土屋健二 さん プロフィール

  •  
土屋健二さん: 土屋健二ブログ
ハンドル名土屋健二 さん
ブログタイトル土屋健二ブログ
ブログURLhttp://kenjitsuchiya.asablo.jp/blog/
サイト紹介文「世界のリフティング王」こと土屋健二です!
自由文サッカーがうまくなるためには、まず足だけではなく全身でのボール扱いを上達させること。そのためには、リフティング・ドリブル・ジンガ(地上でのボール扱い)です。「世界のリフティング王」こと土屋健二は、その練習方法や心構えなどを紹介しています。どうぞご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/08/21 10:50

土屋健二 さんのブログ記事

  • 後ろ回し奪取
  • 1対1において、普通、守備者は、相手に対して半身で近づき、前方の足でボールにアプローチするだろう。相手も、守備者の前方の足を注視しているに違いない!そこで、守備者は裏をかき、半身の状態で、後方の足を前方の足の後ろ側から回して伸ばし、ボールにチャレンジしてはどうだろうか?この際、守備者は、重心を更に落とすことによって、後方の足を更に前に伸ばすことが出来るかと思う。この相手の意表を突く奪取方法をお試しあ [続きを読む]
  • 北海道遠征
  • 先日までの一週間、北海道に行って参りました。梅雨のない北海道では、期間中ほぼ晴天に恵まれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。途中、旭川でたくさんの子供達に参加頂いた教室以外は、札幌駅界隈に居ました。初めての札幌だったため、観光地を巡り、サッカー関係者にも売込し、当然、練習も日々継続。全国各地では、環境こそ違いますが、皆サッカーを楽しんでいます!…ですが、その時々に悔いを残さないように、アンテナを [続きを読む]
  • マイケル・ジョーダンもメチャメチャ練習!
  • エアー・ジョーダンで有名なバスケットボールのスーパースター、マイケル・ジョーダンも、かなり練習していたようだ。かなりの身体能力がありながら、持ち前の究極の負けず嫌いのためか、世界で一番練習したと自負する位、練習したそうである。だから、その道で名を馳せるためには…最小限の努力で、そうなろうというのは、おこがましく…世界で一番練習していると自負出来る位の努力(=楽しみ)が、必要であると思う。また、その道 [続きを読む]
  • いなす!
  • 1対1で、ちょっとしたテクニックを使った、いなし方を紹介する。相手から遠い方の足のアウトサイドで、相手を誘うようにゆったりとボールを後ろにドリブル…そして、相手がボールに対し、直線的に突っ込んで来たら、そのアウトサイドで回転ドリブルし、相手をいなす!なお、回転ドリブルに入る際、手をモミジの形(中指と薬指を折った形)にし、その手を裏返して、手の甲で相手の仙骨を押し込み、相手を直線に誘導させる!これは、ス [続きを読む]
  • 守備者を回転させる
  • 攻撃は、守備者を回転させるように、ボールを動かすと良いと思う。例えば、攻撃AとBがいて、その間に、守備Cがいるとして…AからBにパスが通った時、Cは必ず回転する。パスを受け取った攻撃Bは、先ず守備Cをより回転させるようにボールを動かすと、守備Cは、ボールにタックル出来ないと思う(回転の理論)。なお、攻撃Bは、守備Cをより回転させる方向にボールを動かすのだが、その方向に味方がいたらパス、味方がいなかったら自らド [続きを読む]
  • トラップは点で捉える
  • 空中、地上共に、勢いよく飛んできたボールを止めるには、面ではなく点で捉えると良いと思う。仰々しく面全体で捉えようとすると、もしその面がタイミング良く引けなかったら、ボールは跳ねてしまうかも知れない。微妙なことだが…ボールへのファーストタッチは、全身を脱力させ、面全体で触れる寸前に、その面の中の点、つまり、どこか尖っているところに先ず触れボールの勢いを抑え、次に面全体で捉える感じ。抽象的な表現だった [続きを読む]
  • 曲げたパス
  • 試合中、敵の向こう側の味方に、曲げたパスをしたい時は…空中で曲げて、直接味方に届けようとすると、その曲がる度合いが小さ過ぎると、手前の敵に取られてしまうかも知れない。こんな場合、一回地面にバウンドさせるパスをしてはどうだろうか!地面に一回バウンドさせることで、結構な角度で曲がってくれる。滑る土のグランドでは、その効果は大したことはないが、芝のグランドなら、効果は大きい!また、ボールを曲げようと蹴る [続きを読む]
  • (再掲)5/27土屋健二サッカー教室in高崎
  • いよいよ明日、5月27日(土)15時〜17時、群馬県高崎市内で、私のサッカー教室を開催致します。教室では、様々なボール扱いの他、待たれた際の対処法もご紹介致します。参加費は、園児:500円、小学生:2000円、中学生以上:3000円、になります。なお、参加を希望される方は、詳細をお知らせ致しますので、kenjiwave@hotmail.co.jp までご連絡下さい!また、以前ご参加頂いた方は、場所は同じですので、当日直接現地までお越しください [続きを読む]
  • 更にゴールに切れ込む
  • 相手との1対1において、シュートを打つ前には、普通ボールを大きくドリブルし、シュート体勢に入るが…この際、相手がもし俊敏なら、間合いを詰められ、シュートも打てずボールを取られてしまうかも知れない。この場面、シュート体勢に入る時間的余裕があるなら、シュートのための軸足を相手とボールの間に置き相手をブロックしながら、シュートせず、蹴り足の足裏でボールをロールさせ、さらにゴールに近づくのはどうだろうか!遠 [続きを読む]
  • ボールが堅すぎる!
  • 小学校高学年のチーム練習用のボールは、公式戦に慣れるために、堅いのはやむを得ないが…特に、小学校低学年が使うボールが堅いのはどうかと思う。サッカーを始めたばかりの子供やまだ筋力のない子供が、いきなり堅いボールを使い練習や試合をするのは、疑問である。この段階での堅いボールは、皆堅く重いボールに負けまいと体に力が入ってしまい、ぎこちない動きになってしまうかと思う。また、このボールの硬さは、身体に負担を [続きを読む]
  • 土屋健二サッカー教室in北海道。
  • また、あまりに直前で突然で、申し訳ございませんが…・6月16日(金)、17日(土)、19日(月)、20日(火)、21日(水)、今回は、北海道に参ります!因みに、6月18日(日)は、旭川で決定。上記の期間に、北海道各地において、私にサッカー教室を実施させて頂けるチーム、個人は、いらっしゃいませんか?なお、費用は、今回、指導料+交通費1万円で承ります。また、基本的に、先着順とさせて頂きますが、こちらで日程調整させて頂きますので [続きを読む]
  • 5/27土屋健二サッカー教室in高崎
  • 突然ですが、5月27日(土)15時〜17時、群馬県高崎市内で、私のサッカー教室を開催致します。教室では、様々なボール扱いの他、待たれた際の対処法もご紹介致します。参加費は、園児:500円、小学生:2000円、中学生以上:3000円、になります。なお、参加を希望される方は、詳細をお知らせ致しますので、kenjiwave@hotmail.co.jp までご連絡下さい!また、以前ご参加頂いた方は、場所は同じですので、当日直接現地までお越しください! [続きを読む]
  • 運ぶドリブル
  • 試合中、単なる前に運ぶドリブルは、普通、利き足アウトサイドを使うが…まだボールに不慣れな選手は、相手の前でボールが止まらず流れてしまい、簡単に相手ボールになってしまう場面をよく見掛ける。実に、もったいない!そんな時は、利き足のアウトサイドではなく、利き足の足裏で、ボールを舐めてボールを前に運ぶのはどうだろうか!しかも、ボールを舐めた後もボールは流さず、その都度、ボールはその足のアウトサイドでしっか [続きを読む]
  • 綱を登るコツ
  • 上から垂らした一本の綱を登る際、5本指でしっかりと綱を掴んで登るのではなく…先ず、両手をピストルの形(親指を立て人差し指は真っ直ぐ伸ばす)にし、綱は、中指、薬指、小指の3本で握り締める。さらに、両脇を締めることにより、より疲れずより簡単に、綱を登ることが出来るかも知れない。これで…幼稚園、保育園、小学校での体育では、ヒーローになれるかも知れない! [続きを読む]
  • 背中乗せ、トラップ
  • 私のサッカー教室では、背中でのトラップも紹介している。背中でトラップする前に、先ず、背中にボールを乗せることを教えている。そして、多くの子供達は、背中にボールを乗せる際、背中ではなく首の後ろに乗せようとする。これでは、不安定で、トラップどころではない!ここで、背中に乗せる際のポイントを紹介する。●背中の乗せる場所は、首の直ぐ下●両腕の肘を曲げる(汽車ポッポをする感じ)●顔を上げ、前を見る●上半身を脱 [続きを読む]
  • 車の動きで運転者の性格が分かる
  • 日常において、車を運転していると、周りの車の動きで、その車の運転者の大体の性格をすぐ察知することが出来る気がする。前の車との車間距離、加速、減速の度合い、エンジン音、コーナーでの速度、テールランプの頻度、車線変更、ウインカーのタイミング、走行や停止する位置…等々によって。運転者の性格がすぐに察知出来るような気がする。だから、今後も、周りの車の運転者の性格を十分考慮した上で、冷静に車の流れに調和して [続きを読む]
  • インサイドパスで外側には蹴れない!
  • アウトサイドパスなら、一連の動きの流れの中で、蹴る寸前にも、蹴り足の外側にコース変更出来るが…インサイドパスでは、一連の動きの中で、蹴る寸前に、蹴り足の外側にコース変更出来ない!また、インサイドパスの流れの中で、蹴り足の外側に蹴るためには、一旦立ち足を踏み替えて、新たにテイクバックし直さなければならない!一方、インサイドパスの流れの中から、蹴る寸前に、蹴り足の内側へならコース変更(ドリブル)出来る。 [続きを読む]
  • 4/30土屋健二サッカー教室in高崎
  • 突然ですが、4月30日(日)14時〜16時、群馬県高崎市内で、私のサッカー教室を開催致します。教室では、進化したジンガ、個人戦術もご紹介致します。参加費は、園児:500円、小学生:2000円、中学生以上:3000円、になります。なお、参加を希望される方は、詳細をお知らせ致しますので、kenjiwave@hotmail.co.jp までご連絡下さい!また、以前ご参加頂いた方は、場所は同じですので、当日直接現地までお越しください!宜しくお願い致し [続きを読む]
  • ガラス球のパフォーマンス
  • YouTubeで、ガラス球を手で扱うパフォーマンスを見ることが出来る。パフォーマーは、ガラス球を非常に巧みに操る!まるで、ガラス球が宙に浮いているかのように、また、手とガラス球が一体になっているかのように扱っている!しかも、指先だけでなく全身を脱力させ、体全体でガラス球を扱っている感じ。この動きは、まさに、サッカーにおける理想的かつ究極的なボール扱いの動きではないか!と思う。この手によるガラス球の扱いの [続きを読む]
  • アウトサイドで斜めに切るようにドリブル
  • 相手と競り合ってボールを前に運ぶ際、普通、相手から遠い方の足のアウトサイドを使う。例えば、自分の左肩で相手を押さえながらボールを前に運ぶ際、自分の右足のアウトサイドを使うが…そのアウトサイドでの触り方を紹介する。右足アウトサイドで、ボールの右上から左下に斜めに切るように、また、ボールに斜め回転が掛かるように、ボールに触れる。そして、ボールに触れた右足が着地する際には、ボールに常に触れながら、しかも [続きを読む]
  • ジンガ(土屋健二テクニック)があれば余裕が持てる!
  • ジンガは、左右交互の足裏で連携する、主にキープのための足技。このジンガを駆使して、キープし続けることも出来れば、瞬間的に繰り出し相手の足を交わすことも出来る。このジンガがあれば、相手に押し込まれた時も、余裕を持って対処出来る。引いては、将来、大人になり、ジンガを全く使わない、単なるパスサッカーをするにしても、ジンガを知っていることで余裕が生まれ、より安定したプレーが出来るかと思う!だから、小・中学 [続きを読む]
  • 土屋健二サッカー教室in大阪、兵庫
  • また、あまりに直前で突然で、申し訳ございませんが…・5月5日(祝)、兵庫県、大阪府において、私にサッカー教室を実施させて頂けるチーム、個人は、いらっしゃいませんか?なお、費用は、もちろん交通費なし、指導料のみで結構です!また、先着順とさせて頂きます。もし、興味、関心がございましたら、kenjiwave@hotmail.co.jp までご連絡ください!〜進化したジンガ、リフティング、個人戦術等を紹介します!〜土屋健二 [続きを読む]
  • 相手を千切ったら相手側に切れ込む
  • 1対1において、普通相手を抜いたら、相手の裏を取るのが鉄則だが…これを踏まえて…1対1において、ボール保持者は、相手を少しでも、前方向だけでなく前後左右あらゆる方向にぶっ千切った(間が開いた)後は、相手側にドリブルすれば良いのだと思う。この時、相手側に円を描くように小刻みにドリブルすることによって、相手も円を描くようになり、回転の理論(回転の内側の足は出ない)が適応され、容易に相手を振り切れると思う。なお [続きを読む]
  • スピードに乗った相手に対する守備
  • こちらが止まっており、相手が少し離れたところから、スピードに乗って直線的にこちらに近づいている際の守備は…こちらが、そのスピードに対応しようと、半身になった状態で待ち構えていると、相手は、こちらの背中側に大きくボールを蹴り出し、さらにスピードに乗り、あっさり突破されてしまう。この際のより良い対処法は…こちらは、半身にならず、相手が通るであろうコースに正対して立ち、相手を待ち受ける。これを見た相手は [続きを読む]