くうこ さん プロフィール

  •  
くうこさん: シネマド館
ハンドル名くうこ さん
ブログタイトルシネマド館
ブログURLhttp://ameblo.jp/gukolin/
サイト紹介文映画、おでかけ、好きなもの・・・好き勝手にいろいろ書いている雑記帳です。
自由文たまに鉄道大好きしゅじんについてふらふら出かけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/08/22 01:07

くうこ さんのブログ記事

  • スポットライト 世紀のスクープ
  • ジャーナリストとは?スポット・ライト 世紀のスクープ(2015年/アメリカ/」128分)監督:トム・マッカーシー【ストーリー】2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブー [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その12 利重旅館③〜旅館出発!
  • 朝食は大部屋で。今回、宿泊者は私たちともう一組のご夫婦だけでした。大勢のお客様がある時は夕飯もこちらを使ったりするのかなぁ〜という感じでした。天皇皇后陛下、皇太子さま、雅子さまが山口にいらっしゃったときのお写真。だーいぶお若いですね。「テレビ見てね」とつけてくれはりました。私たちが食事終わるころにもう一組のご夫婦がやってきたのでリモコンをバトンタッチ。どうぞー朝食はいたってフツーの旅館の朝食という [続きを読む]
  • 若葉のころ
  • キラッキラにホコッホコ若葉のころ(2015年/台湾/110分)監督:周格泰【ストーリー】母、祖母と暮らしている17歳の女子高生バイ(ルゥルゥ・チェン)は学園での生活を楽しんでいたものの、親友と男友達との関係について思い悩んでいた。そんなある日、母ワン(アリッサ・チア)が交通事故によって意識不明の重体に陥ってしまう。深い悲しみの中、偶然母のパソコンから初恋相手リン(リッチー・レン)に宛てた未送信メールを見付け [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その11 利重旅館②
  • お部屋に案内していただきます。THE☆わっふぅー食事前にに入浴することに。本当にこのドアの向こうに大浴場があるんだろうか?!と思わせるドア・・家族風呂扱いなのでドアのぶにかかっている札を「入っています」の方に変えて入浴。なんかタイムトリップしたような感じ!変わった間取りの脱衣場・・・さて!温泉!長門湯本温泉は山口県でも最も古い温泉と言われています。湯本温泉旅館協同組合さんのHPに温泉についての紹介が [続きを読む]
  • 冬冬の夏休み
  • 夏のおもひで・・冬冬の夏休み(1984年/台湾/108分)監督:侯孝賢【ストーリー】小学校を卒業したトントン(ワン・チークアン)と妹のティンティン(リー・シュジェン)は、母親が入院したため夏休みの間、祖父の家に預けられる。トントンは田舎で親しくなった友達と遊び、ティンティンは兄たちといたずらしながら、兄妹は夏休みを満喫していた。そうして過ごしているうちに、やがて、台北から父が迎えに来て……。(シネマトゥデ [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その10 利重旅館①
  • のどかで静かな風景の中を歩いていきます。地方スナック・・・このスナック一押しの歌手でしょうか?全然知らないけれど。宿がたくさん見えてきました!!私たちがお世話になる宿も見えてきました〜。温泉旅館 利重さん宿は毎回私が決めるので、今回はこちらに泊まってみたい!と思い予約させていただきました。ネットでも予約できるようでしたけれど、今回はなんかわからないけれど電話で予約させていただきました。もうね・・ [続きを読む]
  • 海よりもまだ深く
  • あれしようと思って・・・海よりもまだ深く(2016年/日本/117分)監督:是枝裕和【ストーリー】15年前に1度だけ文学賞を受賞したことのある良多(阿部寛)は、「小説のための取材」と理由を付けて探偵事務所で働いている。良多は離婚した元妻の響子(真木よう子)への思いを捨てきれず、響子に新しく恋人ができたことにぼうぜんとしていた。良多、響子、息子の真悟(吉澤太陽)は、良多の母・淑子(樹木希林)の家に偶然集まったあ [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その9 萩城跡②
  • お茶室みたいなところがあったのでちょっと寄ってみました。梨羽家茶室というそうです。結構広いのね・・お庭も広かったです。・・・で・・・肝心の茶室の写真を撮り忘れているという・・・私にありがちな失敗ですわ。ぃぇーぃ上の「梨羽家茶室」の文字を していただくと萩市観光協会のサイトに飛び、茶室の画像&説明を読むことができます!よかったらどーぞーと、丸投げーですみません・・・もうすぐレンタサイクルの返却 [続きを読む]
  • 64ロクヨン 前編 後編
  • え!また?!64 ロクヨン(前後編)(2015年/日本/前:121分後:119分)監督:瀬々敬久【ストーリー】わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し……。(シネマ [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その8 萩城跡①
  • お次に向かったのは萩の街でもちょっと端にある指月公園へ。「萩城跡」があります。街中を自転車で移動したのですが、城下町やなぁ、という風景が続きました。石垣が素晴らしい!!萩城跡に着くとまずお城を建てた毛利輝元公の像がお出迎えしてくれます。1604年に起工、1608年完工。今はお城は残っていませんが桃山初期の形式をしていたようです。完工以来、お城が解体される1874年までの270年間、毛利13代にわたりここにあったそ [続きを読む]
  • これが私の人生設計
  • 私の未来は明るいっす!!これが私の人生設計(2014年/イタリア/103分)監督:リッカルド・ミラーニ【ストーリー】建築家として世界中で仕事をしてきたセレーナ(パオラ・コルテレージ)は、新たなステップを求めて故郷のローマへ戻る。しかし、保守的な男性社会のイタリア建築業界における女性の就労状況は厳しく、希望の職を探し回っているうちに経済状態が悪化。そんな折、公営住宅のリフォーム案が公募されることを知った彼女 [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その7 青木さん家
  • お次は青木周弼旧宅へ。こちらは全然行くつもりなかったのですが、住職さんのオススメもあってやってきました。・・・ので、外観も写真撮っておらず・・・すみません。青木周弼さんって??全然知らなかったのですが幕末の有名な蘭学者だったそうです。漢方医学を学び、江戸でオランダ医学を学んだあと、長崎に遊学。そこでの評判を聞きつけた萩潘主・毛利敬親に召し抱えられた・・・という経歴のようです。こちらも広いお屋敷 [続きを読む]
  • ディストラクション・ベイビーズ
  • 理由なきケンカディストラクション・ベイビーズ(2016年/日本/108分)監督:真利子哲也【ストーリー】愛媛県のこぢんまりとした港町・三津浜の造船所に2人で生活している芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)。けんかばかりしている泰良はある日突然三津浜を後にし、松山の中心街で相手を見つけてはけんかを吹っ掛けていく。そんな彼に興味を抱いた北原裕也(菅田将暉)が近づき、通行人に無差別に暴行を働いた彼らは、奪 [続きを読む]
  • 写真で振り返る5月2016
  • 2016.5月鑑賞分も感想を書きたいものは書いたので、こちらも記録代わりにあっぷー1.犯人は!!夫はこの季節セッセとベランダ菜園を作り出すのだが、そうすると、どなたかにこのように穴が掘られる・・最初は「?」と思っていたのですが、犯人発見いたしました。こちらの方です!網戸を挟んでの撮影なので見にくいのですが・・・スズメでございます。暑い時にやってきてわしゃわしゃわしゃわしゃ!!と砂浴びしてはるみたいです。昔 [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016〜その6 円政寺
  • お次は高杉晋作や伊藤博文ともゆかりのある「円政寺」へ。拝観料は200円。城下町マップとスタンプが押せるパンフがいただけます。思い出のスタンプ押さなかったなぁ・・・ さて。こちら、全国でもとても変わっているお寺でして神社とお寺が同じ敷地内にございます。普通は明治時代に出された「神仏分離令」によって一つの敷地内に神社は神社だけ、お寺はお寺だけ!となっているそうです。余談ですが、この説明書きの画像を [続きを読む]
  • EUフィルムデーズ2016②
  • EUフィルムデーズ2016まとめ感想の続きでございます。『イアリアのある城で』(2013年/フランス/103分)監督:ヴァレリア・ブリュニ=テデスキテデスキ姐さん監督・主演のコメディ!先日感想を書いた「ローマに消えた男」にも実はテデスキ姐さん出ておりますねーさてさて本作。いろんな事起こりすぎちゃうん?!と、思っていたら、こちら、テデスキ姐さんの自伝的要素の強い物語になっているそうで、母親役の女優さんも実母です [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その5 木戸さん家②
  • お次は2階ざます。2階もあるってやっぱり広いよねー木戸孝允の落書きほんまに彼が書いたのか?!でも「あほ」とか「夜露死苦!」とかいう内容ではなく賢い内容を書いているあたりやはり木戸孝允の落書きかな?この言葉を選ぶこと自体ほんますごい。でも落書きをするあたり、その辺は子供だったのかな?それでは最後に外周りを。炊事場?お風呂?少し離れたところにトイレ。今は使用禁止ですし、たぶん少し修繕、改造しているとは思 [続きを読む]
  • EUフィルムデーズ2016 ①
  • 毎年楽しみにしている≪EUフィルムデーズ≫。私の鑑賞映画内容を見ていると、アジア系映画に比べ、ガクーン!と鑑賞本数が減るヨーロッパ映画なのですが、このEUフィルムデーズだけは好きで観に行っています。京都では毎年6月下旬から・・とか7月に開催されておりましたが、今年は6月、ということなのでそれまでに昨年のEUフィルムデーズのまとめ感想を(まとめかぃ!)。≪EUフィルムデーズ2016≫『提督の艦隊』(2015年/ [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その4 木戸さん家①
  • お次は木戸孝允さんのお宅にお邪魔することに。こちらが木戸さん。幼少期は8歳で近隣の桂家に養子に行ったのでそこから33歳までは桂小五郎と名乗ります。しかし養父母が亡くなったため結局実家で成長したそうです。幕末には薩長連合を結び、明治新政府では五箇条の御誓文の確定に参画したり、版籍奉還、廃藩置県の実現に尽力された木戸孝允。明治以後は西郷隆盛、大久保利通らと共に「維新の三傑」と呼ばれました。こう書くと、近 [続きを読む]
  • ねこ映画特集2016
  • ねこ好きにはたまらん映画特集を大阪市内の劇場で開催してくださいました!にゃー!ねこ大好き!ねこ映画特集2016ねこ支配人(猫)さんも来てくれたようです!!とーってもかわいらしいミケさんですねぇ。皆さまのSNSなどを読んでいるとこのまりちゃんってとっても賢くて、勤務中はおとなしくちょこーんと座っていたそうです。えらいわー実家で過去飼っていた歴代猫2匹はおとなしくしている、ということは絶対できひんと思うか [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その3 高杉さん家
  • お次は高杉晋作さん家にお邪魔することにします。その前に高杉さんにご挨拶。こんにちはー!初めましてー!!はぁ・・ヒデキ(じゃないけど)カンゲキ・・・歴史に詳しいわけでもなく、彼をずっと追いかけているわけでもないのですが、高杉晋作さんはなーんか好きなんです。もう内容は忘れてしまいましたが、ずいぶん昔に読んだ『世に棲む日日』で高杉さんすっげー!と思ったのを覚えています。私の勝手なイメージなのですが彼はと [続きを読む]
  • さざなみ
  • 所詮他人ですから。さざなみ(2015年/イギリス/95分)監督:アンドリュー・ヘイ【ストーリー】結婚45周年を記念したパーティーを土曜に予定しているジェフ(トム・コートネイ)とケイト(シャーロット・ランプリング)の夫婦。だが、月曜に届いた手紙がきっかけとなって、山岳事故で命を落としたジェフの昔の恋人の存在が二人の間に浮き上がってくる。かつての恋人との記憶をよみがえらせてはそれに浸るジェフと、すでにこの世には [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その2 1日目ランチ
  • 終点の東萩駅に到着です!大河ドラマ・・・あ。そっか!「花燃ゆ」!・・・観てないわー駅の中に観光案内所があるのでまず足を運びます。旅に出たらまず観光案内所!知らなかった情報、楽しい情報、お得な情報・・・いろいろとゲットできることが多いので、旅に出たらできる限り足を運ぶようにしています。すると、今、こういう企画を行っているのでよかったらどうぞー、とおいでませパスポートをいただきました。いただいたガイド [続きを読む]
  • いろいろメモ【2017.4鑑賞分】
  • 4月に観たあれこれメモです。【やーっと観ることできました】『君の名は。』・・・社会現象にまでなったこのアニメを一度は劇場で観てみたかったので観ることができて感激。でも、まぁ、私はそこまでだだはまりになることはなかったかなー。劇場がよく似合うアニメではありましたが。『牯嶺街少年殺人事件』・・・贅沢な時間でした。小四(張震)がずっと懐中電灯を握りしめているのがせつなくてせつなくて。「小公園」で小明と音 [続きを読む]
  • ルーム
  • 部屋から見ていた青空は・・・ルーム(2015年/アイルランド・カナダ/118分)監督:レニー・アブラハムソン【ストーリー】施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニッ [続きを読む]