新見の弁護士 さん プロフィール

  •  
新見の弁護士さん: 新見の弁護士☆ブログ
ハンドル名新見の弁護士 さん
ブログタイトル新見の弁護士☆ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/niimihimawari/
サイト紹介文岡山県北西部に位置する新見市に2つあるうちの1つの新見ひまわり基金法律事務所のブログです。
自由文新見市は,弁護士業界では,ゼロワン地域(弁護士がいないか1人しかいない地域)と言われる弁護士過疎地域でしたが本年1月に2つ目の法律事務所ができました。弁護士過疎地域で活動する弁護士の存在とその生活を知ってもらえればと思い始めたブログです。ファジアーノ岡山を応援しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/08/15 21:57

新見の弁護士 さんのブログ記事

  • 性同一性障害の方の戸籍上の性別の取り扱い変更
  • 性同一性障害の方の戸籍上の性別の取り扱い変更を岡山家裁津山支部に代理人として申し立てました。性同一性障害特例法では、性別適合手術が性別変更の要件の一つになってますが、この方は、手術を受けずに申立をしました。手術を要件とする条項は、事実上手術を強制するものとして、当該条項の違憲無効を主張しての申立てです。弁護士11年目に入り弁護士としての新たなステージの取り組みとして頑張ります!!法は人を助けるための [続きを読む]
  • 性同一性障害の方の戸籍上の性別の取り扱い変更
  • 性同一性障害の方の戸籍上の性別の取り扱い変更を岡山家裁津山支部に代理人として申し立てました。性同一性障害特例法では、性別適合手術が性別変更の要件の一つになってますが、この方は、手術を受けずに申立をしました。手術を要件とする条項は、事実上手術を強制するものとして、当該条項の違憲無効を主張しての申立てです。弁護士11年目に入り弁護士としての新たなステージの取り組みとして頑張ります!!法は人を助けるための [続きを読む]
  • 公益財団法人みんなでつくる財団おかやま代表理事就任挨拶
  • 公益財団法人みんなでつくる財団おかやまの第2代代表理事に就任しました大山知康です。日頃より,公益財団法人みんなでつくる財団おかやま(以下、「みんつく財団」といいます。)の活動に対し,ご理解とご協力を賜り,厚くお礼を申し上げます。私は,設立時から理事としてみんなでつくる財団おかやまの運営に関わってきましたが、今回、初代代表理事石田篤史からバトンを受け、第2代代表理事に就任しました。私が,もともとみん [続きを読む]
  • 真庭法律相談センター
  • 岡山弁護士会では,毎週金曜日に真庭市の勝山文化センターで「真庭法律相談センター」を開催し,皆さまの相談をお受けしています。具体的な日時は下記のとおりです。毎週金曜日 13:00〜16:10 (ただし、祝日および年末年始を除く)通常は,40分5,000円(税抜き)(交通事故相談は無料です。)ですが,真庭市民の方は,市民1人について,年度内に1回,無料で真庭法律相談センターを利用できる無料券の配布を真庭市役所で受 [続きを読む]
  • 玉野光南高校野球部を誇りに思います。
  • 昨日は,日程の調整がついたので,母校の玉野光南高校の高校野球岡山大会決勝に応援に行きました。ニュース等でご存じだと思いますが,一度はゲームセットまでいき,甲子園が決定したと思われた判定が覆され,敗退してしまいました。判定が覆されても,異議を唱えずプレーを再開して最後まで戦った玉野光南野球部を卒業生として誇りに思います。いち卒業生でも非常に辛い思いですが,部員や関係者の方のお気持ちを考えると胸が苦し [続きを読む]
  • 東京弁護士会のスマホアプリの「べんとら」も凄い
  • 東京弁護士会のスマホアプリのべんとらも凄いです会員限定サービスもありますが、「養育費・婚姻費用計算」、「裁判申立費用計算」という弁護士業務に欠かせないものから、西暦・和暦の変換、生年月日・年齢の変換、平米・坪の変換など便利ツールまであります。リブロという東弁の機関紙の特集記事まで読むことができる充実ぶりです。弁護士のスマホには欠かせないアプリです弁護士会が、スマホアプリを提供する時代到来です [続きを読む]
  • 美作市権利擁護センター12開設記念イベント
  • 美作市権利擁護センター12開設記念イベントが開催されました。私もリレートークのトップバッターでお話ししました。美作市権利擁護センターの運営委員も務めてます。愛称は、12(トゥエルブ)に決まりました。岡山湯郷ベルの街美作で、市民の権利擁護を守るサポーターという意味です。また、福祉においても市民が主人公という意味も含まれてます。様々な専門家や関係機関の担当者や責任者が参加する支援検討会議や市民後見人養成な [続きを読む]