Kate さん プロフィール

  •  
Kateさん: FXミュージアム
ハンドル名Kate さん
ブログタイトルFXミュージアム
ブログURLhttp://kate7777.blog135.fc2.com/
サイト紹介文知りたいニュース情報満載ページ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供667回 / 337日(平均13.9回/週) - 参加 2010/08/24 16:37

Kate さんのブログ記事

  • 22日の要人発言
  • メルケル独首相「ユーロが欧州中央銀行の金融政策の影響で弱過ぎるため、ドイツの製品が安くなっている」中国商務相「ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が貿易戦争はどちらの国も興味がないと述べている」「USTR代表には貿易問題では協力を深めると伝えてある」安倍首相「対日直接投資の低さが課題」カプラン米ダラス連銀総裁「2017年の3回(あと2回)の利上げ適切」「インフレ指標の上昇にがまん強くなれる」「緩やかでがま [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NY為替市場では、メルケル独首相の「ユーロが欧州中央銀行の金融政策の影響で弱過ぎるため、ドイツの製品が安くなっている」との発言を受けて、ユーロドルは1.1264ドルまで上昇した。ドル円は一時111円割れとなり、豪ドル/ドルは0.7489ドル、NZドル/ドルは0.6998ドル、ポンドドルは1.3043ドルまで上昇した。 本日の東京市場のドル円は、トランプ米大統領のロシアゲート疑惑への警戒感が高まる中でのブレイナードFRB理事とエバ [続きを読む]
  • 5月23日(火)予定指標
  • 08:30 (米) ブレイナードFRB理事講演10:10 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演 15:00 (スイス) 4月貿易収支 (前回+31.0億CHF) 15:00 (独) 第1四半期GDP・確報 [前期比] (前回+0.6% 予想+0.6%) 15:00 (独) 第1四半期GDP・確報・季調前 [前年比] (前回+2.9% 予想+2.9%)15:45 (仏) 5月企業景況感 (前回104 予想105) 16:00 (仏) 5月製造業PMI・速報 (前回55.1 予想55.2) 16:00 (仏) 5月サービス業PMI・速報 (前回56.7 予想56.5) 16 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NY為替市場では欧州通貨が一段高。ダウ平均が前日比200ドル高水準まで続伸する中、ユーロドルは1.1212ドルまで上昇、ポンドドルは1.3040ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9726CHFまでドル安が進み、ユーロ円は124.94円、ポンド円は145.39円、CHF円は114.50円まで買われた。米株の上昇も支えにドル円は高値の111.70円に迫ったが、ユーロ中心にドルが一段安となり、ドル円も111円前半に押し戻された。 本日の東京市場のドル円 [続きを読む]
  • 5月22日(月)予定指標
  • トロント市場休場(ビクトリアデー)08:01 (英) 5月ライトムーブ住宅価格 (前回+1.1%)08:50 (日) 4月貿易収支 (前回+6147億円(+6140億円) 予想+5207億円)21:30 (米) 4月シカゴ連銀全米活動指数 (前回+0.08)23:00 (米) ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演23:30 (米) カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演02:30 (豪) デベルRBA総裁補佐講演EU・ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)トランプ大統領・ネタニヤフ・イスラエル首相会 [続きを読む]
  • 18日の要人発言
  • バーナンキ前FRB議長「市場の政治リスクへの無関心に困惑している」ムニューシン米財務長官「税制改革案が実施された場合、米国は3%成長が実現可能」「露捜査で情報当局に協力」「財務省は超長期債を検討」岩田日銀副総裁「出口での日本銀行の収益は、その時点での金利環境や政策手段次第で変化する見通し」ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁「スイスフラン(CHF)はオーバーバリュー」「低インフレが拡張的金融政策を必要とさ [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替相場は終わってみればドル高。米経済指標が上回ったことで米株が持ち直し、トランプ米大統領を巡るロシア疑惑に対するリスクオフも一休みとなった。ロンドンタイムに110円前半まで下落したドル円は111.74円まで反発。ユーロドルは1.11ドル台から一時1.10ドル後半、約8カ月ぶりに1.30ドル台まで上昇したポンドドルも1.29ドルまで下落した。 本日の東京為替市場は、海外にかけて重要指標もなく、NY市場の流れを受け [続きを読む]
  • 5月19日(金)予定指標
  • イスタンブール休場(青少年とスポーツの日)15:00 (独) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.1% 予想+3.2%) 17:00 (ユーロ圏) 3月経常収支・季調前 (前回+27.9億ユーロ)17:00 (ユーロ圏) ドンブロウスキス欧州副委員長講演18:00 (ユーロ圏) プラートECB理事講演19:00 (英) 5月CBI製造業受注指数 (前回+4)21:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演21:30 (加) 4月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.6%) 21:30 (加) [続きを読む]
  • 5月18日(木)予定指標
  • 08:50 (日) 1-3月期GDP・1次速報 [前期比] (前回+0.3% 予想+0.4%) 08:50 (日) 1-3月期GDP・1次速報 [前期比年率] (前回+1.2% 予想+1.8%) 08:50 (日) 1-3月期GDPデフレーター・1次速報 [前年比] (前回-0.1% 予想-0.7%) 08:50 (日) 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)10:30 (豪) 4月就業者数 (前回+6.09万人 予想+0.50万人) 10:30 (豪) 4月失業率 (前回5.9% 予想5.9%) 12:45 (日) 20年物国債入札(1兆 [続きを読む]
  • 16日の要人発言
  • 黒田日銀総裁「自由貿易は世界成長のカギと国際社会は認識している」「保護主義的な措置は、当該国だけでなく世界の成長に悪影響」「日米の金融政策はそれぞれの国の経済状況に対応しており、米FRBの金融政策正常化は、米経済の回復を反映している」「物価目標達成に向けて追加措置をとることは、常に可能である」「日銀は市場に流通する日本国債の約40%を購入済みだが、まだ、60%購入することが可能」渡辺元財務官「欧州で混乱 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムではドルが主要通貨に対し地合い弱く、特に対スイスフラン(CHF)やユーロに対して弱含んだ。ユーロドルは1.1097ドルと1.11ドルまであと一歩、約半年ぶりの水準まで上昇した。ドルCHFも0.9848CHFまで下落し、4月24日の安値をわずかながらに下抜けしている。ドル円も軟調地合いで113円割れし、仏大統領選挙決戦投票後のレベルに戻った。 本日の東京市場のドル円は、NYタイムのドル売りが継続され上値が重い展開となるか [続きを読む]
  • 5月17日(水)予定指標
  • オスロ休場(憲法記念日)07:45 (NZ) 第1四半期生産者物価指数 [前期比] (前回+1.5%) 07:45 (NZ) 第1四半期生産者物価指数・投入高 [前期比] (前回+1.0%) 08:50 (日) 3月機械受注 [前月比] (前回+1.5% 予想+2.5%) 08:50 (日) 3月機械受注 [前年比] (前回+5.6% 予想+1.2%) 13:30 (日) 3月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回-2.1%) 17:30 (英) 4月失業者数 (前回+2.55万人) 17:30 (英) 4月失業率 (前回2.2%) 17:30 (英) 1-3月ILO [続きを読む]
  • 15日の要人発言
  • マクダーモットRBNZ(NZ準備銀行)総裁補佐「不確実性は高いが、政策金利はしばらく安定推移するだろう」ヌイECB銀行監督委員長「改革から後退することは、大きな危機という我々が以前直面したところに戻ることになる」プラートECB理事「ユーロ圏には引き続き刺激策が必要」 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替は、原油高や株高を背景にしたリスクオンでクロス円が底堅く推移したが、ドル円は113円後半で伸び悩んだ。ユーロ円は124.90円まで上昇し、2016年4月28日以来の高値を更新した。ユーロは対ドルでも1.0990ドルまで強含んでいる。先週末からの米指標の弱さが対欧州通貨のドル売りにつながった。 本日の東京市場は海外市場の値動きを引き継ぎ、クロス円は全般的に底堅い値動きになると予想する。昨日は14日の北朝鮮ミ [続きを読む]
  • 5月16日(火)予定指標
  • 10:30 (豪) RBA議事録公表(5月2日開催分)12:45 (日) 5年物国債入札(2兆2000億円)13:30 (日) 3月第3次産業活動指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%) 15:00 (ノルウェー) 第1四半期GDP [前期比] (前回+1.1% 予想+0.2%) 17:00 (伊) 第1四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.2%)17:00 (伊) 第1四半期GDP・速報値 [前年比] (前回+1.0%)17:30 (英) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.3% 予想+2.6%) 17:30 (英) 4月小売物価 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  先週末のNYタイムは、米4月消費者物価指数(前年比+2.2%)や米4月小売売上高(前月比+0.4%)の弱い結果を受けて、米長期債利回りが2.32%まで低下したことで、ドル円113.20円まで下落した。ユーロドルは1.0934ドル、豪ドル/ドルは0.7421ドル、NZドル/ドルは0.6871ドルまでドル売りが進んだ。エバンス米シカゴ連銀総裁が「もし今年あと2回利上げしたら驚きだ」という発言もドル売り要因となった。 本日の東京市場のドル円は [続きを読む]
  • 5月15日予定指標
  • 07:45 (NZ) 第1四半期小売売上高 [前期比] (前回+0.6% 予想+0.9%) 08:01 (英) 5月ライトムーブ住宅価格 (前回+1.1%)10:30 (豪) 3月住宅ローン貸出 [前月比] (前回-0.5% 予想0.0%) 11:00 (中) 4月鉱工業生産 [前年比] (前回+7.6% 予想+7.0%) 11:00 (中) 4月小売売上高 [前年比] (前回+10.9% 予想+10.6%) 11:00 (中) 4月固定資産投資 [前年比] (前回+9.2%)16:00 (トルコ) 2月失業率 (前回13.0%) 17:50 (独) ドンブレト [続きを読む]
  • 11日の要人発言
  • ウィーラーRBNZ(NZ準備銀行)総裁「インフレ圧力が強まるとは思われない」「賃金インフレは上昇していない」「インフレ圧力が見られないため、中立的なスタンスを維持した」「予見可能な将来にわたり中立的な金融政策が続くだろう」「住宅価格の上昇はあるかもしれないが、過去に見られたようなものではない」 マクダーモットRBNZ(NZ準備銀行)総裁補佐「政策金利据え置き決定後のNZドルの急落は、望ましいものではない」コンス [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、ダウ平均の下落、米長期債利回りの低下を受けて113.46円まで下落した。ユーロドルは1.08ドル後半で小動き。ポンドドルはイングランド銀行(BOE)が金融政策の据え置きを決定した後、カーニーBOE総裁の「弱いポンドは英収支の支援材料になっている」と発言したことで1.28ドル後半で取引された。 本日の東京市場のドル円は、トランプ米大統領によるコミーFBI長官の解任を受けて、米上院でのヘルスケア修正法 [続きを読む]
  • 5月12日(金)予定指標
  • 07:30 (NZ) 4月企業景況感 (前回57.8)08:50 (日) 4月マネーストックM3 [前年比] (前回+3.6%)13:15 (日) 原田日銀審議委員講演15:00 (独) 1-3月期GDP・速報 [前期比] (前回+0.4% 予想+0.7%)15:00 (独) 1-3月期GDP・速報 (季調前:[前年比] (前回+1.2% 予想+2.9%)15:00 (独) 4月消費者物価指数・確報値 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)18:00 (ユーロ圏) 3月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.4%)21:30 (米) 4月消費者 [続きを読む]
  • 5月11日(木)予定指標
  • 08:01 (英) 4月RICS住宅価格 (前回+22%)08:50 (日) 3月経常収支 (前回+2兆8136億円 予想+2兆5930億円)08:50 (日) 3月貿易収支 (前回+1兆768億円 予想+7988億円)08:50 (日) 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)12:45 (日) 30年物国債入札(8000億円)14:00 (日) 4月景気ウォッチャー調査・現状判断DI (前回47.4 予想47.8)14:00 (日) 4月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI (前回48.1)16:00 (ユーロ圏) バルニ [続きを読む]
  • 9日の要人発言
  • 麻生財務相「米利上げには注意深く見守る」「不安定による下振れリスクは警戒すべき」黒田日銀総裁「現状は物価2%目標に距離があり、強力な金融緩和を推進する」「必要であれば、更なる金融政策の調整はあり得る」「現在の金融緩和を続ければ2018年頃に2%に達成する」「予想物価上昇率を注視し、必要あれば迅速に対応する」デギンドス・スペイン経財相「マクロン氏の勝利は支援となる出来事」格付け機関ムーディーズ「トランプ政 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、仏大統領選挙で欧州政治リスクが軽減されたこと、北朝鮮情勢も緊迫感がなくなってきたこと、FRB高官によるタカ派発言を受けて、114.33円まで上昇した。ジョージ米カンザスティ連銀総裁は「徐々に利上げをすることを支持」と発言、ローゼングレン米ボストン連銀総裁は「失業率の低下が利上げを促す」と、利上げに前向きな発言を繰り返した。 本日の東京市場のドル円は、朝鮮半島や中東の地政学リスクへの警 [続きを読む]
  • 5月10日(水)予定指標
  • 08:50 日銀・金融政策決定会合における主な意見(4月26-27日開催分)10:30 中国4月消費者物価指数(前年比) 〔+1.1%〕 (+0.9%)10:30 中国4月生産者物価指数(前年比) 〔+6.9%〕 (+7.6%)20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (-0.1%)20:00 ドラギECB総裁、講演21:30 米4月輸入物価指数 〔+0.2%〕 (-0.2%)23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (-93.0万バレル)翌1:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁 [続きを読む]
  • 8日の要人発言
  • メルシュECB理事「ユーロ圏の景気回復が加速」「成長見通しのリスクがおおむね均衡していることは近いうちに確認できそうだ」「出口議論は適切、慎重な方法で行うべき」 「金融政策正常化に向けた協議、秩序立った適切な方法で行われるべき」「ECBは成長に対するリスクバランスを考慮」 中国国家外為管理局(SAFE)「経常黒字は理に適う範囲内にある」 「為替を通じた競争力の向上を図らない」メルケル独首相「マクロン氏の大いな [続きを読む]