星宿 さん プロフィール

  •  
星宿さん: 星宿的空間
ハンドル名星宿 さん
ブログタイトル星宿的空間
ブログURLhttp://hoshicyan.blog23.fc2.com/
サイト紹介文富士山麓の片田舎。 デパートも映画館も無いけど 自然はいっぱい。 時間もたっぷり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/08/20 23:32

星宿 さんのブログ記事

  • のらキウイ。
  • 観音橋の近くの山際です。向かって右側は大きな栗の木。黄色い線で囲んだ部分は、栗の木とほぼ同じ高さまで繁った蔓植物です。栗の木は数十年前畑だった場所にあります。そしてこの蔓は放置されたキウイの木の蔓なのです。写真は2週間前に撮りましたが、花盛りでした。近くで見ると、こんな花です。地味だけど可愛らしいですね。これは雄花なので実がなっている所は見た事が有りません。こんなふうに昔畑だった場所へ行くと忘れら [続きを読む]
  • ギュゼルユルト村へ行く。   1
  • 5月26(金)カッパドキア観光〜昼食(マスのグリルを食べた日)の午後、バスで1時間ほどの距離にあるギュゼルユルト村散策に参加しました。この日、夫は両足が2倍ぐらいの大きさにむくんでしまい昼食後はホテルに戻りました。他にも体調を崩して観光そのものを休んだ人が数名、ホテルで気ままに過ごしたくて参加しなかった人も1名いました。だんだんみんな疲れてきたようで、私もこのあたりから喉がおかしくなり翌日にはささ [続きを読む]
  • 猿除けネット
  • 今年も畑に猿除けネットを張りました。大きさは去年とほぼ同じです。 → 去年の記事去年のように天井部分はそのまま開けっ放しです。少しだけポールの数を増やして秋まで形が崩れないようにし上の4辺にもビニールタイではなく豆用の細い棒を使いました。今年はその中でトマトとナスを育てています。ミニトマトには青い実がたくさん付き始めました。キュウリはビニールハウスの中で栽培しています。そちらの天井にもネットを張ら [続きを読む]
  • ユスラウメのジャム
  • 畑のすみっこで毎年勝手に花開いたり実ったり、小鳥に食べられたりを繰り返しているユスラウメ。さくらんぼの半分ぐらいの大きさの実は、味もさくらんぼに似ています。少し渋みがありますがグミほどではありません。酸っぱくないので食べやすいですが、実が小さいです。焼酎で果実酒を作る人が多いですが、スグリやユスラウメのお酒は真っ赤な美しい色が出来上がった数か月には退色してしまい琥珀色になってしまいます。味も香りも [続きを読む]
  • カッパドキア  4
  • キノコ岩を見た後は、ギョレメからバスで移動してウチヒサールに行きました。途中、車窓から撮った街並みです。ウチヒサールはこの地域で最も高い場所に位置し、いつごろから人が住み始めたのかは不明だそうです。大きな岩山を掘って作られたウチヒサール城。当然の流れで、舗道を散策したり城の中を見に行く時間などはありませんでしたこの裏側に私が泊まったホテルがあります。素晴らしく眺めが良かったです。望遠で見ると頂上に [続きを読む]
  • カッパドキア  3
  • ギョレメ野外博物館の次はパシャバー地区へ移動です。ここはキノコ岩で有名な場所です。別名、妖精の煙突。広いエリアにたくさんの奇岩がニョキニョキ。キノコ型の岩の白い部分は火山灰が積もった石灰岩、黒い部分は溶岩だそうです。大昔の火山噴火で積もった異なる地質の層のうち、柔らかい石灰岩の方が先に浸食されてこんな形になっています。浸食はこれからも進むのでしょうけど、この奇岩群の中にも掘削して人が住んだ跡がたく [続きを読む]
  • カッパドキア  2
  • 5月27日(土) この日は朝から2回目のカッパドキア観光に出かけました。午前6時ごろ、宿泊した洞窟ホテルの部屋から見たカッパドキアの大地。前日も同じように気球がたくさん上がっていました。まるで別の惑星の夜明けを見ているようでした。ギョレメ野外博物館にて。ギョレメの谷の岩穴にある古代ローマ時代の洞窟教会群を博物館と称して公開しています。女子修道院。内部には礼拝堂、食堂、台所やいくつかの部屋があるそう [続きを読む]
  • カッパドキア  1
  • カイマクル地下都市の気ぜわしい見学の後、カッパドキア観光へ。とても良い天気で、空気は非常に乾燥していました。紫外線が強いとの事で、顔や手の甲に日焼け止めクリームを塗りました。日差しも強く眩しくて目がチカチカするので黒い瞳の日本人でもサングラスは必要です。陽気はほぼ富士北麓に近い感じ。昼間は暑くて半袖で活動していても夕方から朝にかけては肌寒くて長袖のシャツを羽織るほど気温が下がります。有名なスリーシ [続きを読む]
  • カイマクル地下都市
  • 5月26日(金) ツアー6日目カッパドキアのカイマクル地下都市に行きました。カイマクルは遠い昔にローマ帝国の迫害を逃れてきたキリスト教徒たちが隠れ住んでいた場所だという説もありますが実際の所はよくわかっていないようです。地下8階の深さで5000人以上の人が住んでいたと推定されています。中には炊事場や教会、ワイナリーの跡とされる場所もあるのですがなにせツアーなのでせせこましく通り過ぎるだけ・・・相変 [続きを読む]
  • ヒエラポリスとパムッカレ 3
  • トルコ人ガイドさんの長ったらしい説明がやっと終わる寸前、彼の口から出た衝撃の事実(大袈裟)「では今から30分間自由時間です。トイレタイムと散策に・・・お茶を飲んでみたり、お土産見たり・・・(以下略)」( ゚Д゚)ハァ?広大なヒエラポリスは大急ぎで見学しても30分では足りないでしょう。円形劇場に行って写真撮って帰って来るのも無理。っていうか、無理して猛ダッシュで行っても円形劇場だけしか行けそうにない。更に、 [続きを読む]
  • ヒエラポリスとパムッカレ  2
  • 5月25日(木) 午前中にパムッカレ観光に行きました。パムッカレは小高い丘の斜面に有り、その丘の上にはヒエラポリスという紀元前190年頃にベルガモン王のエウメネス2世によって建造された古代都市の遺跡があります。最盛期には人口10万人を数えたそうです。今はただ風が吹き抜けるだけ・・・・アポロン神殿の跡。紀元前2世紀にハドリアヌス帝が築いた円形劇場。何故望遠で撮ってあるのか?その理由は後ほど。水路の跡 [続きを読む]
  • ヒエラポリスとパムッカレ 1
  • トルコの写真を撮り過ぎたので、少しずつ選んで載せる事にしました。今回の旅行は親戚や知人から危ないからやめろと言われました。「ようやくエジプト行くの諦めたと思ったら、何故トルコなのだ!」←夫の兄確かに、去年イスタンブールの空港やグランドバザール周辺で何度か自爆テロが起きています。なのでお流れになってしまったエジプト同様、トルコもツアーで行くことにしました。まぁ、どのような行き方をしても危険度は変わら [続きを読む]
  • 今年のヤマボウシ
  • 旅行に行っている間に天神山のヤマボウシが咲ききってしまったようです。散る前に見に行って来ました。去年たくさん咲いたので今年は花数が少なめだったようです。それでも、この白い色は遠くからよく見えます。昨日の夕方ムックの家の庭から眺めた時に目に入ったので、今日慌てて天神山に行きました。木の下です。花が付いていない枝もたくさんありました。今日は曇っていて、梅雨入りしそうなお天気でした。もう花の先っちょが茶 [続きを読む]
  • 6月になりました。
  • もう6月ですね。半年・・・早いですねぇ(驚)一昨日、トルコから帰国しました。エジプトが×だったので、夫が何年も前から行きたがっていた国を旅してきました。10日間もの長い旅は、おそらく最初で最後なのだろうと思います。あと数年もしたら年金生活になるしね(汗)旅行記・・・・UPしようかやめようか迷っています。写真を1300枚も撮ってきてしまいました←(バカです)。・゜・。.☆*.★.。・゜・。.☆.*  *☆.。・ [続きを読む]
  • 天神山のフタリシズカ
  • すっかり荒れ果ててしまった天神山には訪れる人も無くなりましたが花たちの季節はひっそりと巡り続けています。ムックにとっては大好きなお散歩コースのままです。真横の藪にフタリシズカの花が咲いていました。日本の野草って素敵な名前のものが多いですね。ヒトリシズカよりすこし大ぶりな粒々の穂になった花を2つ付けています。でも、この花って3つ付いているのもあるそうです。フタリシズカの花言葉・・・・・いつまでも一緒 [続きを読む]
  • 紫色の夕陽
  • 昨日は朝から1日雨でした。夕方6時ごろ、窓の外がオレンジ色になったので外に出てみたら曇り空の夕焼けは紫色に見えました。薄暗くて不思議な光景です。畑も紫色の夕陽の中。よせばいいのに、とうとう連休に野菜の苗を植えてしまいました。しかも、今年はこんなものまで。この中にはキュウリを作る予定です。天井は鳥よけ網を張ります。6月になったら蔓が伸びる前にしないといけませんね。気付いたら5月も半ば。今日も朝から雨 [続きを読む]
  • イカリソウとかりんの花
  • 連休前半の観音橋。若草萌える。。。。今週は更に緑濃くなっています。お地蔵さんの傍に咲いていたイカリソウ。たぶん天神山でも咲いているでしょう。また様子を見に行ってみようかな。帰り道、梅と花梨が植えてある場所があるのですが今の時期はちょうど花梨の花が満開です。昨日もまだ咲いていました。今週いっぱいはムックと一緒にお花見しながらお散歩できそうです。朱色がかったサーモンピンクとでも表現したらよいのでしょう [続きを読む]
  • 観音橋の春。
  • ここ2,3日の間に観音橋周辺の緑が急に鮮やかになってきました。季節の変わり目が極端な地域だと思うのです。今年も先月末まで雪が降っていたのに、先週の初めに突然気温が上がって桜が開花しました。その桜ももうほとんど散ってしまいました。来週ぐらいから山桜が咲き始めます。八重桜も、もうじきです。御地蔵さんのすぐそばでヒトリシズカが咲いています。この花も先週は全く開花していませんでした。近くの梅畑には柔らかい [続きを読む]
  • やっと桜が・・・
  • 今日はとても暖かな1日でした。ムックと一緒に天神山の桜を見に行きました。一昨日ぐらいからほころび始めた蕾が、今日一気に開花しました。やっと春になりました。もう湯たんぽしないで寝られます。夜もストーブ無しで大丈夫。長い冬だったなぁ。。。天神山のカタクリは去年全滅しましたが、今年はもっと寂しい事になっています。カタクリが群生していた場所にあったコブシの古木が急に枯れてしまったのです。ほんの数年の間に、 [続きを読む]
  • アズマイチゲ咲く。
  • 今日は強い風が吹く1日でした。特に午後からは嵐のようで、お散歩に連れて行こうとしたらムックが嫌がって途中で引き返してしまうほどでした。明日からまたお天気が崩れるようです。昨日も天神山に行きました。急に暖かくなったので山に1本だけ植えてある河津桜が開花し始めていました。桃色の桜です。まだまだソメイヨシノは開花しそうにありません。でも帰りながら斜面の草むらを見たらアズマイチゲがたくさん咲いていました。 [続きを読む]
  • 4月になれば。。。
  • 先週末、1日の土曜日は朝から雪でした。なごり雪なんていう優しいものではなく、寒くて1日中頭痛が起きていました。その2日前の30日、天神山。ムック喜んでいます。帰ろうとしても座り込んで動きませんでした。見晴らしの良い場所が好きなのです。まだ花の色も見えません。桜の蕾は硬いまま。今日は久しぶりに朝から暖かな1日になりました。先週は咲いていなかったクロッカスが急に開花しました。庭にタテハチョウやマルハナ [続きを読む]
  • てるみショック、その後。
  • 夜の飛行機に乗って窓から星空を見るの、大好きです。いつも銀河鉄道に乗っているような気分になります。成田や羽田のターミナルでスーツケースを引きずりながら機内で読む本を買うために書店を覗いたり、日本のお土産売ってるお店に入ったり。ワクワクしながら今から行く国の事を考えたり。旅行って、行く前の準備から楽しい。でも、なんだかすっかり冷めてしまって当分旅行には行きたくなくなりました。夫は私よりも前向き。「絶 [続きを読む]
  • てるみくらぶに・・・引っかかる。
  • 去年の暮れ、阪急交通社で夫の厄払い旅行の予約をしました。行き先は死ぬまでに1度でも行けたら嬉しいと思っていたエジプト。8日間の旅はチャーター便利用で現地では3日間のナイル川クルーズをしつつカイロからアブシンベルまでの遺跡を巡る、夢みたいなツアーでした。間近になった夫の定年を控えて最後の長い旅行になるんじゃないかなぁ、なんて話しながら楽しみにしていたら、2月にエジプト航空のチャーター便が突然4月から [続きを読む]
  • 春の雪・・・さぶっ!!!
  • 本日未明から雪が降っていました。朝起きたら、こんな感じ。今日はストーブを焚いています。もう3月も終わりですが、北麓地域では4月に雪が降ることもよくあります。窓辺の鉢植えを庭に出すのは連休間近になってからでしょうね。4年ぐらい前に頂いたポリプロポンという蘭です。たくさん花が咲きました。小さいけどよく見ると豪華な雰囲気の花です。ミニアロエ。今年も蕾がついています。いつ咲くのかな?楽しみに待っています。 [続きを読む]
  • 春の気配
  • 今年の冬は雪かきが必要なほどの積雪は1回しかありませんでした。1月8日の夜から未明にかけて降った雪が最後だったようです。その他の日に降った雪は、ほとんど積もることもなくて良かったのですがとにかく毎日寒かった!そんなわけで春が来るのも遅いような気がします。気がするだけなのかもしれませんが。観音橋までお散歩。暖かいお彼岸になりました。御地蔵さんを通り越して梅畑の方まで・・・・梅畑は道の両側にあります。 [続きを読む]