mia さん プロフィール

  •  
miaさん: 放浪女子の恋とか、愛とか、オーストラリアの日々。
ハンドル名mia さん
ブログタイトル放浪女子の恋とか、愛とか、オーストラリアの日々。
ブログURLhttp://ameblo.jp/unamor/
サイト紹介文世界を放浪して辿りついた大好きな地、オーストラリアでの暮らしや恋バナなどを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/08/25 07:04

mia さんのブログ記事

  • ただ、ツイてないだけの日よ。
  • こんばんわ。おとといのの深夜から昨日の朝まで・・・、引っ越したてのマイルームにて、監禁状態だった、miaです。 それに気付いたのは、その夜零時を回った頃。 コンタクトレンズを外そうとしたんだっけ、 洗面所に行こうとして、その異常に、気付く。 あ、 あれ。 ドアが、開かない・・・!? んな、ばかな。w ガチャ、ガチャガチャ・・・というか、カギが回る手応えすら、ない・・・。 ※私 [続きを読む]
  • 1ヶ月で叶えた夢いくつ。
  • “旅立ちの日、人の優しさが染みる・・・。” この記事(↑)を書いてから、本日で丸々1ヶ月。 1ヶ月という歳月。 誰にでも平等に流れたはずの時間。 でも私にとって、 生産性で比べるなら、私の人生のどの1ヶ月よりも、郡を抜いている・・・! 仕事も住む場所もまっさらな状態で、異国の地に根を張るということ・・・。 言葉にすると、ただそれだけのことなのにね。 でも実際は私にとって、 [続きを読む]
  • 濃厚な再会が着々と…!
  • シドニーに到着して、 私が心待ちにしていたこと。 それは、 シドニーの友人ブルックと、元同僚へのサプライーズ ※元同僚はこのカフェ(→★)のマネジャーです 本気でサプライズして欲しくて、両者とは全く連絡を取らず。 特にブルックは、 「最近どう?」なんて連絡くれていたのに、何かメッセージをしてしまうと、バラシてしまいそうで、無言を貫いた…。w で、 でで! 突 [続きを読む]
  • そしてここで暮らす。
  • “新しい場所を目指すため、違う選択を。” ここで、熱く語ったこと。 今までと違う場所へ辿り着きたければ、今までの“いつも”とは違う選択を。 あれほどまでに固い、決意。 で、 今私、 どこにいると思いますか? ジャーーーーン! …見覚えがある…なぁw “大好きな街の日常。”にも登場の窓際ビュー。 I am back to my “home”!! lol まぁ、聞いてくださいな。w&nb [続きを読む]
  • まるで再生の朝。
  • 新しい地に越してきたのだか、そりゃあ毎日、毎日、毎日…。 様々なことが起こりまーす。w 家探し、仕事探し。 来る日も来る日も…、 リサーチ↓アクション(応募)↓待ち↓インスペor面接↓待ち↓返事をするorもらう この繰り返しです。w し・か・も! 経済的に全く豊かでない状態で。w何気にこれ↑が一番堪えた… じゃなきゃ、もっと構えてゆっくりじっくり探したいYO。wでもま、追い [続きを読む]
  • 新しい場所を目指すため、違う選択を。
  • カロとの記事にも書いた通り、 今回私の中では、大きく心に決めたことがひとつあった。 “もうあの場所へは戻りたくない!” あの場所、そう“home”のことである。 え!?何でなななんで? と思われました? あれほど、あれほどまでに!愛した場所だというのに…!?w あの場所で出会ったメンバーを訪ねるためだけに、わざわざ数か月もヨーロッパを周ったほどなのに!? はい、そうです [続きを読む]
  • カロ…やはり縁深い人?熱く長いよ??
  • 2014年のはじめから、終わりまで。 濃密に同棲したり、遠距離の関係もあったり、そんな風にこの年は、 カロという女性が私の人生にやってきた一年。 一度目の別れ→“空港でカロを見送って想う。”そして再会→“あの彼女が“home”に帰って来たよ‼” 彼女との間には、今まで経験したことのない、様々な感情が湧いたけれど。w 一時期は誤解か否か、もう確かめようもないけれど、いや、彼女の故意じゃな [続きを読む]
  • もらってばかりのケアンズ滞在?
  • 2017年、ケアンズ。 たった数日の滞在だったというのに、もう濃厚で、濃厚で、濃厚過ぎて…! ※今日の記事は、ひたすらただの友達自慢です!w 私のソウルシスターである、Sさん。 同棲時代、元相方の友人を介して知り合ってからオンオフの付き合い、シドニーにも遊びにきてくれた、Aちゃん。 私の出発がずれ込んで、スケジュールが変更になったのにも関わらず結果的に、 予定通り彼女たちと、み [続きを読む]
  • 変わったのは、私の方。
  • そう、 変わってしまったのは、私。 感じていたのはまた、私自身へ対するカルチャーショックでもある。 確かに2年前、 日本に戻ったばかりの頃、 恐らくその話し方や振る舞いや、人との距離の取り方などで、 よく「miaはオーストラリア人やから!」「外国人みたい」とからかわれていたけれど、 かなーり、典型的な日本の会社にしばし沈没していたおかげで、その中では「miaさんはやっぱり異国」な [続きを読む]
  • 何度目かの第一印象。
  • 日本⇔オーストラリア 何年も振りに日本で暮らすことを選らんだ数年前に感じた、衝撃。 と同じようなもの(カルチャーショック)を、またケアンズに着いて感じていた・・・。 それは、 シンプルに人々。 オーストラリア人はなんせ陽気でハッピーである。 はて、 これほどまでだったかな、と思うも。 南国ケアンズだからかもしれないし、単純に久し振りだからかもしれない。 老若男女問わ [続きを読む]
  • 第三の故郷、ケアンズの今。
  • Hello from Australiaaaaa!! ご無沙汰しています、私は何とか元気です! 関空発、ケアンズ経由、シドニー着。 そんなわけで、 私は今シドニーにいます。 まずは、 立ち寄った、ケアンズのお話。 ケアンズ、 そう、 私が、一筋縄ではいかない同棲をしていた時代。 このブログをはじめたきっかけにもなった、ケアンズの日々をまたこうして、思い出している。 2012年にシド [続きを読む]
  • それぞれのお見送り。
  • 何度経験しても、慣れることのない、家族との別れ。友達は、先はわからないとは言え、年齢などからいってもまだまだこれからの人生がある人たち。でも親は、特に離れて暮らしていると、それが日本であれ海外であれ、会うたびに老いてゆく様子を見るのは、子としては非常に切ないものがある・・・。心行くまで一緒に過ごせた、今回の滞在はもう悔いなしだ。出発の前夜は、父と2人でお寿司を食べ、出発の当日は、母とパートナーがお見 [続きを読む]
  • Overwhelmed...but、ハッピー!w
  • この一週間・・・。色々あり過ぎて、色々動き過ぎて、色々想い過ぎて、ひとりの時間を惜しんで、とにかく外へ外へ・・・と出ていく、そういう時間の連続だったので。もうキャパオーバー・・・(以前にも同じ状況に→☆)。wもう誰とも会えない、もう一言も話せない。wそういう数日を過ごし、今日、やっと少し落ち着いてきたみたい。怒涛の感情や出来事を、ひとりで反芻し、消化する。このプロセスを飛ばしては、私は次へ行けないので。w深呼 [続きを読む]
  • 旅立ちの日、人の優しさが染みる・・・。
  • 毎度毎度のことですが・・・。あれよあれよと言ってる間に、出発の日を迎えました! 本来なら実は、 一週間前に出発している予定だったんですよ。 チケットも抑えていた。 でも、 ちょっと野暮用でね、動けない状態を強いられ、一週間ずれ込みました。 その間気持ちの中だるみや、想うこともろもろありましたが、 晴れてこの日を迎えられたことが、嬉しい。 そして、 今となって思えば [続きを読む]
  • 男性も“若く”見られたい!?
  • 突然ですが、 私が、 たまに見たり見なかったりする、出会い系アプリのお話です。w 何人ものプロフィールに、次から次へと目を通して行くのって、それこそ何かの審査員になった気分。w それほど様々な男性のプロフィールを見て、気が付いたこと、思ったことを、少々毒舌に書かせて欲しいです・・・。w 辛口ですよ、本日少し。w ①「年のわりに若く見られます」  は、見る人が判断すること。②“snow” [続きを読む]
  • 滑り込みの目標達成ー;)
  • 2015年からの日本。 “人生にはその時しかないタイミングがある。” この気付きをきっかけに、 キャリアブレイク、日本ワーホリと称し、約2年に渡る滞在。 当初、掲げていた目標は3つ。 ①日本の現在の広告業界に揉まれて働く②正式にライターとして稼動する③オーストラリアに持ち帰る仕事のフローを作る 最初はやはりある程度、“ここや”と思え納得できる場所に辿り着くまでが結構大変で(→☆) [続きを読む]
  • ハナムケの桜・・・。
  • もう今年は見ることがないと、去年の私は思っていたから。こんな風に貪るように(↓)、週末ごと、桜三昧を楽しんだ。ひとり京都ぶらり“桜”旅。想い出はピンクの中に。もう一度日本列島をピンクに染める季節を、体験できることになりました。とはいえ、今年は三寒四温というけれど、寒さの方が少し勝ったのか、なかなか桜が咲き始めない・・・。それを私は、私の旅立ちを惜しんでるからやー、とか笑って周りには言っている・・・後10日 [続きを読む]
  • スポットライトを浴びる日。
  • 先月末を持って・・・、 2年弱続けた広告代理店での勤務が終了しました! 思い起こせば色々あり過ぎ、あっという間だったようで長く、長いようであっという間の、 濃厚過ぎる日々でした。 当日。従来この会社は、去っていく人は割りとあっさりで、お見送りや挨拶も大々的になく、なんだかなーと思っていた。 ましてや、 3年や5年働いた正社員でもそうで、私なんか2年にも満たないアルバイト。 自 [続きを読む]
  • 最後の日の朝に、愛を込めて。
  • 今週一週間は、 飛ぶように、過ぎた。 昨日はまた、 回りがヒヤッとするほどの、チーム内での大もめ。w それはもちろん、 お互いの、それぞれの、 プライドや譲れない部分が衝突し合って起きたもの。 私はそこには無関係だったけど、それでも「どうでもいいから適当にしよー」って仕事をするメンバーと働くより、 衝突するくらいの主張がある方が、ずっとプロだし、刺激的だと思う。w  [続きを読む]
  • 簡単な気持ちじゃいられない。
  • 卒業まで、あと2日。 今の私の心は、 心は・・・、 寂しさに押し潰されそうです。 そりゃあ確かに、 営業とのやりとりに、 んもーーーー!メラメラメラ! ってなったり、 会社からの扱いに、心折れかけたり・・・、 毎日の満員電車にと、 辛いことも多かった・・・。 それらから開放されるのは、やっぱりもちろん嬉しい!w でもやはり、 今思い出せるのは、愛すべき同僚 [続きを読む]
  • 愛すべき同僚との肉会。
  • 3月最終の週末ですね・・・。皆さま、いかがお過ごしですか。 私はこの間、仕事帰り。同僚との肉会に参加。 某ホルモン屋さんにて。ホルモンはガンガンと焼いていく 私たちの島(チーム)は、毎日女性9人が机を合わせている。 100人近い社員の半数が男性というフロアで、女だけのこの島はある意味異色だと思う。 実はこの会も誰々が来るから行かないだ、急に予定が入っただと色々言われ、参加人数が半分近 [続きを読む]
  • どんどんスッキリしていこー!
  • 3連休の最終日。この幸福なおまけの一日。皆さまいかがお過ごしですか。 私は、 軽い喉から来る風で多少ぼーっとしながら、 最低月一回は開催している父へのおもてなしディナーと、お彼岸に完璧にかぶっている、祖母の3回忌ディナーに参加。 どちらも私の優先順位の高い催しですので、風邪を言い訳にせず、嬉々として参加。w ブリ大根やら餡かけきのこ鶏なす炒めやら、牛の甘辛炒めサラダ 動くアワ [続きを読む]
  • 口元で恋に落ちる!?
  • これは何も男性に限らないのかも、ですが。 私は女なのでココは女性目線で・・・ やはり、私男性を見るとき、無意識だけどかなり、 ・・・口元を見ていると気が付いた!w歯並び、歯のサイズ、色、唇の形、口角。 以前私が見事に落ちた彼、ポール。 口角のくいっと上がった大きな口。見ているこちらが笑顔になるような、そんなダイナミックな笑顔だった そして今絶賛片思い中、向井理さん。w 彼はもう [続きを読む]
  • 頑張りはちゃんと伝わっている・・・!
  • 先日のこの記事↓。“仕事は闘い・・・ではない!”この過酷な一日の仕事帰り、「あんな風に働くのは辞めよう!」と、「明日から機嫌良く働こうねー。」って。 と同僚と心に決めた。 翌朝。 前日の疲労感が嘘のように、何かまるで憑き物が取れたように スーーーーーッキリと目覚め。w そして膨大な仕事量だったにも関わらず私は機嫌良く仕事に精を出していた。 するとね、 最近本社のお偉いさんが [続きを読む]
  • 仕事は闘い・・・ではない!
  • 最近、 仕事に関する記事で、切羽詰った感を感じ取って、ケアしてくださる方もいて、 本当に、ありがたい・・・ ご心配なく と言いたいところですが、本日もワタクシ、メラメラ 私だけでなく、 最近特に私の所属する、制作チームの“怒り”の沸点が非常に低いようだ・・・。 今まではね、 仕事でイライラしたり、心が折れそうになることって、 上の立場の人から理不尽なことで、怒鳴られ [続きを読む]