湯河原温泉 旅館 伊藤屋 さん プロフィール

  •  
湯河原温泉 旅館 伊藤屋さん: 湯河原温泉 旅館 伊藤屋 公式ブログ
ハンドル名湯河原温泉 旅館 伊藤屋 さん
ブログタイトル湯河原温泉 旅館 伊藤屋 公式ブログ
ブログURLhttp://www.itouya-net.jp/blog/
サイト紹介文湯河原温泉 伊藤屋は湯河原温泉の中央に位置した明治21年創業の老舗旅館。湯河原温泉の日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供377回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2010/08/23 22:37

湯河原温泉 旅館 伊藤屋 さんのブログ記事

  • 【板場にて】裏山の恵み
  • 裏山の、掘りたてのたけのこです。地面から顔を出している部分が小さいほど柔らかく、えぐみも少ないのです。そんな出てきたばかりの状態で見つけるコツは「目線を低くすること」。落ち葉が盛り上がっているところ、土がほろっとなっているところを姿勢を低くし、見逃さぬように注意深く観察するのです。かなりの集中力が要りますので、このときばかりは無口になって獲物を探す獣のような顔つき…は大げさですが、皆真剣な顔つきに [続きを読む]
  • 【よい夫婦の日】選べる記念日プラン
  • 今日、4月22日は「よい夫婦の日」。なにか思い出に残ることをしたいな…と考えていらっしゃる方は、「【選べる記念日】金目鯛かケーキ*お祝いプラン」はいかがでしょうか。伊藤屋の記念日プランは選べる特典付き。:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪ゆったりできる次の間付きのお部屋をご用意、さらにお好みに合わせて① お夕食時に金目鯛の煮付け + ワンドリンク② お夕食後に生デコレ [続きを読む]
  • お風呂の住人
  • こんにちは。ガマガエルです。伊藤屋の男風呂に昔から住んでいます。たぶん今の館主と同い年くらいです。長いこと伊藤屋のお客様を見守り続けてきました。お風呂の縁を飾る石組みの陰にちょこんといます。あんまり出しゃばらないように、一見目立たないところにいますので、見つけたら愛でてください。愛でてくれるとうれしいのですが、石にくっついているのでお背中は流せません。ただ見守るだけなのでどうかご容赦を。お風呂のひ [続きを読む]
  • 自然の中の【しゃくなげ園】
  • 湯河原梅林のあることで2・3月に多くの方で賑わった【幕山公園】にて、【しゃくなげ】が咲き始めました。約700本のしゃくなげは新崎川に沿って植えられているので、川のせせらぎと一緒に深紅やピンク、白など鮮やかな色の大輪の花を見ることができます。幕山公園は伊藤屋から車で約15〜20分。山あり川あり岩肌ありの幕山公園はコンクリート舗装されてない歩道もあるため、歩きやすい靴で行かれるのがおすすめです。--------------- [続きを読む]
  • 春の山にいる心地
  • 【湯河原山草会の春の展示会】が伊藤屋近くの観光会館にて、4月21日(金)〜23日(日)に開かれます。この展示会では桜草やすずらん、あやめ、おもとなど数十種類、約200点の春の寄せ植えや石付けなどが展示され、鉢植えの販売も行われます。この展示会には幾度か行ったことがあり、展示の一つひとつをじっくりみていると、いつのまにか春の野山にいるような心地になってきます。会場が徒歩約1分と近いので、足を運んでみませんか [続きを読む]
  • 【本日の一枚】花筏
  • 昨夜の風雨で庭先の枝垂れ桜が見事に散りました。それはそれは潔いくらいに。花盛りの絢爛さも見事ですが、池の水面に降り積もった沢山の花びらと、それをかき分けて鯉が泳ぐ様子。この散り際の美しさもまた一興なのです。「花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ」中国唐代の漢詩をこのように訳したのは井伏鱒二。いくばくかの寂寥感が胸中に滲むのを噛みしめながら、またひとつ季節が進んだのだなぁと実感します。また来 [続きを読む]
  • 【本日の一枚】掘りたて!春の味伊藤屋の味
  • 裏山にたけのこが顔を出す時季になりました。調理部にフロントにお部屋係、と伊藤屋ではスタッフが担当の枠を超えて掘りに行きます。写真は本日の収穫です。多くはないですが、せっかくの掘りたてなので今日は穂先をお刺身にして皆さまに。天ぷらの別注文をいただいているお客さまにはその中に盛り込みます。いつ、どういった調理法でお膳に上げられるかはその時の収穫次第になりますが、煮たり炊き込みご飯にしたりして春の香りを [続きを読む]
  • 【本日の一枚】さくらライトアップ
  • 染井吉野と枝垂桜、2本の大きな木が咲きそろって今、伊藤屋の庭がとても明るく見えます。今日の強い風に染井吉野は大分、枝垂桜もさらさらと花びらを散らして惜しいなぁと思いつつも地面や池の水面に落ちた花びらもまたきれいで、土の色、水の色、木々の若芽の色とのコントラストを楽しみながら眺めています。ライトアップは夜9時ごろまで。それぞれの桜の見ごろの間実施しています。 [続きを読む]
  • 若葉ぐんぐん
  • 4月も半ばを過ぎました。新入学を迎えたり、新社会人となったりした皆さま、少しは新生活に慣れた頃でしょうか。思い返せば十数年前、社会人になったばかりの緊張と不安と期待と気合がないまぜになった気もちを思い出します。さて、人間もそうですが、伊藤屋の木々たちも今伸び盛り。一日一日と若葉を伸ばし、見ているだけで生命の強烈なエネルギーを感じます。庭の木々に元気をもらいながら、「初心忘るべからず」の格言通り、あ [続きを読む]
  • 【桜】の時季の散策に
  • 伊藤屋前の藤木川で、染井吉野が見ごろを迎えています。流れる水、川べりと山の緑、連なる橋、趣ある木造の建物が見られる藤木川は温泉街の絵になる風景のひとつで、桜と紅葉の時季の散策は特におすすめです。川音を聞きながらのんびりと歩いてみませんか。 [続きを読む]
  • 庭で桜の共演です【見ごろ】
  • 昨日の冷え込みから一転、今日は散策したくなる暖かな日となりました。庭では桜の開花が進み、染井吉野と2本の枝垂桜の合わせて3本が咲き誇っています。それぞれの木が満開前で勢いがあり、まさに今が良いとき。伊藤屋の桜は木の下に立っても良いですし、当欄担当の私は目の前の権現橋を少し上がったところから見るのが気に入っています。桜の花が長く楽しめると良いな、と思いながら過ごす今日この頃です。 [続きを読む]
  • 庭の【桜】ライトアップ中です
  • 庭の染井吉野が7分咲きになりました。看板脇の幼い枝垂桜は2分咲き、池の傍の壮年期の枝垂桜は3分咲きほどです。それぞれの花は色もかたちも違うので、1本1本の木をじっくり眺めたり全てをいちどきに眺めたり、見ていてなかなか飽きません。天候によって早めに終了することもありますが、夜9時ごろまでライトアップをしています。昼は華やか・夜はあでやか、と時間によって大分印象が変わるから不思議です。 [続きを読む]
  • 桜と話題の【パン屋】さんへ
  • 桜を見ながらドライブしよう、と町内を車で走っていると昨日ご紹介したパン店【ブレッド & サーカス】さんに珍しく行列がない!これはぜひに…と寄ってきました。嬉しかったのは、あれやこれやと選んでいるうちに紅茶酵母と、天然酵母の食パンがちょうど焼き上がったこと。紅茶酵母の食パンを買って車に乗り込み、後部座席からふうわり漂う香ばしさとともに帰宅しました。まだ人肌のうちに口に入れると、きめ細かいふんわり食感に [続きを読む]
  • 町内有名パン【ブレッド&サーカス】さん
  • 湯河原温泉で行列のできるパン屋さんといえば、【ブレッド&サーカス】さん。テレビ東京系列「出没!アド街ック天国」や雑誌「クロワッサン」などメディアにしばしば取り上げられ、なんと茨城県に住む知人も知っているほどの有名店です。最近家族が行ってきました。話を聞くと、開店の11時を大分回った13時ごろに行ったのにまだお店の前に10人ほどが並んでいたそうです。一度に入店できるのは5名まで、大きな紙袋1つ、時には2つぶ [続きを読む]
  • 【山の中】にいる心地に
  • 【湯河原山草会の春の展示会】が伊藤屋近くの観光会館にて、4月21日(金)〜23日(日)に開かれます。会場には愛好家が丹精して育てた草花が展示されます。何度か行ったことがありますが、さすが「山草会」さん。素朴で可憐な鉢植えを眺めるうちに、いつのまにか山の中にいるような気もちになっています。この展示会では毎回苗の販売が行われますので、お好きな方は足を運んでみませんか。************ 春の山草展示会 ********* [続きを読む]
  • 【ピカピカ屋根】と【首大仏さま】
  • 写真は胸から上のお姿の【首大仏】さま。湯河原と川1本はさんだ静岡県熱海市の【福泉寺】さんにいらっしゃいます。この【福泉寺】さんの庫裡(くり)の茅葺屋根が最近葺替えられ、その一環として金色に輝く棟飾りが設置されました。ステンレスに銅メッキを施した棟飾りは時間の経過とともに緑青に変わり、火事除けの願いを込めた「泉」「竜」の文字が両端に描かれているとか。庫裡の茅葺はまだ若々しい風情で、2007年に葺替えた本 [続きを読む]
  • 【屋根葺替え】に伴う期間限定プラン
  • 4月27日(木)までの予定で大正15年築、平成26年に国登録有形文化財になった本館東棟の屋根瓦葺替え工事・一部内装工事を行っています。作業のため、本館「17・19番」、1階バリアフリー仕様「53番」のお部屋の外に足場を組みました。作業期間中は上記3部屋での【スタンダードプラン】を1,080円引きにした【訳ありプラン】をご用意いたします。---------------------------------------------------------□「訳あり」の理由□作業 [続きを読む]
  • 「とろける」が人気のお店
  • 湯河原の定番パン店と言えば、「パンと洋菓子の店【住吉屋】」さんです。赤井ひさしが目印で、JR湯河原駅のロータリーを出て海寄り200mほどのところにあります。こちらの洋菓子は「とろける」と頭についた商品が評判で、当欄担当の私が好きなのは「とろけるチーズケーキ」と仲間の「とろけるスイートポテト」。手ごろな大きさなので甘いものを少しだけ食べたいときにちょうど良く、町内ではざくっとした皮の「とろける・デ・シ [続きを読む]
  • 日本最少の【キツツキ】
  • ちらりほらりと咲き始めた染井吉野を見上げていると、「ぎぃーぎぃー」と鳴く小さな鳥が。良く見ると背中に線状に白い点があり、木の幹をつつくような仕草をしています。「キツツキだ!」とスタッフYを呼ぶと、「前に池横の背の高い木にいるのを見た」とのこと。このキツツキは【コゲラ】という名前だと、館主に教えてもらいました。調べると、日本最少のキツツキだそうです。キツツキを見るのは実に久しぶり。木や建物をつつかれ [続きを読む]
  • 染井吉野【はじめの3輪】咲きました
  • 庭の染井吉野が、初めの3輪を咲かせました。今年は緋寒桜が例年にない早さで開花したので染井吉野もさぞや…と思っていたら、樹齢60年を超す老木だからでしょうか?むしろ例年よりもゆっくりでした。このところ聞こえてくるウグイスの鳴き声と今日のうららかな日差しで、気もちも晴れ晴れとしてきます。町内では千歳川の桜も3分咲きになりました。春本番の始まった風情の湯河原温泉です。(写真は見ごろ期の様子です。) [続きを読む]
  • 感謝の気もちのあらわしかた
  • 長く旅館をしていると、宿冥利につきるなぁと思うことがあります。お客さまが笑顔で過ごしてくださること、一度いらしたお客さまが再び訪れてくださること。数年、時には十年以上の時を経て来てくださるお客さまもおられます。当館に親しい気もちを抱いてくださることがとても嬉しくて、いつのお越しでも同じように寛げる、という安心感をもっていただけるように努め続けることがお客さまへの感謝の気もちの表し方なのかな、と考え [続きを読む]
  • 千歳川【桜】咲き始めました
  • 町内を流れる藤木川・千歳川沿いには染井吉野が多く植えられていて、花の時季には多くの人がのんびりと散策を楽しんでます。千歳川では、つい先日最初の数輪が開花。全体で見ても本当に咲き始めたばかりですが、枝全体がピンク色に見えるほどつぼみがふっくらしてきました。千歳川の桜開花状況は湯河原温泉観光協会HPに掲載されます。(http://www.yugawara.or.jp/news/details.php?log=1395708976)よろしければ、温泉街の行き帰 [続きを読む]
  • 初夏の【ほたるの宴】へ向けて
  • 初夏の【ほたるの宴】に向けて、湯河原小学校の1年生がほたるの幼虫を放流しました。【ほたるの宴】は6月1日〜11日【花菖蒲展】と同時開催されます。会場の観光会館前広場は伊藤屋より約2分、源氏ぼたるの舞う万葉公園内の水辺までは約5分と近いので、毎年多くの方が県内外からほたる狩りにお越しになります。ついーついーと飛びながら明滅するほたるの光はとても幻想的。まれに伊藤屋へ飛んでることもありまして、今年はどんなも [続きを読む]
  • 小田原城で【おでんサミット】
  • 梅みそを付ける小田原おでん、沖縄おでん、讃岐うどん&おでん、若狭おばま鯖(さば)おでん、東京帰宅おでん、静岡おでん、東京北区おでん、など…全国各地のおでんが集まる【小田原おでんサミット】が、4月1日(土)2日(日)に小田原城址公園二の丸広場で開かれます!!時間は1日が10時〜17時、2日が10時〜16時。両日とも【小田原城春の骨董市】も開催されます。会場の【小田原城】は桜の名所としても親しまれていて、開花が [続きを読む]
  • 【染井吉野】はもう間もなく
  • 庭の染井吉野のつぼみが、まだ固いものの大分膨らんできました。伊藤屋の染井吉野は樹齢60年を超す落ち着いた佇まい。2階の屋根を超す高さに枝を張るまでに成長したので、花が咲くと庭に入る前からも桜色が見えて、心が華やぎます。毎年染井吉野の開花から1週間ほどすると、池の端の枝垂桜も咲き始めます。こちらはまだ青年期で、枝が風に揺れるさまはなんとなく爽やかです。それぞれの桜は花びらの色が濃淡異なるので、咲きそろう [続きを読む]