勝負沢知悦此 さん プロフィール

  •  
勝負沢知悦此さん: 知悦此の生き物・不思議物語
ハンドル名勝負沢知悦此 さん
ブログタイトル知悦此の生き物・不思議物語
ブログURLhttp://aromakan.blog55.fc2.com/
サイト紹介文岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピスト フォトグラファー 写真日記
自由文岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセリング アロマセラピスト アロマセラピー ハーブ アロマ カルチャー教室
http://www.aromakan.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供630回 / 365日(平均12.1回/週) - 参加 2010/08/18 20:43

勝負沢知悦此 さんのブログ記事

  • 夢見るチェリーブロッサム
  • 写真の先生から花を撮る時は女の人を撮るようにと教えて頂きました。桜はあどけない子供のようでもあり、清々しい少女のようでも有り色っぽい熟女のようでもあります。なので、汚れを知らない幼児(おさなご)のように撮ってみました。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • 桜梅桃杏(おうばいとうり)
  • 野に山に町に花咲く春が約束通りやってきました。この季節、待ちに待った分、花々が競うように咲く様子は表現のしようが無い位美しく、麗しく、言葉が出てきません。桜は桜、梅は梅。桃は桃で杏は杏。みんなバラ科だけどみんな違って美しい。その実もそれぞれのおいしさです。春は冬に溜めていたエネルギーを一斉にはじけさせて鳥やチョウ等昆虫を呼びます。そうして葉を茂らせ光合成で太陽のエネルギーを栄養に変えて人間や動物に [続きを読む]
  • 花と鳥と風と雨と
  • 花鳥風月を愛でる余裕が現代人なら多くの人が心の中で求めていることでしょう。今は永い冬の眠りから覚めた春の喜びが嫌でも目に飛び込んできます。素直にきれいだと感じられる人は幸せです。仕事に没頭し日々の生活が歯車のように味気ない人には是非近くの公園に寄り道をすることをお奨めします。春は期待以上に脳を喜ばせ、疲れた五感を癒してくれるでしょうから。雨の日でも風の日でも心の安定を取り戻すのに自然は申し分の無い [続きを読む]
  • 桜花咲く
  • 北国盛岡にも桜がさきました。人々は待ち構えたように桜の花の下に集います。今頃の季節は花冷えで体が冷えるとき、心は春でも暖かくして桜を愛でましょう。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • ハーブを愉しむ会4月総会
  • 昨日とはうって変わり良いお天気になりました。岩手山も雨や風に現れスッキリとそびえています。今月は先回からの新会員の方々に加え、2人の方をお迎えしていつものように和気藹々と行いました。先ずは春一番のハーブ園をみんなで見回り、ハーブが顔を出していれば名前や使い方をお話しました。すぐには覚えきれませんが図鑑なども使って名前が分かると余計愉しいです。折角、滝沢市のほうからたい肥を入れる箱を作って頂いたので [続きを読む]
  • 4月20日(木)はハーブを愉しむ会例会
  • あれよあれよという間に桜の咲く季節となりました。ハーブを愉しむ会も皆様のご理解、ご協力のお陰を持ちまして今年も春の園芸作業のボランティアを行う季節となりました。自然の循環によって無農薬、無肥料で更にハーブを使ったワイルドガーデンづくりに挑戦しております。スギナの収穫をを待ちわびている方もいらして安心安全のハーブの使い方が出来るようにお教えする会でもあります。心も身体も健康でいるためにもどうか賛同す [続きを読む]
  • 雪解け水の中の水芭蕉
  • 夕方、八幡平に行ったら雪解け水の流れる場所に水芭蕉が咲いていた。水芭蕉にあこがれて、あこがれて岩手に来た私としては、感激に堪えない。早春の花、夢見る花なのだ。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • 春の妖精
  • キクザキイチゲの花が枯葉の間から顔を見せた。キクザキイチリンソウとも呼ばれて更に、イチリンソウとよく似ているがこちらの方が花が大きい。色も濃い碧から写真のように淡い碧まで様々だ。早春に咲く妖精のような花であいらしい。今年も逢えて良かった。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • コブシ咲く故郷
  • 梅と時期を同じくしてコブシの白い花が咲き始めた。コブシは歌の影響か北国のイメージが強かったが東京では並木にコブシを植えているのを見て正直驚いた。街の花はどちらかというとモクレンが多いように思っていたがコブシの花を見て故郷を思い出して欲しいという粋な計らいだろうか。コブシもモクレンもタイサンボクもマグノリア科でハーブだ。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • 梅の香り
  • ふくよかな香りがあたりに漂う。甘くて懐かしい香り。紅梅の華やかさと白梅の気品とは梅の持つ他面性だろうか。それぞれの美しさを愛でられる幸せ。盛岡では今日、桜の開花宣言がされました。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • 早春の花 クロモジ
  • 高級爪楊枝のことを「黒文字」と言う事を亡き母に教わった。当時、私の家では頻繁に来客があり来客用の茶菓子と黒文字を買いに御霊屋下という伊達家の菩提寺の下にある和菓子屋さんに行った。母は父と異なりあまり散歩をしない人だったがその和菓子屋さんにはよく連れて行ってもらった。たわいもない話をしたり、歌を歌ったりして手をつないで片道30分位を歩く。不安も心配も無い時代。ただ、母と歩くだけで嬉しかった幼い私が「 [続きを読む]
  • 1本の桜の古木の生き方
  • 岩手公園の桜の古木を見ていたら幹から出る桜の若芽に混ざって色々な生物がちゃっかり住まわせてもらっていました。苔やきのこ達どこから飛んできたのか茅の木どこから来たのか紅葉の木みんな良い環境だと思って菌糸やら胞子やら種を桜の古木に託したようにみえます。桜の古木はもう永くない命を悟っているように新しい命の循環に自分の身を差し出しているのでしょうか。自然の循環のムダのなさは森を見れば分かります。古木は力を [続きを読む]
  • スズメのレストラン
  • 苔むした紅梅の古木にスズメ達がせわしく飛び交い苔の胞子をついばんでいました。ついでに梅に付く害虫も食べられて栄養のバランスの取れたレストラン「梅の木」です。デザートは梅の花の蜜でしょうか。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • カワラヒワの黄色の羽根
  • カワラヒワの隠れた美しさを一度写真に納めたいなと思っていたら今日実現しました。雨上がりの岩手公園はヒヨドリやカワラヒワ、シジュウカラ、スズメが賑やかにさえずり合っていました。雨上がりの小鳥たちのさえずりはとても心地よい物です。私も念願のカワラヒワの翼の黄色に出逢えてとても嬉しかったです。本来、堅い実専用のカワラヒワですが桜のつぼみをつついていたようです。ランキングサイトに参加しております。 [続きを読む]
  • 岩手公園の春
  • 仕事が終わったら良い具合に雨が上がりました。岩手公園に行ってみて驚きました。レンギョも紅梅もミズキも雨に濡れながら花を咲かせているではありませんか。時折そぼ降る小雨にもうたれて可憐に咲く岩手公園の花たちをご紹介します。満開のサンシュユ雨に濡れたレンギョ感動的な年老いた桜の木の幹から~咲いた桜。どの木よりも早く咲かせてすでに花びらを鳥に食べられていました。ランキングサイトに参加しております。 [続きを読む]
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさ
  • 盛岡でやっと梅の花に出逢いました。今日の温かさは昨日とうって変わり、梅のつぼみをほころばせるのにうってつけこれで盛岡にも本格的に春が来たようです。梅一輪一輪ほどの暖かさ        服部嵐雪ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • 岩手山の針葉樹の森
  • 八幡平を前方に、岩手山を左に見たとき私は、岩手山の素顔を見た気がしてドキドキする。針葉樹の合間に広がる滑走路をスキーヤーたちは滑り降りるのだろうか。ウサギやカモシカやテンや狐が雪を越えて食料を探し求めるのだろうか。空高く舞う鷹が悠々と羽を広げて舞い降りる木はどこだろう。愛らしいヤマネがマリのように成って眠っている木の洞はどこだろう。リスはちゃんと秋に蓄えた木の実を探す事が出来たのだろうか。岩手山は [続きを読む]
  • 八幡平の雪解け
  • 1週間留守にしていたら八幡平の雪がかなり溶けて無くなっていた。今日は日ざしは温かいのに風が肌を刺す。心なしか川の流れも雪解け水を感じて明るい。道ばたにはフキノトウも芽生えてこれから早春の山野草たちが春の女神のように咲き乱れることだろう。八幡平から見た岩手山。今日は特に惚れ惚れするぐらい立派だった。岩手に住んでて良かったと思う時だ。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいで [続きを読む]
  • スズメの子 踏ん張って生きる
  • 春といえど北国の春は足踏み状態。強い向かい風に羽根を膨らませて足を踏ん張る子スズメ。もうすぐ温かい春風が吹いてくるからね。人間も踏ん張って、踏ん張ったら、ゆっくり体や心をやすめないとね。春風を心に吹かせてあげるのは温かいお風呂が一番。それでも心も身体も冷え切っていたら正当なアロマセラピーのデトックスをお奨めします。春はデトックス(解毒)の季節です。ランキングサイトに参加しております。 してい [続きを読む]
  • 神田川のお花見のコガモのご夫婦
  • お陰様で桜の花咲く東京から帰って参りました。ずっと缶詰状態でしたが到着した日は夕方からの仕事だったので近くの神田川で満開の桜を堪能できました。それにもましてコガモのご夫婦やカルガモたちも桜見物に来ていて人も鳥もやはり桜咲く頃は嬉しいんだな−と勝手に感激しました。神田川を挟んで隣はもう新宿区です。高層ビルが建ち並ぶ桜もなかなか美しかったです。盛岡は桜の開花にはまだ時間がありそうですが何回も桜を愛でら [続きを読む]
  • 11日まで出張します。
  • 急に春めいてきて木々の芽もさぞかし驚いていることでしょう。春先は何かと体調を崩しやすく成る時期です。お気を付けてお過ごし下さい。さて、アロマ館は11日まで慣例になりました東京でのアロマセラピーの仕事で休館致します。ご迷惑をお掛けしますが、ご予約の方は携帯にお願い致します。070−5623−4140です。いつでも構いませんがセラピー等で出られない時は折り返しこちらからお電話をさせて頂きます。東京は桜 [続きを読む]
  • 冬から春へ
  • 各地で花の便りが届く頃、北国盛岡では頬をなでる風も温かく水仙やチュウリップの芽があちことで顔を見せ始めました。岩手山も冬の厳しさから解き放たれ、威風堂々は代わりありませんがどこか明るい感じがします。春なんですね。上は旧種畜牧場から撮った岩手山、下は八幡平付近から撮った岩手山です。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]
  • サンシュユの不思議
  • 岩手公園のサンシュユが咲き始めました。いつもこの時期、不思議なことにたわわに実っていた実が全部落ちてから花が咲くことです。美味しい実なのにも関わらず、鳥がついばんでいるのを見たことがありません。木の下を見ると細長い種が一杯落ちています。花が咲くので一斉に落ちたとしか思えません。ですから、今時のサンシュユの枝を見ると実を付けた枝が残っていて花がすっかり咲くとその枝さえ落ちて無くなります。不思議です。 [続きを読む]
  • シジュウカラ、スズメに習う
  • 岩手公園でシジュウカラが石垣に登って苔の胞子を食べていました。きっとスズメに教わったんだね。今は食べるものが少なくて大変だけど一生懸命生きている姿を見ていると偉いな・・・って思います。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。     [続きを読む]