もみじ さん プロフィール

  •  
もみじさん: 潮風に吹かれて
ハンドル名もみじ さん
ブログタイトル潮風に吹かれて
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/potyuraka0507/
サイト紹介文感じている事などを 草花の写真に添えて書きます。時には下手な水彩画や油絵も載せてみたい。
自由文人間ドックに行き 悪い予感が的中し手術を受けました。 
日常生活が変化するだろうと思っていたのですが 時々病院に行くだけの相変わらずの日々です。

何もない穏かな日々が どんなに有難いものか思い知りました。
趣味にしている絵画や音楽が 出不精な私の慰めになっています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/08/13 17:30

もみじ さんのブログ記事

  • 嬉しいメールの着信
  • コーラスの教室に顔を出すとAさんがやって来て「はい」と領収書をくれた。彼女は原の迫地区の会計をしていて それは原の迫公民館使用料の領収書だった。(水彩画教室で原の迫公民館を借りていて私は水彩画教室の会計なのだ)「あ、領収書ね。有難う。私からもコレ」と封筒を差し出す。「何?これ」「踊りの時の写真とネットに書いている日記で・・あなたの事書いた部分を印刷してきたの、良かったら読んでみて・・」すぐにコーラ [続きを読む]
  • 心配してくれる関係・・
  • 地震があったり台風が来たりすると 電話をくれる友が居る。ちょっと揺れる(震度2くらい)だけで電話をくれる旦那の友人のT。「またTさんから? テレビのテロップで流れたんだろうね・・」私。「すぐ電話くれるっちゃからぁ・・たいした事ないっていうとにぃ〜」そう言いながらも満更イヤそうでも無い旦那。昨日は私の短大時代の同寮仲間のMさんから電話があった。「宮崎で大きな木が倒れたり瓦が飛んだりしてたから どんな [続きを読む]
  • 日本舞踊とフルートとステーキ
  • 昨夜 水彩画教室作品展の打ち上げだった。絵の先生とのフルートのアンサンブル2曲は前もって楽譜が届いた。練習すると 3パートある楽譜の1と2を演奏するというものだった。所々バランスが悪いところがあり フルートの先生に相談しながら楽譜を作り直し 弾きやすくて聞き易くなった。昨日の打ち上げの前、初めて絵の先生と弾いてみたが初めてにしてはまあまあの出来だった。私は2の方を弾き 先生には主旋律を弾いて貰った。 [続きを読む]
  • どんちゃん騒ぎ
  • 水彩画教室の作品展打ち上げ宴会を14日にする予定だ。以前、先生と私のフルート合奏をやっていて「うるさい!」と他の客からの苦情があって それから静かな宴会ばかり続いていた。今回は思いっきり騒げる所を・・とあちこち探した。ホテルの離れ部屋が見つかり「ここなら騒いでも大丈夫ですよ」とお墨付きを頂き予約してきた。支配人が優しい方で 以前、義母の法事をした所だ。ニコニコ笑顔で「そうですか・・フルートの演奏をね [続きを読む]
  • 目の神経痛???
  • この前、目がバチっと痛くてビクっとした。瞬間的だったから「あら、私 逆まつ毛?」と思った。その後、丁度目の定期健診があったので先生に聞いてみた。「スイマセン、逆まつ毛じゃないかと思うんですけど診て頂けませんか?」先生は気軽にいいですよと診てくれた。「それらしい兆候は無いですけど 何か気になることがありました?」先日痛かった事を詳しく話すとフンフンと聞いていた。「それは多分 目の神経痛じゃないかと思 [続きを読む]
  • つい昔の事を・・
  • 今日のアサイチに福山雅治さんが登場した。映画の宣伝の為だったらしい。久しぶりに見たのだが 年取っていないのに驚いた。何時見ても若くてカッコいい。そうだ、私、この人のファンだったのだ。すっかり忘れていたけど・・。「高校生の頃、バス停に立っていると通るバスに乗っている女子高生が皆、手を振ってくれた」と福山さんが思い出話をしてくれた。「それは果たして本当だったのか?」という事になって 手を振った事のある [続きを読む]
  • 口に違和感
  • 忙しい日々が過ぎると何かどこかに不都合が起きる。尿管結石の痛みに襲われるか 首が回らなくなるか・・。じわっと1週間が過ぎた頃にやって来るのが普通だ。今年は何だろ?身構えていたら ついにやって来た。口の中に口内炎が・・やっぱりネ。歯茎の上あたりに出来たらしく 顔を洗って拭く時にやっと気付いた。口内炎が出来るとまず私はハチミツを塗る。軽い場合はそれでなんとか収まる。それでダメなら 喉が痛い時に使う消炎 [続きを読む]
  • 何だか「日向ぼっこ」のベンチみたい・・
  • 宮崎出身の役者に「温水洋一」さんがいる。ノホホンとした雰囲気のどこにでも居るオジサンといった感じの人だ。この頃、その温水さんの銅像が出来たのだ。宮崎空港の出口付近にあって ベンチと対になっている。この前、横浜へ孫を送ってしまってからふっとその事を思い出した。「ね、温水さんの座っているベンチ、確かここにあったよね」と私。「うん、ここやったど。テレビで見たもん」と旦那。まだ孫たちが居る内に気付けば 一 [続きを読む]
  • これぞまさしく「孫の手」だ!
  • 私は生れ付きアレルギー体質がある。私の子供の頃はアレルギーなんて言葉は聞かなかった。そういう考え方が無かったようだ。肌が弱いのと 年中風邪ひきの症状があって 熱もしょっちゅう出て鬱陶しい子だったと思う。他所の家に泊まったりすると 決まって「風邪ひかせちゃったわね・・」と変な気を遣わせて それが心苦しかった。「いえ、毎朝 鼻グスグスです、気にしないでください」そう言い訳をするのだが 誰も信じてくれず [続きを読む]
  • これ誰? ひょっとして私?
  • 「ばぁーば、友達と撮ったプリクラ見たい?」と一番上の孫の鈴奈。「あ、見せて、見せてー」と私。何枚か手帳に挟んであるのを見せてくれた。「鈴奈はどれ?」「これ!」「えーー! ぜーんぜん鈴奈って分かんないよー」「そうだよ。プリクラってこういうもんなんだもーん」ゲ、ゲゲッ!みんな目がパッチリしてて顔もほっそり・・まるで芸能人みたーい。実物と違い過ぎて誰が誰だか分かんないって感じ。聞くところによると「この娘 [続きを読む]
  • 我が家は夏の合宿所だった。
  • 8月11日、彼らは大勢いっぺんにやって来た。横浜の子供たち2人は飛行機で。福岡の娘一家4人は マイカーで。横浜の孫たちを夫婦で飛行場に迎えに行って 娘一家ともそこで合流した。それからの慌ただしく忙しかった日々。不運にも彼らがやって来る前日、私、眩暈の発作に久しぶりに襲われてしまった。ゲ、ゲ、ゲッ! こんな忙しい時にどうして?娘の働きに期待していたら2日間も夜 飲みに出ると言われ愕然とした。私も相当なやせ [続きを読む]
  • 台風5号がやって来た
  • 迷走を重ねた台風5号が今、すぐ近くまでやって来た。3日前から風が強くなってきて 時折ダダーっと雨が降り込む。今日で朝の散歩は 3日も休んでいる。休み休みウロウロしながらやって来る台風はホント迷惑だ。長く風雨にさらされる地域は たまったもんじゃない。傘なんて全く役に立たない。車に乗り降りする時は 走りながら移動する。走りながらも車が来ていないかチェックしないと危険だ。どの車だって見通しが悪いのだから  [続きを読む]
  • 私って頼りになるって事?
  • ずっと年下の友人Tは何かというと 私に相談して来る。「ゴミの事なんだけど コンクリート片や土なんかは燃えないゴミで出していいと?」とメールが来た。ハッキリ言って私が知っている筈が無い。でも人のいいフリしている私は やおら調べ始める。市役所から配布されたチラシなど棚から探し出してチェック。旦那にまで声を掛けて協力を仰ぐ。やっとの事で それらしい答えを見つけると返事する。重ねて質問が来たので「クリーン [続きを読む]
  • やっと終わった・・
  • 作品展はあっという間に終わった。とにかく終わればいいのよ・・と自分を慰める。1年間の結果は決して良くなかった。今年の春頃まで「絵ってどう描くっちゃけ?」って人に聞きながら 悪戦苦闘していた。呆れる程さっぱり描けなかった。休まずに顔は出すものの 下手な絵ばかり描いていた。仲間が気の毒がっているのがよく分かった。そういう風にグダグダしながら 春を迎えた。初めてスケッチに行った時 近くの山がパッチワーク [続きを読む]
  • またパスワードで躓いてしまった・・
  • ネットショッピングを気楽に楽しんでいる。あちこちの店に行かなくて買えるし すぐに送って来るから助かっている。色んな店を使っているが主に楽天を利用している。ところがこの楽天、定期的にパスワードの入力を求められる。昨日までは簡単に買えていたのに 急にパスワードやメールアドレスを記入しなければならなくなって・・ハタと困る。思い込んでいるパスワードを入れると「違っています」と出る。あれ程 何度もメールアド [続きを読む]
  • 作品展出品中・・
  • この暑い中、水彩画作品展をやっている。日南市は貧しいから 館内に冷房が入っていない。せめて大型扇風機でも回っていれば救われるのに・・。友人を誘って2日前に行ってみた。「暑い! 暑くてもうたまらん!」友人は 芳名録に記入を済ますとさっさと引き揚げて出て来た。(我々の作品展は 展示しっ放しで誰も受け付けは居ないのです・・やる気が無くてスイマセン)「こんなんじゃ じっくり観るなんて無理だよね〜」と頷き合 [続きを読む]
  • もうすぐ水彩画作品展
  • 梅雨が終わって毎日暑い。この19日から水彩画教室の作品展がある。その準備をしなければならないのだが 暑くて動く気力がしない。旦那が朝方 私の部屋へやって来て「クーラー入れてやれば やる気出るっちゃない?」とスイッチを入れてくれた。う〜〜ん、それでも身体が固まって動けない。早朝に40分くらい散歩して それから帰り着くとすぐに草むしり。汗びっしょりの服を着替えて ようやく朝食。それからは疲れてしばらく 椅 [続きを読む]
  • ご苦労さん、血圧計くん。
  • 朝夕、血圧を測るようになって1年が過ぎた。旦那も病院から勧められたらしく朝に計るようになった。「血圧計はもう随分前に買った物で 正確かどうか心配なんですが・・」そう雑談のついでに看護師さんに話すと「大丈夫でしょう」と言われた。血圧計は単純な器械なので壊れにくいという事だった。昨日の事だ。血圧を測りながら「時々、器械が機能しない事無い?」って旦那に聞いた。「何それ?」って私を凝視して言う。「だって時 [続きを読む]
  • ・・ゲリラ豪雨・・
  • 災害は忘れた頃にやって来る。昔はそう言われたけど 今時は忘れてない内にやって来るようだ。「ゲリラ豪雨」って字を見ただけでも怖くなる。ダダダダーっと狙ったように 雨つぶてが降りかかる感じかしら。昨日の夕方、娘に電話した。福岡に住んでいるから 雨はどうかなと心配だったのだ。「傘、さしても濡れちゃうくらいの大雨、あれは雨じゃなくてスコールだね」娘はそう言っていた。警報が出ないのが不思議なくらい 雨は激し [続きを読む]
  • 何てこと、間違ってばっか!
  • 年は取りたくない。認知症じゃなくても こんなんじゃねぇ〜・・。つい先日、市役所から検診のお知らせが家族分、届いた。それも1年分だ。胃癌、大腸癌、乳がん、結核、一般検診・・など。それぞれ病院で検査するものもあって 申し込みが旦那と微妙に違う。整理し終わって(検査日と検査場所)カレンダーにも記入し 所定のクリアファイルに書類を入れる。・・ところが 前に貰った検診の分が挟まっていた。「これ何?」と目を通 [続きを読む]
  • 徳川家康・やはり面白い!
  • ついに徳川家康20巻を読み始めた。その前にと伊達政宗6巻も読んだ。「伊達政宗」読んでいて良かったと思う。作者が同じ山岡荘八だから 伊達政宗を読んでいると徳川家康が準主人公のように頻繁に出て来るのだ。「徳川家康」の前調べのような読書となっていた。よく20巻も出版されたものだと不思議に思っていた。だが1巻を読んですぐに判った。面白いのだ・・文句なしに。大衆文学というジャンルに入るんじゃないかと思うくらい読み [続きを読む]
  • もう4年前の事です・・
  • 小林麻央さんが亡くなった。症状が重い事は知っていたのにビックリした。子供さんがまだ小さいのに 心残りだったろう。ご冥福をお祈りします。4年前、私が甲状腺癌の手術を受けた時 若くて美しい女性が同じ部屋に入院してきた。入院患者は高齢者が多いので珍しく気になる存在だった。点滴をすると翌日には自宅に帰るらしい。なぁーんだ、風邪でもこじらせたのかなと思った。「どこが悪いんですか?」って同じ部屋の女性が聞いて [続きを読む]
  • たのもしが断捨離のきっかけ
  • 今日はたのもしの日。約束の店に着いてみると YさんとIさんが駐車場で待っていた。まだ5分前・・私の家は余りに近い為 ぎりぎりに家を出たのだ。「あら、どうしたと?」「今日は店、休みみたいよー」「エーーッ! どうする?」「イタリアンレストランのトンボにする?移転したばかりのようやし・・」「何時オープンしたと?」「つい最近オープンしたばかりみたいよ」じゃそうしようという事で車を並べて出発した。・・ところ [続きを読む]
  • 育ち過ぎたキューリとお土産
  • 土産を買って来たのに届けるのが面倒くさい。そんな無精者になってグズグズしていたらメールが入った。「今日、2時間くらい暇無い?絵画展行かない?」と。「いいわね〜〜」と返事したら すぐにTさんはやって来た。でっかいキューリを袋に詰めて・・。「どしたと?」そのキューリの大きさに戸惑った。「ウチのお父さん、こんなにならないと収穫しないとよ、可笑しいやろ?」Tのお父さんはなかなかユニークな人らしく 面白い話 [続きを読む]
  • 2日目は熊本で
  • 「娘んチの帰りにどこか寄って旅気分を味わいたいね」「うん、そうしよう!」被災地の熊本に寄って ささやかだけどお金を使おうよ。それがいい・・と、山鹿温泉のホテルに予約した。14日の朝は 娘の家周りを散策する事にした。孫達に「学校に行く前、一緒に散歩しない?」って誘ったが「眠いからいい」って断られた。旦那と2人カメラを片手に 緑いっぱいモコモコしている千鳥池へ向かった。散歩やジョギング、犬の散歩の人と結 [続きを読む]