Kate さん プロフィール

  •  
Kateさん: FXミュージアム
ハンドル名Kate さん
ブログタイトルFXミュージアム
ブログURLhttp://kate7777.blog135.fc2.com/
サイト紹介文知りたいニュース情報満載ページ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供645回 / 365日(平均12.4回/週) - 参加 2010/08/24 16:37

Kate さんのブログ記事

  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替市場では、ドルが堅調に推移した。ダウ平均が一時200ドルを超える上昇となり、リスク回避の流れが巻き戻された。ドル円は109.65円と3営業日ぶりの高値をつけた。独8月ZEW景気期待指数が市場予想より弱く、3カ月連続で水準を低下させたことがユーロを圧迫し、ユーロドルは1.1745ドルまで下落した。ドル買いの流れに、ポンドドルは1.28ドル後半から1.2811ドルまで水準を下げた。  本日の東京為替市場では、ドル円 [続きを読む]
  • 本日の材料
  • 16:00 (仏) 8月製造業PMI・速報 (前回54.9 予想54.5)16:00 (仏) 8月サービス業PMI・速報 (前回56.0 予想55.7)16:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演16:30 (独) 8月製造業PMI・速報 (前回58.1 予想57.7)16:30 (独) 8月サービス業PMI・速報 (前回53.1 予想53.3)17:00 (ユーロ圏) 8月製造業PMI・速報 (前回56.6 予想56.3)17:00 (ユーロ圏) 8月サービス業PMI・速報 (前回55.4 予想55.4)17:00 (ユーロ圏) 8月総合PMI・速報値 (前回55.7)17 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NY為替市場のドル円は、米韓合同軍事演習が始まったことを受けた米朝関係の緊迫化への警戒感や、米政局の行方に関する不透明感を意識して、108.64円まで下落した。ユーロドルは、独連銀が経済動向に対して明るい見通しを示したことで1.1828ドルまで上昇、ユーロ円は128.79円までじり高に推移した。ポンドドルも1.2916ドルと底堅く、ポンド円は140円前半で推移した。 本日の東京市場のドル円は、米韓合同軍事演習(〜31日)やジ [続きを読む]
  • 本日の材料
  • 12:45 (日) 20年債入札(1兆円) 15:00 (スイス) 7月貿易収支 (前回+28.1億CHF)17:30 (英) 7月財政収支 (前回-63億GBP 予想-3億GBP)18:00 (独) 8月ZEW景気期待指数 (前回17.5 予想15.0)18:00 (独) 8月ZEW現況指数 (前回+86.4)18:00 (ユーロ圏) 8月ZEW景気期待指数 (前回35.6)19:00 (英) 8月CBI製造業受注指数 (前回+10)21:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演21:30 (加) 6月小売売上高 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.3%)21: [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NY為替市場のドル円は、バルセロナテロ事件やトランプ政権の政策運営に対する警戒感からリスクオフの流れが継続して108.60円まで弱含んだ。その後、バージニア州で発生した白人至上主義を巡る死傷事件を受け、同主義との関連が指摘されるバノン首席戦略官の更迭発表を受けて109.60円まで反発した。ユーロ円は127.56円から128.79円、ユーロドルは1.17ドル半ばで推移した。 本日の東京市場のドル円は、本日21日から31日まで朝鮮半 [続きを読む]
  • 本日の材料
  • 08:01 (英) 8月ライトムーブ住宅価格 (前回+0.1%)21:30 (加) 6月卸売売上高 [前月比] (前回+0.9%)21:30 (米) 7月シカゴ連銀全米活動指数 (前回+0.13)石油輸出国機構(OPEC)非OPEC主要産油国・合同専門委員会会合米韓合同軍事演習(31日まで)トランプ米大統領「アリゾナ州フェニックス集会参加」アストロ=皆既日食、為替・日経平均・NYダウ重要変化日高島暦:「前場高いと後場にかけて下押すこと多し」 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替市場は、リスクオフの円高が優勢となった。トランプ政権への不安を背景に米株が大幅下落し、米10年債利回りも2.18%近辺まで低下。ドル円は109.45円まで弱含んだ。クロス円も全面安となり、ユーロ円は128.37円、ポンド円が140.86円、豪ドル円は86.34円、NZドル円が79.74円、加ドル円は86.36円まで安値を更新した。 欧州中央銀行(ECB)議事要旨でユーロ高への懸念が示され、ロンドンタイムに1.1662ドルまで下落し [続きを読む]
  • 本日の材料
  • 15:00 (独) 7月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.4% 予想+2.2%)17:00 (ユーロ圏) 6月経常収支・季調前 (前回+301億ユーロ)18:00 (ユーロ圏) 6月建設支出 [前月比] (前回-0.7%)21:30 (加) 7月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.1%)21:30 (加) 7月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.0% 予想+1.3%)23:00 (米) 8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報 (前回93.4 予想94.0)23:15 (米) カプラン・ダラス連銀総裁講演北米自 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替市場で、円は底堅い動きだった。ロンドンタイムの午前は、北朝鮮情勢を巡る地政学リスク回避の円買い圧力が強まり、円はスイスフラン以外で全面高の展開となった。ドル円は109.56円、ユーロ円は128.44円、ポンド円は142.28円、豪ドル円は86.29円、加ドル円は86.34円まで円高に推移した。しかしその後ユーロドルを中心とした欧州通貨に対してドルが強含んだことと、ロンドンフィックス前にクロス円の買いが入り、ド [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替市場は、欧州通貨に対してドルが強含んだ。材料難のなか狭いレンジで取引されていたが、通常は滅多に為替相場が反応することの無い米国の求人労働移動調査(JOLTS)が、6月は統計開始以降最高の616.3万件という好結果になったことをきっかけにドル買いになった。それぞれの通貨はストップロスを巻き込み、ドル円は一時110.83円まで上昇し、ユーロドルは1.1715ドル、ポンドドルは7月20日以来となる1.2953ドル、ドル [続きを読む]
  • 8月9日(水)予定指標
  • シンガポール市場休場(独立記念日)南ア市場休場(女性の日)08:50 (日) 7月マネーストックM3 [前年比] (前回+3.3%)10:30 (中) 7月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.5%)10:30 (中) 7月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.5% 予想+5.6%)10:30 (豪) 6月住宅ローン貸出 [前月比] (前回+1.0% 予想+1.5%)20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回-2.8%)21:30 (加) 6月建設許可件数 [前月比] (前回+8.9%)21:30 (米) 第2 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替市場は、主要通貨は小動きだった。ドル円は一時110.92円まで上昇し、上値を狙いに行ったものの、111.00円を超えていく勢いはなかった。また米10年債利回りも2.25%近辺まで低下したこともあり、ドル円の上値を抑えた。ユーロドルは1.1790ドル前後、ポンドドルは1.30ドル前半を中心とした狭いレンジ内での取引だった。クロス円も方向間がなく、ユーロ円は130円半ば、ポンド円は144円前半を中心に取引された。注目さ [続きを読む]
  • 8月8日(火)予定指標
  • 08:50 (日) 6月経常収支 (前回+1兆6539億円 予想+8605億円)08:50 (日) 6月貿易収支 (前回-1151億円 予想+5490億円)10:30 (豪) 7月NAB企業信頼感 (前回9)10:30 (豪) 7月NAB企業景況感 (前回+15)未 定 (中) 7月貿易収支 (前回+428.0億USD(+427.5億USD) 予想+452.0億USD)12:45 (日) 30年債入札(8000億円)14:00 (日) 7月景気ウォッチャー調査・現状判断DI (前回50.0 予想49.7)14:00 (日) 7月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI (前 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NY為替市場では、ドルが全面高となる展開となった。米7月非農業部門雇用者数は市場予想を上回る20.9万人増となり、同平均時給は前月比で+0.3%と市場予想と一致も前月の+0.2%から伸びが加速した。また、同失業率は4.3%に改善された。また、コーンNEC(米国家経済会議)委員長が、「税制改革は企業がリパトリ(資金の本国還流)を行いやすいような計画を立てている」という発言もドル買いを後押した。米10年債利回りが2.28%台 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、7月ISM非製造業景況指数が53.9だったこと、モラー特別検察官が大陪審を選定しているとの報道で109.86円まで下落した。ユーロドルは1.1893ドル、ドルスイスフラン(CHF)は0.9672CHFまでドルが売られた。ポンドドルは英中銀金融政策委員会(MPC)で利上げ期待が弱まったことで1.3113ドル、ポンド円は146円後半から144円半ばまで下落した。 本日の東京市場のドル円は、朝鮮半島の地政学リスクへの警戒感、ト [続きを読む]
  • 8月4日(金)予定指標
  • 10:30 (豪) 6月小売売上高 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.2%)10:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告15:00 (独) 6月製造業受注 [前月比] (前回+1.0% 予想+0.6%)21:30 (米) 7月非農業部門雇用者数 (前回+22.2万人 予想+18.3万人)21:30 (米) 7月失業率 (前回4.4% 予想4.3%)21:30 (米) 7月平均時給 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.3%)21:30 (米) 6月貿易収支 (前回-465.0億USD 予想-455.0億USD)21:30 (加) 7月就業者数 (前 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、米10年債利回りが2.281%まで上昇したことで110.98円まで上昇した後、利回り低下を受けて110.29円まで反落した。ユーロドルは1.1910ドルまで上昇、ポンドドルも1.3251ドルまで上昇した。ユーロ円は131.40円、ポンド円は146.76円まで上昇した。 本日の東京市場のドル円は、朝鮮半島の地政学リスクへの警戒感が上値を抑えるなか、明日発表される米7月の雇用統計や6月の貿易収支を控えて伸び悩む展開を予想す [続きを読む]
  • 8月3日(木)予定指標
  • 08:50 (日) 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース) 10:30 (豪) 6月貿易収支 (前回+24.71億AUD 予想+18.00億AUD)10:45 (中) 7月財新サービス業PMI (前回51.6)12:45 (日) 10年物価連動国債入札(4000億円)16:00 (トルコ) 7月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.27%)16:00 (トルコ) 7月消費者物価指数 [前年比] (前回+10.90%)16:50 (仏) 7月サービス業PMI・確報値 (前回55.9)16:55 (独) 7月サービス業PMI・確報値 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、米7月ISM製造業景況指数が56.3、米6月建設支出が-1.3%だったことで、110円割れのストップロスを巻き込んで109.93円まで下落した。ユーロ円も129.84円まで下落、ユーロドルも1.1785ドルまで下落した。NY原油先物は、石油輸出機構(OPEC)の減産順守率が8割前後まで下がったことを嫌気して48.37ドルまで下落した。 本日の東京市場のドル円は、朝鮮半島の地政学リスクへの警戒感が上値を抑えるなか、4日に発 [続きを読む]
  • 8月2日(水)予定指標
  • 07:45 (NZ) 第2四半期失業率 (前回4.9% 予想4.8%)07:45 (NZ) 第2四半期就業者数 [前期比] (前回+1.2% 予想+0.7%)10:30 (豪) 6月住宅建設許可 [前月比] (前回-5.6% 予想+1.0%)10:30 (日) 布野日銀審議委員講演16:30 (スイス) 7月製造業PMI (前回60.1)17:30 (英) 7月建設業PMI (前回54.8)18:00 (ユーロ圏) 6月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.3% 予想+2.3%)20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+0.4%)21:15 (米) 7月ADP [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、欧州通貨の上昇を受けて110.22円まで下落した。ユーロドルは1.1845ドルまで上昇、ポンドドルも1.3224ドルまで上昇した。トランプ米大統領に7月21日に指名されたスカラムーチ広報部長が解任されたことで、ホワイトハウス内の混迷を嫌気したドル売りが優勢となった。 本日の東京市場のドル円は、朝鮮半島の地政学リスクや米6月の個人消費支出(PCE)価格指数の低下予想を受けて軟調推移を予想する。 米連邦 [続きを読む]
  • 8月1日(火)予定指標
  • スイス市場休場(建国記念日)10:45 (中) 7月財新/製造業PMI (前回50.4 予想50.4)12:45 (日) 10年債入札(2兆3000億円)13:30 (豪) RBAキャッシュターゲット発表 (現況1.50%)16:50 (仏) 7月製造業PMI・確報値 (前回55.4 予想55.0) 16:55 (独) 7月製造業PMI・確報値 (前回58.3 予想58.3) 16:55 (独) 7月失業者数 (前回+0.7万人 予想-0.5万人)16:55 (独) 7月失業率 (前回5.7% 予想5.7%)17:00 (ユーロ圏) 7月製造業PMI・確報値 (前 [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムのドル円は、米4-6月期コアPCEが前期比+0.9%へ鈍化、雇用コスト指数が+0.5%へ鈍化、ミシガン大学調査の7月1年期待インフレ率が2.6%へ下方修正されたこと、北朝鮮によるミサイル発射などを受けて、110.55円まで下落した。ユーロドルは、IMF報告や独7月の消費者物価指数+1.7%を受けて1.1764ドルまで強含み、ユーロ円も一時130.40円まで上昇した。 本日の東京市場のドル円は、28日夜の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル [続きを読む]
  • 7月31日(月)予定指標
  • 07:45 (NZ) 6月住宅建設許可 [前月比] (前回+7.0%)08:50 (日) 6月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回-3.6% 予想+1.5%)10:00 (中) 7月製造業PMI (前回51.7 予想51.5)10:00 (中) 7月非製造業PMI (前回54.9)10:00 (NZ) 7月ANZ企業景況感 (前回24.8)10:00 (NZ) 7月ANZ企業活動見通し (前回42.8)15:00 (独) 6月小売売上高指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.2%)17:30 (英) 6月消費者信用残高 (前回+17億GBP 予想+15億GBP)18:00 (ユーロ [続きを読む]
  • 東京為替見通し
  •  NYタイムの為替市場では、NAFTA再交渉で米国が為替条項を求める可能性、共和党が米税制改革案で国境調整税を断念したことが嫌気され、ドル円は111.71円から111円割れまで下落した。米ハイテク株が一部急落したこともドルの上値を重くした。スイスフラン(CHF)安から始まった欧州通貨の対ドルでの軟調さはNYタイムでも続き、ユーロドルは1.1650ドル、ポンドドルが1.3052ドルと東京タイムの高値から100ポイント超下落した。ドル [続きを読む]