朝寝坊弁慶 さん プロフィール

  •  
朝寝坊弁慶さん: 朝寝坊弁慶のささやかな交湯録
ハンドル名朝寝坊弁慶 さん
ブログタイトル朝寝坊弁慶のささやかな交湯録
ブログURLhttp://ameblo.jp/a-soreatari/
サイト紹介文朝寝坊です。弁慶は語呂の勢いで意味はなし。そんな私の日常とは温泉好き、浪費好き、変な車好き。
自由文日常といっても温泉巡りがもっとも多く、おいしかった食べ物の話、無駄遣いに近い買い物の話、好きな音楽についての話や、その他気になったことなどが脈絡もなく出てきます。できる限り安易な時事ネタで記事を稼ぐようなことはやらないことにしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/08/16 18:17

朝寝坊弁慶 さんのブログ記事

  • 児玉の原風景を回るルート(85)
  • サドルバッグが届きました。‘suew’という工房で作られているもので、非常に良い。ただし発注・送金してから1年半もかかった。ウェブも更新されず、当初納期(10ヶ月)として連絡を受けた期日が過ぎて、やがて1年が過ぎたので問い合わせを入れても返事はもらえなかった。気がつくとウェブが更新されて現在の納期が半年と書かれていたので、いい加減頭に来て再度メールを送ったらようやく返事が来た。それから待つこと2ヶ月く [続きを読む]
  • ホリデー快速 富士山
  • ホリデー快速 富士山山梨に行くわけではなく、新宿から立川まで乗っただけですけど、なんとなく、遊びに行くふりでもしないと土曜日の勤務が続くといたたまれません。岡山に遊びに行ってたじゃん!って、あれ、土曜日に仕事で広島に行ったというのが本質ですからね(笑)。土曜日の新宿駅は中央線のホリデー快速がいろいろあるのね。びっくりしました。このまま山梨に遊びに行きたいところですが、今日も仕事でした。ちなみに乗っ [続きを読む]
  • 春恒例の行事
  • 毎年恒例の鬼怒川温泉です。まずはゴルフという名の「情報交換会」を行い(ん?逆か?)鬼怒川温泉ホテルこちらで総会と懇親会に参加します。本当に毎年恒例です。前の会社が潰れる前からですから(爆)、もう7、8年は続いているでしょう。某協会某地区総会。会社潰れたのによく生き残ってるねって言われたので、二の腕を叩いておきましたが何か(爆)。例年、朝は寒いと感じているように記憶してますが、今年は暖かいです。鬼怒 [続きを読む]
  • ダホン ボードウォークD7
  • 昨日は先週末開催されていた群馬の森クラフトフェア群馬の森は伊勢崎・高崎サイクリングロードが中を通るのです。本当はそのまま群馬の山のほうに桜を愛でに行こうと思っておりましたが、急遽、丸山酒造の蔵開き深谷の横瀬という場所にある酒蔵ですが、群馬の森から利根川サイクリングロードにアクセスして戻って来ました。去年は歩いていって酔っ払いでしたが、今回は自転車だから飲まなかった。日本酒のカクテルとか提供してる。 [続きを読む]
  • 倉敷市児島 鷲羽山展望台
  • おはようございます。ここは鷲羽山展望台です。さっきまで乗っていたラ・マル・せとうちは、もうとっくにこの海を渡ってしまいました。あっち側は四国です。展望台というだけあって、高いです。だって鷲羽山だもんね。なぜ、坂道をハアハアしながら登ってここまでやって来たかというと、ちょっとこんな気持ちになってみようかなと、思ったからでした(爆)知らない方のために説明すると、これはNHK-BSの「にっぽん縦断 こころ旅」 [続きを読む]
  • ラ・マル・せとうち
  • 岡山駅から、観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」に乗ります。奥のステージは、自転車を組み立てるスペースで、手前の鐘は出発セレモニーの鐘。週末しか運行せず、曜日で行先も変わる「ラ・マル・ド・ボァ」は、日曜日は「ラ・マル・せとうち」として高松往復運行です。でも乗るのは児島まで。片道。快速電車なので、普通列車のグリーン券による座席指定となります。座席は、普通の前向き座席と、窓を向いたカウンター席。カウンターが [続きを読む]
  • 岡山、朝ポタ
  • そうだ、広島で買った唯一の自分の物はひろしま美術館の池田満寿夫のバンダナ。池田満寿夫って高校のころ、けっこう好きだったんです。さて、QC事例発表会地方予選会の議事も滞りなく進行し、JR芸備線で広島に戻ります。源蔵本店広島市南区猿猴橋町5-189:30-21:30(土日21:00)まずは、ビール。次が焼酎。最後は「悪魔」の日本酒乾杯地獄。「悪魔」は去り、宿泊組というか、のんびり出来る組に分類された私は、静かに2軒目に [続きを読む]
  • 広島観光
  • (サンライズで到着した)岡山から広島までは、新幹線です。時間はまだ8時半。ちなみに弁慶が高校生だってころは、周りの高校はだいたい広島あたりまでは修学旅行で来ていたようでした。でもうちらの高校は修学旅行なんて本当はやりたくなかったようで、期間も二泊三日だったし、行先も中学と同じ京都奈良だってのですよ。まだブルートレインがあったころ、福岡の帰りに広島から「はやぶさ」に乗ったことがあって、その時にお好み [続きを読む]
  • 広島まで日帰出張の命を受けました(ので)
  • 画像を貼り付けてから、何を書くのか考えてる。これって、メロディが先で詞が後みたいに感じた^_^。金曜の夜、高崎線に現れたおじさんは、スーツだけどなぜか自転車を背負っていた(笑)。日帰りの広島出張を命じられたのに、出発は前日の夜の、お決まりのサンライズ!今回は先月末の命令だから、半月前にみどりの窓口なので、春休みだし絶対無理って思ったけど、「あー、空いてないですねー、あ、ちょっと待ってください、、、シ [続きを読む]
  • 広島まで日帰出張の命を受けました(ので)
  • 画像を貼り付けてから、何を書くのか考えてる。これって、メロディが先で詞が後みたいに感じた^_^。金曜の夜、高崎線に現れたおじさんは、スーツだけどなぜか自転車を背負っていた(笑)。日帰りの広島出張を命じられたのに、出発は前日の夜の、お決まりのサンライズ!今回は先月末の命令だから、半月前にみどりの窓口なので、春休みだし絶対無理って思ったけど、「あー、空いてないですねー、あ、ちょっと待ってください、、、シ [続きを読む]
  • 1本でも人参
  • 出かけようとして空気を入れたら前輪がバーストしました(>_後輪もバーストしたと確かにブログに書いたことがある気がするけど(^^;;。チャレンジというメーカーのオープンチューブラーというタイヤなのですが、オープンチューブラーというのは、普通のタイヤと違い、帯のような形状をしています。その形状とは関係ないでしょうが、どうもチューブが張り付きやすいようで、それがこのバーストする原因なのではないかと思います。全面 [続きを読む]
  • ムーン・チャイルドとキューノ
  • 日曜日の午前中はトライアンフ・ウイークエンドムーン・チャイルド伊勢崎市宮子町3470駐車場で毎月第2日曜日に開催されるトライアンフオーナーの集いというものを見学にお邪魔しました。今回で2回目。前回は9台の参加だったそうですが、今回は3台とちょっと寂しい状況でした。午後はキューノ熊谷市銀座1-58旧 宇野商店を改装したコミュニティーサロンで、gra..さんの展示会があったので、ひやかしです。なかなか盛況でしたよ。 [続きを読む]
  • キドヤ
  • (人間ドックの日のこと)というわけで、初めてのキドヤです。キドヤ本庄市千代田3−1−230495-24-2213定休日:日・月・木 先日妻沼の古家具屋さんに出店していたキドヤさんのお店に初めて行ってきました。自宅2回、イベント2回でようやくお店です(爆)。 入口から左手にカウンターがありました。 こちらがメニューです。野菜を活かしたランチが評判らしい。というか、そもそものキドヤさんとの [続きを読む]
  • 遠州男唄
  • 業務上ではありますが、旅りました。せっかくなので川崎の営業所にも立ち寄って、昼は、なんかフライっぽいけど、唐揚げ丼(ごほん少なめ)。やきとりセンター川崎リバーク店川崎市川崎区駅前本町12ー1新横浜から新幹線こだま号自由席はけっこうな混雑でしたけど。遠州男唄 たんと本店浜松市中区田町330ー1なんかいつも、ここ。もう5、6回来てるかな。浜松餃子ゆるい糖質制限を実行しているので、2個、多分、糖質12gくら [続きを読む]
  • プロスペクトアベニュークラシック2017
  • 海〜^^;海なし県民ですからね、とりあえず海です。(そんなに温泉は無くても海があるじゃないか!と誰かを励ましてみる。)プロスペクトアベニュークラシック2017告知したからって全て出るわけじゃないんだけど、これは出ました(笑)0号車は、ポルシェ9041964年日本グランプリにて、式場壮吉氏がスカイラインGT勢を蹴散らして優勝したまさにその車だそうです。この車の先導で開催される予定でしたが、そこはグランプ [続きを読む]
  • ドリップパン購入記念、今年最初のイベント情報
  • まずは2月中に開催されるイベント プロスペクトアベニュークラシック 2017 プロスペクトアベニュークラシックは、平成24年7月23日、ひたちなか市の震災復興支援を目的として、津波から復興したひたちなか海岸道路のクラシックカーパレードで始まり、地域の方々を元気づけるラリーイベントとして今回で第7回を迎えます。今回も地域の皆様を少しでも元気づけられる様なラリーコースを設定し、同時にご参加の皆様にも [続きを読む]
  • 通洞から桐生、高崎経由
  • わたらせ渓谷鉄道 通洞駅銅山観光から駅まではぶらぶらと10分くらい。駅に行っても電車を30分待つだけなので、何かないかなと思いながら歩くのだけど、何もない。お店はあっても開いてない。あー、ビールとか売ってないかなーとぶらぶらはしてみたけどね。仕方ないから駅とか撮って過ごすのだった。わたらせ渓谷鉄道登場!(先客1名、計4名)ワンマンですから整理券をお取りください。(ただしくはほとんど無人駅だか [続きを読む]
  • トンネルを抜けると雪国だった
  • 話は日光に戻ります。バス停には母親と男の子が待っていたけど、なぜか乗らなかったので、乗り込んだのは我々3人。先客は女性1名とカップルの3人。6人を乗せたバスが走っていくと雨はトンネルを抜けると雪に変わりました!このバスでどこに向かったのかというと足尾銅山観光日光市足尾町通洞9-2銅山観光入口の次が銅山観光前なのでそこで下車のこと。日光から足尾に向かって来ると群馬方面は足尾こ町に入る手前で左折するじゃ [続きを読む]
  • 湯西川ホテル②
  • 気がついたら大事な話を忘れていたよ(爆)。これでも、これ、一応、温泉ブログですからね。さて、夜のかまくら祭りから帰り(ここに話は戻るのです)、夕食を食べ、麻雀をしてようやく風呂です。入浴時間は安全の為24時までで、朝は5時再開です。浴室は地下1階。手前女子、奥男子は固定らしい。脱衣所、手前左には貴重品入れがあったけど有料かリターンかは確認しませんでした。手前はかけ湯。奥に2つの浴槽。こちらは逆から [続きを読む]
  • 東武日光駅から総合会館前
  • 湯西川温泉からの帰りです。予報では11時から雨70%ということでしたが、前夜の打合せ通り日光までは、やってきました。同時に、雨だから雨の当たらない場所に行こうかという適当発言が妙に受けて、そのプランも進行することになりましたよ。野岩鉄道 会津マウントエクスプレスで11時に東武日光駅に到着。まだ雨は降っていなかったのと、2時間の時間調整を兼ねて駅からは徒歩です。ここ、ずっと登りなので良い運動になります [続きを読む]
  • 夜のかまくら祭りへ
  • ホテル湯西川は湯西川温泉のはずれにあるので、かまくら祭り会場までバスの送迎サービスがあります。予約は先着順にということで、これが友人2が先着してチェックインしていた理由だったんです。バスは6時発、7時半発の2便があり、それぞれ45分後に会場から出発してホテルに戻る運行でしたが、われわれは6時発を予約しました。バスはメイン会場の平家の里の大型車用の駐車場に到着します。更に奥、一番奥にあるのが、このミ [続きを読む]
  • 湯西川ホテル①
  • 薬師の湯から出て大通りに戻るとちょうど湯西川温泉行きのバスが来ました。本家判久前のバス停で、そのバスが折り返して来るのを待ち湯西川保育園前で降ります。本日の宿は、旧伴久ホテルの廃墟から復活した伊藤園ホテルズ ホテル湯西川日光市湯西川5970288-98-0370玄関右手には足湯がありました。部屋に入るとすでに布団は敷かれています。最初から最後までホテルの従業員は一切立ち入りません。サービスを絞り込んでコストを落と [続きを読む]
  • 湯西川温泉 公衆浴場 薬師の湯
  • さて、別働隊です。といっても1人です(爆)。ふらっとむかったのは、某スッチーのなんとかでくどいくらい建て替えられたという表記のある薬師の湯であります。(たぶん川治の薬師の湯と情報が錯綜したのでしょう。)まずは湯前橋から見た薬師の湯。誰か入ってるかな。湯西川温泉 公衆浴場 薬師の湯泉質 アルカリ性単純温泉泉温 51.6℃ pH 9.3実は会津屋豆腐店から焼肉山道に向かう前に事前調査で立ち寄った時には、 [続きを読む]
  • 焼肉山道から平家の里へ
  • さて、湯西川温泉駅からはバスに乗り継ぎます。「あの」計画では、このバスは鬼怒川温泉駅から来る路線バスなので、私は川治元湯駅前の停留所から乗り、バスの中で湯西川温泉駅から乗る友人1と合流してびっくりさせるつもりだったのです。しかし、この時期は観光客が増えるのでしょうね。乗ったのは湯西川温泉駅発の臨時便でした。だから早起きしても「あの」計画は実行できなかったのですね>_その後、湯西川保育園前から乗り込ん [続きを読む]
  • 恒例の高齢になるまで続けられるか春の旅行
  • 前回は私が不参加でしたが、今回は子供の問題と急性胃腸炎から心筋梗塞、幸いもう大丈夫だけど様子をみようという健康問題で2名不参加です。これで行くと合流まで1時間余裕があるから川治の共同浴場に寄れるなと気がついたのは、前日の接待からの帰り道の電車の中。早速えきねっとに接続して調べてみたら両方空席があったので、そのまま予約を始めたところ、ちょうどメンテの為の受付休止時間になってしまったのでした。改めて朝 [続きを読む]