ももぴ さん プロフィール

  •  
ももぴさん: 妖精たちの森
ハンドル名ももぴ さん
ブログタイトル妖精たちの森
ブログURLhttp://ameblo.jp/momopi28/
サイト紹介文大好きなフィギュアスケートや日々の出来事について語ります。浅田真央や、羽生結弦が大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2010/08/20 20:25

ももぴ さんのブログ記事

  • 仙台青葉まつり。仙台の元気、本気を見た。
  • 21日の仙台・青葉まつり。復興にかける仙台の思い、仙台の本気を感じました。 77銀行の大太鼓。裸ふんどしの男達の太鼓が熱い!震災では被災地の店舗が丸ごと流されるなど、人的にも物的にも多大の被害がありました。そのことを思いながら見ると、この男達が打ち出す勇壮な太鼓の音が胸というよりは、もはや腹にずしんずしんと響きました。 今年は伊達政宗公生誕450年にあたる年でもあり、宇和島伊達家の第十三代ご [続きを読む]
  • 羽生選手の来期のプログラム 予想
  • 今日は羽生選手の来期のプログラムの予想をしたいと思います。 羽生選手は、先日の研修会の時に、自分の今年の文字として「翔」を選びました。 羽生選手はよく「跳ぶ」という言葉を使いますが、今回は「跳ぶ」ではなく、「飛ぶ」でもなく「翔ぶ」。 「跳ぶ」と「飛ぶ」と「翔ぶ」の意味の違いはどこにあるかといえば、「跳ぶ」はあくまでも地上から跳び上がること(jump)、「飛ぶ」は空中を移動すること(fly)、そ [続きを読む]
  • 真央さんと高橋大輔氏の生き様の違いがわかる引退会見
  • 一昨日の記事、色々な方から多くのコメントをいただき有難うございました。 高橋氏に関し、あまりにも全否定で驚かれた方もおられたようですが、過去記事を見ていただければわかる通り、私はかつて高橋大輔のファンでもありましたし、評価もしていました。けれども、例の事件以降は、もはやファンでい続けることは無理になり、今は正直、やることなすこと醜悪に見えて、テレビで見るのも嫌な状態です。そういう状態ですので、 [続きを読む]
  • 最近のダンスが凄い
  • おじさんおばさん世代には到底別世界の話ですが、最近のダンス、凄いことになってますね。これ、相当身体能力高くないとできないでしょという踊りばかり。 ブレークダンスからの流れだと思いますが、どの関節もバラバラによく動き、思いもかけない展開になるので、つい見入ってしまいます。柔軟性が高く関節の可動域が大きくないとできないダンス。パワーで押す感じなく、小技を効かせつつ緩く抜く感じが結構好きです。 [続きを読む]
  • 鈴木明子さんのインタビュー記事とその後の騒動について
  • 鈴木明子さんが羽生結弦選手について語ったSportivaのコラム(正確に言えば鈴木さんに取材して元永知宏記者がまとめた記事)とその後の一連の騒動について。 鈴木さんの「エモーショナル」発言が、なぜここまで炎上したのかについて考えて見ました。 ①一つには羽生選手は、もともとエモーショナルなスケーターとして海外でも高い評価を受けている選手なのに、まるでエモーションが欠けているような言い方にファンがカチ [続きを読む]
  • 国別の採点、メドベデワ選手の160点が意味すること
  • 国別対抗戦が終わりました。 正直、こんなものはワールドで選手の序列が完全に確定した後の、ただのお祭り花試合。 だからこそ、総合点で順位をつけないのだし、地元爆上げとか、良い演技への点数爆盛りは当たり前なんです。 祭りに興を添えるために。 審判だって紹介時にコスプレして出てくるんですから。 つまり採点には大騒ぎするほどの意味はないんですよ。 そんなことは誰だってわかってるでし [続きを読む]
  • 国別対抗戦、放送されなかった珠玉のエキシと羽生スワン
  • TV放映されなかった珠玉のプログラム まずはパトリック。やっぱり26歳、円熟したスケーターとしていい味出してますね。やっぱりこの人はうまいです。膝のクッションを駆使していろんなニュアンスを出すスケーティングが好きです。大人の男の落ち着きとか、小粋さを感じるプロ。 ハビエルのダニーボーイも、いろいろ辛い思いをした後に滑ると、また一段と気持ちのこもった良い作品になってます。何気にものすごい [続きを読む]
  • ゆづ、美しかった!
  • ゆづ、美しかったです。別次元に美しかったです。 もうその言葉に尽きる。 4S抜けからの4T-1Lo-3Sのリカバリーは見事だったけど、今日はそういう技術とか勝負とかのレベルの話ではなく、 とにかくプログラムとして美しかったし、滑りが美しかったし、ひとつひとつのエレメンツの完成度がすごくて何しろ美しかったし もうね。満点です。 逆にあのリカバリーなしでやっても良かったのかなという気もしまし [続きを読む]
  • ゆづ、ドンマイ
  • まあ、所詮国別、お祭り大会だし(なんてこんなこと言ったら怒られるかな)。 オーサーすら来ない大会ですから。 みんなも高〜い賞金稼ぎとちょっとした旅行気分で来ているわけだし。 あんまり真面目にならないでね、ゆづ。 ゆづの今シーズンの演技を間近で見れなかったファンにとっては、ゆづがそこで滑ってる姿を見るだけで、それはもうチョー嬉しいのですから。 ああ、ゆづがいるなあ シミジミ とか [続きを読む]
  • 荒川さんと羽生選手のメモリアル除幕式を見て思い出した…
  • 4月16日に行われた荒川静香さんと羽生選手のメモリアル除幕式の写真を見ていて、この時のことを思い出しました。 これは閉鎖されていたアイスリンク仙台が、荒川さんの働きかけのおかげで再開した2007年時の動画。まだ小学生(11歳)だったちびゆづが、五輪金メダリスト荒川さんの前で緊張した様子でかしこまっているのが、今見ると新鮮です。 こんな感じだったのに、今はこれですからね。&n [続きを読む]
  • 羽生選手に滑ってもらいたい曲
  • 羽生選手に合いそうな曲、滑って欲しい曲を、独断と偏見で選びました。 まずは久石譲つながりで。 張りつめた弓の震える弦よ月の光にざわめくお前の心研ぎ澄まされた刃の美しいそのきっさきによく似たそなたの横顔悲しみと怒りに刻むまことの心を知るは森の精 もののけ達だけもののけ達だけ この歌詞からしても、もうこれは結弦くんに滑ってもらわねば・・と思ってしまいます。米良さんのソプラノの声も素晴らしい [続きを読む]
  • 羽生選手から真央さんへのはなむけの言葉
  • 羽生選手のモニュメント除幕式後のインタビューで、羽生選手は真央さんへ暖かい言葉を送ってくれましたね。私はほっとしたと同時に、嬉しくて涙が出ました。 全国ニュースでは除幕式そのものよりも、そっちの方がメインになっていて、逆にあららと思いましたが でもそれだけ注目を集める二人だったということなんだなと、その影響力の大きさを改めて感じます。 特にNHKは二人の並びが大好きですよね。& [続きを読む]
  • 真央さんへ、惜別の想い
  • 真央さんの全演技の中で一番好きで一番真央さんらしいと思った演技です。 技術的には完璧な演技でもなかったし、順位もいまひとつだったけれど、浅田真央が復帰したことの意味を、これほど感じたことはなかったです。 もしスケーター浅田真央が現役生活のなかでやり残したことがあるとするなら、こういう演技だったのだなと心から思いました。 成熟した大人の女性の演技。 戦うサムライ真央でもなく&nbs [続きを読む]
  • 満開の春に真央さんを想いながら「さくら横ちょう」を聞く
  • 仙台はいま、桜満開です。 仙台の桜を待たずに去って行った真央さんを思いながら、この曲を聞きたいと思います。 春の宵桜が咲くと花ばかり桜横ちょう 想い出す恋の昨日君はもうここにいないと ああ いつも花の女王 微笑んだ夢のふるさと 春の宵桜が咲くと花ばかりさくら横ちょう 相見る時はなかろう? その後どうしばらくねと言ったって始まらないと心得て 花でも見よう! [続きを読む]
  • 真央さん、引退。
  • 真央さん 引退。 シーズンが終わるのを待っての発表でした。 最後まで悩んでいるようでもあり、でも、もっと前から決めていたようにも私には見えました。 ボストンワールドのフリーで、私の涙が止まらなかったのも 年末の全日本、急遽、これは絶対にゆかなくてはと思い立ったのも 長年のファンとして、何かこれが最後になるかもという勘のようなものが働いたから。 最後の勇姿を目に焼き付けること [続きを読む]
  • 終わって見れば大団円
  • ヘルシンキワールド、完全無欠、世界最高得点のフリーを滑り切り、ショート5位からの大逆転優勝という、最高の終わり方で幕を閉じました。 ボストンワールドから苦しんだ1年間でした。体にも、心にも、人間関係にも、色々なところに亀裂が入ったように見えて、ファンも羽生選手と一緒にどん底の気持ちで悩んだり、心配したり、あちこちに文句を言ったりの1年でしたが、 なんだかんだ、終わって見れば大団円の結末だっ [続きを読む]
  • 絶品スワン、アートとしての羽生結弦
  • あの奇跡の大逆転から感動が未だ醒めやらず、まだまだ放心状態が続いております。いろんな情報を追うのに精一杯で、ブログ更新もできてませんでしたが、エキシも素晴らしかったですねえ。 間違いなく、今シーズン最高の白鳥でした。 Yuzuru Hanyu 2017 World Figure Skating... 投稿者 prismaticgem 妖精とか白鳥とか自然とか、「人外」を表現させたらこの人の右に出るものはいませんね。 フリーのホプレガと [続きを読む]
  • 凄すぎて言葉が出ない…
  • もうね。 すごすぎて最早、言葉が出ません。 前のエントリーで「泣かせてくれ〜」と書きましたが、羽生選手の演技は、もうそういう感情で語れる次元を超えちゃってる。 これはもう泣くとか泣かないとか、美しいとか美しくないとか、 あるいは高難度ジャンプがどーの表現力がどーのとか そういう次元の話じゃなくなっている。 ギリギリの限界を追求した者のみが見ることのできる世界を羽生選手を通し [続きを読む]
  • 公式練習なのに泣けるホプレガでした
  • なんでしょう。 ところどころだけしか滑ってない、調整程度のホプレガだったのに、見てたら涙が。。。 今までで一番、しっとりと情感たっぷりに仕上がっているのではと思います。全部を見るのが楽しみです。 ゆづよ、世界のファンを泣かせてくれ〜 これぞ羽生結弦の世界と言うものを表現して、世界を唸らせ泣かせることができれば、自ずと点数はついてきます。 おとといのハビのように。 急遽構成上 [続きを読む]
  • まだフリーがある!
  • う〜ん、羽生選手、ちょっと残念でした。 ちょっと緊張してたかな。4S3Tに苦手意識ができてしまってるようなのが気になります。 何も考えずに跳べばいいのにと思うけど、繊細なんだろうなあ。 ネイサンも、苦手の3Aに失敗が出てしまいました。 彼も急に注目を浴びたのと、初のワールドということ、17歳という年齢、枠取り、記録への挑戦など、色々プレッシャーで大変だったろうなと思います。 ただフ [続きを読む]
  • 最後の曲かけ!
  • 男子SP前最後の公式練習終わりましたね。だいぶ調子を上げて来ているように感じました。 羽生選手の演技は3:00:00あたりから観られます。 やっと4Sー3Tが決まったと思ったら、アクセル抜けちゃいましたが、滑りがもう4ッCと比べても、全然見違えるように滑らかになっていて、すごい見応えありました。 よく滑ってるし、進んでるし、力強く安定感あるし、チャンピオンの風格のある滑りでした。 ループ [続きを読む]
  • ホプレガランスルー!
  • 羽生選手のホプレガランスルー! 周りでガンガン飛ばしている中でのランスルーなので、ちょっと集中しきれないところもあってか、ジャンプはまだ少し合ってない感じはしますが、滑り自体は4CCの時よりも、ものすごく力強く、solidな感じになってきていて、私はとても期待が持てました。 特にステップのところがだいぶ滑らかになりましたよね。とても気に入りました。美しいビールマンも入っているみたいで、嬉し [続きを読む]