株の達人 さん プロフィール

  •  
株の達人さん: 今日の日経225先物の動き
ハンドル名株の達人 さん
ブログタイトル今日の日経225先物の動き
ブログURLhttp://stock-225.seesaa.net/
サイト紹介文今日の日経225先物の動きをチャートで解説。今現在の相場の流れが掴めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2010/08/19 15:24

株の達人 さんのブログ記事

  • 3/22 保合い下抜けで急落
  • 昨日は、NYダウが大幅下落し、ドル円も111円台まで下落しました。アメリカ株では、金融株の下落が目立ち、日本市場でも銀行、保険、証券が大幅に値を下げました。これまで長らく続いていた保合い相場を、本日の下落で下抜けてしまったことになります。早速、日足を確認しておきましょう。昨日は、75日移動平均線で株価が下げ止まっていましたが、昨晩のナイトセッションで、下抜けてきました。75日移動平均線を下回ったのは昨年11/ [続きを読む]
  • 3/21 60分足のボリンジャーバンド
  • 本日の先物では、寄り付き直後に19195円まで売られたものの、そこからすかさず買いが入り、戻しました。ドル円は112円台に入ってきおており、NYダウは横ばい状態となっています。先週に引き続き、保合いが続いています。それでは、本日も日足から見てみましょう。日足チャートでは、75日移動平均線付近で下げ止まったことがわかります。75日移動平均線は、平均線のなかでも、重要度が高く、株価の支持線となることが多いです。また [続きを読む]
  • 3/17 長い保合いが続く
  • 今週はFOMCは日銀会合等のイベントもあり、注目される週ではありましたが、大きく動くこともなく、現状に変化はありません。また、これまで市場を賑わせていた新興市場も、今週から下落に転じており、やや悲観ムードが漂っております。NYダウも下落調整から、横ばい状態になりつつあり、方向を見定める時期に来ています。本日も、先物とドル円を日足チャートで見てみましょう。まず225先物の日足では、ボリンジャーバンドが再び [続きを読む]
  • 3/16 ドル円が113円台に
  • 昨晩はFOMCが利上げを決定しましたが、市場予想通りの内容となりました。期待されていた年内4回の利上げには踏み切らず、かえって慎重な見方が嫌気されたため、ドルは急落しました。225先物は、一時的に売られはしたものの、本日に行われた日銀会合が現状据え置きで何事もなく終えたことで、安心感から値を戻しました。今回のイベントも終わってみれば、株価としては、ほぼ変わらず、特に大きく動き出すきっかけともなりませんでし [続きを読む]
  • 3/15 新興市場が急落
  • 本日の225先物は、小幅下落となりました。昨日はNYダウも下落し、ドル円も114円台となっております。また、これまで市場を賑わせていた新興小型株ですが、いよいよ調整が入っています。本日は、新興・小型株指数を見てみましょう。JASDAQ平均(105)とマザーズ総合(107)はそれぞれが10日移動平均線を割込み、大幅下落となっています。これまで続いてきた、小型株買いの流れが、利食い売りになっています。特に貸借銘柄が少ないJA [続きを読む]
  • 3/14 イベント前で膠着状態
  • 明日と明後日かけてFOMCと日銀会合の大型イベントが控えています。そのため本日は、とくに大きな動きもなく、ほぼ横ばいの膠着状態でした。本日は米国の10年債利回りを週足で確認しておきましょう。今回のFOMCでの利上げを織り込むように、米国債利回りが上昇していることがわかります。アメリカが利上げした場合、ドルが買われて円安になり、日本株が上昇するとなりそうですが、実際には、この画像からもわかるように、事前に織り [続きを読む]
  • 3/13 TOPIXが高値更新
  • 本日の日経225先物では、前日比では、小幅高で終了しました。日足では、ボックスの高値圏ではありますが、TOPIXは高値を更新しています。ドル円は114円台から膠着状態にあり、方向感に乏しい動きとなっております。本日は高値更新しているTOPIXの日足を見てみましょう。TOPIXでは、3/2の最高値を更新し、1578ポイントを付けました。ボリンジャーバンドでも+2σをブレイクして、バンド幅が拡大しております。現在のTOPIXは明らかに2 [続きを読む]
  • 3/10 ドル円が115円を突破
  • 3月のSQ値は19434円30銭で決まりました。ドル円が115円台に乗せてきたことで、SQ値も比較的高い価格となりました。また米国金利が上昇したことで、円安だけでなく、証券、保険株も大きく買われています。コード840の米国10年債の利回りは2.6%まで上昇しており、トランプ就任以降の高値まで上昇しています。それでは、本日は変化がありましたドル円の日足を見てみましょう。ドル円はダブルボトムの形から上抜けてしております。本 [続きを読む]
  • 3/8 NYダウの下落調整
  • NYダウは下落調整しています。それによって225先物も連れ安しています。NYダウは先週まで史上最高値を更新していましたが、ここに来て調整が長引いています。日経平均株価はNYダウが上昇した際には反応せず、下落すると連れ安してしまうという悲しい状況にあります。恐らく、外国人投資家がアメリカ株下落のリスク回避として、日本株を手仕舞いしてキャッシュポジションにするという動きもあるのではないかと想像します。それでは [続きを読む]
  • 3/6 再び保合いの中へ
  • 本日の225先物は、NYダウや為替の軟調な動きも影響し、前日比では下落しました。先週に高値を更新しましたが、再び保合いレンジの中に入ってきています。今週はメジャーSQもありますが、展開が読みづらい動きになっています。日足を見てみましょう。日足では、本日の下落によって、これまでの保合いレンジの中に戻ってしまっていることがわかります。先週に高値を更新して上抜けしましたが、利食いやNYダウの軟調な動きに押されて [続きを読む]
  • 3/3 利食い売りに押され下落
  • 本日の225先物は、昨晩のNYダウの下落に加えて、利食い売りに押され値を下げました。昨日は保合いを上抜けましたが、再び保合いのレンジに戻ってしまう可能性も出てきていますので油断はできない状況です。日足を見てみましょう。本日は、ボリンジャーバンドで見てみましょう。現在の株価位置は、+1σと+2σの間にあります。また昨日は+2σで上昇が止まっています。ここから上昇していくには、ボリンジャーバンドが拡大傾向にな [続きを読む]
  • 3/2 保合いを上抜けて高値更新!
  • 昨日のNYダウは、トランプ演説を好感し、大幅上昇しました。このNYダウの上昇をきっかけとして、昨晩のナイトセッションでは225先物も上昇し、これまでの上値抵抗線を突破しました。また本日は、今年の最高値(19670円)も突破し、大台20,000円を目指す動きになっています。それでは、早速日足を見てみましょう。日足では、これまで上値抵抗線として押さえていた抵抗ラインを突破しています。また1/5の高値19670円も更新し上昇転換 [続きを読む]
  • 3/1 演説後も保合い抜けられず
  • 本日のトランプ大統領の議会演説では、何事もなく無事に終えたことが、安心感に繋がり、225先物も演説が終わった頃から上昇し始めました。日本市場にとっては円高が最も懸念されていましたが、本日は113円台まで戻しており、ひとまず不安は後退したようですしかしながら、本日の上昇の中身は、おそらく売りの買い戻しが中心であり、今後を期待した新規買いではありません。故に先月から続いている保合いを上抜けておらず、上昇転換 [続きを読む]
  • 2/28 明日のトランプ演説が注目される
  • 市場では、明日のトランプ大統領の演説が注目されています。日経平均は、しばらく保合い期間が続いており、明日のイベントは、動き出すきっかけとなるかもしれません。それでは、本日はドル円のチャートを確認しておきましょう。ドル円は、主要な75日移動平均線を割り込んでおり、25日と75日移動平均線がデットクロスしています。そのため円高リスクが高まっていると見られます。もちろん、明日のトランプ氏の議会演説よって、方向 [続きを読む]
  • 2/27 イベント前で動きが鈍い
  • 225先物の日足では三角保合いを抜けられずにいます。おそらくトランプ大統領の議会演説を控えいてるためです。日本時間では3/1(水)の11時頃のようですが、それをきっけとして、現在の保合い相場を抜け出せるかが焦点となります。本日も、あまり変化はありませんが、日足チャートを確認だけしておきましょう。本日の下ヒゲとなりましたが、下値抵抗線に近い位置で下げ止まっています。現在の三角持ち合いの下値抵抗が強く意識され [続きを読む]
  • 2/23 三角持ち合い
  • NYダウの高値更新を横目に、225先物は三角持ち合いを抜け出すことができておりません。三角持ち合いの状況下では、日数が経過するごとに値幅が小さくなっていきます。早速、日足チャートを確認してみましょう。以前からお伝えしているように。上下のトレンドラインによって引かれた三角持ち合いが形成されており、上下に価格が押さえられてしまっています。要因はNYダウの上昇、ドル円の膠着、日銀ETF買いなどの要因が絡み合ってい [続きを読む]
  • 2/22 NYダウが強い
  • NYダウが高値を更新し、勢いが増しています。本日はNYダウの日足チャートを確認してみましょう。NYダウが上昇し高値を更新している状況にありますが、日経平均株価とは大きな差が付いています。NYダウをボリンジャーバンドで見てみますと、その上昇の強さが、より鮮明にわかります。バンドは大きく拡大しており、+1σを上回った状態でバンドウォークの動きになっています。このままバンド拡大が続く限りは、高値を更新していくと見 [続きを読む]
  • 2/21 上昇の兆しか?
  • 昨晩のNY市場は休場でしたが、本日の225先物は、前日比でプラスで終えました。為替には大きな動きがなかったものの、やや上昇の兆しが感じられる動きではありました。それでは、日足の一目均衡表で見てみましょう。雲や転換線、基準線の下値抵抗は固く、株価もそれらを上回っています。また遅行線も日々線を上抜けており、上昇傾向にあることが確認できます。ただし、・・・続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービ [続きを読む]
  • 2/20 上値が重く方向感が見えない
  • 方向感がはっきりしない相場が続いています。早速ですが本日は、NYダウとドル円のチャートを見てみましょう。NYダウは高値で、ややペースダウンしていますが、下落調整する様子はありません。RCIが高値圏にありますが、80%以上を維持している間であれば、高値を更新していく可能性があります。上昇トレンドが強い時は、RCIは高値圏に張り付いたままになります。ドル円に関しましては、10日〜25日移動平均線が重なってきており、・ [続きを読む]
  • 2/20 上値が重く方向感が見えない
  • 方向感がはっきりしない相場が続いています。早速ですが本日は、NYダウとドル円のチャートを見てみましょう。NYダウは高値で、ややペースダウンしていますが、下落調整する様子はありません。RCIが高値圏にありますが、80%以上を維持している間であれば、高値を更新していく可能性があります。上昇トレンドが強い時は、RCIは高値圏に張り付いたままになります。ドル円に関しましては、10日〜25日移動平均線が重なってきており、・ [続きを読む]
  • 2/17 小幅レンジでのポイント
  • 本日の225先物も。大きな動きもなく、横ばい状態となりました。株価が下抜けようとすると、日銀などの買い支えの警戒感からか下げ止まります。また上昇しようとしても、高値からの売り圧力と、アルゴリズム的な利食いによって、すぐに下落してしまいます。そのような繰り返しによって、株価が一定幅のレンジを作って動いています。それでは本日は、一目均衡表で日足チャートを見てみましょう。パラボリックや移動平均線から見ても [続きを読む]
  • 2/17 小幅レンジでのポイント
  • 本日の225先物も。大きな動きもなく、横ばい状態となりました。株価が下抜けようとすると、日銀などの買い支えの警戒感からか下げ止まります。また上昇しようとしても、高値からの売り圧力と、アルゴリズム的な利食いによって、すぐに下落してしまいます。そのような繰り返しによって、株価が一定幅のレンジを作って動いています。それでは本日は、一目均衡表で日足チャートを見てみましょう。パラボリックや移動平均線から見ても [続きを読む]
  • 2/16 横ばいが続く
  • NYダウは5連騰しております。メディアでは批判も多いトランプ大統領ではありますが、米株式市場では好感されています。一方、日経平均株価は、本日も動きが鈍く、為替が少し円高に振れただけで値を下げています。それでは本日は、日足のボリンジャーバンドを確認しておきましょう。日足では、1/5と1/27を結んだ上値抵抗線に押さえられており、上抜けできずにいます。またボリンジャーバンドの+2σにタッチした後に、株価が下げて [続きを読む]
  • 2/15 NYダウとドル円
  • 本日の225先物は、引き続きボックスの中での動きとなりました。NYダウは連日上昇を続しており、20500ドルも突破しています。本日は、NYダウとドル円の日足を比較して見てみましょう。NYダウは20000ドルを突破したことによって、上値が軽くなっています。またドル円はやや円安に戻しているものの、12月の高値118円までは、まだ距離があります。NYダウの上昇に連動していかない背景として、ドル円の重さが要因となっていることは確か [続きを読む]
  • 2/14 小幅ボックス
  • 本日の225先物は、昨日までの上昇に対する利食い売りに加えて、ドル円が円高に振れたことによって下落しました。注目されていた日米首脳会談は、大きな動きもなく無事に終え、NYダウは20000ドルを超えて連騰しています。それでは、日足を確認しておきましょう。日足では保合いボックスが継続です。上下に引ける上値抵抗線と下値抵抗線では、徐々に保合いの値幅が小さくなっていることがわかります。やはりNYダウの上昇よりも、ドル [続きを読む]