さぼちゃんだいすき さん プロフィール

  •  
さぼちゃんだいすきさん:  さぼちゃんマイラブ
ハンドル名さぼちゃんだいすき さん
ブログタイトル さぼちゃんマイラブ
ブログURLhttp://cactus219.blog92.fc2.com/
サイト紹介文大好きなサボテン,何でも自分で試したい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/08/15 16:06

さぼちゃんだいすき さんのブログ記事

  • またまたお仕事
  •  どうしても週末を挟んで出かけなければならなくなりました.出張であろうが,遊びであろうが,ハウスを離れる日も記事を書きためてフログを更新しようとしていた時期もありましたが,今は無理をしないことにしました.しばしば楽しみのはずが自らを追いつめるプレッシャーになると言うのは,ヒトの性とはいえ,これを止揚する修行が足りないということのようです. ハウスは初夏、もうしばらくすると梅雨がやって来ます.春に植 [続きを読む]
  • 復活のカプトメデューサ
  •  袖台のカプトメデューサの調子が出ないので植え替えたことを昨年記事にしました.やはり袖は植え替えてやらないと元気が出ないものだと改めて理解しました.なので今年の春にまた植え替えてやりました.ぐっと水を上げてそれぞれの枝が(これは細長い疣なのかも知れませんが)膨れました.この春はつぼみの段階から一つ一つの花が大きく,立派に花を咲かせてくれました. この種は実生だとイモを作るタイプなのですが,接木苗で [続きを読む]
  • のんびり屋さんのマグドガリー
  •  棚の片隅でマグドガリーが黄色い花を咲かせています.2年前の様子と比較して,若干大きくなっていますが,大きな変化はありません.ずいぶんのんびり屋さんであることが分かります.ですから,大きな群生株は結構な値段がするんですね.この調子で行くと3.5号鉢を抜け出すのに後何年かかるでしょうか. マグドガリーは,オルテゴカクタスというマイナー属の唯一の種.高山性ということですから,どちらかといえば夏が苦手なん [続きを読む]
  • なにか動物的な雰囲気の花
  •  これはギムノのミラレシーです.新天地、ゼガラエの仲間たちは,知らぬ間にぐんぐんと大きくなりますね.今ある姿は毎日見ているので,確かに大きくなったとは思いますが,その成長度合いはよくわかりません.以前の写真と比較すると4年前ウチに来た時はこんな幼顔だったのかとと驚いてしまいます.ちょっと植え替えをサボっていたら成長が止まったような気がしたので,この春に植え替えてやりました.これ以上サイズは出なくて [続きを読む]
  • ゲオメトの1茎節挿しに花がついた
  •  昨年信州のサボテン屋さんで,バットにゲオメトの茎節が転がっていました.なるべく刺のないまん丸なものを選んで分けてもらいました.間もなく発根して膨れて来たのですが,その後初冬からは心を鬼にして水を遣りませんでした.置き場所も雨だけしのぐ気温の低い所に置きました.かわいそうなくらい赤くなり萎んだのですが,GWの直前に水を遣ると元気に膨らんできました.間もなく頂部にポッチリが見え,オッと思って眺めていま [続きを読む]
  • 牧野植物園サボテン展2017
  •  四国にはわが国を代表する植物園の一つである牧野植物園があります.最近の若者は牧野富太郎を学校で習わないのか,牧野ってこの辺りの地名ですか?と聞かれてひっくり返りそうになります. 毎年ここで地元の趣味の会がサボテン展を開催されます.土日には講習会や即売会も行う積極的な取り組みです.友人からお誘いを頂き、昨日,日曜日に出かけてきました.展示されたサボテンの数はそう多くはないのですが,面白いものもあり [続きを読む]
  • イモだけになった黒竜
  •  黒竜が咲いています.なかなか綺麗な花だと思います.ただ,ボクはこのサボテンを上手に育てられません.移植をすると茎が取れやすいことを記事にしたのは2年前,昨年仕方なく移植したら案の定,長く伸びた茎がみんな取れました.それで殆どイモだけになったのですが,今年は健気にも花を上げて来ました.取れた茎を挿し木しましたら,それも立派はイモを作っています. タコのように四方八方茎を広げている大株の写真を見るの [続きを読む]
  • イモエーナのカワイイ花
  •  今はオプンチア属になっていますが, タシンガ属イナモエーナTacinga inamoenaとしても流通しています.ブラジル原産の小型団扇サボテンです.オプンチア特有の芒刺があまり発達せず,扱い易いのも魅力です.何年か前に実生して維持していたのですが,地植えしたらぐんぐんと大きくなって今年はたくさん花が咲いています. 実はちょっと目的があって増やして居ます.ウチワサボテンと言うのは知名度があり,誰でも知っているもの [続きを読む]
  • 白鳥綴化on希望丸
  •  これまで希望丸に白マミ綴化を接木するとなかなかいけるって話題を何度かアップしました.柳の下には何匹もドジョウは居るようで,この白鳥綴化とも相性抜群です.決して成長し過ぎで草姿が乱れることなく,それでもなお満足いく成長を確保しています.元株はなかなか開花してくれなかったのですが,その一部を接いだこの株で今年初めて花を見ました.ああちゃんと咲くんだと安心しました.どれだけ綺麗でも花の咲かない白マミ綴 [続きを読む]
  • 三河サボテン園さん2017初夏
  •  久しぶりの訪問でした.実は今回の訪問ではサボテンもさることながら,ハウスの構造も見たかったのです.これから歳をとっても自分で維持出来ようなハウスとなると大きなものはいけません.前回訪問した時にこの園のハウスサイズがなかなかいいなと思ったからです. さて今回見たおもしろサボテンを紹介しましょう.まずはヘキラン台の姫牡丹,こんなことが出来るんだとちょっとビックリ.柱もの以外の台に興味のあるので参考に [続きを読む]
  • 初夏の宵 袖ヶ浦の群花
  •  台木用の種取りのために何本かの袖ヶ浦を大きくして維持しています.毎年の5月から何度か開花のピークがやって来ます.夕方から蕾が膨らみ,夜の9時から10時になると満開を迎えます.朝の気温が低い5月では朝に見てもまだ結構咲いていますが,それも9時過ぎまでのこと.闇の中にぼーっと浮き上がるたくさんの白い花をみるとなにやら動物的な怪し気な雰囲気です. 袖ヶ浦では,プシスの花粉を付けると実が乗り,タネが採れま [続きを読む]
  • お仕事です!
  •  ちょっとお仕事で外に出るので,ブログは数日休みます.でも今回は仕事の後に1日お休みを頂き,たくさんのサボテンに会いに行くので,少しワクワクしています.サボテン趣味を再開して時間も経ち,今,間借りしているハウスにはスペースにもう余裕はありません.ですから,最近何を見ても買うのを躊躇してしまうのです.さらに実生や接木ものが順次大きくなって来て,スペース不足のプレッシャーは高まるばかり.一期一会と連れ [続きを読む]
  • 白ランポー玉はランポー玉と花が違う
  •  ランポー玉は子供の頃から馴染みのサボテンです.このランポー玉に外見がそっくりで,白点の毛足が長く全体に白銀に見え,かつ花色が純黄色でなく底紅の系統を白ランポーとして区別しています.子供の頃,有星類が大好きで,でも結構値段がしたので手元にある有星類はほとんど小苗でした.白ランポーの開花株がほしいなーと思っていましたが,とても高かったのです.今手元にある白ランポーを眺めると,その当時のことを思い出し [続きを読む]
  • シナプスを伸ばす玉翁殿
  •  玉翁はごく普通のマミラリアらしい顔をしたサボテンです.この中から長毛系統を選び出し,磨きをかけてきたのが今の玉翁殿です.どうした具合かこの系統は基部から仔を吹き易いので,ぐるりと仔を吹いた良系統の大株が時々セリに出たりします.でも最近は実生する人が少ないのでしょうか,実生小苗がたくさん売られている状態ではありません. この株はまだ6cmほどの小苗ですが,白い毛を長く伸ばしています.まるでシナプスを [続きを読む]
  • もふもふのディフューサ
  •  ロフォフォラの翠冠玉,ブームが去ってとんでもない高値がつかなくなったようです.サボテンを再開した6年前,長毛多毛の株はまだ結構な値段でした.その時安価に購入したごく普通の顔をした株は,丁度ヨモギ餅に毛が生えたような風体で,家内が「なんか頭悪そう」と表現したのがケッサクでした.そのうち値段も落ち着くだろうからとしばらく見向きもしなかったのです.今年になり,ふと思い立ってこの写真の株を手に入れてみま [続きを読む]
  • まったく違う形態の磐石
  •  磐石というサボテンは子供の頃から知っていました.ランポー玉と般若の交配種であると聞いて感心したものです.般若はアストロフィツム属といっても,どちらかといえばフェロカクタスに似ているなと子供の頃から思っていました.ですからランポーと交配出来ることも何やら不思議な気がしたものです.瑞鳳兜といった交配よりずっと特異なものに思えました.今,わが家に居る磐石は,まったくタイプが異なります.1枚目はランポー [続きを読む]
  • それぞれの刺なしデュエイの花
  •  以前に同じ種でも作り方でずいぶんとガタイの印象が異なることを記事にしました.その時の刺なしデュエイが無事開花しましたので,花時の様子を比較してみました. 1枚目は先の写真の左側温々と育ったもの, 2枚目が右側の株で,前からわが家に居て絞り込まれたものです.まったく開花期が違ったのですが,花が咲く様を見るとやはり同じ種なんだななと改めて思いました. 水を絞って行けば段々と同じ顔付になるのかなと思い [続きを読む]
  • 白鷺たちの季節
  •  白マミの中でも,白鷺は気品があって大好きなサボテンの一つです.白鷺は白鳥と同じ種で,白鳥の白花系統という位置づけです.日本で流通している白鷺を色々見てみると花以外にも茎が細く上に伸びがちであること,新しい刺色が薄く色付く所などが共通しています.ですから,だんだん見なれて来ると,花がなくても,ああこれは白鷺,これは白鳥と大体の見分けが付くようになります.1枚目と2枚目の写真は同じ株,花で一杯になっ [続きを読む]
  • 君はヘレンなの?
  •  以前に星月夜モンストと呼ばれているサボテンが正しくはヘレンなんじゃないかと記事に書きました.100均を含め売られているもは皆小さな株で,かわいい赤い花を次々咲かせます.うちでも結構大きくなって来ていますが,全体の印象は変わりません.ところが昨年,あるところで偶然目に留ったのが1枚目,下の写真の株です.星月夜モンストと名札が立っていました.一見して普通に流通している星月夜モンストすなわちヘレンとは違 [続きを読む]
  • それぞれの白鳥たち
  •  白鳥は昔から愛されて来たサボテンだけあって,色々なタイプがあります.どちらかといえば大玉のものより,小玉で分枝するタイプが好まれるようです.とはいえ普通何もしなければ早くから仔を吹いて群生することはありません.流通している群生株は,ある程度に育った時に頂部をはねて多頭化したものです.白マミが好きなので,ウチには何株も居るのですが,今年花がきれいに咲いた時に写真の撮れた3株を載せておきます.それぞ [続きを読む]
  • 白絹丸の美しさ
  •  白絹丸M. lentaは,これまでここに登場したことのないマミラリアです.白絹丸は別に珍しい種ではなく,単にわが家で写真を撮りたいような花姿になかなかならなかっただけです.成長もややゆっくりで,白マミの中ではどちらかといえば普段は地味な部類です.しかし,花時の美しさはなかなかのものですね.雲海の中からたくさんの花が伸びたしているような様は,なにか独特な世界を醸し出しています.また個々の花を覗き込むと,薄 [続きを読む]
  • ワインレッドの花
  •  綺麗な花です.暗紫色のガタイに白く粉をふく黒刺,そこにやや暗いワインレッドの花が付くのですから,何か中世のお城での舞踏会を彷彿とさせる配色です.エリオシケには渋めのサボテンくんが多いのですが,これもまた普段はごくごく渋め,しかもウチに来てから地味に2回もいわゆる南米もの特有の熱焼けをして,成長もちょぼちょぼ.まったくもってどうしようもない奴です. 最初に紹介したのは4年も前なので,写真を比較する [続きを読む]
  • 紅籠が咲いています
  •  紅籠を手にしたのは3年前の京都シャボテン大会です.2本の接木苗は間もなく初めて花が咲き,交配してタネが採れ,1本は接ぎ降ろしをして,残るもう一株がこの写真の株です.まだ台木に乗ったままですが,少し落ち着いて来ました.  これまでいくつか仔を外して接木をして,里子に出しました.もう値段も下がり,最初の頃の様に1mm千円なんてこともなくなりました.これから値が出るとしたら10cm越えの群生株ですかね.そこ [続きを読む]
  • 有星類の山羊さんたち
  •  有星類は,その優美で整った形態が魅力ですが,瑞鳳玉たちは姿も花も実に魅力的です.カプリコルヌすなわち山羊と名付けられたのは,白い点とうねる刺をヤギに見立てたものでしょうか.刺の色、肌の白点の有無の他,写真に示したように,花の喉の色付きの濃淡などから,様々な和名前が与えられていますが,すべて同一種です.まずは白瑞鳳玉,黄刺大鳳玉,そして群鳳玉,ボクはこの群鳳玉という系統も好きです. 子供の頃小さな [続きを読む]
  • 何が黒いのか?
  •  これは河内丸です.何年か前に黒河内丸という名札が立ててある3cmほどの小さな株を手にしました.何が黒いんだろうか?と不思議に思いつつ眺めていました.肌が黒いのかと言えばそう濃緑色をしている訳でもありません.確かに普通の河内丸はどちらかといえば黄緑の肌をしていますから、それよりは気持ち緑が濃いかもしれません.花が咲いたら何か特徴あるだろうかと思っていましたが,ご覧の通りごく普通のノトカクタスの花でし [続きを読む]