b.k.ノムラ さん プロフィール

  •  
b.k.ノムラさん: されど偽りの日々
ハンドル名b.k.ノムラ さん
ブログタイトルされど偽りの日々
ブログURLhttp://nomura.blog9.fc2.com/
サイト紹介文身の回りの話題から、本・マンガ・映画・スポーツなど趣味全般をマイペースで語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/08/14 12:56

b.k.ノムラ さんのブログ記事

  • レインスーツ新調
  • だましだまし使っていたレインスーツの防水(撥水)機能がいよいよドン底叩いて働かなくなったので、勇気をふりしぼって新調に踏みきった。同じメーカーの同じモデル。でも色違い。こちら、古いもの。バイトの同僚に、工事現場の人みたいといわれたw新しいのは、白っぽいグレイ。実は最初に買ったのがこれと同じもので。上にアップした緑のやつは、その1年後に買った2代目なのだが、それから今回3代目まで2年近い間があいてしまっ [続きを読む]
  • ゼルダの伝説 BotW (感想の2)
  • 先週調べたら、プレイ時間150時間を突破してましたw3/31に始めたので、平均で1日2時間ちょっとプレイしてることになりますね。でも、まるで飽きない。いや、そろそろクリアしないと生活に影響が出るのは分かってるんですよ。仕事はまあまあ忙しいし、酒も飲まなきゃいけないしwといったこととは関係なく、公式ガイドブックを買いました。楽天のポイントが700P強あったので、ほぼ半額で手に入れたことになりますね。さすがに公式 [続きを読む]
  • 2017年5月の読了本
  • 5月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:2740ナイス数:0図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)読了日:05月29日 著者:高田 大介図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)読了日:05月25日 著者:高田 大介ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)読了日:05月17日 著者:三上 延泣き童子 三島屋変調百物語参之続読了日:05月13日 著者:宮部 みゆき魔導の系譜 (創元推理文庫)読 [続きを読む]
  • TOKYO 2016
  • こんなん出てきました。ひとつ前の招致のときに作った(のであろう)カフスボタン。個人的に、東京でオリンピックはやらんでいいと思っています。震災の被災規模の大きかった東北三県、被爆地である広島もしくは長崎、戦後体制の負の部分をひとり押しつけられている沖縄。あえて日本で開催しようというなら、このいずれかがいい。それなら納得できます。が、2016はスカったものの、2020は東京開催で決まってしまった。諸手をあげて [続きを読む]
  • 真夏日の野球観戦
  • 行きつけの店の常連さんからチケットをいただいたので、ヤクルト−阪神8回戦(5/20)を観戦してきた。東京はこの日、たぶん今年初の真夏日。大学野球シーズンなのでナイター開催だったが、デイゲームだったらえらい日焼けしたことでしょう。バックネット裏の年間シート(スターシート)というのが贅沢。ビールの売り子さんも、エース級を揃えているんだろうかと、つまらないことを考えたり。(じっさいは外野のほうが競争熾烈なん [続きを読む]
  • iPhone売却への道 (3)
  • 今回もおさらいから。iPhone(スマホ)を売却する場合、一般的には以下の手続きが必要とされるようだ。①残債を払い終える。②SIMロックを解除する。③端末をアクティベート化する。ところが、①はなんとかしたものの、②の段階で躓くことに。契約を切った端末なのでwebでSIMロック解除ができず、auショップに持ち込んだのだが、ネットワーク利用制限がかかっているのでショップでも対応できないというのだ。そこでサポートに連絡 [続きを読む]
  • マルちゃん正麺 スープの極み
  • 近所の酒屋は現店主で四代目を数える老舗なのだが、バッタものや駄菓子、メダカやカブトムシも扱うなどw、老若男女に愛される地元の隠れた名店だ(たぶん)。うちも、賞味期限切れ寸前の食品をよく買ってくる。中でもカップラーメンは、冷蔵庫が空のとき、夫婦ともに疲れているときのために是非備えておきたい必需品。買い置きが切れたら補充するようにしている。もちろん、カップといえども変なものには手を出したくない。そんな [続きを読む]
  • 2017年4月の読了本
  • 読書が進まなかった4月。原因は前エントリー参照のこと。4月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:1493ナイス数:0冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)読了日:04月25日 著者:辻村 深月冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)読了日:04月16日 著者:辻村 深月盤上の敵読了日:04月01日 著者:北村 薫読書メーター [続きを読む]
  • ゼルダの伝説 BotW (感想の1)
  • 全体のボリュームは想像もつかないが、メインストーリーに関しては推定で中盤に差しかかったかな? どうなのかな? といったところまで来た。今週頭に全マップを開放したものの、それは本筋ほったらかしで塔の攻略を主目的にしていたからwというわけで、シリーズ最高傑作との評価も聞かれ出した『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』。前評判はそれほどでもなかったようだが、迷わず買って良かった。これだけ時代を隔てて [続きを読む]
  • iPhone売却への道 (2)
  • まいったね。前回のエントリーに変なタイトルつけちゃったせいか、はからずも連続ものになっちゃったよ。まずはおさらいから。iPhone(スマホ)を売却する場合、一般的には以下の手続きが必要とされるようだ。①残債を払い終える。②SIMロックを解除する。③端末をアクティベート化する。売るということは他所様のものになるということなので、残債を払い終えないことには話にならない。これを済ませたところでSIMロックを解除しよ [続きを読む]
  • iPhone売却への道
  • iPhoneを紛失、新調したのち見つかったことで、手元に同じ機種が2台という状態になった。バカらしいので、旧い端末の代金を残債一括のうえ、売却しようと思ったのだが(正しくは、売却することで残債一括の費用を捻出しようということなのだが)。売却にあたっては、まずSIMロックを解除しなければならない。うちのiPhoneは6sなので、公式SIMロック解除ができる機種。そこでキャリアであるauのサイトで端末のIMEI(識別番号)を入 [続きを読む]
  • うちわの季節
  • 今日は暑いね! 洗濯機を2回まわしちゃった。昨夜びしょ濡れになったレインスーツも、速攻で乾燥。そんな季節のマストアイテムといったらこれだ!サントリーの販促うちわ。3、4年前に飲み屋でもらったやつ。けっこうデザインが好きなこともあり、あまり使わないので劣化も少ない。このへんがなんともケチくさいw夏になると、チャリカゴにうちわを放り込んで移動することも多くなる。今年は、そろろそこいつをお供にしようかな。 [続きを読む]
  • 井草森公園
  • 生まれ育ちは三鷹市牟礼。子どものころから、井の頭公園は身近な存在でした。初めて独り暮らししたのも、井の頭公園至近のアパート。風呂なしだけどねwその後、武蔵境に引っ越したらば、バイクもしくはチャリ圏内に野川公園や小金井公園があり。次に移り住んだ高円寺には馬橋公園があり…。やっぱり、ある程度おっきな公園があると、気持ちが安らぎますよね。別に毎日行くわけでなくても。で、今住んでいるところになるわけですが [続きを読む]
  • 今年の花見
  • なんとか、今年も花見ができました!先週土曜は天候不良で見合わせ。一転好天に恵まれた翌日曜はというと、前夜、病み上がりに調子こいて飲んだくれた煽りにより屋外飲みは自粛。結果、花見は今週土曜(昨日)一点勝負になってしまった。天気が多少危ぶまれたものの、曇天ながらとりあえず雨降りもなし。かみさんとのんびり、だらだら飲み食いしました。@馬橋公園微妙っちゃ微妙な陽気だったので、例年一番人気の場所も、けっこう [続きを読む]
  • 桜の木を見上げればそこに
  • この写真だと分かりづらいかな?散歩の途中、近所の小学校の前に差しかかったときのこと。敷地を覆うネットフェンスに、変なものが挟まっているのを見たという話です。説明が難しいんですが、端的にいうと木製の円筒。それがいくつか、菱形のネットに押し込んだようにして挟まっている。立ち止まって、なんなだろうとしばし考えたのですが。桜の枝がネットフェンスの網の目をくぐって敷地外まで伸びてしまった。それを切り落とした [続きを読む]
  • 「座」no.十七/高円寺酒場案内
  • 〈座・高円寺〉発行のフリーペーパーの最新号は、高円寺の飲み屋ガイド。ペーパーのトリでも紹介されている〈はらいそ〉で貰ってきました。トップバッターは人気の立ち呑み店〈きど藤〉。表紙のホイスも、たぶんきど藤のやつでしょう。とりあげられている店は、上記2店のほか、〈抱瓶〉、〈椿〉、〈蓬屋〉、〈ペリカン時代〉といったラインナップになっております。このうち、なじみの店がある方はチェックですね。 [続きを読む]
  • 2017第1四半期読了本ベスト5
  • 年初から読み始めた『ドグラ・マグラ』にあてられて、今年はオープニングから著しく読書ペースが停滞。なんとか平常にもどったものの、やはり数はいきませんでした。必然的に、良書に出会う機会も激減。そんななか、〈古典部〉シリーズはヒットでした。救われたw1.クドリャフカの順番クドリャフカの順番 (角川文庫)米澤 穂信 角川書店(角川グループパブリッシング) 2008-05-24売り上げランキング : 9304Amazonで詳しく見る by G [続きを読む]
  • 2017年3月の読了本
  • 『だからあなたは殺される』以外は再読。3月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1970ナイス数:2容疑者Xの献身読了日:03月29日 著者:東野 圭吾そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)読了日:03月27日 著者:アガサ・クリスティー空耳の森 (ミステリ・フロンティア)読了日:03月25日 著者:七河 迦南アルバトロスは羽ばたかない読了日:03月21日 著者:七河 迦南だからあなたは殺される読了日:03 [続きを読む]
  • Switch が来た!
  • 予約しなくても買えるだろうと高をくくってたら、まさかの人気。発売のタイミングでは入手しそこなってしまいましたが、さすがにスーファミの頃(30年前w)のようにガツガツはしておりませんで。そのうち買えるだろうとのんきにかまえていたところ、意外に早くゲットすることができました。猫たちも興味津々w本体+ドックを32型テレビの前に置くと、こんな感じ。任天堂らしからぬ洗練されたスタイルですwソフトはもちろん『ゼル [続きを読む]
  • 普通の近視用メガネ+老眼鏡=?
  • 引き続き老眼ネタ(笑)。老眼鏡が必要となる目安は、目のピントが一番近くに合う距離(近点)が30cm以上離れたタイミングだそうです。そろそろ、そうした距離に近づいてきたので、最弱のやつを100均で買ったのですが。かけても、よく見えるのは目から10cm弱くらいの距離。これだと裸眼と変わらない。本を読む場合でもそうだけど、こちらの理想は15〜20cmあたりに焦点が合うこと。そこでふと思い立ちました。メガネと老眼鏡を重ねた [続きを読む]
  • 老眼にはルテイン
  • 近眼の人は老眼が遅いとはよく言われることだが、さすがに50の声を聞けば悩まされずにはいられない。現状の進行具合は、老眼鏡に頼るには気持ち早い、といった程度。とはいえ、ここ数年、本業の低迷を補う意味で始めたバイトがまた目を酷使する仕事で、月日を重ねるごとに、確実にダメージが積み重なっている自覚がある。たとえば年明けに比べて今現在、確かに老眼が進んでいる実感がある。といったわけで、最近よく見る老眼対策サ [続きを読む]
  • 烏の行水
  • 昔から風呂は長くいる(いたい)場所でなく。身体を洗ったら、湯船に浸かって100を数え、それをかぎりにダーッと風呂場から飛び出していく子どもだった。それは長じても一緒。独り暮らしを始めた当初は風呂なしアパートだったので、近所の銭湯に通っていた。そこでも従来のスタイルを変えなかった。休日は口開けから出かけていたのだが、開店15分もしないうちに帰って行く客は、一般の皆さんには異色の存在に映ったことだろう。そ [続きを読む]
  • セ同士の対戦で片方だけDH使ってるのはなぜ?
  • オープン戦でセ・リーグ同士が対戦したとき、一方のみDH制を採用しているケースが見られる。これはどういうことか?という問いが、昨日某所で発せられました。交流戦であれば、セのチームがDHを使うことはある。でもそれはパ・リーグ主催の試合だから。それがセ同士の対戦なら主催もセのチームになるわけで、DH制が採用されることにまず最初の違和感があるという話です。軽くググってみたところ、どうやらオープン戦でセのチームが [続きを読む]