ほしにき(ほしにく) さん プロフィール

  •  
ほしにき(ほしにく)さん: ほしにき「ほし☆日記」
ハンドル名ほしにき(ほしにく) さん
ブログタイトルほしにき「ほし☆日記」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jucekeroo2929poo/
サイト紹介文今季こそCS進出を期待して応援するDeNAベイスターズの試合結果と「へんてこ飲料」のブログです。
自由文今季こそ悲願のCS進出を期待して応援し続ける横浜DeNAベイスターズの勝因・敗因を綴った日記です。ほかに「へんてこ飲料」や「飼育カブトムシ」の紹介等々しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/08/22 23:48

ほしにき(ほしにく) さんのブログ記事

  • 巨人戦五割!天敵マシソンから得点できない!?
  •  横浜スタジアムでの巨人3連戦。1敗1分けで迎えた絶対に負けられない今夜の試合は、桑原の先頭弾で先制するが、マギーの一発などで序盤は1−2でリードされる苦しい展開。しかし六回にようやく大竹を攻めて6−2と逆転し楽勝ムードになったベイスターズ。ところが八回の三上と砂田の継投が大失敗!亀井のスリーランなどで6−6に追いつかれ、先発久保の5勝目はきれいに消え去った。八回裏は二死満塁と再度勝ち越しのチャン [続きを読む]
  • 接戦につぐ接戦!山崎康3連投で燕に3タテ勝ち
  •  昨日は初戦に続き1−0のギリギリ1点差勝利。先発ウィーランドの好投がすべてだった。そして今夜は石田と苦手石川のサウスポー対決。宮崎、ロペス、筒香が活躍し取って取られてのシーソーゲームとなるものの、最後は桑原がタイムリースリーベースで勝ち越して5−3の勝利。最終回は山崎康が毎度のことながらランナーを背負いつつ3連投で3セーブを稼いでゲームを締めくくった。ヤクルト打線も強力だったがバレンティンの2発 [続きを読む]
  • 球宴明け!連敗中のヤクルト戦で貯金を稼げ!?
  •  ルーキー濱口が故障してしまい不安の中でスタートした後半戦。先発陣の台所事情は苦しくなってしまったが、井納、石田、今永の三本柱にウィーランドや久保がどれだけ踏ん張れるか・・・。飯塚や熊原、三嶋にも頑張ってもらいたい。インコースが使えない平良はしばらくかかりそうだ。 球宴明け、まずは10連敗のヤクルトと対戦だ。そろそろ連敗もストップしそうだが、出来ればハマスタでは勘弁願いたい。今夜も今永が好投するも [続きを読む]
  • やられたらやり返してカープ戦1勝1敗の五分に
  •  昨日は6安打放ちながらもリーディングヒッターの宮崎が併殺でチャンスをつぶしてしまい、結局この試合ノーヒットで足を引っ張るなど頼みの打線が噛み合わず1−5で逆転負けを喫したベイスターズ。しかし今夜は、相変わらずチャンスにあと1本が出ないものの好調DeNA打線が二桁の12安打をかっとばして5−2で逆転勝ちしたのは見事だった。 これで首位カープ相手に最低限のノルマ1勝はクリアした。明日は今永、石田と続 [続きを読む]
  • 連敗のち連勝!虎の尻尾が遂に見えた!
  •  阪神秋山、中日大野に牛耳られ惜敗を繰り返したベイスターズだったが、土日のナゴヤドームは打線が爆発して見事に連勝、結局このカードも勝ち越しを決めた。昨日の先発井納の調子は良かったが、今日の久保は酷かった。それでも彼が投げると毎試合打線の援護があるから不思議だ。たとえ打たれてもエラーしても、クイックをはじめ投球のテンポが良いからなのだろうか・・・?  ラミレス監督になってほとんど出番のなかった黒羽根 [続きを読む]
  • 2安打勝利に逆転満塁弾に山口征伐で巨人3タテ!
  •  敵地で巨人を3タテ出来たのは大きかった。宇都宮で開催された初戦は、地方球場で負けなしの菅野相手に、梶谷とロペスのホームラン、わずか2安打で勝てたのは嬉しい誤算だった。東京ドームに戻って迎えた2戦目は、初回2−1とリードしたまま石田が八回にガス欠となって村田の満塁一掃ツーベースで一時は2−4と逆転される。スタンドのDeNAファンはすっかり意気消沈したものの、直後の最終回、突然カミネロ劇場が開幕し、 [続きを読む]
  • 久保が中10日で5失点しても勝ち投手となる幸運
  •  久保が広島戦で投げると打線が奮起するから不思議でならない。序盤からロペスのお手玉タイムリーエラーやエルドレッドのタイムリーなどで0−4と苦しい展開。しかし三回裏、苦手としているエース岡田を攻め立てて4−4の同点となるから驚いた。さらに相手投手が九里に代わった途端4−5から梶谷のスリーランでとうとう逆転する気まぐれDeNA打線。さらに筒香と宮崎のアベック弾でダメ押しの展開・・・と思いきや、4月30 [続きを読む]
  • イライラパットンが濱口の勝ちを消す!
  •  交流戦勝ち頭の濱口とエース野村の投げ合いで始まったカープ2連戦。六回まで再三ランナーを背負いながら2失点で我慢の投球を続けた濱口に、その裏勝ち越しソロホームランで援護した筒香。これで逃げ切りかと思いきや直後の七回に二死無走者から突然崩れた二番手投手のパットン。イライラ四球と不運なエンタイトルツーベースでランナーをためて代打新井にど真ん中をドカンと逆転タイムリーツーベースをプレゼントする始末。一体 [続きを読む]
  • 代走関根は牽制死!同点で平田を投入し自爆!
  •  交流戦明けでいきなりラミレス迷采配が炸裂し2ゲーム続けて4点差リードの試合を逆転負けしてしまったベイスターズ。筒香のスリーランなどで5−1とリードしながら、こんな継投ミスでの逆転負けはさすがにダメージが残りそうだ。 今夜は完全に監督の技量の差で負けた試合だった。交流戦が終わっても八番投手の打順に固執し続けるラミレスへっぽこ監督。六回裏、誰が見ても明らかにガス欠状態の井納を「何がなんでもこの回だけ [続きを読む]
  • 勝ちパターン崩壊で交流戦勝ち越しならず!
  •  昨日は土砂降りのなか午後一時の予定どおり試合を強行した横浜スタジアム。ゲームは今永がマウンドに立つときに限って雨が強くなり、制球定まらず2失点。しかし、グランドコンディションがどんどん悪化し試合はノーゲームに。ファンも選手も単にびしょ濡れになっただけの日曜日となった。 そして仕切り直しとなった今夜のゲーム。ようやく数年前に甲子園を沸かせた高校生ルーキー飯塚が初登板を果たす。鋭いフォークを決め球に [続きを読む]
  • 桑原2発!戸柱逆転満塁弾!白根プロ初!
  •  素晴らしい!昨日、今日とオリックス相手に中盤まで苦戦するものの、一発攻勢でこのカードを連勝したベイスターズ。これで今季の交流戦での負け越しは消滅した。明日勝てば念願の交流戦勝ち越しが実現するぞ! 昨日はこれまで交流戦一度も勝てず4敗を喫している西勇輝が相手だったが、ロペスの初回のソロで試合を有利に進め、終盤八回に三上が打たれて同点に追いつかれたものの、伏兵戸柱が剛腕ルーキー黒木からまさかのスリー [続きを読む]
  • ロッテに勝ち越し!交流戦は7勝8敗に!?
  •  昨日は濱口の好投とDeNA打線が元ベイ投手チェンを打ちこんで5−2の逃げ切り勝利。今夜は宮崎の満塁弾やロペスのソロ2発などで6−2の勝利。しかし相変わらずラミレス監督は八番ピッチャーの打順に拘ったため、ホームラン以外ではなかなか得点を奪えなかったのも事実だ。先発熊原は昨日山崎康から一発を放ったバラデスに2打席連続のソロホームラン(昨日から3打席連続)を喰らいながらも五回を7三振奪う奮投ぶりを魅せ [続きを読む]
  • 抑え方が分からない石川に大敗したラミレス野球
  •  WBCの悪影響か?抑え方が分からないと発言するくらい落ちぶれたロッテ石川相手に三振の山を築いたベイスターズ打線。プロ初勝利だけではなく今季勝ち星のなかった投手にまで愛の手を差しのべるラミレス監督のへっぽこベイスポールにはただただ呆れるしかない。 肝心の試合の方は、復活した石田が1失点でしのいだまま踏ん張り続けるものの、六回から代わった田中健二朗がランナー二人を残すフラフラぶりで、右打者が続くとこ [続きを読む]
  • 味方打線が今永見殺し!西武戦も負け越し
  •  せっかくカード初戦を宮崎の逆転ツーランで4−3と勝利したのに、昨日の第二戦は、一軍ローテを任せるにはまだ未熟の平良を先発に指名して二回5失点の火だるま公開処刑にしてしったラミレス監督。西武打線を舐め過ぎて2−6で連勝ならず。 今日は今日で今永を打線が見殺しにする始末。八回がすべてだった。エリアンが送りバントをきちんと決めていれば同点になっていたに違いない。その後、荒波と倉本の連打で再び同点のチャ [続きを読む]
  • 則本に12K献上!対する三嶋は炎上で2軍直行!
  •  試合前の予想どおり、則本の連続二桁奪三振の記録を8試合に更新させてしまったラミちゃんず打線。ラミレス監督の自慢の打線も下位打線4人がノーヒットのうえ6三振はあんまりだ。これでは勝てない。特に、打率1割を切ってしまった佐野恵太は何しに一軍に戻って来たのやら・・・。先発の三嶋も大炎上。プレーボールと同時に調子の落としていた茂木にドカンと被弾。さらに四回にもこの日二発目のドカン。被安打10で8失点はバ [続きを読む]
  • 4連敗して3連勝!そして明日は則本が相手
  •  交流戦初戦を幸先良く完封したものの、その後の日ハムからソフトバンク戦まで4連敗を喫したラミレスベイスボール。このままホームで3タテを喰らうのかと心配したが、戸柱の大活躍により見事千賀を打ち崩して2015年からのソフトバンク戦の連敗を7で止めたベイスターズ。そして敵地へ乗り込んでの苦手楽天戦。このカードも2014年から7連敗していたが、桑原、筒香、宮崎、ロペスの4人の一発攻勢もあって9−1と大勝し [続きを読む]
  • 柳田に2発被弾!ストレスだけが溜まった試合
  •  試合前のオーダー、また筒香が四番、投手が八番のスタメン発表でストレス上昇。試合開始直後もインコースへ投げられない平良がいきなりデスパイネにスリーランを被弾してストレス上昇。相手投手はプロ未勝利の松本裕樹だというのに、五回まで1安打というお湿りDeNA打線にストレス上昇。。対する平良は序盤からずっとアウトコース一辺倒の投球で毎回ボコボコとヒットを打たれる始末。バッテリーの戸柱がイライラしていたが、 [続きを読む]
  • やる気のないクラインと筒香はさっさと抹消すべきだ!
  •  ラミレス監督は甘すぎる!やる気のないクラインと筒香をなぜ懲罰交代しないのか?クラインなどさっさと序盤にマウンドから降ろしていれば、まだ勝機はあった!球は高いし、悪送球はするし、ベースカバーには入らないし。こんな役立たず一軍に置く必要はない。何のためにロングリリーフのできる小林寛を一軍に呼びつけたのか。さっさと代えればよかったものを。ファインプレーで一塁にトスしようと思ったロペスがカバーに来ないク [続きを読む]
  • 情けない!裏ローテの日本ハムに負け越すなんて!
  •  北海道に遠征して、せっかく初戦を完封勝ちしたのに、昨日は二軍を住処とするハンカチ投手に手を焼いて1−6で敗れてしまい、今夜はボール先行の中村相手にラミレス監督お得意のファーストストライク作戦で凡退を繰り返し3−5の惜敗。昨日先発したノーコン熊原が一軍ローテにいること自体疑問だが、今日の井納は前回相性抜群だった嶺井を外して戸柱とバッテリーを組ませたベンチに理解ができなかった。ラミレス監督は単純な監 [続きを読む]
  • 交流戦スタート!今年は完封リレーで初戦白星!?
  •  糸井と大和の接触プレーのおかげで苦手阪神に勝ち越して臨んだ今年の交流戦。まずは北海道へ遠征して日ハム戦だ。今年は天敵大谷が不在のため、割と組みし易いと予想したが、ドーム球場を得意とする濱口がピンチをつくるものの早打ちの日ハム打線に助けられて七回無失点で投げ切れたのは嬉しい誤算だ。 打線は筒香が相変わらず3打席連続空振り三振とチームの足を引っぱりつつも、代わりに二軍でしっかり打ち込んできたDHの白 [続きを読む]
  • これだけミスをしたら甲子園では勝てない!
  •  せっかく昨日対藤浪の連敗をストップして気分よく臨んだデーゲームだったが、先発クラインがいつものように制球難で、ランナーをためてドカンドカンと被弾していたのでは勝ち目はない。とにかくエラーやミスが多すぎたゲームだった。ここ最近、昼間の甲子園で気持ち良く勝った記憶がない。クラインやロペスの外国人選手は敵地のあの応援を聞くとイライラしてミスするのだろうか・・・。安打数では阪神を上回っていたというのに、 [続きを読む]
  • ついにウィーランドが負けた!鈴木に勝ち星をまた献上!
  •  負けないウィーランドもとうとう敗戦投手になってしまった。ウィーランドが京田にこれほど相性が悪いとは思わなかった。まさに今夜は京田ひとりにヤラレた試合だった。とにかく両チームミス連発の試合で、どちらが勝っても不思議ではなかったが、大ブレーキの梶谷と一晩ですっかりチャンスに弱いバッティングに逆戻りした筒香がベイスターズの足を引っ張ってしまった。満塁で凡退した倉本も最終回一発逆転の場面での筒香もチャン [続きを読む]
  • 筒香完全復活か?バルデス相手に逆転勝ち!
  •  5位ベイスターズとゲーム差2まで迫った6位ドラゴンズとの対決第1戦は、筒香の4号ツーランを含めたマルチ安打の活躍で見事に9−4と逆転勝ちを収めた。先発濱口は今夜も制球難でいきなり初回2失点の有り様。せっかくその裏、筒香と宮崎の連続タイムリーで追いついたものの、三回表の打順二回り目には、二死から大島に四球で出塁を許し、続くビシエドに一発を浴びるほどコントロールの悪さを露呈してしまう。相変わらずの濱 [続きを読む]
  • 何の策も講じないまま田口に完封許したラミレス野球!
  •  また巨人に負け越した。このカードはすべて1勝2敗で負け越しだ。つくづく一昨日の逆転負けが勿体なかった。今日はカンカン照りの日曜日、満員のベイスターズファンはこんなつまらない試合にチケットを購入したのだから可哀想だ。昨日は四番ロペスの大活躍と桑原の出会い頭のライト前ヒットで見事に勝利したものの、今日はそのヒーロー桑原もすっかり元の打てないトップバッターに戻って4タコ無安打のダメっぷり。やっぱり昨日 [続きを読む]
  • 打てない桑原をずっとスタメンで使い続けて連敗!
  •  今の桑原は12球団一チャンスに弱いトップバッターではないだろうか。これだけ打てず守れずの選手をずっと一軍の、しかも一番打席が多く回る一番打者で使い続けるラミレス監督の間抜け采配には呆れるしかない。これでは控え選手が腐ってしまうだろう。二軍でどれだけ活躍しても、まったく打てない桑原ばかりがラミレス監督に重用され続けるからやっていられない。チームの勝利より選手の特別扱いが優先されている。「いつか打っ [続きを読む]