シャイロック さん プロフィール

  •  
シャイロックさん: 旅路
ハンドル名シャイロック さん
ブログタイトル旅路
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/seikisaito
サイト紹介文温泉、山などのほか商店街もふくめて出かけたことです。
自由文気候がよくなると、仲間と一緒の旅に出る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2010/08/25 09:52

シャイロック さんのブログ記事

  • 砧公園から
  • 自転車で裏口から自転車道を通り、東側で出る。ここからフラワーランドはすぐ近くだ。新しく、庭園が広がっている。これは面白そうだ。朝顔が木の上の方まで広がっている。西洋朝顔だろうか。ダリアが咲いていると思ったら、手前には百日草だ。最近、百日草が少なくなったと思っていたが、そうでもなかった。緑色の百日草まで咲いている。猫じゃらしのような秋の花が咲いている。10月の最後に、福島の檜枝岐へ行くことになった。 [続きを読む]
  • 交通安全(一年前)
  • 交通安全新宿西口のイベント広場では、秋の交通安全のPR活動だった。                  白バイもある。手前には黄色いのも。...>続きを読む新宿の西口イベント広場だ。乗換の合間に寄ることがあるが、日常雑貨品を販売していることが多い。時には、日本の各地方の特産品をならべていることもある。帰り道の人は、家への土産にするのだろう。 [続きを読む]
  • 将軍池
  • 公園の隣に野球のグランドがある。台風襲来予報でで注意していると、小雨が降り始めた。公園で予定されていたバザーは急遽とりやめ。野球場の外側に、大きなあさがお。その先には、花の咲いた韮だ。種を採り、来年にも蒔くのだろうか。 [続きを読む]
  • 書(一年前)
  • 書銀座鳩居堂3階画廊へ入る。舟友会秋季書展の案内が来て、5人で会場集合にした。小一時間ほど観ていたが、約束の店秩父錦へ行く。酒豪氏のお好みで、川海老空揚を頼む。帰りの有楽町......>続きを読む今年も、つい最近行って来たところだ。去年は秩父錦だったが、今年は三原橋近くの魚魚十(ととじゅう)へ入った。四時過ぎに会場を出たが、時間が早くて営業中の店がない。ようやく探して入った。聴いたら四時開店だそうだ。5人 [続きを読む]
  • 妙法寺(一年前)
  • 妙法寺堀之内の妙法寺へ入る。10月13日が御会式だそうだ。...>続きを読む落語にも妙法寺は題材になっている。江戸時代には歩いての移動だったから、往復一日がかりだったことだろう。今年の10月13日は金曜日だ。 [続きを読む]
  • 赤羽・十条(一年前)
  • 赤羽・十条「東京都北区赤羽」という漫画が面白い。むかし月に一回行ったことを思い出して、まず十条商店街を駅前から北へ歩く。 出たところから富士見銀座と、名前が変る。その先は環七へ出て、......>続きを読む赤羽にも十条にも行くことがなくなって、気になることはあるがそのままになっている。十条銀座の先のビルで仕事を継続している知り合いはどうしただろう。ここには居なくなってしまった。別の場所に居るようだが、本 [続きを読む]
  • 彼岸花(一年前)
  • 彼岸花白い彼岸花だ。彼岸が近いことを教えてくれる。今年の彼岸中日は、9月22日。墓参りの人たちで、かなりの渋滞になることだろう。...>続きを読むそうでした。彼岸花には白い花の種類も、少ないけどあったのだ。 [続きを読む]
  • 落語会
  • 春風亭吉好(よしこう)による落語と江戸吉原の解説があった。春風亭柳好(りゅうこう)門下とのこと。最近結婚したとのことで、「吉好の落語会」を結婚記念の会とするそうだ。芝のメルパルクにて10月15日(日)14時開演とのこと。吉好のほかに、ゲストとして柳好とくちぶえ村の村長が出演するそうだ。 [続きを読む]
  • 豪徳寺(一年前)
  • 豪徳寺まだ暑い夕方、豪徳寺へ行く。井伊直弼の墓がある。                招き猫が増えている。台風のときは、避難していたのだろうか。                ......>続きを読む境内が広いからだろうか、この寺は妙に落ち着く。最近は外国人の顔が増えて、雰囲気がかわったが。夕方、三重の塔が暗くなりつつある頃、感じがいい。 [続きを読む]
  • 龍の髭
  • リュウノヒゲがコンクリートの枠をはみ出して、これでもかと成長している。日光をいつも浴びている場所だ。同じ並びなのだが、車の陰になっていた場所だ。役3年の年月だが、これだけの違いができた。 [続きを読む]
  • オクラ
  • オクラの花だ。雨上がりの曇り空の下に、明るいうす黄色の花弁と濃い赤紫色の中心のバランスがいい。畑の外れに植えてある。不順な天候だったが、ほかの作物も順次できつつある。オクラという名前は、インドでも同じ言い方だそうだ。インド人もびっくりしていた。 [続きを読む]
  • 横浜へ行く(一年前)
  • 横浜へ行く中華街で昼食にしようと出かけて、時間が早いので元町へ先に行く。目についたのが、以前から記憶にある大椅子だ。キャスター付だから、毎日朝出して夜仕舞うのだろう。       商......>続きを読む元町の各店舗は高級感があるからか、歩いていると買いたくなるものが時にはある。あるとき、バックスキンの鳥打ち帽を買って、仲間との城ヶ島行きに参加した時のことだった。ひとりがこれを気に入って、値段と店を聞 [続きを読む]
  • 都電早稲田(一年前)
  • 都電早稲田早稲田という名前の駅、停留所はあちこちにある。町名では、早稲田町、早稲田南町、早稲田鶴巻町、西早稲田などがあるからかなり広い。南側に地下鉄東西線の早稲田、北側に都電荒川線とバス......>続きを読む荒川線の始発駅ではあるが、ここまで来ることはあまりない。新宿へ行くには、ちょっと不自由なのだ。都バスがあるが、やはり電車を期待してしまうからだ。 [続きを読む]
  • 渋谷2
  • 過去にも駅構内の蕎麦屋が、渋谷駅にも何箇所かあった。それらがなくなって、ここに「しぶそば」ができて残った。残るにはそれなりの理由がある。蕎麦がいいからだ。久しぶりに、ここでもりそば350円を食べる。たしかにそれなりに、ほかの立ち食い蕎麦より美味い。でも嵯峨谷には負けるな。 [続きを読む]
  • 八重洲北口(一年前)
  • 八重洲北口東京駅の八重洲口には、北町ダイニングという一角がある。和食を中心として、酒も出る。江戸時代、このあたりに北町奉行所があったようだ。八重洲口側から出るバスを見ると、少ない停留......>続きを読むおもしろい街が、駅直結でできたものだ。遠くから来た人が一緒の場合、たいへん便利だ。知っている人は少ないと思っていたら、集合場所場所に指定された。有名になってきたんだ。 [続きを読む]
  • 渋谷
  • 渋谷の駅一帯は、渋谷川が削った谷だ。駅前から目の前に建つのが、セルリアンタワー。何度か神山さんにご馳走になったうちの一回が、ここだった。思い出してみれば、いつも呼んでいただいてごちそうになった。忙しくなっていくときに、よく会ってくれたものだ。 [続きを読む]
  • 住友三角ビル
  • 住友三角ビルは、新宿西口一帯のビルの中では早くに建設された。NSビルからは、都庁広場の向こうに見える。今回はこの最上階で、残暑払いだ。都内に十店舗ほどある、北大路グループの一店だ。窓からは北側の展望が開けている。北区、練馬区方面には高層ビルは見当たらない。 [続きを読む]
  • ハードボイル(一年前)
  • ハードボイルド最近になって、思い出す言葉だ。亡くなった日根野さんが、よく口にしていた言葉だ。近頃は聞かなくなった。外国映画ではハンフリーボガードのような、日本映画では高倉健のようなイメー......>続きを読むそう、日根野さんは戦中の世代だったから。敗戦になった途端、先生から教科書を黒く消すように指示されたとのことだ。過去の権威が、あっという間に変わったそうだ。先生だけでなく、警官にも似たようなこと感じ [続きを読む]