アーシャー(आशा) さん プロフィール

  •  
アーシャー(आशा)さん: Ganapati Yoga
ハンドル名アーシャー(आशा) さん
ブログタイトルGanapati Yoga
ブログURLhttp://ameblo.jp/sivananda-yoga/
サイト紹介文インド在住。趣味ヨーガ,サンスクリット,ヒンディ、インド料理、宝石
自由文一部文字化けする場合はデーヴァナーガリー文字ソフトのダウンロードをしてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/08/17 23:00

アーシャー(आशा) さんのブログ記事

  • ヒンドゥ教の16の通過儀礼
  • サンスカーラ(??????? )という言葉は沢山の意味を持ちますが、ヒンドゥ教徒の"人生の通過儀礼"という意味や、"前世や今生の行為が蓄積された残存印象"、ほか、"教養、品性"という意味があります。輪廻思想に親しみのある日本人にとって、ヒンドゥ教の通過儀礼は日本文化と所々似通ったところがあると感じられるでしょう。インド人家族と共同生活をする中で、もっとヒンドゥ教慣習をおさえておく必要があり、今回は16の通過 [続きを読む]
  • インドで初・産婦人科検診
  • リシケシュで産婦人科を3院巡ってみた感想は、日本の産婦人科が良すぎたので、それを基準に選んでいては、いつまでも決まらないであろうこと、またインドでは近年妊娠5ヶ月目頃から妊婦に定期的に予防接種をすることになっているので、分娩をその病院でするかどうかは後で決めるとし、定期的に予防接種は受けておくことにしました。予防接種の全内容は把握していませんが、猿や犬に噛まれた時のためにワクチンを前もって打っておく [続きを読む]
  • インドに戻りました
  • リシケシュに戻ってきました! Sawan ( shrawam ) シヴァ神の祭りの真っ最中に帰ってきたので、いつもなら深夜にデリーからタクシーで5時間程のところを10時間かかりました徒歩でニールカントを目指す巡礼者達のエネルギーには毎度敬意がわきます。日本では、お久しぶりにお会いできた方が沢山いて、180%有意義に過ごすことができました。本当にありがとうございました!エレベーター、エスカレーター、冷房、冷蔵庫、洗濯機に頼 [続きを読む]
  • お腹に赤ちゃんを授かりました。
  • 御無沙汰しております。ブログの更新が滞っていたため、時々更新すると「生存してたんだね」と励まされます。御心配おかけいたしました今年の3月頃から体調が優れず、日中横になってばかりで食欲もなかったので、「環境をかえて鍛えに行こうかな」と思いつき、アシュタンガで有名なマイソールについて情報収集をしていました。主人が「わしもアシュタンガをしにマイソールに行きたい」と言いましたが、一人で行きたいと押し切り、 [続きを読む]
  • インドでの結婚手続きマニュアル!?
  • 御無沙汰しております。今日は久しぶりにブログの話題ができて、喜んでいます。昨年11月初旬から手掛けていた結婚手続きが、昨日デリーの日本大使館で完了しました!インドで自分たちがするべきことを終え、これから日本の戸籍に反映するまで1ヶ月程かかります。でも、あとは日本政府側の業務なので、すっかり安心しきって、寝て待つだけ、という心境です。持久力が途中で何度も切れたり、手続きそのものを忘れて圏外モードになっ [続きを読む]
  • クンダリニー ヨーガ(スワーミー シヴァーナンダ著)
  • クンダリニー ヨーガスワーミー シヴァーナンダ著書(ヒンディー語版)英語版がオリジナルで、ヒンディー語版は後から翻訳されました。シヴァーナンダ師は生涯300冊の著書をのこし、桁はずれの才能をもつ近代の偉人です。シヴァナンダ・ヨーガは世界中で、また日本でも、よく浸透した割には、日本語で入手できる書籍が多くない気がします。ある日本語訳の著書で、タイトルを忘れましたが、笑える教訓小話を寄せ集めた物語集があ [続きを読む]
  • インドの山奥で生活する人々
  • 一昨日ホーリー祭が終わました。このお祭りの間はパティデの実家のある山奥で数日間過ごしていました。ネパールには桜があると聞いてましたが、こちらインドにも桜があるようです。意外と「ホーリーが苦手だ」というインド人は多く、リシケシュのとあるアシュラムに住んでいる、一見爽やかな印象のヨガの先生は、近所の子供にお小遣いをあげるかわりに、外から南京錠て鍵をかけてもらい、居留守をよそおって部屋に閉じこもっていた [続きを読む]
  • インドでトラに出会った人たちの話
  • 一昨日、ヨガスタジオに舞い戻ってきました。以前ブログで掲載した部屋は、小鳥達のさえずりで目が覚める穏やかな空間でした。小鳥たちがくちばしで窓を叩いているのはどんな意味があるのでしょう?3週間だけの滞在だったため、大家さんも目が点になっていました。たった5分ぐらいの距離を遠いと言うと、世の中で2〜3時間かけて通勤されている方にお叱りをうけそうです。でもやはり住込みのほうが、訪問者に待ち時間を与えない [続きを読む]
  • 黄疸とインドの民間伝統療法
  • 昨夜パティデの弟、ヘムーが黄疸(??????=ピーリヤー)を発症していることがわかりました。数日前から白目の部分が黄色くなって、風邪のような熱が続いていたのですが、まわりの人たちは「スポーツジムに行くのをやめて、ハードトレーニングをしなくなったから、気持ちに隙ができて、風邪をひいたのかもね」と話していたところでした。病院でもらった薬が効かないので検査をしたら黄疸だとわかったのですが、リシケシュ全体で [続きを読む]
  • リシケシュのごみ処分環境
  • 前回の話題に引き続き、生活でかわったことといえば、近隣に幼稚園児や小中学生が沢山住んでいて、玄関の鍵があいていれば入ってきて、私と遊ぶでもなく、お喋りを沢山するでもなく、教科書を開いて、鉛筆を削り、宿題をはじめる4歳ぐらいの女の子が来ます。完全に自習室利用されています。少し不便になったことは、ゴミの収集車が全然回収に来てくれないことです。2日連続来た日もありましたが、そのあとはしばらくご無沙汰で、 [続きを読む]
  • スタジオ裏に引っ越し完了しました。
  • おかげさまで、一昨日、引っ越しが完了しました。スタジオから徒歩5分で、リシケシュのガンガーが一望できる高所にあります。徒歩5分は近いように思えますが、坂が急で、温暖の差がかなりあります。スタジオ付近だと半袖で汗がジワッと出るほどなのに、家に帰ると湯たんぽを使っているぐらいです。このあたりの部屋の相場からして、結構格安だったので、部屋を2つ借りることにしました。ひとつは瞑想やプージャ専用です。何年も前 [続きを読む]
  • 憲法施行記念日写真と、招かざるお客たち
  • タイムリーな話題ではありませんが、1月26日は、インド連邦共和国の完全独立宣言と憲法施行を記念した日でした。(ガナタントラ ディワス ??????? ???? )当日の朝はスタジオ前に国旗を掲げ、スタッフ全員が裸足で2列に並び、スピーカーからの大音量の伴奏と共に、国歌斉唱をすると、通行人のインド人たちも、足を止めて参加してくれました。このあとは、インドの祝い事に必ず登場するインドのお菓子が配られ、血糖 [続きを読む]
  • ヴィヴェーカーナンダ生誕祝とNGO設立祝の集い【ヨガ動画】
  • 【動画1】1月19日は地元の住人、学校関係者、生徒たちをお招きし、ヴィヴェーカーナンダ生誕祝いと、私たちのヨガスタジオがNGOを設立したことによるパーティーが開かれました。パティデがよく小・中・高等学校でスピーチやヨガ指導を行っている関係で、学生たちが日頃のヨガの成果を披露しに来てくれました。生徒たちのヨガフローは深みまで魅せられる楽しさがありました。 【動画2】スタジオでビギナーズクラスを [続きを読む]
  • スワミ・ヴィヴェーカーナンダ生誕の日のディスカッション
  • 昨日はスワミ・ヴィヴェーカーナンダの生誕の日でした。スタジオではスタッフ達が集まりサットサンガと日々の反省会を行いました。一部のスタッフが、毎朝ティーカー(???? ヒンドゥー教徒が額や眉間に白檀やサフラン、ウコンを水に溶かしてつけるもの)をつけずにスタジオに来ていることについて、指摘がありました。ティーカーをつけていないということは、「ヒンドゥー教徒にとって、毎朝ちゃんとお祈りをしていない」と見 [続きを読む]
  • マラーイー(牛乳を加熱して表面に浮く膜)
  • 病み上がりの甥っ子、ラクシット君が部屋に遊びに来ました。風邪をひいていたときは、お医者さんに、「乳製品全般、スパイス、油、たまねぎ、ニンニクは食べないように」と言われていましたので、母乳をあげている母親とラクシット君は年末から一昨日までシンプルなキチュリー(お粥)を食べていました。その間、ラクシット君たちと同居している家族たちの分は、私が食事を作っていました。とくに青唐辛子の量で好みが分かれます。 [続きを読む]
  • アティティ サトカール(来客のおもてなし)な日々
  • こんにちは。喪中のため新年らしいご挨拶は省かせていただきますが、今年も宜しくお願いいたします。今年は人生スタイルにそったヨガ的な生き方を日々省みつつ、家族が平穏で元気な日々がすごせるよう、励んでいきたいと思います。結婚してから、よくインド人に「グリハスタ アーシュラム(?????? ?????)はどんな心地だ?」と聞かれます。グリハスタ アーシュラムとは、四住期のひとつで、家住期や所帯をもって生活 [続きを読む]
  • 【完】ヨーガスートラ勉強会語句まとめ 4章22節-4章34節
  • 4-22??????:?????? ?????????? プルシャは、行為することをせず、関係もしないけれども????????????(ブッディに)没入したとき??????????????????(プルシャは)自分の側近にあるブッディを認知する。【解説】プルシャは転変せず、行為者ではなく、何かと結びつく性質のものではない。また、自分の顔を見るのに鏡を見るように、プルシャはサットヴァの状態にまで澄んだチッタ [続きを読む]
  • ガンガーで祖父の供養
  • 祖父が逝去してから半年がたち、今年中に遺灰をヨガスタジオ前のガンガーで供養することを望んでいましたが、私達の生活が難なく平穏に落ち着いてからにしようと今月に予定を立てていました。師走の月はインドのパンディットも多忙を極めており、当初お願いしていたパンディットから連日土壇場キャンセルがありました。「今日こそは、11時30分に百%プージャをする!約束する!」と言っていましたが、結局時間になっても姿をあらわ [続きを読む]
  • ヨーガスートラ勉強会語句まとめ 4章14節から4章21節
  • 4-14??????????????転変は1つの結果のみをまねくことから??????????????客観的事象もそのように(ひとつの形、結果を)成し得る。【中間解説】たとえば、大地と水のエネルギーが合わさり、太陽と月の光線の関係により、木が育ち、いくつもの生命、様々な形、様々な個性を生み出していく。しかし実際それらの各々のもつダルマ(エネルギー)は自らのダルミーと不離の関係である。そのように全ての物質は [続きを読む]
  • リシケシュの、とあるヨギの食事
  • 現在はスタジオに住み込みで生活しているのですが、自炊のために少しづつ調理器具を揃えていきました。当初はチャイを作るところから始め、サブジー(スパイス料理の野菜のおかず)までできればいいほうだったのですが、電気調理器一台と、小ぶりな取っ手鍋で料理していたので、豆料理は小さいサイズのダールが限界でした。部屋を探しているところで、引っ越ししてから、調理器具を揃えようとしていたため、最小限の道具だけ揃えて [続きを読む]
  • ヨーガスートラ勉強会語句まとめ 4-5〜4-13
  • 日本でのヨーガスートラの勉強会、おかげさまで最終章までたどることができました。あれから2ヶ月以上経過したにも関わらず、語句まとめに着手できない日々が続いていました。こちらでの生活にも順応してきましたので、できた分ずつ更新していきます。????????? -?カェヴァルヤ・パーダ 4章4-5?????????発現した多くの心を?????????????様々なプラヴリッティ(1-6参照)の形に????????? [続きを読む]
  • 届いた本と、祖父の思い出と、菜の花畑
  • 9月に日本から送った本や辞書が追加で届きました。残り1箱、日本から到着する予定です。佐保田鶴治先生のヨガ本と、インド史、古いガイドブックは今年6月に91歳で亡くなった祖父の形見です。世界中を旅した中でインドに1番インスパイアを受けたそうです。小学生の頃、祖父からインドの同じ話ばかり聞いていたので、私もインドには特別な感情が芽生えていました。ある意味、洗脳されたというか。家族・親戚の中で、私と祖父だけ [続きを読む]
  • インドの新2000ルピー札、こんなのです。
  • 一昨日、日本円をルピーにかえてもらうべく、3つ目にたどりついた銀行で、前に並んでいた外国人10人が、大量のインドルピーの札束を抱えて笑みをうかべ去っていきました。インドの旧札を新札に変えるには限度額が4000ルピーですが、外貨両替には限度がありません。毎日旧札を両替のために並ぶよりは、日本円を一度にかえたほうが、最近の為替レートは悪くても、時間を節約できる、と考えた行動だったのですが、私の番になって、銀 [続きを読む]
  • インドのブライダル衣装選び
  • 昨日は銀行の前まで到着しましたが、あまりの行列をみて並ぶのをやめました。新札を引き出すのに一人あたり20分もかかるようです。一日の限度額は、ATMだと2000ルピー、窓口だと4000ルピーまでです。パティデの親戚、兄弟も一緒に並んでもらって、新札を集めて、結婚式の準備に備えようとしましたが、ひと目みて諦めました。月曜日には、緩和される見込みだそうですが、大きい出費の買い物が急ぎで必要なので、パティデのデビット [続きを読む]