はじめ さん プロフィール

  •  
はじめさん: 斜に構えてみる
ハンドル名はじめ さん
ブログタイトル斜に構えてみる
ブログURLhttp://deliberation.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文通級に通う広汎性発達障害と診断された息子の成長を中心に、療育や学校関係について思う事を書いています。
自由文診断を受けてから10年が経ちます。でも、この間にかなり成長しました。発達障害児・者はマイノリティで、高機能はその中でさらにマイノリティのようですが、その数少ない当事者の方々の役に少しでも立てれば良いなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/08/25 22:31

はじめ さんのブログ記事

  • (607) 夏休みも近い
  • テストが終わり、3連休のうち一昨日・昨日は家でのんびりしつつも、今日は早起きして電車に乗りに出かけました。 当家のシステムとして、勉強時間に応じてもらえるお小遣いを原資とし、それを貯めて電車に乗りに行くという行動スタイルは、彼にとっては勉強をすると電車に乗るためのお金がもらえる、... [続きを読む]
  • (606) 試験結果が返ってきて
  • 息子の試験結果が返ってきました。 基本的に平均点には届いていませんが、これまでよりも点数が取れています。努力の跡も見られますし、以前よりも集中力が増している印象です。 一点、今回数学の成績が悪くなっていてどうしたのだろうと思ったら、出題形式が変わっ... [続きを読む]
  • (605) 試験が終わって
  • 先週は、中学校の定期試験でした。 想定外に難しい問題が出たようで、本人はできなかったと沈んでいましたが、試験は待ってくれません。幸い、その後の他科目はそこそこ取り組めたようです。 まだ、その結果は出てきていないものの、一学期の試験は終わったこともあり、今日は乗り鉄の旅に出ていきま... [続きを読む]
  • (604) 試験勉強
  • 体育祭が終わって、定期試験の時期を迎えました。 息子も、ブツブツ言いながらも勉強をしています。 ただ、昔に比べるとブツブツ言う程度・頻度がかなり下がったなあと感じています。 今、補習塾に通わせていて、この前塾の好意で決まった日時以外にエキストラで講義を受けることがあったのですが、... [続きを読む]
  • (603) 運動会終了
  • 先週末は息子の体育祭、この週末は娘の運動会でした。 先週に引き続き、今週も良く晴れてくれました。それは良いことだとは認識しつつ、おとなになると日に当たることによって、体力の消耗が激しく感じられることを、更に確信しました。 運動会において、娘の場合は特に困ったということもないので安... [続きを読む]
  • (602) 体育祭終了
  • 昨日、息子の通う中学校の体育祭が開催され、無事に終了しました。 前日夜まで雨が降っていたため、グラウンドコンディションはどうかな? と思いましたが、通う学校のグラウンドはかなり水はけが良いようで、開催も予定通りということになりました。 ということで、夏至近くの強い日差しが照り付け... [続きを読む]
  • (601) 体育祭が近づいて
  • GWが明けると、(春の)体育祭シーズンです。 元々運動が苦手という特性があることに加え、始業前に朝練習が行われる日が何日かあって、そのために(時間外なのに)普段より早く行かなければならないことも加わって、息子はここのところかなりストレスフルな日々を過ごしています。 それでも、以前... [続きを読む]
  • (600) 娘の自我?
  • 今朝、GW明けの5日連続出勤という、とても過酷な状況を無事に乗り切った達成感を味わっていたところ、妻がこんなことを言ってきました。 「この前娘ちゃんがね、『私、発達障害なのかな』って聞いてきたのよ」。 いきなりそんなことを言われて私もびっくりしましたが、冷静に考... [続きを読む]
  • (599) GWを振り返って
  • このGWは、元々の休日の配置が良かったことに加え、昨今の風潮を反映して会社が休暇取得を奨励するようになったこともあって、丸々9日間お休みさせて頂きました。 明日会社に出たら、机の上に書類が山になっているのではないかと一瞬思いましたが、休んだのは私だけではないので、意外とそれほど悲... [続きを読む]
  • (597) 学校公開に行って
  • 今日は、学校公開が行われたところも多いと思います(なぜか、遥かに離れた他県に住む、私の姪の学校も行われていたそうなので、そう判断しました。根拠がたった2地域か?というツッコミはご容赦願いたくw)。 ちなみに、中学校は学校公開といっても、小学校に比べて見に来られる保護者の数はかなり... [続きを読む]
  • (596) 新学期が始まって
  • 4月になりました。先週から、新学期が始まりました。 転居等により、息子の学校の同学年の在籍生徒数が若干減ったこともあって、学年のクラスが一つ少なくなりました。それに伴いクラス替えも行われました。 クラスメイトには、特に仲が良いわけでも(悪いわけでも)ないものの、小学校一年生からず... [続きを読む]
  • (595) 春休み
  • 先週で、中学校も終わりました。とりあえず中学の三分の一は終えたことになります。 このように考えると、中学校生活って小学校とは違ってかなり短いな、と改めて感じます。 ここのところは落ち着いていて、「どうせ、学校に行かせようと思っているのだろう?」と親に疑心暗鬼になっているような言動... [続きを読む]
  • (594) 三連休のお楽しみ
  • 前回の記事から、少し間が空きました。 この間にあったできごととしては、家族でスキーに行ったこと、期末試験を無事に終えられたことが挙げられます。 スキーは、実は妹の方が運動神経が良いこともあって上手です。既にパラレルターンもそこそこできるようになっているのですけれど、息子はまだまだ... [続きを読む]
  • (593) 発達障害と主治医
  • 発達障害は、持って生まれたもので、かつ今の医学では治らないとされています。従って、絶対に医師に診てもらわなければならないものでも、診てもらえば治るというものでもありません。 しかしながら、医師の診断を受けることで初めて診断名を得ることができ、それを基に例えば障害者手帳の取得ができ... [続きを読む]
  • (592) 放置できるのも能力
  • 学校で、誰にも構わずに居られる人って意外に少ないですよね。 元々、子どもは好奇心が旺盛ですし、加えて集団行動を徹底しようとする学校側の教育によって、人と違う奇異な行動をすると途端に周りから一斉射撃を食らうことになりがちです。 このパターンが習い性になってしまうと、口さがない世間一... [続きを読む]
  • (589) ABC分析と行動随伴性
  • 今日、ネットニュースから、以下の記事に行き当たりました。 <糖尿病「教育入院」をしてみた>まずい食事でも糖尿病を改善しようとがんばる人は多いか? 大学院で行動分析を学んだという著者であっても、このような誤解をされているのか、ということに驚きました。私がそう思ったのは、ABC分析の... [続きを読む]
  • (587) 「ありのまま」をもう少し考える
  • 自閉症・発達障害界隈で必ず論争のきっかけとなる言葉に、「ありのまま」があると考えています。 障害も個性、ゆえに「ありのまま」の姿を受け入れることが大切であるという意見と、「ありのまま」では社会適応も困難になりがちであり、療育により改善をはかることが大切であるという意見。 それぞれ... [続きを読む]
  • (586) 新年に思うこと
  • バタバタしているうちに、松の内が明けてしまいました。 何はともあれ、今年もよろしくお願いします。 あまり変わらないように見える息子も、よそ様から言われるとやはり成長しているんだな、と感じます。 一つは、(581)でも書いた通り、一人で外出できるようになったこと。これは自立の第一歩... [続きを読む]
  • (584) 渾沌
  • 紀元前の中国の思想家・荘子の著として『荘子』があります。その内篇應帝王篇、第七に渾沌の寓話が記載されています。その内容は、以下の通り。 昔、渾沌という帝がいました。ただ渾沌は、目、鼻、耳、口の七孔がありませんでした。平たく言えば、のっぺらぼうだったということになります。 でも、聖... [続きを読む]
  • (583) 障害児親に必要なサービス
  • この週末、妻が療育施設に通う親の有志による忘年会に行ってきました。とても楽しんで帰ってきたようです。 子に障害が無ければ出会うことも関わることもなかった人たちではあるものの、こういう集いを開催しようという機運が仲間内で盛り上がり、実際に会って話すことで日ごろの思いを語り合えるとい... [続きを読む]