オカルト研究家 森山ジュノー さん プロフィール

  •  
オカルト研究家 森山ジュノーさん: 占いとオカルト研究書
ハンドル名オカルト研究家 森山ジュノー さん
ブログタイトル占いとオカルト研究書
ブログURLhttp://ameblo.jp/ageha-999/
サイト紹介文タロット・ルーン・西洋占星術などの占いとチャネリングメッセージ。占いとオカルトの研究ブログ。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/08/19 11:35

オカルト研究家 森山ジュノー さんのブログ記事

  • インスタ始めたよ♪
  • 昨日、インスタ始めました インスタ junor.witch 昨日始めたばっかりなので、よく分からないけど、アメブロとの違いは、文章が短くてもあまり気にならないところかもね? 私の場合は、アメブロは基本「研究書」と言う設定なのもあると思いますが・・・ お手軽でいい感じです。 内容に応じ、使い分けて行ければと思っています。 インスタされている方、フォローよろしくお願いしま〜す [続きを読む]
  • 秘密結社ローゼンクロイツ
  • ZARAで一目惚れした服を買った。この服を見た時に浮かんだ言葉「ローゼンクロイツ」中世に存在していた謎の秘密結社「薔薇十字団」の事である。 血液の用な真っ赤な薔薇が、私の琴線をウズウズとさせる。 (寄り眼にしてみた↓)ローゼンクロイツに興味があれば、こちらをどうぞ。薔薇十字団 (ちくま学芸文庫) Amazon [続きを読む]
  • 真夜中にやってきた彼
  • GW中に甥っ子から感染したのか、風邪を患っている。 咳が止まらず充分な睡眠が取れない事、薬を服用していない事が回復が遅らせているのだろう。 なぜ薬を服用しないのか? ただ単に、病院が休みだったと言うだけの事だ。 ネットで新しい街の病院を探す。 駅から5分のところに在るようだ・・・どんな医師なのだろう? 評判は?そんな事を気にしながら、診療日を確認する。 木曜休診。 [続きを読む]
  • 4月5日(水)お金がもらえる言葉
  • 桜がちらほらと挨拶を始めた。朝の空気も柔らかく肌を包む。郊外へと向かう朝の電車、人はまばらだ。感傷に浸るのに、丁度いい。ふと見ると、ホームレスとおぼしき男性が、乗客の女性に紙を見せていた。それを見た女性は、カバンをごそごそと探り、財布からわずかのお金を渡していた。一体、何が書いてあったのか?同情?脅迫?それとも、女性の恥ずかしい写真だろうか?イヤ、それはまずない。どう見ても、初見の二人だ。紙面で何 [続きを読む]
  • 未来からの手紙◆日記
  • 引越しの日が近づいている。 4年間溜め込んだガラクタと知識、経験、記憶の数々。 積み上げられたダンボールは、まるでゴミ山のようだ。 いらない物と辛い記憶は棄てて、新しい街に旅立とうと決めた。 整理をしていると、引き出しの奥から手紙が出てきた。 ピンク色のポップなデザインの封筒に、おそろいの便箋。 はて? 誰からのだっけ? 差出人を見ると、それは80歳の自分からだっ [続きを読む]
  • 4月1日(土)しおしお
  • 引越し作業者達の掛け声に目を覚ます。囁くような雨の音もする。そうか、今日から新年度だ。 冷たい雨が降る中、早朝から、隣のマンションでは、引っ越し作業が行われている。 終わり。そして、スタートの時期。ダルい肉体と重い感情を携えているからか、生きている意味は見いだせない。数週間後には、私も引っ越しだ。つい先日、私は、数年前から手掛けていた仕事を手放した。あと1ヶ月もすれば、完成を迎える筈の仕事 [続きを読む]
  • 地獄行きの人
  • 渋谷 宮益御嶽神社(みたけじんじゃ)渋谷駅からすぐ、ビルに囲まれた一角に突如、姿を表す御嶽神社。この奥に、地獄行きのあなたを救ってくれる神様がいますよ。早く参拝してください。その足で自首もしてください。は〜い。わかりました。狛犬は、日本狼です。日本狼かっこいいです。そんなことより、素敵なお兄さんに「こんにちは」と挨拶されて、ドキドキしちゃいました。神様が会わせてくれたのかな?何もなく帰って来てしまいま [続きを読む]
  • 5階に移動?誤解なきよう。
  • マルイ溝の口店ミクセリアは、5階に移動しました。先週すでに移動していましたが、忙しくて、お知らせ出来ずにすみません。エレベータ前の広いスペースを、お借りしています。よろしくお願いいたします。今年になり、始めて体重計に乗ったら、2キロ痩せていました。嬉しいですが、疲れました。まだまだ、終わらないです。忙しいと言いながら、昨日は飲み会の後、ホストに行きました。始めてだけど、楽しかった。女性がはまるの分か [続きを読む]
  • 結婚相手のイニシャルが分かる。
  • 今日は、結婚相手のイニシャルが分かる「土占い」を紹介します。土占いと言うのは、地面に物を投げ落とした時、どんな形が出来るのか?で解釈する占いです。まずは、占いたい内容を心の中で決め、物を空中に放り投げます。(昔は、小石、砂利などが使われていました)それが、地面に落ちたとき、どんな形を描くのか?例えば、鳥の形になったら、飛び立て,羽ばたけ、進めだったり、一か所に固まって落ちたなら、その場で留まれだっ [続きを読む]
  • 今年はありがとうございました?
  • 皆さまへ今年も応援して頂き、ブログを読んで頂き、ありがとうございました。充実した一年となりました。水面下でいっぱい色々しました。準備の一年でした。その準備した物を、来年お披露目出来たらいいな〜と思います。鑑定にお越しくださった方、バックアップして頂いた方、ありがとうございました。プレゼントも、たくさん頂きました。ありがとうありがとうありがとう?皆さまはどんな一年だったかな?良いお歳をお迎えください [続きを読む]
  • 魔女かどうかの見分け方
  • いつもありがとう。 あなたは、魔女ってどうやって見分けるか、知っていますか? 魔女の体には、あざやほくろなどの「魔女マーク」があるのです。「魔女マーク」は、悪魔と契りを交わすと現れます。魔女は、そこに針をさされても、痛みを感じないのです。異端審問官は、魔女と疑わしき人の体に針を刺しまくって、本当の魔女かどうかを確認していきます。わたしも先日、渋谷で審問官たちに針を刺されました [続きを読む]
  • マレフィセントと呪い
  • マレフィセント (字幕版)0円Amazon 【あらすじ】 映画『マレフィセント』のマレフィセントは、もともと大きな翼を持った妖精でした。 愛する人に裏切られ、私利私欲に走った男に大切な物を奪われたマレフィセントは、その男の子供を呪ってしまうのですが・・・。 ************************** 見た方のほとんどが思うでしょう。 マレフィセント、そりゃ呪いたくもなるわ。そ [続きを読む]
  • ピタゴラスの正体
  • ピタゴラス算数5,400円Amazon CMで「ピタゴラス算数」って〜やっていた。 ピタゴラスと言えば、ほとんどの方が数学者と思われるだろうが、実は魔術師でもある。 ピタちゃんは、イタリアのクロトーネでピタゴラス教団を興しており、音楽やダンスなどを使って人を癒すための魔術を行っていた。 むかし、体の不調の原因は、体内に悪霊が入って悪さをしているせいだと考えら [続きを読む]
  • 魔術はなぜ効くのか?
  • 魔術(まじない)は結構効果がある。 もちろんいつもではないが。(下記参照) では、なぜ魔術は効くのか? 天界の賢人Rによると・・・ 「魔術での効果はそれぞれだ。 なぜなら、べ-スとなるその人の気、念、本気かどうか?によって変化するからだ。 念が強ければ強いほど効果は発揮される。 魔術を行い、現実に変化をもたらそうとする [続きを読む]
  • メディバル スカピーニ タロット
  • 【メディバル スカピーニ タロット】 スカピーニさんが描いたタロット。 中世っぽい時代を感じさせるデザイン素敵です。 古臭いのや、宗教ちっくなの好き。 箱の裏は、女帝です。 眠そうな顔とたれ目が、セクシーですよ。 世界 隠者 小アルカナは、慣れないと読みづらいかも。 マルセイユの数札をベースに、少しの挿絵が入っています。 [続きを読む]
  • 魔女がホウキに跨る理由
  • なぜ魔女は、ホウキで空を飛ぶのか? 正確には、なぜ、そのようなデマが流れたのか? むかしホウキは、男性のシンボルを表わしていると考えられていた。 ゆえに、ホウキを飛び越えると、子どもが授かれるとの考えがあったようだ。 皆、結婚式の時は、ホウキを飛び越えた。 早く子どもが授かれるように・・・。 イギリスでは、「結婚の [続きを読む]
  • おまじないの起源
  • 最近は仕事の関係で「おまじない」について、色々と調べているところです。「おまじない」なんて、単なるまやかしで、効くわけがないと馬鹿にする方も多いのですが、案外叶っちゃうよそもそも、おまじないは、なぜ、どうやって誕生したのでしょうか?もし、あなたに最悪な出来事が降りかかったらどうしますか?おそらく多くの方が、少しでも良く変えたい。何か策はないものか・・・と考えあぐねることでし [続きを読む]
  • 骨占い
  • 皆さんは「距骨占い」って聞いたことありますか?距骨(きょこつ)とは、かかとあたりにある骨のことです。今で言うところの、アストロダイス(サイコロ占い)がなかったころ、当時の人々は動物の距骨で占っていました。いわゆる、距骨占いは、アストロダイスの原型なのです。古い時代、占いの道具がなかったので、利用可能なものをなんでも使うしかなかったのです。ルーンもそうですね。木片に尖ったもので文字を刻み、ラン [続きを読む]
  • 魔女は鬼ばばあ
  • 魔女と言う言葉が日本に入ってきたのは、1200年代、鎌倉時代ですね。当時は「魔女」と言う存在そのものが謎だったため、魔女と言う翻訳はあてがわれていませんでした。当時の翻訳家は怪しい女性たちを、「妖女」「醜い老女」「鬼ばばあ」などと訳していたようです。おそらく、魔女を描いた絵なども一緒に日本に持ち込まれ、それを見ての翻訳だったのでしょう。おにばばあ・・・あながち大ハズレでもないかも?魔女 [続きを読む]
  • あなたは魔女かも?
  • 魔女のジュノーです。 いつもありがとうございます。 先日アロマショップに立ち寄ってお店の人と雑談をしました。 「ハーブを扱っているなら、魔女さんなんですね。魔女はむかし、薬草を扱って人を癒していたんですよ」と話しましたところ「え? うそ? わたし魔女?」と驚いているスタッフさん。知らなかったみたいです。 ハーブやアロマを扱っている方は、魔女なんですよ。アロマ [続きを読む]