ティミー さん プロフィール

  •  
ティミーさん: ESSW
ハンドル名ティミー さん
ブログタイトルESSW
ブログURLhttp://2010gokujyo.blog92.fc2.com/
サイト紹介文どうしたら英語ができるようになるだろうか?
自由文シンプルな英語学習方法の追求
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/08/15 14:08

ティミー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 英語を最初からやり直すならば ②書いた英語をその日に身につける
  • ESSW: English Study Skill Workshop英語を最初からやり直すならば ②書いた英語をその日に身につけるちょっと変わったやり方を紹介します。カードかノートに使いたいと思った英語をジャンジャン書きます。その英語は、ウエブや対訳本などで読んだものであったり、聴き取れなかったので、会話相手に書いてもらったものであったり、例えば「こぼれた水を拭き取る」は英語で何と言うのかを調べたものなどです。英語の長さは、 [続きを読む]
  • 英語を最初からやり直すならば ①もう回り道はしない
  • ESSW: English Study Skill Workshop英語を最初からやり直すならば ①もう回り道はしない楽そうな方法ばかり追求する人は、何度も回り道に迷い込みます。10年以上FEN放送を聞いたことが私の失敗の一つです。仏語の睡眠学習に誘惑されて、時間を浪費したこともありました。“Get-rich-quick"の誘惑に勝ち、喋れる英語を身につけるにはどうしたらよいのでしょうか。1 意味が推測できる文とは、語彙の100%近くが分かっている [続きを読む]
  • 長続きする好い加減英語学習
  • ESSW: English Study Skill Workshop長続きする好い加減英語学習覚えた英語を使って身につける訳ですが、英語を使う場面以外でも、英語と断絶しないように工夫することが大切です。それには、緩やかで好い加減な取り組み姿勢を容認することだと思います。一方、それを自己欺瞞として断罪してしまえば、少なくともその日は英語と断絶となってしまいます。次のような好い加減な姿勢を許容して、翌日へつなげることができるでし [続きを読む]
  • 声を出して覚えるか、書いて覚えるか?
  • ESSW: English Study Skill Workshop声を出して覚えるか、書いて覚えるか?英文の覚え方に、シャドーイング、音読、暗唱、read & look-up、多読(多聴)等々ありますね。色々試してみて自らに合ったやり方を探して下さい。ここでは、「声に出して覚える」か「書いて覚えるか」という昔からの問題を考えて見ます。以前、音読をある生徒に勧めたら、「英語ばかりやっていられない」と言う生徒がいました。このように考える初学 [続きを読む]
  • 英語フレーズノートによる復習を回数多く、より効果的にするには
  • ESSW: English Study Skill Workshop英語フレーズノートによる復習を回数多く、より効果的にするには英語は実際に使ってみて「獲得」ができます。その準備には、英語フレーズノートをめくって、脳味噌に英語の微弱電流を流し続けるようにします。ところが、この英語フレーズノート(単語帳風で、フレーズ以上、センテンス以下の長さの英語表現集)を開くのが心理的に苦しくなることがあります。どうしてかえば、自分との距離 [続きを読む]
  • 学習意欲を高め、効率を上げる2つの作業
  • ESSW: English Study Skill Workshop学習意欲を高め、効率を上げる2つの作業「(学問は)倦まず弛まず努めよ、方法は如何様でもよかろう」を可能にするには、2つあり、その2つは補完しあう様に思います。例えば、100のセンテンスを選び出して、記憶するとします。いったん記憶した後、その復習は、記憶があやふやな例えば20に集中する様にします。つまり、100から記憶した80を消して、20です。或いは、100 [続きを読む]
  • 英語に親しむ英語学習法 (digitalcastをパソコンで使って)
  • ESSW: English Study Skill Workshop英語に親しむ英語学習法 (digitalcastをパソコンで使って)動画が流れる英語フレーズが字幕として表示されるその下に日本語訳が字幕として表示される勿論音声が聞こえる右矢印を押すと1秒分進む左矢印を押すと1秒分戻るスペースキーを押すと動画が止まるもう一度スペースキーを押すと動画が再開するDigitalcastには、日英字幕付きのTED動画がたくさんアップされています。それらから、 [続きを読む]
  • 英語学習の2つのアプローチとTexttowav
  • ESSW: English Study Skill Workshop英語学習の2つのアプローチとTexttowav ものごとの把握は、全体を見渡すことと、細部を見つめることの両方によって為されると思います。 英語学習でも同様で、全文理解とフレーズ理解の両方が大切と考えます。 全文理解の具体例が、日本語と英語の字幕のついた動画を視聴したり、read & look-upなどをすることでしょう。これは、内容の面白さにつられて、たくさんの英語に触れることで [続きを読む]
  • Texttowavによる学習支援「日聞英言」
  • ESSW: English Study Skill WorkshopTexttowavによる学習支援「日聞英言」Texttowavの読み上げ機能を最大限に生かす学習方法は「日聞英言(日本語を聞いて英語を言う)」かと思いますがどうでしょうか。① 読み上げ箇所をハイライトしてくれるので、目で英語を確認できます。② 英語を聞けるので、英語を「言えそうになる、言う気になる、実際に言う、言えた!」となります。③ 日本語をcueにしてアウトプットができます。 [続きを読む]
  • 何を使って英語フレーズを覚えますか?
  • 何を使って英語フレーズを覚えますか?ESSW: English Study Skill Workshop□何を使って英語フレーズを覚えますか?カードは、並び替え、加除が楽。覚えて除くと、残りをゼロにする意欲が湧きます。インプットとアウトプットの両方をやるには、日本語、英語、想起ヒントを表に書きます。ノートの特徴は、一覧性、安定感です。コクヨやリヒトの360度回転するバインダーを使うと、カードに近いことができ、「見たい1ページを開 [続きを読む]
  • TextToWavプレゼンビデオ その4 暗唱を効率的にやろう。
  • ESSW: English Study Skill WorkshopTextToWavプレゼンビデオ その4 暗唱を効率的にやろう。 暗唱をすると、まとまりのある英文を常に脳に流し続けることができるので、とてもすぐれた学習方法だと思います。 文を次々とつなげて思い出せる様にするには、ポイントが2つある様に思います。 一つは、文と文が結合する理由をつかむことです。そのためには、論理を把握するのも大事ですし、筆者や話者の思いや気持ちを理解 [続きを読む]
  • その③ TextToWavを使ったアウトプット主義の英語学習
  • ESSW: English Study Skill Workshopその③ TextToWavを使ったアウトプット主義の英語学習「英語は、使って獲得」です。事前準備には、想起、つまり思い出したり、脳から検索する練習が大事です。TextToWavの良さは、この想起トレーニングが自在にできることです。 1 日本語、英語の順に書かれている。問いと答えがひとまとまりです。 2 英日ではなく、日英の順で英語の発信力をつけます。 3 文字だけでは身につき [続きを読む]
  • お休みのお知らせ
  • ESSW: English Study Skill Workshop【お休みのお知らせ】思うところがあり、今月いっぱいでこのブログは一時お休みします。長い間ありがとうございました。追記:今までの記事を非公開にします。再開時には、もっと切れ味のある英語スキルが提案できるよう試行錯誤を行います。質問・相談・・・ ここを にほんブログ村 [続きを読む]
  • 6−9で思うこと
  • ESSW: English Study Skill Workshop6−9で思うこと今年の夏から、次の9つについて書こうと思っていたのですが、5番でストップしてしまい申し訳ありません。1 ノートに触るだけでもOKで学習を持続する2 英語ノートの○印のところだけでOK3 高速に音読するだけでOK?4 speakingができれば他もOK5 記憶にはこの2つでOK6 問題集は、答えを読むことから始めてOK7 日本人同士でコミュニケーションOKの活動8  [続きを読む]
  • 5−(6)一般的な単語記憶と想起ヒント記憶(記憶にはこの2つでOK)
  • ESSW: English Study Skill Workshop5−(6)一般的な記憶と想起ヒントによる記憶(記憶にはこの2つでOK)① 通常の記憶 (●を未知語、○を既知語とする) ○●○○の如く、●は文中で前後の○から推測し覚える 多読により、同一語を複数の使い方で推測したり、時に辞書で確認をする 文全体の暗唱で●も覚える ●を積極的に使うことで覚える② 想起ヒントを使ってどうしても覚えにくい語を記憶する想起ヒントとは、 [続きを読む]
  • 5−(4)inane questionの覚え方 (記憶にはこの2つでOK)
  • ESSW: English Study Skill Workshop5−(4)inane questionの覚え方 (記憶にはこの2つでOK)連想記憶例 inaneを覚えるinaneの音声は「イネイン」です。意味は「ばかげた」「空虚な」です。音と意味を同時に示すものを考えます。「意味ねえ」はどうでしょうか。余り品が良くはないですが。「意味ねえ」≒「馬鹿げた」となります。実際に使う場面を考えて、“inane question”で記憶しましょう。「馬鹿げた質問」です。或 [続きを読む]
  • 5−(3)moroseを覚える (記憶にはこの2つでOK)
  • ESSW: English Study Skill Workshop5−(3)moroseを覚える (記憶にはこの2つでOK)連想記憶例 moroseを覚える01 morose≒「不機嫌な」を音声記憶で覚える。記憶に自信がない場合は連想記憶をする。02 漢字変換→朦朧(もうろう) 耄碌(もうろく) もうロス03 morose≒「耄碌した」≒「不機嫌な」と連想04 固まりで覚えるためにmorose faceは無い?→morose lookは有りだが今一。05 morose behavior=「不機嫌 [続きを読む]
  • 5−(2)音声記憶 (記憶にはこの2つでOK)
  • ESSW: English Study Skill Worksh5−(2)音声記憶 (記憶にはこの2つでOK)前回は、使って覚えるのが最良だが、使うチャンスが少ない場合は、音声記憶と連想記憶いより、脳に英語の微弱電流を流し続けるべきと書きました。音声記憶について、自分の体験から言えることを幾つか書いてみます。数字を声を出して言ってみる。例えば、電話番号を見るだけではなく、あえて声を出して言う。すると、何も見ないで、結構電話を [続きを読む]
  • 5−(1)記憶にはこの2つでOK
  • ESSW: English Study Skill Workshop5−(1)記憶にはこの2つでOK「英語が覚えられない」「単語が苦手」にどう対応したらいいでしょうか?「記憶」は、年齢と共に難しくなると考えられていますが、若い人でも苦手と思う人がいるでしょう。「使って覚える」が真っ当な答えだと思います。英語国に住み、家ではテレビを見たり、本や新聞を読み、外ではたくさんの方と交流する。仕事でも買い物でも英語を使う。こういう環境に身 [続きを読む]
  • 4−(3)speak outには二重の効果 (持続可能な英語学習)
  • ESSW: English Study Skill Workshop4−(3)speak outには二重の効果 (持続可能な英語学習)speak outには2つ重要な意味があると思う。その2つを意味を理解することで、英語学習の仕方が大きく変化すると思うがどうだろうか。2つって? speak outは想起に力を入れること? speak outはoutputであること?の想起について記憶は、記銘→保持→想起の過程を経る記銘とは、記憶すること保持とは、忘れないで記憶をし続ける [続きを読む]
  • 過去の記事 …