JBL さん プロフィール

  •  
JBLさん: 遥かなる月光の旅
ハンドル名JBL さん
ブログタイトル遥かなる月光の旅
ブログURLhttp://BGrace.exblog.jp
サイト紹介文月光に照らされる風景を撮影しています。
自由文月光写真 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/08/18 03:02

JBL さんのブログ記事

  • 渚の星々
  • 三陸海岸は切り立った崖が多い。油断して近づくとカラカラと石が落ちてくる。よく見ると大きな岩が落ちた形跡も見られるから要注意。この辺りは空も海も非常に綺麗。天候さえ良ければ長時間露光をしても濁ることがなく、透明感のある空と海が撮影できる。月光で海岸をあぶり出し、星たちが踊ってみえるような露出を選択した。... [続きを読む]
  • 月光とデジタル
  • サソリに寄り添うように、月が昇る。中央からやや下には土星が煌めく。波に削られた石は丸くなり大波が寄せる度にカラカラと心地よい音を立てていた。................................................................................... [続きを読む]
  • はくちょう、浄土の空を飛ぶ
  • 【 昇るはくちょう座と、夜明けの銀河 】ここ最近SNS上でブームとなっているのが星景写真。 超高感度で天の川を撮影し、星がブレないように撮った写真をよく見かける。浄土ヶ浜の星景写真でもよく見かけるケースで、満天の星の美しい写真が沢山UPされている。<o:p... [続きを読む]
  • 浄土ヶ浜の銀河
  • 久しぶりの浄土ヶ浜。震災以降、背後にあるレストハウスの明かりが剣の山を照らすようになってしまった。その影響で露出とWBに影響が…。まぁ、それはよしとして、やっぱり一番の問題点は剣の山に生えていた一本松が無くなってしまったこと。あの松がないと、どうも写真に締まりがでない。ここ2、3年の間に浄土ヶ浜で... [続きを読む]
  • 天文ガイド4月号 2017 入選
  • タイトル【 三陸海岸に昇る柄杓 】 天文ガイド4月号一般の部Reader’s Astro Photo APRIL・2017一般の部選評)宮城県北東部の雄勝は三陸海岸の南端近くにあります。この作品はその雄勝から北東から昇って来た北斗七星をとらえたものです。撮影時刻からすると、南西の方向... [続きを読む]
  • 沈む冬の星座
  • 久々の岩手県某所。いや…。やはり岩手の星空は凄い…。さらっと現像処理かけただけなのに、この星の存在感。沈みゆく冬の星座と、トライアングル。冬の終わりを予感させる、素晴らしい輝き。...................................................................... [続きを読む]
  • 新聞掲載 と DAIVについて
  • 『 第6回石巻かほく復興写真展 』で受賞した作品が新聞に掲載。知り合いがメールで知らせてくれました。この画像も知り合いがスマホで撮影したもの(ぼかし加工しました)第6回復興写真展の記事 → ..................................................................... [続きを読む]
  • すばる輝く、秋保大滝
  • 月が沈むに連れ、滝はどんどん暗くなっていく。もう撮影終了か…と名残惜しく感じていると、雲間から「 すばる 」が見えた。カメラを縦にし、目一杯空を広くとってシャッターを。秋保大滝がますます小さくなってしまうのは、少々残念だけど…。...................................... [続きを読む]
  • 月明かりの秋保大滝
  • 数年ぶりに雪の秋保大滝に行ってきた。もちろん月明かりだけを頼りに。滝までのアクセスは慣れていないと非常に不気味だけど、自分もだいぶ強くなったもので、月明かりに照らされる雪景色を楽しみながら歩くことができた。深夜の安の滝に比べれば全然余裕。装備はアイゼンを持っていけばよかったと少々後悔。でも手をつきながらゆっくり歩けば大丈夫。... [続きを読む]
  • 月と金星、そして渡り鳥
  • 細い月と金星が接近した夕暮れ。渡り鳥と月を一緒に撮れないかと、久々に伊豆沼に行ってきた。日没になると、北からマガンの編隊が月と金星をかすめて飛んできた。慌てて手持ちカメラで連写。薄暗い中、シャッタースピードを確保するのが大変だったけど、なんとか撮影に成功。編隊の形がどことなく鳩のような形に…?... [続きを読む]
  • 細い月と惑星の接近 長沼にて
  • 先日、月と惑星の接近があったので、オリンピック開催候補地のひとつだった長沼へ行ってきた。長沼のシンボルであるオランダ風車と惑星を組み合わせての撮影。上から火星、金星、月齢3.4の細い月が輝いていました。ベストなバランスの構図。非常に美しい光景でした。風車はこちらに背を向けていますが、なんだか風車が宇宙と交信する巨大なパラボラ... [続きを読む]
  • 14年目のオーディオメンテナンス
  • JBL4428を購入して約14年が経過。ってことで、やっと初めて簡単なメンテナンスを。まずは埃だらけのアンプラックを清掃。スピーカーケーブルとアンプ、プレーヤーを接続しているケーブルも全て外して、端子を無水エタノールで清掃。錆びついているかと思ったけど、少し埃が付着しているだけでピカピカだった。でも折角だからベルデンのスピーカーケーブル... [続きを読む]
  • 2009年11月の月光写真
  • 確かこの日の撮影は、遅番の仕事を終えて直行で撮影地まで向かったような記憶がある。気温は一桁で、流れる水は痛いくらいに冷たかった。長靴かウェーダーだったかは忘れたけど、水に浸かりながらの撮影だった。今思うとこの構図はかなり危険だった。ヌルヌルとした岩場で足を滑らせたら、そのまま甌穴に落ちていたかもしれない。... [続きを読む]
  • 谷風
  • 先日受賞した第6回石巻かほく復興写真展の賞品として、墨廼江酒造さまより限定酒の 『 谷風 』 を頂きました。日本酒はほとんど飲んだことがないのですが、おいしく頂きたいと思います。墨廼江酒造さま、ありがとうございました。夏のBlog 【 あの頃の夏を探... [続きを読む]
  • CAPA 2月号2017年 2席受賞
  • 【 月光満ちる 】選) 竹内敏信 氏評) 古市智之 氏評) ◯◯さんはシャドーがつぶれてしまったのが心残りなようだが、逆に暗部が多いことがミステリアスな雰囲気を生んでいるとも言える。この作品の質を大きく損なってはいない。夜間の撮影は足元が見えにくく、撮影するだけでも昼間とは比較にならないくらい困難だ。蔵王のような山岳地ならなおさらだろう。御釜から市... [続きを読む]
  • 三陸海岸に昇る
  • いかにも三陸らしい風景。昔はよくこの様な風景を月明かりで撮ってたっけ。一番奥のせり出した断崖のむこうには神割崎、歌津、そして更に北上すると気仙沼市がある。この断崖風景にも3.11の大津波は押し寄せてきたんだよなぁと、昇る北斗七星を眺めながら思いに耽った。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】... [続きを読む]