まいど! さん プロフィール

  •  
まいど!さん: フードアナリスト世界の旅
ハンドル名まいど! さん
ブログタイトルフードアナリスト世界の旅
ブログURLhttp://europenavi.seesaa.net/
サイト紹介文フードアナリスト1級の筆者が、世界中を旅し、発見した面白いもの、特に食を中心に紹介中。
自由文現在、諸事情によりブログを見るのに、鍵をかけております。
twitter のアカウントをお持ちの方は、
maido2010 にメッセージいただければ、ユーザー名、パスワードを送信いたします。
よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/08/10 23:08

まいど! さんのブログ記事

  • 大好きな Carretiera
  • フィレンツェに行ったら必ずと言っていいほど食べるスパゲティーです 今回食べたお店は、旧市街中心地にあって、日本語のメニューがあって、超カジュアルで僕の大好きなお店。YELLOWです。大聖堂 ( ドゥオーモ ) とウフィッツィ美術館のちょうど真ん中あたり...というかウフィッツィ美術館の方が若干近い場所にあります。ということは、旧市街のど真ん中なんですね。モロ観光地の真ん中にあり、Yellow って英語の店名で、日本 [続きを読む]
  • ではフィレンツェの街並みを
  • そういえば、フィレンツェに滞在していてまだ街並みをアップしていなかったですね。何度もフィレンツェに来ていて何回かアップしているから今回はいいかな...フィレンツェの中心地より道路標識のアート!? ええの?フィレンツェのドゥオーモの上と思ってあんまり写真撮ってなかったけど、何枚か撮っていたので、せっかくなのでアップしてみます 今回の宿泊ホテルは、フィレンツェの市内はど真ん中のブランド街に面しているところ [続きを読む]
  • フィレンツェ2大モツ煮込み
  • フィレンツェの最後の夜は、とどめのモツ煮込み 前日の昼間は屋台で B 級グルメとしてのモツ煮込みをいただいたんですが、夜はレストランでしっかり座ってじっくりといただこうと それに、このモツ煮込み、赤ワインが徹底的に合いそうだったので、一緒に食したいと思いましたからね。というわけで、モツ煮の専門店、Tripperia Il Magazzino ホテルのあるアルノ川の北側から、橋を渡ってすぐのところ。ちょっと細かい路地が入り組 [続きを読む]
  • アグリツーリズモで肉ぅぅぅ
  • サンジミニャーノに行ったら、食事はやっぱりここですよね POGGIO ALLORO前回行ったときもとってもおいしいお肉をいただいた んで今回も楽しみです...もちろんメニューは、Bistecca alla Fiorentina サンジミニャーノの町から車で 15 分、丘陵地帯の中を走って行って、到着。ここのテラスからはきれいにサンジミニャーノ町が見える 〓 んですよ。まずはお食事前に、おなかをすかすため...せっかくなので ワイナリーの見学を [続きを読む]
  • 世界一のジェラートを食べた
  • サンジミニャーノに来て前回は涙を呑んであきらめた... というジェラート屋さんに今回は是非とも行ってみたいと思ってやってきました どんなお店かというと...2006 / 7 年と 2008 / 9 年に世界一に輝いたお店 Dondoli Gelateria di Piazzaサンジミニャーノ旧市街の中心にあるチステルナ広場に面したところにあり、いつも行列ができているのですぐにわかりますよ。あ、僕が今回行ったときは、ド・シーズンオフだったので、人 [続きを読む]
  • 72 本の塔が建ち並んでた町
  • トスカーナ地方の中心都市フィレンツェの周りには、かわいらしい見ごたえのある小さな町が点在しています 例えば...西に車で 1 時間半ほど行ったところには斜塔で有名なピサそのちょっと北側には、ピサの陰に隠れてそんなに観光客は多くないけど、17 世紀の城壁が今でも残る街ルッカ南東方面には、映画 Life is Beautiful も撮影された、16 世紀のメディチ家の要塞のあるアレッツォ南の方にはワインで有名なキャンティーエリア [続きを読む]
  • フィレンツェの B 級グルメ
  • フィレンツェのお昼ご飯は軽くいってみよう...ということで、屋台でランプレドット ( Lampredotto ) をいただくことにしました ランプレドットってのは内臓の煮込み料理です。内臓の煮込み料理と言ったら、トリッパ ( Trippa ) が有名ですが、トリッパ牛の第二胃袋 ( ハチノス ) をトマトで煮込むランプレドット牛の第四胃袋 ( ギアラ ) を野菜等で煮込むというちょっとした違いがあります レストランでももちろん食べ [続きを読む]
  • ちょっと立ち寄りのバーカロ
  • 朝からのお散歩で市場を巡ったり路地入ったりとぶらぶらして...〓 〓 〓またリアルトのバーカロエリアにやってきたので、この前行った割と雰囲気のいいお店でちょこっとつまもう xia と思って入ってみました Cantina Do Moriリアルト橋からちょっと歩いて、にぎやかな通りから細い道を少し入ったところ。一見さんだとなかなか入りづらいお店ですね。もう片方の入り口もこんな感じです。ほんと、看板だけで、わかりづらいお店で [続きを読む]
  • リアルト橋と朝市の風景
  • ヴェネツィアのホテルに一泊した翌朝 、ちょっとお出かけ。まずは大運河にかかるリアルト橋から のどかな景色ですねぇ... ちょっと動画 〓 でvenezia17なんか、こう...いいです こういう朝の喧騒をのんびりと眺めるの...がね 現在のリアルト橋は、1557 年に造られたものです。それまでの橋は木製の跳ね橋で、パレードのときの人の重みで壊れたり、火事にあったりと大変だったので、石造りの橋にしようと決めました。デザ [続きを読む]
  • ヴェネツィアのバーカロで食事
  • イタリアでのお食事 〓 は、よくガイドブックなんかには、リストランテ = 高級オスタリア = 家庭的な食事処トラットリア = カジュアルな食事処ピッツェリア = ピザ屋Bar = 喫茶店のようなところ ( 軽食 )なんて書いてあったりしますが、最近は割とあいまいで、Ristorante - PizzeriaとかTrattoria - Ristoranteとか書いてあったりするお店が多くなっています。ま、レストラン選びの目安にはなると思いますけどね [続きを読む]
  • TERRAZZA DANIELI でランチ
  • ミラノを後にして、ヴェネツィアに到着 ヴェネツィアのランチは超高級ホテル、ダニエリの最上階で久々のランチ 〓前回はこんなものを食べたんですが、今回は...前菜ミックスサラダってメニュー表記では特になんも変哲のないものが出てきそうなんですが、やっぱり違いますね そしてメインはお魚料理で、スズキのフィレ 温野菜とディルソースディルってのは、キャラウェイとかフェンネルとかと同じくセリ科のお野菜で、日本語では [続きを読む]
  • EATALY 監修のディナー
  • ミラノの夕食 〓 は宿泊しているホテルで ホテルは、STARHOTELS ROSA GRAND という名前で、場所はミラノの中心地、ドゥオーモのすぐ裏という最高の場所です ホテルもモダンな感じで素晴らしいんですが、ここのレストランはあの EATALY 監修のレストランです。EATALY というのは、高品質なイタリア食品を 「 買う・食べる・学ぶ 」という 3 つの活動を通して、イタリアの食文化や伝統を体感できるイタリアのフードマーケットです。 [続きを読む]
  • ヴェネツィアのおっぱい橋
  • ヴェネツィアにこんな名前の橋があるんですよ。PONTE DELLE TETTETETTE ...日本語に訳すとおっぱい...この橋自体は、1874 年に作られたのですが、16 世紀ごろ、このあたり一帯には日が暮れてくると、胸をあらわにした女性たちが、運河の左右から出没したそうな そんなことからこの橋のことを 「 おっぱい橋 」 と呼ばれるようになったといわれています。これは当時の娼婦たちなんですが、何でこんな積極的な客引きをしたのか [続きを読む]
  • ガンベロロッソ掲載店で昼食
  • ミラノのランチは、Osteria Brunelloイタリアのグルメガイドブックである、Gambero Rosso に掲載されているレストランです ガンベロ・ロッソってのはイタリア人がイタリア国内のレストランを格付けしたガイドブックで、イタリア国内に限って言えば、あのミシュランよりも人気があるんだとか イタリア国内でイタリア料理を食べるのであれば、イタリア人が評価するこのガイドブックは必須ですよね ミシュランは星マーク ( というか [続きを読む]
  • ミラノ旧市街中心地の夜と昼
  • 今回はミラノからヴェネツィア・フィレンツェ・ローマへと、ド・定番のイタリアへ この辺りは何度も行っていて何度も同じようなのを書いているので、今回はちょっと変わったところを というわけで、ミラノ到着したらホテルが大聖堂のすぐ裏ということもあって、チェックイン早々ライトアップを見に行ってみました。これが大聖堂 ( ドゥオーモ ) の裏側。そこから側面を歩いていると、ドゥオーモの中に電気がついてたみたいでステ [続きを読む]
  • 宇治のプレミアムスイーツ
  • 京都に一時、帰京...帰郷... したときに、友人からいただきました 「 地元のプレミアムスイーツでなかなか手に入らないのでよろしければどうぞ 」と、何気なく頂いたのですが...開けてみてびっくり これ、ネットでもなかなか買えない、スーパープレミアムなお菓子ですやん わざわざ購入してくれたみたいで、びっくりしましたよ。京都は宇治にあるスイーツ屋さん、Chez Hagataの看板商品となっている、抹茶テリーヌお家に [続きを読む]
  • 浜松サービスエリアの石松餃子
  • 京都からの帰りはまたまた車で 〓〓〓新名神高速道路東名阪自動車道伊勢湾岸自動車道とひた走り、新東名高速道路の浜松 S.A. でお昼ご飯 〓京都を 9:30 頃出発し、途中 〓 Stop をとったので、ちょうど 13:00 頃になりました。フードコートを眺めて、やっぱりここですね 以前来たときは普通の餃子セットをいただいたんですが、今回は、焼焼定食 ¥1,080あっさりジューシーな石松餃子 ( 5ヶ ) とこってりジューシーな石松特製の肉 [続きを読む]
  • 老舗のお茶工場が出した茶寮
  • 京都のお茶どころ宇治に、昨年 8 月 8 日にオープンした茶寮に行ってきました 辻利兵衛本店 宇治本店茶寮蔓延元年創業ってことなんですが、いつやねん ってね。西暦にすると 1860 年...ということは、幕末の頃。辻利兵衛本店の前身である辻商店として始まったそうです ううんさすが京都...で、ここの場所なんですが、住宅街の路地の中の、どこやねんって感じのところに突如として現れます。宇治の中心地からもちょっとあるの [続きを読む]
  • 京都発とんかつの名店でお昼
  • 久々の京都でのちょこっと滞在 細かい用事をしたり友人と会ったりとなんだかんだバタバタして...〓でも結局今回も観光地には全くいかず...〓ま、いつものことですけどね。んで、京都の町の中心地もこんなに観光客が多いのかと改めてびっくりしましたよ。僕が住んでいた時は外国人なんてめちゃくちゃ珍しかったんですが、最近はいろいろなところで目にしますね。もしかしたら東京よりも多いかも... 〓そんなことを思いなが [続きを読む]
  • かわいい!飾り巻き寿司教室
  • 前日に引き続いて、八千代文化センターで行われたイベントかわいい!飾り巻き寿司教室 というのがあったので、これまた子供と一緒に行ってきました 前日の焼きそばイベントは参加費無料でしたが、こちらは参加費¥500でも、¥500 で本格的にやってくれるのでいい体験ですね。午前・午後の二部制で、午前中はパンダさんを作ったそうですが、午後の部はバラのお寿司。さて、うまくできるかな 時間より若干早く着いたら、準備中。材料 [続きを読む]
  • 色が変わ〜る焼きそばづくり
  • 先日、八千代市民ギャラリーで、小学生向けの面白いイベントがあったので、子供達と行ってきました サイエンスクッキング なんか気になるでしょ?八千代市民ギャラリーというのは、図書館や大小展示場を備えた複合施設で、様々なイベントを行ったりしています。今回はその中の一つのイベントでした 始まるまで席について待っていると、地元のケーブルテレビの取材 〓 が来ていて、うちの子供にもインタビュー 〓時間になって、皆 [続きを読む]
  • そしてアブダビ国際空港へ
  • ヤス・マリーナからアブダビ国際空港までは、20 分ほど 〓 〓この空港は、エティハド航空の本拠地ということもあって、ターミナル 3 はエティハド航空専用ターミナルとして、オープンしたところです 車を降りたらすぐにチェックインカウンター。大きな空港なんだけど、コンパクトにできているので迷わないですね チェックインカウンターのすぐ横が、セキュリティー・コントロール。そしてその先が出国審査。そして免税店のエリアで [続きを読む]
  • アブダビの SHAKE SHACK
  • ドバイからアブダビへは、砂漠の真っただ中の高速道路を突っ切ったら、だいたい 1 時間ちょっとで到着なんですが、この日は水上飛行機 〓 で移動 ドバイを離陸して...ブルジュ・ハリファの上からドバイの町を見るのも面白いですが、飛行機の上からもなかなか面白いですね こちらは、ブルジュ・アル・アラブそしてアブダビのポートは、ヤス・マリーナ。その手前に有名なフェラーリ・ワールドがあるんですが、「 ここの上空は飛べ [続きを読む]
  • スパイスとゴールド・スーク
  • アブラを降りたところからいきなりスーク ( 市場 ) の始まり このあたりから、食料品、記事、食器などが集まる店があるんですが、まずは、スパイス・スークから。とっても怪しい雰囲気に、スパイスの香りも相まって怪しさ倍増 本場のいろいろなスパイスがあって、よくわかんないけど面白かったですよ。味見もさせてくれるので、興味のある方は是非立ち寄ってくださいね でも、店員さんはみんなお調子者が多いので、向こうのペー [続きを読む]
  • そして高速走って再びドバイ
  • 砂漠のホテルから高速道路に入ってドバイへ 〓 〓〓 ドバイが近づいてくると、突如として高層ビル群が見えてきます 〓ちょっと天気があまりよくなくて霞んでいますが...やっぱりブルジュ・ハリファは目立ちますね というわけでこの日は、スーク ( 市場 ) めぐり ドバイクリークといわれている運河をアブラに乗って...アブラというのは、クリークを挟んでバール・ドバイ地区とディラ地区を結ぶ渡し船 〓 です。ディラ地区と [続きを読む]