けん さん プロフィール

  •  
けんさん: ぶらり歴史旅一期一会
ハンドル名けん さん
ブログタイトルぶらり歴史旅一期一会
ブログURLhttp://poreporetraveler.blog96.fc2.com/
サイト紹介文戦国武将にまつわる史跡と近代建築をテーマに全国各地色々巡っているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/08/22 16:46

けん さんのブログ記事

  • JR日豊本線清武駅(宮崎県宮崎市)
  •        現在は市町村合併で宮崎市となった旧清武町の代表駅。近くには宮崎大学医学部など複数の大学・短大がある文教地区で一部特急も停車しますが駅が到着する時以外は駅周辺はひっそりとした印象。一応駅員の配置されている業務委託駅です。駅舎は木造駅舎ですが新しく、和風というよりはウエスタンな雰囲気な趣き。                駅舎とは跨ぐ線橋で結ばれた島式ホーム。             ★ [続きを読む]
  • 文永寺跡 飫肥藩主伊東家僑墓(宮崎県宮崎市)
  • 長年の仇敵である島津家と国境を接している清武は飫肥藩の重要拠点であり家老など重臣を地頭として配置していました。文永寺は飫肥藩主伊東家の菩提寺報恩寺の末寺である臨済宗の寺でしたが廃仏毀釈で廃寺となり、現在は歴代藩主の僑墓や重臣、清武に住んでいた飫肥藩士の墓が残されています。             飫肥藩主伊東家僑墓藩主の墓のある報恩寺のある飫肥までは遠くて行けない清武の飫肥藩士が [続きを読む]
  • 山田越前守有信の供養塔(鹿児島県霧島市)
  •                          山田越前守有信は島津家の重臣で日向の伊東家救援の名目で遠征してきた大友家の大軍を相手に僅かな兵と居城である高城へ篭城し結果大友家大敗の遠因を作り(耳川の戦い)、秀吉の九州征伐でも耳川の戦いと同じく寡兵で高城に篭城して抵抗、島津義久の説得により開城するまで城を守っています。その武勇を秀吉より賞賛され天草4万石余りの直参大名に取り立てようとしますが辞退 [続きを読む]
  • JR肥薩線吉松駅(鹿児島県湧水町)
  •           現在は肥薩線の駅であると同時に都城とを結ぶ吉都線の始発着駅でもある吉松駅。その昔は鹿児島本線と日豊本線の分岐駅であり、それ以外にも山野線や宮之城線といった支線も担当する吉松機関区が構内に置かれ旧吉松町の人口の3割が国鉄職員とその家族といわれるぐらい鉄道と共に栄えてきましたが鹿児島本線は海ルートになり、宮之城線や山野線が廃止された現在はローカル線の主要駅といった雰囲気で昭和の国鉄 [続きを読む]
  • JR肥薩線矢岳駅(熊本県人吉市)
  •           山線といわれる肥薩線内で最も高い標高536.9mに位置する矢岳駅。この駅も明治42(1909)年の開業当時の木造駅舎で集落とはかなり離れている大畑駅とは異なり、駅から数百メートルの場所に小さいながらも集落があり、そこに矢岳駅駅長官舎(国登録有形文化財)もあるようです。 [続きを読む]
  • 肥薩線の旅②いさぶろう・しんぺい号
  • 人吉駅へ戻って肥薩線の旅を続けます。人吉駅から吉松駅までの間は3駅しかありませんが人がほとんど住んでいない山間を走るため1日普通列車のみわずか5往復と極端に列車が少ない区間ですが、この3駅すべてが明治時代の肥薩線開業当時の木造駅舎です。また車窓も素晴らしくスイッチバックやループ線といった見どころも多い区間だけにそこに目を付けたJR九州、この区間に観光列車を走らせることにしました。それがいさぶろう・しんぺ [続きを読む]
  • 濱田屋(熊本県人吉市)
  •           人吉市街地にある明治37年創業の老舗和菓子店ですが近年ではご他聞に漏れず洋菓子の方がシェアは大きく、地元テレビなどでもシュークリームの美味しい店として紹介されてます。          みそまんNHK某番組でも紹介された(らしい)お菓子。人吉は焼酎だけでなくみその醸造元も複数存在するほどみそ作りが盛んな街のようで、こういうお菓子が売られるのも別に不思議ではありません。蒸しパンのよう [続きを読む]
  • 人吉を歩く
  •                     鎌倉時代成立直後に遠江国より源頼朝の命で人吉に下向し廃藩置県までの間700年近くこの地を治めた相良家の居城人吉城。過去記事にしているので詳細は割愛。                  芳野旅館(国指定登録有形文化財)明治42年創業の温泉旅館で建物は初代女将の実家である人吉藩御殿医安藤家の屋敷を利用したものだそうです。山田川西岸の敷地北寄りに建つ。木造二階建、建築面 [続きを読む]
  • 永国寺 相良長誠の墓(熊本県人吉市)
  •           幽霊の掛け軸を所蔵していることで知られる永国寺は実底超真和尚開山、相良氏9代前続の開基で創建は応永15(1408)年とも17年とも言われる曹洞宗の寺院で、球磨地方など人吉藩領内曹洞宗16寺院の本寺という高い格式を持ち相良家代々からも崇敬を受けていました。 [続きを読む]
  • JR肥薩線人吉駅(熊本県人吉市)
  •           人吉市の代表駅であり第三セクター鉄道くま川鉄道の始発着駅でもある人吉駅。駅舎は人吉城大手門櫓を模しているそうで、肥薩線の途中駅では唯一の直営駅でありみどりの窓口やキオスク、観光案内所なども駅に入っています。          人吉はJR九州の観光列車3本(SL人吉、いさぶろう・しんぺい、かわせみやませみ)の停車駅のためホームには人吉の郷土玩具である花手箱に描かれる椿やきじ馬のオブジ [続きを読む]
  • JR肥薩線白石駅(熊本県芦北町)
  •           SL人吉号なども停車する白石駅は球磨川沿いにある明治41(1908)年の肥薩線開業当時からという古い木造駅舎です。8分ほどあった停車時間中に撮影したのですが逆側方向からだと駅舎全体が綺麗な形で写真として納まるようで今回完全に失敗しました。          国鉄時代は急行なども停車する駅でしたがその後無人化され窓口などは板で塞がれていますが開業当時の姿は基本守られているように思います [続きを読む]
  • 肥薩線の旅①
  • 4月初めの週末に青春18きっぷを利用して肥薩線全線に乗ってきました。8年ぐらい前にも人吉までは記事にした記憶あるんですが(笑)、人吉〜吉松に乗るのは霧島連山登山で吉都線の小林駅まで利用した小学2年生以来、吉松〜隼人に至っては今回が人生初めての乗車でした。  [続きを読む]
  • 豊国神社(京都市東山区)
  •          秀吉死後の慶長4(1599)年に創建されますが、大坂の陣後に家康の意向により神社は廃絶せしめられ以後明治13(1880)年に方広寺大仏殿跡地に再建されるまで荒廃した状態が続きました。        唐門(国宝)本殿正面に立つ四脚門で南禅寺金地院から移築されたものですが元は伏見城の遺構のひとつ。普請道楽の秀吉らしい豪華絢爛な造りです。           方広寺梵鐘(国重要文化財)豊国神社は方 [続きを読む]
  • 耳塚(京都市東山区)
  •                   豊国神社の近くにある巨大な五輪塔は秀吉の朝鮮出兵時に日本の将兵が敵の首の代わりに削いで塩漬けなどにした約2万とも言われる朝鮮などの人々の鼻や耳が供養のため葬られた供養塔で国の史跡指定を受けています。一説には秀吉が総撫で斬り令(皆殺し)を出したため戦闘員である朝鮮・明兵だけでなく非戦闘員である女性・老人・子供なども被害に遭ったとされます。江戸時代には塚周辺に茶店や占い [続きを読む]
  • 本能寺(京都市中京区)
  •           言うまでもない本能寺の変の舞台である法華宗本門流の大本山寺院ですがその当時は現在地ではなく、応永22(1415)年に日隆によって創建された時は油小路高辻と五条坊門の間にあり本応寺という名でした。その後何度かの移転を経て本能寺の変時は四条西洞院にあり焼失、秀吉の時代に現在地へ移転しています。 [続きを読む]
  • 祇園ない藤(京都市東山区)
  •          明治8年に初代が木材と織物の商いを始めその残りの材料で下駄を作ったのが始まりで、明治30年には北野の紙屋川近くで履物屋を開業、その後支店のあった現在地に移っています。 虫籠窓やうだつのある建物は京都市歴史的意匠建造物。当主の内藤家は丹波守護代だった内藤備前守正之の末裔で、高山右近とともにマニラに追放されたキリシタン武将内藤如安も一族になります。建物2階の虫籠窓の間や雨戸には内藤氏の家 [続きを読む]
  • 松屋常盤(京都市中京区)
  •           京都御所の南側で現在も商いをしている承応年間(1652〜54)創業の老舗で、御所御用だった証である白い暖簾に御用菓子司らしく山城(山城大掾の官位)の旧国名が記されています。代々一子相伝で作られており現当主で16代目。 [続きを読む]
  • 村上開新堂(京都市中京区)
  •               寺町二条にある明治40(1907)年創業の老舗洋菓子店村上開新堂の店舗は昭和初期に建てられた物で表は木造漆喰造りの洋風建築、店の奥側は日本建築という和洋折衷様式。カーブを描いたショーウィンドウなど建てられた当時は相当ハイカラなお店だったことが感じられます。          扉には「をす」の文字。建てられた当時はこういうドアは珍しく開け方が分からない人も多かったのでしょうか。こ [続きを読む]
  • 崇禅寺 細川ガラシャの菩提寺(大阪市淀川区)
  •                     天平年間に行基が創建したと伝わり創建当時は法相宗でしたが室町時代に摂津守護細川重賢により曹洞宗のお寺に改められています。新幹線新大阪駅からも徒歩圏内にあり阪急電車の駅名にもなっているぐらいの大きなお寺で、嘉吉の乱で播磨守護赤松満祐に討たれた足利6代将軍義教の首が安置されたことから彼の菩提寺となり、また細川家の菩提寺でもあったことから関ヶ原の戦い前に石田三成ら [続きを読む]
  • 熊本市新町・古町の歴史的建築物のいま
  • 熊本城から第一高校(熊本古城跡)横を抜けて新町地区へと移動してきました。この界隈は熊本城の旧城下町で空襲の被害を免れたことから古い建物が多く残っていましたが、それだけに地震の被害も大きかった地区。              江戸時代後期創業の薬問屋吉田松花堂。熊本市の都市景観形成重要建造物の指定を受けている西南戦争後に建てられた木造建築の店舗兼主屋や市電からも見える広大な長塀は新町地区のランドマー [続きを読む]
  • 熊本城のいま
  • 桜の名所として知られる熊本城ですが昨年の熊本地震で甚大な被害を受け現在も立ち入り制限箇所が多く、今年は遠巻きに桜を見るという状態でした。         間もなく震災発生から1年になりますが崩壊箇所があまりに多く手つかずのところが多くあります。写真撮影できませんでしたがどこから手を付けたらいいのか分からない、というぐらい崩れたままです。           これらはすべて元は石 [続きを読む]