ももぴ さん プロフィール

  •  
ももぴさん: 妖精たちの森
ハンドル名ももぴ さん
ブログタイトル妖精たちの森
ブログURLhttp://ameblo.jp/momopi28/
サイト紹介文大好きなフィギュアスケートや日々の出来事について語ります。浅田真央や、羽生結弦が大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2010/08/20 20:25

ももぴ さんのブログ記事

  • 国別対抗戦、放送されなかった珠玉のエキシと羽生スワン
  • TV放映されなかった珠玉のプログラム まずはパトリック。やっぱり26歳、円熟したスケーターとしていい味出してますね。やっぱりこの人はうまいです。膝のクッションを駆使していろんなニュアンスを出すスケーティングが好きです。大人の男の落ち着きとか、小粋さを感じるプロ。 ハビエルのダニーボーイも、いろいろ辛い思いをした後に滑ると、また一段と気持ちのこもった良い作品になってます。何気にものすごい [続きを読む]
  • ゆづ、美しかった!
  • ゆづ、美しかったです。別次元に美しかったです。 もうその言葉に尽きる。 4S抜けからの4T-1Lo-3Sのリカバリーは見事だったけど、今日はそういう技術とか勝負とかのレベルの話ではなく、 とにかくプログラムとして美しかったし、滑りが美しかったし、ひとつひとつのエレメンツの完成度がすごくて何しろ美しかったし もうね。満点です。 逆にあのリカバリーなしでやっても良かったのかなという気もしまし [続きを読む]
  • ゆづ、ドンマイ
  • まあ、所詮国別、お祭り大会だし(なんてこんなこと言ったら怒られるかな)。 オーサーすら来ない大会ですから。 みんなも高〜い賞金稼ぎとちょっとした旅行気分で来ているわけだし。 あんまり真面目にならないでね、ゆづ。 ゆづの今シーズンの演技を間近で見れなかったファンにとっては、ゆづがそこで滑ってる姿を見るだけで、それはもうチョー嬉しいのですから。 ああ、ゆづがいるなあ シミジミ とか [続きを読む]
  • 荒川さんと羽生選手のメモリアル除幕式を見て思い出した…
  • 4月16日に行われた荒川静香さんと羽生選手のメモリアル除幕式の写真を見ていて、この時のことを思い出しました。 これは閉鎖されていたアイスリンク仙台が、荒川さんの働きかけのおかげで再開した2007年時の動画。まだ小学生(11歳)だったちびゆづが、五輪金メダリスト荒川さんの前で緊張した様子でかしこまっているのが、今見ると新鮮です。 こんな感じだったのに、今はこれですからね。&n [続きを読む]
  • 羽生選手に滑ってもらいたい曲
  • 羽生選手に合いそうな曲、滑って欲しい曲を、独断と偏見で選びました。 まずは久石譲つながりで。 張りつめた弓の震える弦よ月の光にざわめくお前の心研ぎ澄まされた刃の美しいそのきっさきによく似たそなたの横顔悲しみと怒りに刻むまことの心を知るは森の精 もののけ達だけもののけ達だけ この歌詞からしても、もうこれは結弦くんに滑ってもらわねば・・と思ってしまいます。米良さんのソプラノの声も素晴らしい [続きを読む]
  • 羽生選手から真央さんへのはなむけの言葉
  • 羽生選手のモニュメント除幕式後のインタビューで、羽生選手は真央さんへ暖かい言葉を送ってくれましたね。私はほっとしたと同時に、嬉しくて涙が出ました。 全国ニュースでは除幕式そのものよりも、そっちの方がメインになっていて、逆にあららと思いましたが でもそれだけ注目を集める二人だったということなんだなと、その影響力の大きさを改めて感じます。 特にNHKは二人の並びが大好きですよね。& [続きを読む]
  • 真央さんへ、惜別の想い
  • 真央さんの全演技の中で一番好きで一番真央さんらしいと思った演技です。 技術的には完璧な演技でもなかったし、順位もいまひとつだったけれど、浅田真央が復帰したことの意味を、これほど感じたことはなかったです。 もしスケーター浅田真央が現役生活のなかでやり残したことがあるとするなら、こういう演技だったのだなと心から思いました。 成熟した大人の女性の演技。 戦うサムライ真央でもなく&nbs [続きを読む]
  • 満開の春に真央さんを想いながら「さくら横ちょう」を聞く
  • 仙台はいま、桜満開です。 仙台の桜を待たずに去って行った真央さんを思いながら、この曲を聞きたいと思います。 春の宵桜が咲くと花ばかり桜横ちょう 想い出す恋の昨日君はもうここにいないと ああ いつも花の女王 微笑んだ夢のふるさと 春の宵桜が咲くと花ばかりさくら横ちょう 相見る時はなかろう? その後どうしばらくねと言ったって始まらないと心得て 花でも見よう! [続きを読む]
  • 真央さん、引退。
  • 真央さん 引退。 シーズンが終わるのを待っての発表でした。 最後まで悩んでいるようでもあり、でも、もっと前から決めていたようにも私には見えました。 ボストンワールドのフリーで、私の涙が止まらなかったのも 年末の全日本、急遽、これは絶対にゆかなくてはと思い立ったのも 長年のファンとして、何かこれが最後になるかもという勘のようなものが働いたから。 最後の勇姿を目に焼き付けること [続きを読む]
  • 終わって見れば大団円
  • ヘルシンキワールド、完全無欠、世界最高得点のフリーを滑り切り、ショート5位からの大逆転優勝という、最高の終わり方で幕を閉じました。 ボストンワールドから苦しんだ1年間でした。体にも、心にも、人間関係にも、色々なところに亀裂が入ったように見えて、ファンも羽生選手と一緒にどん底の気持ちで悩んだり、心配したり、あちこちに文句を言ったりの1年でしたが、 なんだかんだ、終わって見れば大団円の結末だっ [続きを読む]
  • 絶品スワン、アートとしての羽生結弦
  • あの奇跡の大逆転から感動が未だ醒めやらず、まだまだ放心状態が続いております。いろんな情報を追うのに精一杯で、ブログ更新もできてませんでしたが、エキシも素晴らしかったですねえ。 間違いなく、今シーズン最高の白鳥でした。 Yuzuru Hanyu 2017 World Figure Skating... 投稿者 prismaticgem 妖精とか白鳥とか自然とか、「人外」を表現させたらこの人の右に出るものはいませんね。 フリーのホプレガと [続きを読む]
  • 凄すぎて言葉が出ない…
  • もうね。 すごすぎて最早、言葉が出ません。 前のエントリーで「泣かせてくれ〜」と書きましたが、羽生選手の演技は、もうそういう感情で語れる次元を超えちゃってる。 これはもう泣くとか泣かないとか、美しいとか美しくないとか、 あるいは高難度ジャンプがどーの表現力がどーのとか そういう次元の話じゃなくなっている。 ギリギリの限界を追求した者のみが見ることのできる世界を羽生選手を通し [続きを読む]
  • 公式練習なのに泣けるホプレガでした
  • なんでしょう。 ところどころだけしか滑ってない、調整程度のホプレガだったのに、見てたら涙が。。。 今までで一番、しっとりと情感たっぷりに仕上がっているのではと思います。全部を見るのが楽しみです。 ゆづよ、世界のファンを泣かせてくれ〜 これぞ羽生結弦の世界と言うものを表現して、世界を唸らせ泣かせることができれば、自ずと点数はついてきます。 おとといのハビのように。 急遽構成上 [続きを読む]
  • まだフリーがある!
  • う〜ん、羽生選手、ちょっと残念でした。 ちょっと緊張してたかな。4S3Tに苦手意識ができてしまってるようなのが気になります。 何も考えずに跳べばいいのにと思うけど、繊細なんだろうなあ。 ネイサンも、苦手の3Aに失敗が出てしまいました。 彼も急に注目を浴びたのと、初のワールドということ、17歳という年齢、枠取り、記録への挑戦など、色々プレッシャーで大変だったろうなと思います。 ただフ [続きを読む]
  • 最後の曲かけ!
  • 男子SP前最後の公式練習終わりましたね。だいぶ調子を上げて来ているように感じました。 羽生選手の演技は3:00:00あたりから観られます。 やっと4Sー3Tが決まったと思ったら、アクセル抜けちゃいましたが、滑りがもう4ッCと比べても、全然見違えるように滑らかになっていて、すごい見応えありました。 よく滑ってるし、進んでるし、力強く安定感あるし、チャンピオンの風格のある滑りでした。 ループ [続きを読む]
  • ホプレガランスルー!
  • 羽生選手のホプレガランスルー! 周りでガンガン飛ばしている中でのランスルーなので、ちょっと集中しきれないところもあってか、ジャンプはまだ少し合ってない感じはしますが、滑り自体は4CCの時よりも、ものすごく力強く、solidな感じになってきていて、私はとても期待が持てました。 特にステップのところがだいぶ滑らかになりましたよね。とても気に入りました。美しいビールマンも入っているみたいで、嬉し [続きを読む]
  • 選手の怪我のことなど
  • ワールド前に、結構、怪我情報が入っていますね。 小さな怪我の話題は、ネイサンがちょっと靴が合わなくてクワドが飛べなかったけど、もう大丈夫、とか。ワールドではこれまで通りクワド5本構成でいくようですね。 心配なのはハンヤンで、肩の骨折とか、かなり痛々しい姿の写真が出ていました。欠場という話でしたが、23日現在、まだエントリーは残っているとか。ギリギリまで出場の方向で調整してるのかな。 ジ [続きを読む]
  • 村主さんと二宮氏の対談が面白い
  • 村主章枝さんと二宮清純さんの対談が面白かったです。 前編「フィギュアスケートは表現力が重要」 後編「恐るべき日本の若手たち」 村主さんは、さすがに元「氷上のアクトレス」と言われたトップ選手だけあって、普通の人とは視点が違うし、彼女のスケートの見方も勉強になります。 実は現役時代の彼女は、こうと決めたら他が見えなくなるような視野の狭い感じがあって、あまり好きではなかったのですが、キリ [続きを読む]
  • パトリックのインタ、他選手の動向など
  • パトリックが電話インタでとても率直な言葉で語ってくれたようですね。 Bevery Smith さんの英語記事 なんでも、四大陸のグリーンルームで初めてトップ3の選手達の演技をフルで見て(これまでは滑走順の関係で全部見れたことはなかったでそうです)、彼らとの間に大きな技術的な差が出来ていることに気づき、大変ショックを受けたと書いてありました。その後すぐにコーチやスタッフと対策を練り、ワールドは新しいジャ [続きを読む]
  • 真凛ちゃん、素敵でした
  • 真凛ちゃん、素敵でした。 さすがに大舞台に強い! ジュニアワールド2連覇はなりませんでしたが、SpFs共にノーミスの素晴らしい演技で惹きこまれました。 JWC2017 Marin HONDA SP 投稿者 Kutien JWC2017 Marin HONDA FS 投稿者 Kutien 真凛ちゃんの魅力は、もはや私が改めていうまでもないでしょう。やはり他の選手にはない表現力や、人をうっとりさせるような、なんとも言えない華があります。&n [続きを読む]
  • ハビエルとのことなど
  • 記事が途中のまま、タイトルも書いていない状態で間違ってupされていて、4時間ほど放置されていました。すみません、今更感もあるテーマだったので、upしようかどうかも迷っていた記事でした。でもすでに読んでくださった方もいたと思うので、訂正しつつもう一度upします。 **** 羽生選手とハビエル選手の関係について、ハビエルがスペインのドキュメンタリーの中で「二人の間には距離ができた」と言う発言をしたと [続きを読む]
  • アスリートの魂 NHKさん色々わかってますなあ
  • アスリートの魂。170311 アス魂 “絶対王者”がめざす頂 投稿者 YzRIKO 良かったですねえ。今までの手持ちの映像を合わせて急遽こしらえただけのものかと思ったら、独自映像もたくさんあってかなり本気の番組になっていました。 まず冒頭、いきなりのキレキレ恋ダンス。NHKさんが持ってたんですか〜この映像!とびっくり。今までオクビにも出さずにきて、いきなりこれですから。これで羽生ファンの心をグッと掴みました [続きを読む]
  • ホプレガに使われた二曲を改めてフルで聞いて見る
  • 羽生選手の今季のフリーに使われた二曲を、改めてフルで聴いてみました。 また全然印象が違いますねえ。編集の都合なのか、ジャンプのしやすさなのか、単調になってるなと感じていたホプレガの音楽ですが、フルで聞くと結構泣ける部分がたくさん入ってるんですよね。 でもなんであまり泣けないかと言うと、感情的に盛り上がるパート(サビの部分)を引き立たせるために抑えている部分がカットされてしまってるからかなと [続きを読む]
  • ファンの応援マナーについて思うこと
  • ファンの応援マナーが取り沙汰されていますね。 やはり五輪に向かう上で、ファンの問題は羽生選手にとっては切実な問題となって来ると思います。 というのも人気のほとんどが羽生選手に集中していますから、特に中韓のファンは尋常でない騒ぎかたをしますし、日本の中年おばさんはおばさんで、また独特の雰囲気を持っていますからね。この先、人気がさらに加熱すれば、どんな不測の自体が起きるかわからないし、ファンを [続きを読む]