北遊人 さん プロフィール

  •  
北遊人さん: 休日の楽しみ
ハンドル名北遊人 さん
ブログタイトル休日の楽しみ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/yhv0154
サイト紹介文ワカサギ釣りから海の鮭浮きルアー釣りまで、小物から大物まで狙います。
自由文船の釣りもしますが、カレイ釣りに通う回数が多かったです。
最近はヒラメ狙いの釣行も楽しんでいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/08/12 20:35

北遊人 さんのブログ記事

  • 2月22日(水) 道南蓴菜沼のワカサギ釣り 第15戦
  • 7時に東大沼キャンプ場の駐車場に入ると、車が一台駐車していた。氷上を見ると青いテントが張られておりでちょうべいさんがすでにワカサギ釣りを始めているようだった。氷上に出てみると、前日の雪が30cm程積もっており、水も浮いている。あっさりと諦めて、蓴菜沼の管理棟のハウスに向かった。前日は強風と吹雪だったようで、氷上に設置していた小型のビニールハウスが壊れてビニールが飛んだようだった。蓴菜沼は北側に山がある [続きを読む]
  • 2月19日(日) 道南大沼のワカサギ釣り 14戦
  • 今回はブログ仲間のN川さんが遠征してくるというので、土曜日に仕事を終えた午後からガンケ釣り場に大沼だんごを手土産にしてのぞきに行った。道南では珍しい小川のテントを使っているのを直ぐに発見。N川さんと共に近くのテントの状況を聞きに行くと、HMさんやKTさんが順調にワカサギを釣っていた。N川さんとは翌日のワカサギ釣りを約束して別れた。翌日は5時に起床して、山の神が作ってくれたサンドイッチで軽い朝食。氷上は一昨 [続きを読む]
  • 2月15日(水) 太平洋側の漁港でチカ釣り
  • 改良していたスピードサビキ用のエサ付け器の使い具合を確認したくて、太平洋側の漁港に向かった。釣り人の姿を求めて6ヵ所の漁港を見ながら南下するが、全く釣り人の姿が見えない。結局一番最初の漁港に戻って竿を出した。数はめっきり少なくなっていたが、潜水してチカを追いかけ回す水鳥の姿が見えた。水鳥からなるべく離れた場所に釣り座を構えた。前回釣行をしようとして解凍して、再凍結したアミエビ(オキアミではありませ [続きを読む]
  • 2月11日・12日 道南大沼のワカサギ釣り 第12・13戦
  • 今回は網走から鯉ワカさんと、群馬からARさんを迎えて大沼でのワカサギ釣行でした。まずは大沼プリンスホテルにARさんを迎えに行きました。森の中のホテルで木がライトアップされていて綺麗です。レンタカーを手配されたとのことで、とりあえず釣り道具を載せて先に大沼に向かいました。大沼に到着すると鯉ワカさんが車中泊したようで、すでに氷上でワカサギのポイントを探索し終えていました。隣に釣り座を設定して、アルミのスコ [続きを読む]
  • チカ釣りのスピードサビキのエサ付け器の改造
  • 暇を見ながら、チカ釣り用のスピードエサ付け器を改造していた。まずは竿掛けなのだが、塗装が剥がれて赤さびが結構出ていた。一度サンポールで赤さびを落とし、中和してから焼き入れをしてみたのだが、全体の温度が上がりきらなくて失敗してしまった。ネットで色々と検索すると、ホルツのサビチェンジャーが見つかった。 取り寄せて試してみると、被膜が確りと出来て赤さびは浮いてこない。一度ワイヤーブラで赤サビを落とし [続きを読む]
  • 2月5日(日) 道南大沼のワカサギ釣り 第11戦
  • 山の神と一緒に大沼のガンケにワカサギ釣行でした。7時半にキャンプ場の駐車場に入ったのですが、手前の道路側のいつもの木にトンビが十羽ほど止まっていました。このトンビの画像を確保するために車から出ると、飛んで行ってしまいますので、望遠レンズのデジイチでもないと厳しそうです。ソリを引いて氷上に出るとガスが掛っていました。ガンケ釣り場に向かっていると、背の大きな若者から声を掛けられました。初めての釣り場な [続きを読む]
  • 2月1日(水) 道南大沼のワカサギ釣り 第10戦
  • 休日の水曜日なので山の神と一緒に大沼へのワカサギ釣りでした。7時半に東大沼のキャンプ場の駐車場に入ると、車が一台も見えません。この日大沼には私達を含めて3張りのテントだけで、人数は全部で5人でした。前夜からの雪が積もっていますがソリを引くのが厳しいと言うほどではありませんでした。朝焼けの駒ヶ岳で天候が崩れる前兆でした。今回はウグイ止まりにワカサギの反応が良い場所があったので、そこに釣り座を設定しまし [続きを読む]
  • 1月29日(日) 道南大沼のワカサギ釣り 第9戦
  • 金曜日に大雨が降ったので氷の状態が気になっていた。7時半に東大沼キャンプ場の駐車場に入ると、すでに6台が駐車していた。ソリを引いて氷上に出ると、踏まれた跡ががっちりと凍っていて歩きやすかった。踏み跡がない氷上も確りと凍っていで安心した。ドリルで穴を開けると、三段の氷になっていたが乗っても水が浮くような心配はなかった。今回は10個ばかり穴を開けて、比較的丁寧に釣り場を選定した。8時45分に釣りスタートでし [続きを読む]
  • 1月26日(木) 道南大沼のワカサギ釣り 第8戦
  • 大沼のワカサギ釣りに出掛けた。5時に起床して、ゆっくりと朝食を食べてから東大沼のキャンプ場に到着したのは7時30分だった。同じ時間帯に、釣り人が一人来て釣り場の状況を色々と聞かれたので、一緒に行きませんかと誘ったが、準備に時間が掛かるとのことで、先に出発した。沼の上は確りと凍っており、歩くのも非常に楽だった。今回はウグイドマリの少し沖目のポイントを選定した。魚探で探った魚影は薄かったが、釣っているとワ [続きを読む]
  • 1月18日(水) 大沼のワカサギ釣り 第6戦
  • 前回は大雪の影響で釣りのポイントまでラッセルを余儀なくされたが、今回はどんな状況になっているのかドキドキしながらの釣行です。8時半に東大沼のキャンプ場駐車場に入ると、すでに3台の車が駐車していた。湖面に出ると踏み固められた通路は確りと凍っていた。凸凹ではあるが、ソリを引くには全く問題がなかった。釣りをして穴を開けた場所は水が上がって確りと凍っていたが、それ以外の場所は雪の下に水が浮いていた。前年まで [続きを読む]
  • 1月15日(日)道南大沼のワカサギ釣り 第5戦
  • 14日(土)から大沼漁組が管理する東大沼キャンプ場沖のワカサギ釣り場が開幕した。ところが14日から降り続いた雪で水が浮いていた。漁組にスノーモービルを走らせて道を作るように依頼したのだが、水が浮いていると走らせるのが難しいようだった。7時半にキャンプ場の駐車場に入ると、管理人がパワーシャベルで除雪を終えていた。とりあえずジャンボスレーに釣り道具を載せてガンケ釣り場を目指した。ソリが沈み込んで、釣り場まで [続きを読む]
  • 1月8日(日)9日(月) 蓴菜沼のワカサギ釣り 第3・4戦
  • 当初はお正月休みに、蓴菜沼のワカサギ釣りに行く予定をしていた。ところが、お正月の間に右手親指の手首に一番近い関節が痛み出した。最初は湿布で治るかと気楽に考えていたが、次第に痛くなりドアノブを回したり、車のエンジンキーを回すと痛みが走るようになった。4日に整形外科を受診すると、関節に痛い注射をしてもらう。痛みが完全に消えたわけではないが、何とかワカサギ釣行には差しさわりがないまでには回復した。8日(日) [続きを読む]
  • 12月31日(土) 蓴菜沼でワカサギ試し釣り 第2戦
  • 蓴菜沼の開幕は1月3日(火)からだったのだが、管理人に無理を言って試し釣りをさせてもらった。ここの沼は雪が凍ったブタ氷が多かったのだが、今年は確りと凍っており20cm位の厚さになっていた。沼への降り口の所に若干水が浮いているぐらいで、歩きやすい。長時間の釣りを考えていなかったので、電動ドリルと魚探とガスストーブだけの軽装備で釣ってみた。12時半ごろから竿を出したのだが、底ではワカサギの反応がほとんど出なかっ [続きを読む]
  • 12月25日(日)八雲マリーナよりふた海丸にて黒ソイ狙い
  • 25日(日)に釣行すべきか、26日(月)に釣行べきかで悩んだが、結局26日は天候が崩れて霙の予報だったので25日を選択した。先週は道南では今の時期には珍しく大雨が降ったので、海水温の低下と濁りが懸念された。6時半には明るくなり始めたので、八雲マリーナより出船した。今回は80号2.7mのインターラインの竿に100号のオモリで釣ってみた。黒ソイの食い込みが良くなると期待したが、コツコツと当たるが食い込んでいかないで、チカだ [続きを読む]
  • 12月19日(月) 大沼太公園でワカサギ釣り 第1回戦
  • 大沼の太公園に連絡を入れると、15日よりワカサギつり掘りを開園していた。今年から2時間で1,500円と値上がりしていたが、ともかくここのワカサギは魚影が濃いので、それぐらいの値はある。大沼で佃煮用に漁獲されるワカサギは小型のワカサギが好まれるので、大き目なワカサギは太公園や蓴菜沼に放流される。太公園で釣れるワカサギは8〜11cmが多かった。本日は風が弱く、快晴の天気だったので、仕事を終えた午後から太公園に行っ [続きを読む]
  • 12月17日(土) 近くの漁港でハゼの投げ釣り
  • 近くの漁港で投げ釣りでハゼを狙ってみた。仕掛けを作らなくてはと、ハゼの投げ釣り仕掛けを入れている袋を引き出すと、10セット以上の仕掛けが入っていた。作る必要がなかったので、山の神がストックしている塩イソメを持って、車で20分ばかりの漁港に出掛けた。岸壁には20cmばかりの雪が積もっていたので、スパイク付きの長靴で雪を寄せて、釣り座を作る。先行している釣り人が2人ばかり見えたのだが、投げている方向が反対側な [続きを読む]
  • 12月11日(日)噴火湾の漁港のチカ釣り
  • 情報が聞こえてきた漁港にチカ釣りに出掛けた。北西の強風が吹き始めた漁港に到着すると、一人だけ竿を出している釣り人が見えたので話を聞くと、ほとんど反応がないとの返答。風が強く、雪も混じったが7時半から9時まで竿を出した。10cm位のチカはポツポツとは釣れるのだが、その大きさのチカは狙っていないので5号の針のスピードサビキを使っていた。あまりにも釣れないので9時半に別の漁港に移動した。半月ばかり前には結構釣れ [続きを読む]
  • 11月23日(水)涌元漁港よりマコガレイ釣りで出船
  • 船のマコガレイ釣りのお誘いを頂いたので、NTさんとそのお仲間4人とで涌元漁港より出船した。天気予報を見ると雪で北西の風6m/sだったので、ホッカイロを買い求めて防寒服の左右のポケットに各2個を入れた。乗船前に船頭が船に積もった雪を洗い流してくれたが、釣っている最中にも雪が積もったので3度ばかり洗い流してくれた。今回りの釣り場は火力発電所前の桟橋付近が多かった。例年釣れている漁港前は今年は全く釣れていないよ [続きを読む]
  • 10月30日(日) 噴火湾の漁港でチカ釣り
  • ゆっくりと起床して、朝食を食べてからの出発。途中駒ヶ岳の西側の国道沿いの畑にはうっすらと雪が見えた。防寒服を着るかどうか悩んだが、持ってきて正解だった。駒ヶ岳の半分ほどが雪で覆われていた。北西の強風が予想されたのだが、チカの釣れている漁港は噴火湾沿いの漁港との情報だった。情報を聞いた漁港に到着すると、一人の釣り人が埠頭の基部の船の間でポツポツとチカを釣っていた。それではと埠頭の先端の角の船の間から [続きを読む]
  • 10月23日(日) 湯の川漁港より沖メバル釣り
  • 以前から釣行したかった沖メバル釣りの船に乗船。先月一度は出船してみたものの、まだ時期が早かったようで惨敗。今回はN氏・A氏を誘って、湯川漁港より出船する遊漁船彩貴丸での釣行。道南では本格的な大型の遊漁船で、多少の波でもほとんど揺れない。この日は、北西の風6mの予報で、切り上げる時間帯にはウサギも飛んだがほとんど揺れなかった。沖メバル釣りは今回で3回なので色々と試したいことはあったのだが、乗船して竿のガ [続きを読む]
  • 10月19日(水) 八雲マリーナよりガヤ・マガレイ狙い
  • 当初日曜日にふた海屋さんに予約を入れていたのだが、若干波が出そうで船にまだ弱い山の神の事も考えた。親方に相談すると水曜日が良さそうで空きもあるとのことで決定した。ガヤ・マガレイのリレー船を選んだのだが、ガヤ釣りの道具の選定に悩んだ。結局山の神には電動リールと短めの50号のグラスソリッドの竿の組み合わせに決めた。私は長めの、昔使っていた2.4mの30号のカレイ竿と手巻きの中型両軸リールを選定。仕掛けはメバル [続きを読む]
  • 10月16日(日) 山の神とハゼ釣り
  • 普段は山の神と釣行をしても、それぞれ別の釣り方をしているのだが、ハゼ釣りだけは同じ場所で竿を出す。まずは近くの漁港で竿を出してみたが、例年良型が釣れていた場所は今年の台風で、海底の砂が流されたようで岩盤が出ていて根掛してしまう。漁船が係船している場所でハゼを狙う。珍しく海底まではっきりと見えて、ハゼが動いているのまで確認できる。赤いオモリを落とし込むと、それに反応するようでハゼが寄って来るのが見え [続きを読む]
  • 10月5日(水) 戸井漁港よりヒラメ釣り
  • 戸井漁港よりヒラメ狙いで、Iちゃん、Yちゃんの3名で出船。前回のまでの釣行で釣り溜めたチカを持参した。少し風が出ていたが、潮波が出ているところ以外は波が穏やかだった。前日も食いが渋かったとの、船頭からの情報もあり苦戦模様となった。最初オレンジゴールドのバケにグリーンのタコベイトと赤のタコベイトの組み合わせで始めた。しかし、反応が出ないのでグリーンのミラーにアワビの組み合わせのバケに交換した。8時ごろに [続きを読む]
  • 太平洋側の漁港でチカ釣り
  • ようやく太平洋側の漁港でチカが釣れる場所を発掘。例年であれば良型のチカが釣れ盛っている時期なのだが、今年は台風15号が通過した後に良型のチカの姿が漁港から消えてしまった。漁港の漁師さんと話をしていても、台風の後に網に全く魚が入らないと嘆いていた。前回の釣行で漁師さんから釣れている場所を教えてもらったので、今回はコマセも持参しての釣行だった。先行していた釣り人に釣果を見せてもらうと、良型のチカを20尾程 [続きを読む]
  • 9月11日(日)太平洋側の漁港でチカ釣り
  • 大沼と鹿部間の道路が先日の台風で崩れてしまい、本日15時に開通した。川汲峠を越えて太平洋側へ抜けて、釣り人の姿を探しながら漁港を移動した。埠頭にこんな定置網が山積みになった漁港で釣り人を発見。8時に到着したのだが、釣り人に話を聞くと「釣れなくなったので撤収する」との話。朝方チカの食いが良かった様子。作業が始まりそうなので網から離れた場所で竿を出した。案の定、作業船が入港してきて網を船に積み込み始めた [続きを読む]