄はまだまだ長い夏が続きます。しかも今年は格段の暑さ。残暑、って感じではありません。今年の夏休みは、墓参りから出雲・松江へまわりました。      出雲大社のしろうさぎ。      小泉八雲旧宅。松江城堀端の住まい。八雲が住んでいた頃の松江はどんな空気だったのか。     帰りは日本海側から博多へ出たのですが、遠かった!      [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 今年も酷暑。夏バテにはお気をつけ下さい。さて、夏休みシーズンということで、当店も夏休みを取らせて頂きます。申し訳ありませんが、休業期間中、お問い合わせメールの返信が、数日遅れることがあります。メールの返信は必ずしております。電話の場合は、ご連絡先を留守電に入れて頂ければ、後ほど、電話致します。よろしくお願致します。 [続きを読む]
  • flexaret automat Ⅵ
  • 本日は二眼レフ、フレクサレットⅥ型の修理です。今回はフォーカス調整とレンズクリーニングのみですが、このカメラの場合は、ここまで分解しないとうまくいきません。と、いうより、独創的な構造で、こうせざるを得ません。そして問題も。上下のレンズは写真の前板(?)にはまっているのですが、これがかなり歪んでいます。落としたのかもしれません。これは叩いてなんとかなりました。それに、特にトラブルがなくても、様子をみ [続きを読む]
  • マミヤ スケッチ
  • 本日はマミヤスケッチの修理です。今回はスプール交換。スプール爪が折れてしまっています。ネットで探すと、PEN EES が使えるとあります。でもちっと長さが合わない。その他、オリンパスのものでいくつか合わせてみましたが、どれも同じです。PEN D、PEN EE、OM-1などですが、結局、うちで確認したスプールは、ほとんど同じサイズ、形状でした。でも、ちょっと長さを詰めて、問題無く、装着出来ました。つまり、上記のカメラのも [続きを読む]
  • OLYMPUS M-1
  • 本日はオリンパスM-1の修理です。このところ、M-1、多くなっています。基本的にはOM-1と同じですが、今回はこの露出計回路、抵抗が5本も付いています。意味不明なので、回路図を起こしてみますが、やはりこのままの構成ではやりづらいので、スタンダードな形の抵抗3本回路に変更しました。巻き上げ系にはグリスが多用されています。間違いなく劣化しているので、塗り直してやります。感触は良くなる場合が多いです。「M-1」は何 [続きを読む]
  • MINOLTA MD MACRO 100mm F4
  • 本日はミノルタ MD マクロ 100mm F4 の修理です。レンズはこれだけ。マクロレンズはレンズ枚数が多く、複雑な構造になっているものが多いのですが。。。マクロレンズはヘリコイドの面積が広いので、クリーニングに手間が掛かりますが、感触はかなり良くなります。今回もヤフオク出品です。良いものですので、いかがでしょうか! [続きを読む]
  • MINOLTA MD MACRO 100mm F4
  • 本日はミノルタ MD マクロ 100mm F4 の修理です。レンズはこれだけ。マクロレンズはレンズ枚数が多く、複雑な構造になっているものが多いのですが。。。マクロレンズはヘリコイドの面積が広いので、クリーニングに手間が掛かりますが、感触はかなり良くなります。今回もヤフオク出品です。良いものですので、いかがでしょうか! [続きを読む]
  • MAMIYA 6
  • 本日の修理はマミヤ6。60年前のブローニー。トップカバーを外すとこんな感じ。ファインダーは接着で固定してあります。分解すると精度が出なくなりそう。写真右側のカウンター部で、66、645切り替え時のフィルム送りを制御しています。フィルム室の左右の羽根をパタパタしてサイズを変えます。そして、なんとバックフォーカス!ボディ裏側のダイヤルでフォーカス制御します。レンズはオリンパス。この頃のフォント、良い感じだと思 [続きを読む]
  • MINOLTA MD MACRO 50mm F3.5
  • 本日はミノルタの50mmマクロレンズです。繰り出しがあるので、普通の50mmレンズより鏡胴は大きめですが、レンズはこれだけ。F3.5にすると、こんなに小さく出来るんですね。ピントリングのラバーは超音波洗浄機にかけると、新品同様になりました。(もちろん全部ではありませんが、結構きれいになります)残念ながらレンズに多少のキズはあるものの、撮影には支障なさそうです。このレンズは数日中にヤフオクに出品予定ですので、興 [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN-FT
  • 本日はオリンパス PEN-FT の修理です。露出計不動ということで、調べてみると、メーター断線のようです。一応、見える断線部分がないか、ルーペで探してみると、発見できました。これは直るのでは、と思って、繋いでみましたが、駄目。交換するしかありません。レンズは40mmです。絞り羽根を動かすリング、エンピツがかなり塗り(と言う?)つけてあります。ちゃんとクリーニングすれば、エンピツしなくても、だいたい動きます。近 [続きを読む]
  • H.Zuiko 42mm F1.2
  • 本日はオリンパス PEN-F用レンズ、42mm F1.2 の修理です。38mm や 40mm に比べると、二回りほど大きいので、内部の作りもしっかりしているように見えます。40mm F1.4 と並べてみましたが、ボディにつけた方がよかったですね。 [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN-F専用露出計
  • 本日は、オリンパス PEN-F 専用露出計の修理です。指針に少しずれがあるので、抵抗(写真左端)を取り替えて調整します。調整しきれないものも出てきていますが、でも、CdSの交換はまだ試していませんでした。CdSは一時期、入手できる種類が少なかったのですが、今はまた多くなってきています。CdSが使用されている電気系は、簡単なものが多いので、修理できるものが多いようです。 [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN S
  • 本日はオリンパス PEN S の修理です。PEN S の修理は、まず最初は、裏蓋のモルト剥がしから始めます。シャッター不良ということですが、オイル滲みはありません。可動部は外してクリーニングしていきます。ファインダーの曇りは大半の個体で発生しています。レンズ部分は外してクリーニングしていくと、見違えるくらいクリアになります。「写ルンです」ブームの次は「ハーフ版」ではないかと思っているんですが。。。 [続きを読む]
  • OLYMPUS M-1
  • 本日はオリンパスM-1の修理です。ファインダーから見た限り、プリズム腐食は無さそうでしたが、開けてみると、モルトは腐食が始まっています。プリズムに侵食していないのは、どうやら両面テープで貼ってある為。テープが腐食の影響を止めていたようです。(O)M-1はミラーボックスを外して、スローガバナーも必ず外してクリーニングを行います。この機体は、ミラーの動きがちょっと変、巻き上げレバーがちょっと引っかかることがあ [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN D
  • 本日はオリンパス PEN D の修理です。不動の個体でしたが、原因はシャッターの固着だけでした。写真は露出計とファインダー。露出計はシャッターなどと連動していない、シンプルなもの。足が片側だけの抵抗がついています。セレンが弱っていて、抵抗を取って何とか精度が出ます。これ以上劣化が進むと、調整は難しくなってくるでしょう。セレンは新しいものはありませんが、D2、D3のCdSは新しいものと交換可能です。シャッターも既 [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN-FT
  • 本日はオリンパス PEN-FT の修理です。状態は上々。保存が良かったのでしょう。内部はピカピカです。と言っても、ハーフミラーは劣化しているので、交換します。ハーフミラーの劣化は防げないということですね。一緒にご依頼頂いた 38mm マクロレンズ。ピンとリングを外して繰り出したところです。5-6cmの距離で撮影できます。こちらはほんのわずかに絞りの動きが悪い。こういうのが一番難しいです。かわず堂カメラ工房へのお問い [続きを読む]
  • Rollei 35
  • 本日はローライ35の修理です。この個体も電池接点の部分で断線。この部分、ほとんどの機体で半田が外れています。CdS自体も劣化で使用できません。幸い、電池ボックスは傷みが少ないので、部品交換すれば大丈夫。CdSや抵抗は交換できるので問題ありません。巻き上げレバーのクッション(?)も交換しました。 [続きを読む]
  • Canon Ⅳ-sb
  • 本日はキヤノンⅣ-sb、いにしえのレンジファインダー。シャッター幕が穴だらけ。交換します。外してみると、劣化して、ゴムが風化(?)して黒い粉が。60年以上経っていますから。でも、作動していたので、立派なものです。張り替えた後です。昭和20年代のカメラなので、メカニズムは簡単です。でも、しっかりしています。さすがMade in Japan でも、元はライカですが。前回のレチナより古いカメラですが、距離計も合わせ易い [続きを読む]
  • Retina ⅢC
  • 本日はコダック レチナ ⅢC の修理です。レンジファインダー、レンズシャッター、そしてレンズ交換可能、という複雑そうなカメラ。ファインダーはあまり複雑な作りではありません。かなり古いカメラなので、仕方ないのですが、距離計は、もう少し、調整しやすく作ってほしかった。。。外側からは見えませんが、ジャバラが付いています。このジャバラのシャッター側がそっくり外れています。シャッターユニットを外すと、ヘリコイド [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN S
  • 本日はオリンパス・ペンSの修理です。シャッターのメカニズムは簡単なものですが、やるべきことはやらないと、うまく動いてもらえません。各部クリーニングしていきます。最近、シャッターユニットの中に、モリブデングリスが塗ってあるものを見ましたが、これはいけません。シャッターにオイルは非常に危険です。ペンSは良いカメラですが、比較的安価なので、是非一度、使ってみて下さい。ヤフオクなどで沢山出ています。程度の [続きを読む]
  • Rolleicord Ⅰ型(?)
  • 本日はローライ二眼レフ、ローライコードのおそらくはⅠ型です。戦前の製造かもしれない古いモデルです。ファインダー内のミラーがひっくり返って付けてあります。おそらく、表がダメなので、裏返したのでしょう。ミラーは切り出してやればよいので、問題無し。巻き上げノブのボタンは薄っぺらい樹脂です。小さなネジで止まっていますが、裏からはスプリングで押されています。今にも割れそうなので、補強してやります。カウンター [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN-F
  • 本日はオリンパスPEN-Fの修理です。一通り作業を終え、テスト。何度かシャッターを動かしてみると、シャッタースピードがおかしくなりました。おそらく、ガバナーのどこかのバネが外れたのでは、と、分解してみると、案の定です。しかし、正常な位置に直しても、何度かシャッターを切ると、すぐ外れてしまいます。見た限りでは異常無いのですが、古い機械なので、経年劣化、というやつです。しかし、こういうものを直していかない [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN EE-2
  • 本日はオリンパス・ペンEE-2の修理です。モルトが劣化でネチャネチャ、バラバラ。この機種では、モルトが沢山使ってあるので、クリーニングが手間です。錆が多少出ていますが、問題ないでしょう。絞り羽根が固着しています。これもクリーニングでOK。ファインダーもクモリがひどいものが多いですが、EEシリーズは、かなりきれいになります。一番肝心な測光素子・セレン、これもダメになっているものは少ないです。ダメになってい [続きを読む]
  • OLYMPUS PEN-F 専用露出計
  • 本日はオリンパス PEN-F 専用露出計の修理です。構造はこの時代の露出計のもの。PEN-FTやOM-1と、基本的には同じ。CdS、抵抗、メーター、電池、で構成されています。CdSは経年劣化を起こし、段々抵抗値が下がってきます。そのため、調整しないと、まともな値を指さなくなります。劣化し過ぎてしまうと、調整もできなくなってしまいますが、今回はなかなか良い精度となりました。 [続きを読む]