ほしにき(ほしにく) さん プロフィール

  •  
ほしにき(ほしにく)さん: ほしにき「ほし☆日記」
ハンドル名ほしにき(ほしにく) さん
ブログタイトルほしにき「ほし☆日記」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jucekeroo2929poo/
サイト紹介文今季こそCS進出を期待して応援するDeNAベイスターズの試合結果と「へんてこ飲料」のブログです。
自由文今季こそ悲願のCS進出を期待して応援し続ける横浜DeNAベイスターズの勝因・敗因を綴った日記です。ほかに「へんてこ飲料」や「飼育カブトムシ」の紹介等々しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/08/22 23:48

ほしにき(ほしにく) さんのブログ記事

  • これだけミスをしたら甲子園では勝てない!
  •  せっかく昨日対藤浪の連敗をストップして気分よく臨んだデーゲームだったが、先発クラインがいつものように制球難で、ランナーをためてドカンドカンと被弾していたのでは勝ち目はない。とにかくエラーやミスが多すぎたゲームだった。ここ最近、昼間の甲子園で気持ち良く勝った記憶がない。クラインやロペスの外国人選手は敵地のあの応援を聞くとイライラしてミスするのだろうか・・・。安打数では阪神を上回っていたというのに、 [続きを読む]
  • ついにウィーランドが負けた!鈴木に勝ち星をまた献上!
  •  負けないウィーランドもとうとう敗戦投手になってしまった。ウィーランドが京田にこれほど相性が悪いとは思わなかった。まさに今夜は京田ひとりにヤラレた試合だった。とにかく両チームミス連発の試合で、どちらが勝っても不思議ではなかったが、大ブレーキの梶谷と一晩ですっかりチャンスに弱いバッティングに逆戻りした筒香がベイスターズの足を引っ張ってしまった。満塁で凡退した倉本も最終回一発逆転の場面での筒香もチャン [続きを読む]
  • 筒香完全復活か?バルデス相手に逆転勝ち!
  •  5位ベイスターズとゲーム差2まで迫った6位ドラゴンズとの対決第1戦は、筒香の4号ツーランを含めたマルチ安打の活躍で見事に9−4と逆転勝ちを収めた。先発濱口は今夜も制球難でいきなり初回2失点の有り様。せっかくその裏、筒香と宮崎の連続タイムリーで追いついたものの、三回表の打順二回り目には、二死から大島に四球で出塁を許し、続くビシエドに一発を浴びるほどコントロールの悪さを露呈してしまう。相変わらずの濱 [続きを読む]
  • 何の策も講じないまま田口に完封許したラミレス野球!
  •  また巨人に負け越した。このカードはすべて1勝2敗で負け越しだ。つくづく一昨日の逆転負けが勿体なかった。今日はカンカン照りの日曜日、満員のベイスターズファンはこんなつまらない試合にチケットを購入したのだから可哀想だ。昨日は四番ロペスの大活躍と桑原の出会い頭のライト前ヒットで見事に勝利したものの、今日はそのヒーロー桑原もすっかり元の打てないトップバッターに戻って4タコ無安打のダメっぷり。やっぱり昨日 [続きを読む]
  • 打てない桑原をずっとスタメンで使い続けて連敗!
  •  今の桑原は12球団一チャンスに弱いトップバッターではないだろうか。これだけ打てず守れずの選手をずっと一軍の、しかも一番打席が多く回る一番打者で使い続けるラミレス監督の間抜け采配には呆れるしかない。これでは控え選手が腐ってしまうだろう。二軍でどれだけ活躍しても、まったく打てない桑原ばかりがラミレス監督に重用され続けるからやっていられない。チームの勝利より選手の特別扱いが優先されている。「いつか打っ [続きを読む]
  • 三上が炎上するもカープが勝手に自滅して延長勝利!
  •  勝ちに不思議な勝ちあり。味方のDeNA打線が不甲斐ないため、先発ウィーランドが自らホームランを打って奮起したものの、継投下手のラミレス監督は、投打でノリにノってるウィーランドを六回球数101で降板させてしまう。我々ベイスターズファンの嫌な予感は的中し、二番手三上は3失点で炎上する始末。三上は一死二塁のマウンドをカープファンを歓喜させたまま降板し、続く砂田も失点してしまう。(この4点目については、 [続きを読む]
  • 濱口と尾仲のノーコン押し出しドラフトコンビで大敗!
  •  初回、広島のエース野村を攻めて一死二、三塁のチャンス。この先制のチャンスに四番筒香は初球のストレートに押されどん詰まりのサードフライ。なんとも情けない四番バッターなのだろうか。阪神戦も大スランプの二試合連続4タコ無安打。今日もさっぱり打てずノーヒット。完全にチームの足を引っ張るダメっぶりである。一度四番から外すなど荒療治が必要ではないか?前日、ラミレス監督は「筒香がホームランを打つ」と予告してい [続きを読む]
  • 藤浪先発戦はこれで11連敗になった・・・
  •  藤浪が相手だと何故かその試合に勝てないベイスターズ。しかし今日という今日は右投手の藤浪が投げ辛いとのデータがある右打者をセオリー無視してズラリと並べてノーコン待球作戦を敢行したラミレス監督。これが功を奏して初回ロペスのタイムリーで2点先制!なお無死一塁だっが、筒香は待球せずに2球目の速球に手を出してレフトフライ。続く宮崎はしっかり待球して四球を選んだのに、田中浩康はフルカウントから高めのボール球 [続きを読む]
  • さすがに連日5点差を逆転する力はなかった
  •  昨日のヤクルト戦、好調の小川相手に苦戦し八回表まで0−5と敗色ムードが漂っていたが、その裏、梶谷の満塁弾が飛び出すなど奇跡の同点劇を披露したラミレスベイスターズ。まさに諦めない野球を象徴したゲームとなり、最後は自動アウトの高城のヒットから伏兵柴田のサヨナラツーベースが飛び出し6−5の今季一番の逆転劇となった。(同じ頃、甲子園では阪神が9点差を大逆転して世間の注目度は低かったが・・・) これで遂に借 [続きを読む]
  • 井納今季初勝利!そして筒香本拠地初アーチ!
  •  広島に勝ち越したのに巨人に負け越したGW期間のベイスターズ。連休最後のカードは今季3勝3敗と五分のヤクルト戦だ。まず、こどもの日の今日は「こどもの日だからデーゲーム」かと思いきや、なぜかナイターで開催されたものの井納がさくさくと完投して6−1の勝利。筒香のスリーランや梶谷や倉本の好捕など味方の好守のおかげで山田の一発だけで事なき得たのが大きかった。昨日の巨人戦同様に割と安心して観戦できた。こんな [続きを読む]
  • スミ1で負けた中日戦を次ゲームの阪神で晴らす!
  •  広島に勝ち越して、意気揚々とホームに帰ってきて、続く中日戦で3タテを狙ったベイスターズだったが、初戦に最終回2死2ストライクからパットンが被弾してしまったこともあり、またもや1勝1敗1分けに終わってしまった。十分に3つ勝てる試合展開だけに勿体ない結果となって残念だ。 そして、今夜から甲子園に移動して苦手阪神戦に突入。初戦の先発は、父親の影響で子供の頃からタイガースファンの濱口だ。そんな虎を良く知 [続きを読む]
  • カープキラー今永よくやった!初完封勝利
  •  今永よくやった!投げてみないとわからないDeNA中継ぎ陣を横目に見ながら見事に被安打1、132球の熱投で強い強いカープを相手に4−0の完封勝ち。山口俊が抜けた今季初の先発完投零封勝利!こんな試合展開を待ち望んでいた。 昨日の敗因の打てないキャッチャー高城をベンチに閉じ込めたのは良かったが、もう一人の戦犯白崎は今日も7番サードスタメンで起用して4タコオール内野ゴロ。九回一死二塁の追加点のチャンスで [続きを読む]
  • 打てない高城に代打を出さず痛恨のサヨナラ負け!
  •  まったく何をやってんだか、今夜も炸裂したラミレス監督の無能采配・・・。六回二死二塁の追加点のチャンスで打率.000の高城をそのまま打席に送る意図がわからない。濱口専用の捕手ならば、本人は五回で既に降板が決定的でお役御免だったというのに、なぜこんな自動アウトの打者を終盤も使い続けるのか?捕手二人制なのだからさっさと代打を送って戸柱に代えればよいものを。極めつけは、抑えのパットンへの配球だ。馬鹿の一 [続きを読む]
  • パットン抑え成功!ようやくカード初の勝ち越し
  •  ホームで迎えたヤクルト戦、ようやく投打が噛み合ってカード勝ち越しを決めてくれた。 初戦はウィーランドが好投し、苦手石川から2点を奪ってリードするも三上と山崎康が失点してしまい延長戦に。最後は関根の俊足とルーキ劇場のおかげで4−3のサヨナラ勝ちを呼び込むが、後ろの2投手がしっかり抑えていれば1点差で逃げ切れた試合だった。 2試合目は石田が今回も球が上ずってしまい序盤5失点の体たらく。投手の小川にタ [続きを読む]
  • 秋山と藤浪のノーコン投手を攻略できず阪神に連敗!
  •  よくもまあ、毎度毎度同じ投手にやられるものだ。昨日の先発秋山も今夜の先発藤浪も他球団なら通用しないノーコン投手なのに拙攻ベイスターズには勝ち星がつくから不思議だ。原因はもちろんラミレス監督の無能采配にある。コントロールの悪い両投手なのだから、しっかり待球作戦でじっくりと攻めればよいのに「ファーストストライクを狙っていこう」の早打ちばかりで牛耳られた。特に倉本が酷過ぎる!昨日の併殺といい今日の凡退 [続きを読む]
  • 凡事徹底できず中日に初勝利を献上したラミレス監督
  •  十分に勝機があった今夜のドラゴンズ戦。何を考えているのか?さっぱりわからないラミレス采配で初戦を5−7で落としてしまった・・・。 選手には「凡事徹底せよ」と宣告しながら自身の采配は凡事徹底せずに、須田を回跨ぎで起用してピンチをつくり、この大事な場面でルーキーの進藤を登板させて押し出し死球を含む3失点逆転負け。このままでは進藤拓也はつぶれてしまう。今夜も凡退して未だノーヒットの佐野恵太とセットで一 [続きを読む]
  • 2勝4敗と1勝5敗は大違い!ホーム初勝利
  •  今季初のホームゲームは巨人戦でスタート。初戦は力投する今永を見殺しにして2−5で競り負け。7回途中、負傷降板した姿がなんとも痛々しかった。最後は終盤登板した三上が菅野と今永の投げ合った好ゲームを見事にぶっ壊してジ・エンド。 2試合目は先発井納が試合中盤に突然ガス欠になり4失点。よりよって相手投手の内海にタイムリーを浴びたのはいただけない。自慢のラミレス打線もランナーが出れども出れどもちぐはぐで繋 [続きを読む]
  • 開幕ヤクルト戦は1勝2敗で負け越し!
  •  今シーズンもいよいよ開幕!しかし、最初のカードであるヤクルト戦は1勝2敗で負け越しとなった。 初戦は期待の石田が初の開幕投手として先陣をきるものの2−9のボロ負け。またヤクルト石川を攻略できなかった。これで神宮での対石川は何連敗だろうか・・・?6、7連敗はしているはずだ。実に情けない  続く2戦目は新外国人クラインの好投もあり6−1の快勝。梶谷が3打席ツーベースを放ち、筒香にも初タイムリーが生ま [続きを読む]
  • 補償の平良拳太郎は1軍キャンプで始動!
  •  山口俊の人的補償は平良拳太郎に決まった。背番号59で春季キャンプは期待を込めていきなりの1軍スタート!リストにはベテランや大物の名前もあったらしいが、敢えて2014年ドラフト5位の若手右腕をを選択した高田GM。まあ、確かに掘り出し物かもしれない。三振は獲れるし完投できるスタミナもある。今シーズンからの先発ローテはいくらなんでも無理だと思うが、砂田とともに数年後にはローテの一角に入ることを期待して [続きを読む]
  • 謹賀新年!1月4日は人的補償の通達日
  •  新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年は念願のクライマックスシリーズも体験出来たことだし、今年はいよいよ1998年以来の優勝を狙いたい!あの歓喜の瞬間から早いもので20年近く経過してしまったんですね。自分もすっかり体力のないおっさんになってしまったし、そろそろ日々優勝争いしていた独特の緊張感を味わいたい。ラミレス監督は今季の目標を自身の背番号と同じ80勝に設定した [続きを読む]
  • フィル・クライン獲得!モスコーソは退団
  •  FAで巨人へ移籍した山口の穴埋めとしてメジャーのフィリーズに在籍するフィル・クライン投手を獲得したベイスターズ。提示した条件はDeNAとしては破格の1年契約で1億5千万円とのこと。果たして吉と出るか凶と出るか。最速153キロの長身パワーピッチャー。持ち球はツーシームにチェンジアップ、そしてスライダーを得意としおり与四球も少なく制球はかなり良いようだ。とりあえずオープン戦で実際の投球を確認してみな [続きを読む]
  • ショック!小谷投手コーチが巨人に復帰
  •  残念なニュースが飛び込んだ。敏腕コーチとして実績のある小谷正勝氏が6年ぶりに巨人の投手(巡回)コーチに復帰するとのこと。ロッテを退団後、しばらくのんびりするのかと思っていたが、巨人時代に自分が手がけた選手たちが気になってコーチの招聘を受諾したようだ。コーチまでも補強の触手を伸ばすジャイアンツという球団には恐れ入る。出来ることなら横浜に戻ってきてほしかった。これで小谷&尾花という面倒な投手コーチの [続きを読む]
  • ザガースキーも退団し、狙いの小山は楽天へ
  •  ペトリックに続きザガースキーも退団か。この投手は投げてみないとわからないタイプで、ベンチが扱い辛いのは確かだった。四球から崩れるパターンが多すぎる。今季、彼の押し出し失点を何度見たことか。ペトリックの契約解除は納得がいかないが、ザガースキーの退団は仕方がないだろう。 人的補償のターゲットの一人だった小山が突然楽天にトレード放出された。巨人の作戦というより明らかなDeNAに対する嫌がらせではないだ [続きを読む]
  • 山口はFA移籍し、ペトリックも退団!
  •  我々ファンの大方の予想どおり山口俊がFA権を行使しで他球団へ移籍することが決まった。まあ山口の退団は仕方がない。これまでも「やれ年俸1億円だ、高級外車に乗りたい」と銭勘定にはこだわり続けていたので、少しでも金銭面の条件が良い球団に行きたいのだろう。巨人が3年6億円、中日が5年10億円の破格の条件を提示したと噂されているが、DeNAはこんなデタラメなマネーゲームに参加しなくて正解だった。ただでさえ [続きを読む]
  • 先発ウィーランドと抑えのパットンという二人の右腕
  •  カブスから新守護神としてスペンサー・パットン投手(28)を獲得した高田GM。今季メジャーでの成績は1勝1敗というちょっと心配な数字なのだが大丈夫か・・・。メジャー通算としても52試合に登板して3勝2敗、防御率6・26というから実績はイマイチ。契約金は先日マリナーズから獲得したジョー・ウィーランド投手(26)と同条件の1年契約で年俸9千万円。こちらの右腕は今季メジャーでの成績は0勝1敗、メジャー通 [続きを読む]