くうこ さん プロフィール

  •  
くうこさん: シネマド館
ハンドル名くうこ さん
ブログタイトルシネマド館
ブログURLhttp://ameblo.jp/gukolin/
サイト紹介文映画、おでかけ、好きなもの・・・好き勝手にいろいろ書いている雑記帳です。
自由文たまに鉄道大好きしゅじんについてふらふら出かけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/08/22 01:07

くうこ さんのブログ記事

  • EUフィルムデーズ2016②
  • EUフィルムデーズ2016まとめ感想の続きでございます。『イアリアのある城で』(2013年/フランス/103分)監督:ヴァレリア・ブリュニ=テデスキテデスキ姐さん監督・主演のコメディ!先日感想を書いた「ローマに消えた男」にも実はテデスキ姐さん出ておりますねーさてさて本作。いろんな事起こりすぎちゃうん?!と、思っていたら、こちら、テデスキ姐さんの自伝的要素の強い物語になっているそうで、母親役の女優さんも実母です [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その5 木戸さん家②
  • お次は2階ざます。2階もあるってやっぱり広いよねー木戸孝允の落書きほんまに彼が書いたのか?!でも「あほ」とか「夜露死苦!」とかいう内容ではなく賢い内容を書いているあたりやはり木戸孝允の落書きかな?この言葉を選ぶこと自体ほんますごい。でも落書きをするあたり、その辺は子供だったのかな?それでは最後に外周りを。炊事場?お風呂?少し離れたところにトイレ。今は使用禁止ですし、たぶん少し修繕、改造しているとは思 [続きを読む]
  • EUフィルムデーズ2016 ①
  • 毎年楽しみにしている≪EUフィルムデーズ≫。私の鑑賞映画内容を見ていると、アジア系映画に比べ、ガクーン!と鑑賞本数が減るヨーロッパ映画なのですが、このEUフィルムデーズだけは好きで観に行っています。京都では毎年6月下旬から・・とか7月に開催されておりましたが、今年は6月、ということなのでそれまでに昨年のEUフィルムデーズのまとめ感想を(まとめかぃ!)。≪EUフィルムデーズ2016≫『提督の艦隊』(2015年/ [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その4 木下さん家①
  • お次は木戸孝允さんのお宅にお邪魔することに。こちらが木戸さん。幼少期は8歳で近隣の桂家に養子に行ったのでそこから33歳までは桂小五郎と名乗ります。しかし養父母が亡くなったため結局実家で成長したそうです。幕末には薩長連合を結び、明治新政府では五箇条の御誓文の確定に参画したり、版籍奉還、廃藩置県の実現に尽力された木戸孝允。明治以後は西郷隆盛、大久保利通らと共に「維新の三傑」と呼ばれました。こう書くと、近 [続きを読む]
  • ねこ映画特集2016
  • ねこ好きにはたまらん映画特集を大阪市内の劇場で開催してくださいました!にゃー!ねこ大好き!ねこ映画特集2016ねこ支配人(猫)さんも来てくれたようです!!とーってもかわいらしいミケさんですねぇ。皆さまのSNSなどを読んでいるとこのまりちゃんってとっても賢くて、勤務中はおとなしくちょこーんと座っていたそうです。えらいわー実家で過去飼っていた歴代猫2匹はおとなしくしている、ということは絶対できひんと思うか [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その3 高杉さん家
  • お次は高杉晋作さん家にお邪魔することにします。その前に高杉さんにご挨拶。こんにちはー!初めましてー!!はぁ・・ヒデキ(じゃないけど)カンゲキ・・・歴史に詳しいわけでもなく、彼をずっと追いかけているわけでもないのですが、高杉晋作さんはなーんか好きなんです。もう内容は忘れてしまいましたが、ずいぶん昔に読んだ『世に棲む日日』で高杉さんすっげー!と思ったのを覚えています。私の勝手なイメージなのですが彼はと [続きを読む]
  • さざなみ
  • 所詮他人ですから。さざなみ(2015年/イギリス/95分)監督:アンドリュー・ヘイ【ストーリー】結婚45周年を記念したパーティーを土曜に予定しているジェフ(トム・コートネイ)とケイト(シャーロット・ランプリング)の夫婦。だが、月曜に届いた手紙がきっかけとなって、山岳事故で命を落としたジェフの昔の恋人の存在が二人の間に浮き上がってくる。かつての恋人との記憶をよみがえらせてはそれに浸るジェフと、すでにこの世には [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その2 1日目ランチ
  • 終点の東萩駅に到着です!大河ドラマ・・・あ。そっか!「花燃ゆ」!・・・観てないわー駅の中に観光案内所があるのでまず足を運びます。旅に出たらまず観光案内所!知らなかった情報、楽しい情報、お得な情報・・・いろいろとゲットできることが多いので、旅に出たらできる限り足を運ぶようにしています。すると、今、こういう企画を行っているのでよかったらどうぞー、とおいでませパスポートをいただきました。いただいたガイド [続きを読む]
  • いろいろメモ【2017.4鑑賞分】
  • 4月に観たあれこれメモです。【やーっと観ることできました】『君の名は。』・・・社会現象にまでなったこのアニメを一度は劇場で観てみたかったので観ることができて感激。でも、まぁ、私はそこまでだだはまりになることはなかったかなー。劇場がよく似合うアニメではありましたが。『牯嶺街少年殺人事件』・・・贅沢な時間でした。小四(張震)がずっと懐中電灯を握りしめているのがせつなくてせつなくて。「小公園」で小明と音 [続きを読む]
  • ルーム
  • 部屋から見ていた青空は・・・ルーム(2015年/アイルランド・カナダ/118分)監督:レニー・アブラハムソン【ストーリー】施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニッ [続きを読む]
  • 山口・萩へ!2016.6〜その1 出発
  • 2016.6 初めて萩市を訪れました!!1泊2日で行ったので、また、だらだらだらだらだらだら記録記事を書かせていただきます。適当にスルーしておいてください。私が山口県萩市に行ってみたい、ということから決まった今回の旅行。まずは旅の予習として萩市観光協会のサイトを覗いてみました。こちら→ 萩市観光協会「ぶらり萩あるき」今はもう郵送サービスはされていないそうですが、2016年春の時点ではまだ、希望すれば観光パ [続きを読む]
  • エンド・オブ・キングダム
  • どんどんぱんぱんどんぱんぱんエンド・オブ・キングダム(2016年/イギリス・アメリカ・ブルガリア/109分)監督:ババク・ナジャフィ【ストーリー】イギリスの首相が謎の死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀にアメリカ合衆国大統領ベンジャミン(アーロン・エッカート)が出席することに。2年前にテログループによるホワイトハウス陥落に立ち向かったシークレットサービスのマイク(ジェラルド・バトラー)も彼を護衛するために同行す [続きを読む]
  • 日本酒のイベントへ2016.5
  • 2016年5月のお話でございます。友人が誘ってくれたので日本酒のイベントに参加してみました♪前売りを2000円分購入しました。おちょこもついてきます。こちらにお酒を入れていただきます!いいお天気でよかったですー開始時間ほぼ同時くらいに来たものですから皆さままだ準備をちょこちょこ・・・午前中は高校生たちの演奏なんてのもありました。さっと演奏してさっと帰って行った感じでしたけど。結構な盛況ぶりでしたねぇ。回転 [続きを読む]
  • 松竹120周年祭2016
  • 2016年に松竹120周年祭 というものが大阪市内の映画館で開催されていたので何本か観に行きました。『お早よう』や『カルメン故郷に帰る』はすでに感想を書いていますが、ここではほかの作品をまとめて。『彼岸花』(1958年/日本/118分)監督:小津安二郎これは感想書いてもいいかなーと思っているのですが、とりあえず。父と娘の話で、父は娘の縁談が気になってしょうがない・・でも娘は自分で相手を見つけてくる。そこに京 [続きを読む]
  • 京都の北で世界を食べる2015.12〜その3【完】
  • お次Pちゃんのリクエストで「和」のお店に。阿闍梨餅さん本店へ私も学生の頃にN子ちゃんに紹介してもらってから大好きな和菓子です!!中の餡もザ!和菓子!な感じがしますし、外の皮もモッチリしていてとてもおいしいです学生の頃は今ほど有名ではなく、知る人ぞ知る、という感じだったと思うのですが、今や、定番で大人気ですよね。今回サイトを見て初めて知ったのですが、阿闍梨餅の会社って「満月」さんって言うんですねーて [続きを読む]
  • 花、香る歌
  • だって・・・女の子なんだもん・・・花、香る歌(2015年/韓国/109分)監督:イ・ジョンピル【ストーリー】朝鮮王朝時代末期、庶民の伝統芸能パンソリの歌い手は男性のみで、女性には許されていなかった。幼いころに母親が他界してしまったチン・チェソンは、朝鮮初のパンソリ塾「桐里精舎」を開いたシン・ジェヒョ(リュ・スンリョン)と出会ったことから自分も歌い手になると心に誓う。チン・チェソン(スジ)は妓楼で奉公しなが [続きを読む]
  • 京都の北で世界を食べる2015.12〜その2
  • 次はおフランスへ!N子ちゃんに連れられてこちらへ。アンスティチュ・フランセ関西さんで開かれていたマルシェ。ヤギも体を張ってお出迎えしてくれました!お股が・・・お股が・・・フードやら雑貨やらたくさん!しかも、敷地内の雰囲気もそうだけど、外国の方々もたくさんいらっしゃったので、ちょっと外国にいる気分にもなれたり〜。はーおフランスに行った事ないけどこんな感じなのかしらぁーでもこれはがっつり日本に引き戻さ [続きを読む]
  • 最高の花婿
  • 末娘だけは・・・最高の花婿(2014年/フランス/97分)監督:フィリップ・ドゥ・ショーブロン【ストーリー】クロード(クリスチャン・クラヴィエ)とマリー(シャンタル・ロビー)のヴェルヌイユ夫妻は、娘たちがアラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚し、人種や宗教の違いからくる問題に疲れていた。ある日、次女オディル(ジュリア・ピアトン)の息子の割礼式が行われた際に、クロードの軽はずみな発言によって姉妹の夫たちが怒ってし [続きを読む]
  • 京都の北で世界を食べる2015.12〜その1
  • 前回の京都ふらりんぐから1ヵ月も経たないうちにまたもや!!!N子ちゃん親子&Pちゃんと京都ふらりんぐ・・・この記事を書く少し前にPちゃんに出会ったので、なんでこの時、また京都に行こうってなったんやったっけ?目的ってなんやったっけ??と聞いたら「え!目的?!」て驚かれたんだけど、まぁ、友達同士が会うのに目的ってあんまりないかもしれんけど、結局、前回盛り上がってそのノリでまた会ったんちゃうかということ [続きを読む]
  • ポテチ
  • おざきー!ポテチ(2012年/日本/68分)監督:中村義洋【ストーリー】宮城県仙台市、生まれた年も日にちも一緒の2人は成長した後、片方はプロ野球の人気選手、もう片方は空き巣というまったく異なる人生を歩んでいた。ある日、空き巣をなりわいとする今村(濱田岳)が恋人の若葉(木村文乃)と共に、地元のプロ野球選手(阿部亮平)の家に盗みに入っるが、今村は一向に仕事を開始するそぶりを見せない。すると部屋に女性から電話が [続きを読む]
  • 高橋真琴原画展2016.5
  • 何かの拍子で知った『高橋真琴原画展』なーんとなくちょっと行ってみました。THE昭和な女の子の絵がたくさんありましたが、流行ったのって私よりも上の世代かなぁ・・・??ぬりえにありそうー来場していたのはほとんどおばさまたちでしたが、若い女の子も結構来ていましたねー私も鑑賞していて楽しかったです。どのイラストも丁寧なタッチにきれいな色使いで心なごみました。どの作品にも高橋さんの愛があふれてましたわ。私の [続きを読む]
  • アタック・ナンバーハーフ・デラックス
  • さとり〜れーっく!アタック・ナンバーハーフ・デラックス(2014年/タイ/111分)監督:ポット・パセート【ストーリー】1996年、ランパーン県の高校で体育を教えるビー監督(スダーラット・ブットプロム)は、“鋼鉄の淑女(サトリーレック)”を再結成してバレーボール全国大会に出場することを決意。教え子のジュン(ウォラチャイ・シリコンスワン)やキュートなダオ(キティパット・サマンタラクンチャイ)、男子バレーコーチの [続きを読む]
  • 神戸にふらり2016.5GW〜その2 【完】
  • 元町まで戻ってお茶を・・群愛茶餐廳さん時間的なものなのか私たちがお邪魔したときはすいていました。エッグタルトー!一瞬で食べ終わりましたわ・・・スパイダーマンさんにもご挨拶。募金箱がデデーン!と!!こんなに無人で無造作に置かれるなんて、大阪では考えられへんなーと思いました・・元町高架下にレトロなお菓子屋さん発見! ご年配のご夫婦がせっせとお菓子を作っていらっしゃいました。中に入ってお買い上げでき [続きを読む]
  • 山河ノスタルジア
  • 母の手料理山河ノスタルジア(2015年/中国・日本・フランス/125分)監督:?樟柯 【ストーリー】1999年、山西省汾陽の小学校で教師を務めるタオ(チャオ・タオ)は、炭鉱作業員リャンと実業家のジンシェン(チャン・イー)から求愛されていた。その後タオはジンシェンを結婚相手に選び、二人の間に男の子が生まれダオラーと名付けられる。2014年、離婚して汾陽で一人暮らしのタオは離れて生活しているダオラーと久々に顔を合わせる [続きを読む]
  • 神戸にふらり2016.5GW〜その1
  • 2016.5GW くうこ家は相変わらず、特に予定もなかったのですが、夫が気を遣ってか、ディズニーシーのイベントが神戸であるよ、ということで声をかけてくれたので一緒に行くことに。神戸は同じ関西でも来るたびに「は〜おっされー♪」な感じがします。こちらでございます。エレベーターを乗ることはありませんでしたが、レトロでおしゃれなエレベーターが!映画に出てきそうな文字盤。そしてさっすが「ディズニー」と名の付 [続きを読む]