アナゴ さん プロフィール

  •  
アナゴさん: 広島お魚ツアー
ハンドル名アナゴ さん
ブログタイトル広島お魚ツアー
ブログURLhttp://hoyatabetai.blog34.fc2.com/
サイト紹介文広島市内の魚屋で魚を買い、しろうと板前ごっこをして遊んでいます。刺身、煮凝り、炊込みご飯、に興味。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/08/22 10:44

アナゴ さんのブログ記事

  • 2017/3/26 ボラ、ミルガイ、松山へ
  •  三月も末となりました。     運命は笑ひ待ちをり卒業す     高浜虚子     これよりは恋や事業や水ぬるむ   高浜虚子「大正五年二月十一日。高商俳句會。山王境内楠本亭。高商卒業生諸君を送る。」という句だそうです。 さて昨日25日の鮮魚店巡り、段原のマックスバリュから。一尾だけボラがありました。798円。ボラってすごい安い魚、というイメージがあり、798円はいかがなものか・・・、とも思ったのですが [続きを読む]
  • 2017/3/19 ヒラメ
  •  広島市街は太田川の支流5本が作ったデルタ地帯にあるので、橋がたくさんあります。その一つ、比治山橋たもとの柳の古木。 この木は70年前の原爆を生き延びた樹で、被爆樹木として保護されており、ときおり千羽鶴がかけられたりしています。 もうすっかり芽をふいていました。 一昨日、17日の金曜日は職場の歓送迎会があって市内某店で宴会。翌18日の土曜日は二日酔いがひどくて魚屋めぐりはキャンセル。 という訳で本日ご報 [続きを読む]
  • 2017/3/12 忽那諸島征服 後編・2/25怒和島
  •  前編に続き、忽那諸島西端の二島の走破、前日泊まった津和地島の東に、怒和島があります。 怒和島に渡るフェリーは11時過ぎ発なので、ゆっくり朝食。これに粗汁がつきます。ごちそう様でした。 この日渡る怒和島には、お弁当を買うようなコンビニもなさそうだったので、前日に宿の女将さんにおにぎりを作ってくださるよお願いしてありました。そのおにぎりも受け取って、九時ごろ宿を出ました。 と思ったら、なんと自転車の後 [続きを読む]
  • 2017/3/9 ヨコワ
  •  先週の土曜日、3/4は先日のスズキの記事にコメントをいただいたたけさんからの情報に基づいて、御幸橋のゆめタウンに行ってみました。一階の奥の魚売り場に向かってみると、なるほどかなり広くて丸物もたくさん並んでいます。ここは今までも時々は来ているんですがなぜ気がつかなかったんでしょう? そーか、土曜の午前中にここを見たことはないんだ。 ヨコワ、1500円+税を買いました。こういうのをぶら下げてレジに向かうのは [続きを読む]
  • 2017/3/5 ついに忽那諸島征服 前編・2/24津和地島
  •  ひな祭りも過ぎ、だんだん春めいてきた広島です。       水仙の花のみだれや藪屋敷    広瀬惟然 さて先月末、プレミアム・フライデーという訳の判らんものがありましたが、その日私は朝から休みをいただいて忽那諸島制覇の旅に出かけました。忽那諸島は2015年7月の興居島に始まり、中島、二神島、野忽那島、睦月島、釣島、ときて、残るは二つ、津和地(つわじ)島と怒和(ぬわ)島をこのたび一挙制覇しようという訳で [続きを読む]
  • 2017/2/18 スズキ
  •  陽が暖かくなってきました。花びらに影が見えますが、カーテンの模様です。     花と化らば春のゆふべの胡蝶蘭   大石悦子 さて昨日の鮮魚店巡りは、先々週でっかいコチを980円でゲットしたあのスーパーへ。 あのスーパー、とか、某スーパー、とかもったいぶらないで実名を出しましょうか、ライバルが増える危険を覚悟で。 発表します! それは、     AEON マックスバリュ 段原店 さんです。比治山トンネルを [続きを読む]
  • 2017/2/13 ハタハタ、ミルガイ、ヒイカ 縮景園の梅で一杯
  •  日本海側はまた大荒れだったこの週末、広島は、というか広島市内は、寒さこそ厳しいものの雪はほとんど無し。11日の土曜日も行ってきました鮮魚店巡り。 日本海側が荒れているだろうから魚も少ないだろうな、と予想して出かけました。この日は第二土曜だったので、最初に行ってみたのが上八丁掘の高層マンション前広場のグランマルシェ、開いてはいましたが、鮮魚のブースは空っぽ。確かここは島根県浜田から持って来るというこ [続きを読む]
  • 2017/2/12 チヌ、コチ (一週間遅れ)
  •  一週間遅れの記事アップです。 2/4の土曜日、お天気は・・・ 忘れましたが、花屋さんの店頭でネコヤナギを見ました。 この日も千田町Arukからスタート、チヌを買いました。中ぐらいの一尾が680円(税込)。サザエが一個100円と安かったので2個購入、少し小さいですが。 リアル、舟入市場と廻って帰宅。こんな連中です。 チヌのヒレ御開帳。 三枚にさばくと、血合いがきれいです。 さて下ごしらえをここまでやって、午後か [続きを読む]
  • 2016/1/28 先週の駅伝
  •  この週末、北日本大荒れのようですが、広島は穏やかな土曜日です。本日は夕方からある宴が予定されており、その都合でお魚ツアーは無し。 代わりに、先週日曜の広島駅伝の模様をご紹介します。 当日は時々陽がさす程度の曇り空、昨年は大変寒い駅伝でしたが、今年はそこまででもありません。12時前に平和公園南のスタート/ゴール地点に来てみますと、もう大勢の人が集まり始めています。各県応援の幟を市内の小学校が分担して [続きを読む]
  • 2017/1/22 アジ、サザエ、ホタルイカ、今日は駅伝
  •  曇天で寒い朝、今日は広島駅伝(天皇杯第22回全国男子駅伝)。 去年は雪がちらつく大変寒い駅伝でした。今日は雪は降っていませんが、けっこう寒く、燗酒がうまそう。 (エ?) 昼から取材に出かけますので、また後日報告しましょうね。 さて昨日21日の土曜日、ぐるっと回ってきた鮮魚店三軒、最初は千田町Aruk。あんまりフォトジェニックなスター魚はいませんでいたが、まあまあの品ぞろえ。アジが大小何種類もありましたが [続きを読む]
  • 2017/1/15 メバル、ツブ、大雪です
  •  昨日14日、相生橋の上から北を見ると・・・武田山が雪雲にかすんでいます。     山に初雪降るころに          帰らぬ人となった彼       原田晴子  フォー・セインツ、「小さな日記」。1968年の歌、私はやっと高校一年生・・・ なーんちて感傷的になっていたら、夜からこうなりまして朝起きたらこうでした。 さてその14日、まだ雪のない市内をいつものようにめぐってきました。この冬一番の寒波襲来と [続きを読む]
  • 2017/1/8 カワハギ、アカガイ、マナガツオ
  •  広島は雨の成人の日です。   成人の日の大鯛は虹の如し   水原秋桜子「成人」を歌った短歌や俳句は(これ、というものは)、ありそうでなかなかありません。 昨日七日土曜日、我が家では七草粥は無し。子供が小さいころは何度かあったような気がしますが、もう何年も途絶えています。いつものように鮮魚店巡りに出ました。かなり寒い朝です。 宝町フジをちょっと覗いて、千田町Arukへ。やたらにサザエ(小さいの)があり [続きを読む]
  • 2017/1/2 正月休み
  •  明けましておめでとうございます。世界は波乱含みの年となりそうですが、オレの周りだけは平穏であってくれ、と身勝手なお願いを氏神様に申し上げてきたアナゴです。 我が家のお節は、こんな形。我が家は根っこが東北・岩手県なので、鮭が入っています。 御屠蘇にいただいた酒は、福島県南会津町の国権、純原生酒。大みそかに胡町の大和屋で買いました。一升2916円。 さてその酒ですが、昨年購入した清酒を整理すると、こうな [続きを読む]
  • 2016/12/25 カナガシラ、アカガイ
  •  今朝、12月25日の平和大通り、来月の広島駅伝のバナーが懸かっています。 1月22日が大会で、ここを全国47都道府県の選手が走るんです。今回は第22回、私の広島滞在年数と同じ。 そのバナーをながめつつ行ってきた昨日の鮮魚店巡り、千田町Arukから。海があれているせいか、魚種も量も少なく見えました。この鮮魚売り場は日本海・萩港からの魚が多いので、日本海があれるとその影響がすぐ店頭にあらわれます。アイナメの中ぐら [続きを読む]
  • 2016/12/11 サワラ
  •  常磐線の相馬(福島県 相馬市)〜浜吉田(宮城県亘理町)間22.6kmが五年ぶりに開通したというニュースがありました。福島第一原子力発電所に最も近い富岡〜浪江間も開通して全線復旧するのは2020年春だとか。1964年の東京オリンピックでは、開会の十日前に東海道新幹線が開通した、というのは関係ない私でもとても誇らしくおぼえていますが、2020年の東京オリンピック、色々迷走して大丈夫かいなと心配しているのですが、ぜひ常 [続きを読む]
  • 2016/12/5 コチ、今治観光
  •  先週土曜日、12月最初のお魚ツアー。千田町Arukでコチ880円(税込)を買いました。寒かったのでそれで帰宅。怠惰なツアーでした。 こんなオッサンです。51?、815g。100g100円の計算になっておりまして、815円×1.08=880円、ということですね。 恒例、ヒレ御開帳シリーズ。コチの背ビレは前後二つあり、前方のは鋭く硬いトゲで、うっかり刺すと大ごとになりかねない凶器。こうなってます。 後ろのヒレは少し柔らかいトゲです [続きを読む]
  • 2016/11/28 しまなみ海道 南側3分の1
  •  本日のお魚はこれッ!・・・食べられません・・・ 先週金曜日、しまなみ海道の南三分の一を自転車で走ってきました。しまなみ海道は、2013年の9月に、尾道から生口島手前までを往復したことがあります。残りをどう征服するかが課題なのですが、このたび今治から大三島橋まで、南側の三分の一を走ってきました。 今治までは、広島→福山を新幹線で、福山→今治を高速バスで行くことに。これが一番早く、広島発6:00ののぞみに乗 [続きを読む]
  • 2016/11/23 えびす講、市内錦秋
  •  先週金曜日、北海道から仕事で来た知人と飲み。珍しくハシゴになってしまいました。明けて土曜日は朝から雨、出られません。昼近くなって雨はあがりましたが、頭はボンヤリ、体はゲンナリ、結局一日出られないまま家の中で沈没。 というわけでお魚の話題ありません。 翌日の20日、日曜日、この日は「胡子講(えびすこう)」という400年以上続くお祭り、三越デパートの裏側にあるえびす神社のお祭りです。長州毛利家の祖(とい [続きを読む]
  • 2016/11/15 チヌ(クロダイ)
  •  11月も半ばとなり、街中の木々もすっかり紅葉。これは千田町、旧広大跡地のモミジバフウ(紅葉葉楓)。再開発ですっかり本数が少なくなりました。 平和大通りの並木。 イチョウもあります。 その紅葉をながめながらまわってきた先週土曜日、11月12日の鮮魚店巡り、千田町Arukから。上のモミジバフウの写真を撮ったのもこのすぐそばです。 チヌ(クロダイ)を買いました。あまり大きくはなく、一尾580円。一尾130円のサンマ、 [続きを読む]
  • 2016/11/7 ホウボウ、カイワリ カープ優勝パレード
  •  先週の土曜日、午前中カープのリーグ優勝記念パレードがありました。私も野次馬気分満々で出かけました。なんせ25年ぶりですからね。でもパレードは10:30から。となるとお魚はどうするべえか? 結局千田町Arukの開店9:30に飛び込んでなにかめぼしいものを確保し、川口町リアルはとばして、舟入市場をチェック、そこに自転車を停めたまま近くの小網町交差点でパレードを見る、という計画を立てました。 Aruk、ホウボウ、980円 [続きを読む]
  • 2016/10/30 アイナメ
  •  日本シリーズが終わりました。最初の二戦でカープが二勝したあたりまでは、私も友人と「カープが負ける気がしない。」と話しているほどでしたが、そこからファイターズの4連勝。分からないものですねー・・・。 大差でセリーグを制したカープと、最後まで0.5ゲーム差というような接戦でパリ−グを勝ち抜いたファイターズと、なにかが違ったんでしょう。でも、日頃プロ野球にほとんど興味のなかった私も、今年はしばし楽しませて [続きを読む]
  • 2016/10/22 先々週の酒祭り
  •  10月22日の土曜日、いよいよカープと日ハムが、日本シリーズで戦います。第一戦は広島で。   ところが!    朝から雨。西に大きな雨雲が。あいつが広島をうかがっています。どうなることでしょうか。 というわけで土曜日恒例の鮮魚店巡りにも出かけられません。 今月8、9日に東広島市(西条)で開かれた酒祭りの様子をご報告します。第一回が1974年ということですから、もう40年以上続いているお祭りです。真昼 [続きを読む]
  • 2016/10/16 スズキ
  •  セリーグのCS、一昨日は第三戦。これに勝てば日本シリーズ決定、というわけで金曜の晩は某飲み屋で友人4人と盛り上がろうと。ところが黒田先発も虚しく3−0で負け、お預けとなりました。 結局飲み過ぎて昨日の朝は二日酔い、土曜なのに鮮魚店巡りに出る元気なし。 先週土曜(10/8)のご報告を。  先週は10月の第二土曜なので、上八丁堀の高層マンション前広場の朝市がありました。開店時間の九時前についたのですが、すでに [続きを読む]
  • 2016/10/5 カイワリ、サンマ祭
  •  台風が過ぎ去っていった静かな広島です。 さて時間がたってしまいましたが、先週末、10/1の鮮魚店巡り。雨で出られません。天気予報を見て、午前9時頃から何とか・・・、と期待していたのですが、10時を過ぎても11時近くなってもスッキリせず。あきらめて昼ご飯をモソモソと。 正午を過ぎたあたりからやっと雨が上がり、若干陽がさすような様子も。遅まきながら出かけました。 千田町Aruk、カイワリがあります。ここは日本海 [続きを読む]
  • 2016/9/26 イボダイ、サンマ、バイ 折鶴タワー
  •  彼岸花の季節となりました。   ゴンシャン ゴンシャン 何処へゆく    赤いおはかの曼珠沙華、      曼珠沙華、        けふも手折りに来たわいな。  ゴンシャン ゴンシャン 何本か。    地には七本、血のやうに、      血のやうに、        ちやうど、あの児の年の数。                              北原白秋「曼珠沙華」 明治44年 白いのもある [続きを読む]