株の達人 さん プロフィール

  •  
株の達人さん: 今日の日経225先物の動き
ハンドル名株の達人 さん
ブログタイトル今日の日経225先物の動き
ブログURLhttp://stock-225.seesaa.net/
サイト紹介文今日の日経225先物の動きをチャートで解説。今現在の相場の流れが掴めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2010/08/19 15:24

株の達人 さんのブログ記事

  • 2/21 上昇の兆しか?
  • 昨晩のNY市場は休場でしたが、本日の225先物は、前日比でプラスで終えました。為替には大きな動きがなかったものの、やや上昇の兆しが感じられる動きではありました。それでは、日足の一目均衡表で見てみましょう。雲や転換線、基準線の下値抵抗は固く、株価もそれらを上回っています。また遅行線も日々線を上抜けており、上昇傾向にあることが確認できます。ただし、・・・続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービ [続きを読む]
  • 2/20 上値が重く方向感が見えない
  • 方向感がはっきりしない相場が続いています。早速ですが本日は、NYダウとドル円のチャートを見てみましょう。NYダウは高値で、ややペースダウンしていますが、下落調整する様子はありません。RCIが高値圏にありますが、80%以上を維持している間であれば、高値を更新していく可能性があります。上昇トレンドが強い時は、RCIは高値圏に張り付いたままになります。ドル円に関しましては、10日〜25日移動平均線が重なってきており、・ [続きを読む]
  • 2/20 上値が重く方向感が見えない
  • 方向感がはっきりしない相場が続いています。早速ですが本日は、NYダウとドル円のチャートを見てみましょう。NYダウは高値で、ややペースダウンしていますが、下落調整する様子はありません。RCIが高値圏にありますが、80%以上を維持している間であれば、高値を更新していく可能性があります。上昇トレンドが強い時は、RCIは高値圏に張り付いたままになります。ドル円に関しましては、10日〜25日移動平均線が重なってきており、・ [続きを読む]
  • 2/17 小幅レンジでのポイント
  • 本日の225先物も。大きな動きもなく、横ばい状態となりました。株価が下抜けようとすると、日銀などの買い支えの警戒感からか下げ止まります。また上昇しようとしても、高値からの売り圧力と、アルゴリズム的な利食いによって、すぐに下落してしまいます。そのような繰り返しによって、株価が一定幅のレンジを作って動いています。それでは本日は、一目均衡表で日足チャートを見てみましょう。パラボリックや移動平均線から見ても [続きを読む]
  • 2/17 小幅レンジでのポイント
  • 本日の225先物も。大きな動きもなく、横ばい状態となりました。株価が下抜けようとすると、日銀などの買い支えの警戒感からか下げ止まります。また上昇しようとしても、高値からの売り圧力と、アルゴリズム的な利食いによって、すぐに下落してしまいます。そのような繰り返しによって、株価が一定幅のレンジを作って動いています。それでは本日は、一目均衡表で日足チャートを見てみましょう。パラボリックや移動平均線から見ても [続きを読む]
  • 2/16 横ばいが続く
  • NYダウは5連騰しております。メディアでは批判も多いトランプ大統領ではありますが、米株式市場では好感されています。一方、日経平均株価は、本日も動きが鈍く、為替が少し円高に振れただけで値を下げています。それでは本日は、日足のボリンジャーバンドを確認しておきましょう。日足では、1/5と1/27を結んだ上値抵抗線に押さえられており、上抜けできずにいます。またボリンジャーバンドの+2σにタッチした後に、株価が下げて [続きを読む]
  • 2/15 NYダウとドル円
  • 本日の225先物は、引き続きボックスの中での動きとなりました。NYダウは連日上昇を続しており、20500ドルも突破しています。本日は、NYダウとドル円の日足を比較して見てみましょう。NYダウは20000ドルを突破したことによって、上値が軽くなっています。またドル円はやや円安に戻しているものの、12月の高値118円までは、まだ距離があります。NYダウの上昇に連動していかない背景として、ドル円の重さが要因となっていることは確か [続きを読む]
  • 2/14 小幅ボックス
  • 本日の225先物は、昨日までの上昇に対する利食い売りに加えて、ドル円が円高に振れたことによって下落しました。注目されていた日米首脳会談は、大きな動きもなく無事に終え、NYダウは20000ドルを超えて連騰しています。それでは、日足を確認しておきましょう。日足では保合いボックスが継続です。上下に引ける上値抵抗線と下値抵抗線では、徐々に保合いの値幅が小さくなっていることがわかります。やはりNYダウの上昇よりも、ドル [続きを読む]
  • 2/9 イベント前で横ばいが続く
  • 明日から2日間にわたって日米首脳会談が行われます。円高リスクが懸念されていますが、昨今のドル円の動きを見るかぎり、ある程度のリスクは織り込んでいると思われます。また加えて明日は2月SQです。イベント前ということもあり、横ばい状態にありますので、SQ値も現在価格と変わらない無難な価格で決まりそうではありますが、ボラティリティが小さい時ほど、急激に動くこともありますので、用心はしておきたいです。それでは、日 [続きを読む]
  • 2/8 引き続き横ばい状態
  • 本日も小幅レンジでの動きとなりました。イベント前ということもあり、日に日に値幅が小さくなっております。またNYダウは20000ドル以上で安定してきおり、堅調な動きではあります。それでは早速、本日も日足から見てみましょう。本日は一目均衡表で見てみましょう。先日も確認しましたが、現在は分厚い雲の中に入り込んでいます。そのため、株価の動きが鈍っています。また基準線や転換線も横向きで方向感はありません。また遅行 [続きを読む]
  • 2/7 ドル円が111円台に
  • 今週の2月10日に予定されている日米首脳会談を前に、リスク回避的な売りがでているようです。ドル円は111円台までドルが売られており、本日の225先物も前日比で下落しました。それでは、日足を確認してみましょう。ここ数日間の安値が18800円程度で止まっているため、下支え的な抵抗が働いているように感じます。しかし転換足は6日連続で青が続いており、株価も10日移動平均線や25日移動平均線を上回ることができていませんので、 [続きを読む]
  • 2/6 横ばいの膠着状態
  • 本日の225先物は先週に引き続き、横ばいで動きがありませんでした。先週末のNYダウは上昇して終えてきましたが、ドル円は相変わらず膠着状態にあるため、225先物の反応が悪かったといえます。それでは日足を確認してみましょう。10日や25日移動平均線も横向きで、方向感がありません。また株価は25日移動平均線を下回っているため、上値の重さは否めません。特別に動く材料も見当たらず、為替も鈍い動きのため、・・・続きは会員限 [続きを読む]
  • 2/3 材料不足で上値が重い
  • 本日の225先物は、引き続き為替が円高傾向にあることや、NYダウの動きの鈍さから、売り優勢となりました。昼頃には、日銀による国債の指値オペ(金利誘導)の材料もあり、多少動きも見られましたが、市場の反応は微々たるものでした。それでは、日足を見てみましょう。本日も、引き続きボックス保合いの範囲内での動きです。昼頃の日銀による国債指値オペ通告によって、為替が113円台まで上昇し、225先物も若干上昇しましたが、強 [続きを読む]
  • 2/2 ボックスで方向性見えず
  • 本日の225先物は、19000円を割込み、前日比で下落して終えました。ドル円は112円台に入り、引き続き円高が重しになっています。本日は、日足の一目均衡表で見てみましょう。まず一番に目につくのは、ローソク足のすぐ下にある厚い雲です。ひとまず雲は抵抗帯ともなり得ますので、雲に入ると、下げにくくなるような動きとなっています。昨年の9月〜10月あたりと同じ動きです。また基準線が水平状態にありますので、・・・続きは会員 [続きを読む]
  • 2/1 ボックスの動き
  • 本日の225先物は、ナイトセッションでは19000円を割り込んでいたものの、そこから反転上昇し、19180円で引けました。為替はトランプ氏の通貨安批判によって円高傾向にあります。早速、日足を確認しておきましょう。日足では、25日移動平均線付近まで上昇していますが、まだ上回ってはおりません。また1/5の19670円を高値と見ますと、ヘッドアンドショルダーにも見えますが、・・・続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試し [続きを読む]
  • 2/1 ボックスの動き
  • 本日の225先物は、ナイトセッションでは19000円を割り込んでいたものの、そこから反転上昇し、19180円で引けました。為替はトランプ氏の通貨安批判によって円高傾向にあります。早速、日足を確認しておきましょう。日足では、25日移動平均線付近まで上昇していますが、まだ上回ってはおりません。また1/5の19670円を高値と見ますと、ヘッドアンドショルダーにも見えますが、・・・続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試し [続きを読む]
  • 1/30 今週のイベントを控えて鈍い動き
  • 本日の225先物は、小幅の下落で終えました。今週は、明日の日銀会合や、明後日のFOMCなど主要なイベントが重なっており、手控えの売りが多かったかもしれません。先週、金曜日のNYダウは小幅安で、ドル円は115円を割り込んでいます。早速、日足のチャートをチェックしてみましょう。日足では、25日移動平均線をを上回っており、ひとまず上昇トレンドの状態は維持されています。本日の下落は、イベント前のリスク回避と考えられます [続きを読む]
  • 1/27 ドル円が115円台に戻す
  • 本日の225先物は、昨日のNYダウが上昇したこともあり、小幅高で終えました。為替も115円台に乗せており、円安方向に動いています。NYダウは20000ドルを超えていますが、日経平均は為替の影響が大きく20000円を超えられずにいます。それでは、早速日足を見てみましょう。本日はボリンジャーバンドとMACDです。昨日は大幅上昇だったためか、本日は十字線の小幅な上昇で終えました。昨日に超えた25日移動平均線は、しっかりと上回って [続きを読む]
  • 1/26 NYダウが20000ドル突破
  • 昨日のNYダウは、注目されていた20000ドルをついに突破しました。インパクトとしては相当大きかったようで、本日の日経平均株価は大幅上場しました。ドル円は113円台で動きが鈍っています。早速、日足を見てみましょう。日足では、昨日お伝えしていた、25日移動平均線を突破し、短期的にも上昇転換しています。終値ベースでは、9日ぶりに25日線を超えてきました。また画像にはありませんが、MACDも上向きに転換し、ゴールデンクロ [続きを読む]
  • 1/25 NYダウの反発に注目
  • 本日の225先物はNYダウの上昇をきっかけとして、ナイトセッションで上昇してきました。本日もひとまず19000円を上回って引けたことで、下落要因は多少和らぎましたが、現状では方向感がはっきりせず、売り買いが交錯しているようにも感じます。それでは、日足を確認してみましょう。日足チャートでは、10日移動平均線を上回ってきましたが、25日移動平均線は下回っており、横ばいの状態です。株価が25日移動平均線を超えてくるまで [続きを読む]
  • 1/24 円高傾向止まらず
  • 本日も、円高傾向は止まらず、ドル円は112円台を付けました。アメリカの次期財務長官のムニューチン氏がドル高に懸念を示したことも要因です。現在は日経平均株価よりもドル円が先行して動いていますので、常にチェックしておきましょう。それでは、日足チャートから確認してみましょう。本日も、非常に弱い動きでした。転換足は昨日に陰転して2日連続の青です。10日移動平均線と25日移動平均線はデットクロスしたままの状態です。 [続きを読む]
  • 1/23 大統領就任式後に下落
  • トランプ大統領の就任式では、これまでの発言をなぞった内容で、市場の反応は冷ややかではありました。金曜のナイトセッションでは、多少は乱高下しながらも、最終的に下落し、ドル円も再び113円台の円高になっています。それでは、本日も日足を見てみましょう。日足では、株価は25日移動平均線を割込んでおり、先週で上昇反発したところからの戻り売りとなりました。また25日移動平均線が上値押さえとなっています。25日移動平均 [続きを読む]
  • 1/20 今晩はトランプ大統領就任式です
  • 今晩は、いよいよ注目のトランプ大統領就任式です。前回の記者会見では政策の具体性がなく失望されましたが、今回は何を語ってくれるのでしょうか。市場はTwitterなどで日々発信されるトランプ発言で賑わっており、今や経済指標よりも、株価や為替が動く要因となっています。それでは、いつものように日足から確認してみましょう。本日はイベント前での手仕舞い売りになると思いきや、午後になって買われ、最終的には前日比で上昇 [続きを読む]
  • 1/19 19000円を回復
  • 本日の225先物は、昨日のイエレンFRB議長の発言を受けて、米国債金利が上昇し、ドル買い円売りとなりました。各国の発言によって、金利や為替が大きく動いており、マーケット全体が右往左往しているようにも感じます。それでは早速、日足を見てみましょう。本日は、大きく上昇しましたが、転換足の色は青のまま変わらず、また25日や10日移動平均線も上回っていないため、アヤ戻し程度の可能性があります。19000円を上回って引けた [続きを読む]
  • 1/17 下抜けして調整入り
  • 本日の225先物は、先月の大納会で付けた安値を下抜けて、短期の方向としては下降転換しました。現状では25日移動平均線と75日移動平均線が大きく乖離しているため、利食いや投げ売りも含めて、非常に売られやすい状態にあります。それでは日足を見てみましょう。また本日は10日移動平均線と25日移動平均線がデットクロスしました。そのため株価が再び25日線を超えて来ない限りは下落が続きます。ひとまず、目先の下値目処として・ [続きを読む]