masamasa さん プロフィール

  •  
masamasaさん: 薬系スクラップ
ハンドル名masamasa さん
ブログタイトル薬系スクラップ
ブログURLhttp://yakukei-antenna.techblog.jp/
サイト紹介文薬系情報のスクラップサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 29日(平均9.4回/週) - 参加 2010/08/26 10:07

masamasa さんのブログ記事

  • 5/24 ツムラ、株主優待を導入 他
  • 日付:2017年5月23日分類:株主優待制度企業:ツムラ内容:ツムラ、株主優待を導入−ツムラは23日、株主優待制度を導入すると発表した。毎年9月30日時点で100株以上を3年以上保有する株主が対象。自社の入浴剤を贈るほか、抽選で茨城工場に併設する漢方記念館に招待する。個人株主の満足度を高め、株式の長期保有を促す。ソース:日本経済新聞 日付:2017年5月23日分類:−企業:−内容:菅長官、「中間年改定」に釘刺す発言か [続きを読む]
  • 5/23 高須クリニックが民進党を提訴 大臣会見概要 他
  • 日付:2017年5月22日分類:問題発言企業:高須クリニック内容:平成29年5月19日付大臣会見概要−(記者)別件で、先日の厚生労働委員会で、医療法の審議の中で、民進党の議員が悪徳美容外科や陳腐なCMの例として「イエス、○○クリニック」と高須クリニックを連想せるような発言をしたとして、高須クリニック側が大西議員や蓮舫代表を提訴すると発表しています。厚生労働委員の発言がこうした騒動を招いたことになりますが、審議 [続きを読む]
  • 5/18 オプジーボ、薬価50%引き下げも治験を実施 他
  • 日付:2017年5月17日分類:オプジーボ企業:小野薬品内容:【小野薬品】オプジーボ薬価切り下げも臨床試験は「計画通り実施」‐相良社長−小野薬品の相良暁社長は11日に会見し、「抗癌剤『オプジーボ』の薬価は緊急的に切り下げられたが、適応拡大のために2年前から計画している臨床試験は止めることはできない」と明言。その上で、「今期は大幅減益になるものの、必要な時期に無理をしてでも研究開発費を投資して、近い将来の売上 [続きを読む]
  • 5/17 コデイン含有医薬品、小児処方の制限検討 他
  • 日付:2017年5月16日分類:コデイン企業:厚生労働省内容:コデイン含有医薬品、小児処方の制限検討 厚労省、OTC含め対象約600品目−厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課は、鎮咳薬などとして用いるコデインを含む医療用と一般用の医薬品について、小児への処方を制限する添付文書の改訂を検討している。来月にも薬事・食品衛生審議会の安全対策に関する会議で結論を得たい考え。同課によると、対象品目はOTCを含め600超に上る [続きを読む]
  • 5/15 エボラ出血熱が発生 厚労省が注意喚起 他
  • 日付:2017年5月13日分類:エボラ出血熱企業:厚生労働省内容:エボラ出血熱に係る注意喚起について−報道関係者におかれましては、海外渡航者への情報提供と注意喚起に御協力をお願いいたします。 本日、世界保健機関(WHO)より、コンゴ民主共和国バ・ズエレ州においてエボラ出血熱が発生したと発表されましたので、お知らせします。現在、現地調査のためWHO等から専門家チームが派遣されています。 ソース:厚生労働省( [続きを読む]
  • 5/12 米製薬会社、中外薬を特許侵害で提訴 他
  • 日付:2017年5月11日分類:特許侵害訴訟企業:中外製薬内容:米製薬会社、中外薬を特許侵害で提訴−中外製薬(4519)は11日、同社が臨床開発中の新薬候補物質について、製薬会社の米バクスアルタ社(米イリノイ州)から特許侵害を理由に製造差し止めなどを求め米デラウェア州で提訴されたと発表した。中外薬は「適切な反論を行っていく」としており、現時点で業績への影響は見込んでいない。バクスアルタ社は2016年5月、同様の内 [続きを読む]
  • 5/12 医療、介護にAI活用 自民が成長戦略提言 他
  • 日付:2017年5月10日分類:人工知能(AI)企業:自民党内容:医療、介護にAI活用 自民が成長戦略提言−自民党の茂木敏充政調会長は10日、医療や介護への人工知能(AI)の活用などを柱とした成長戦略の提言を安倍晋三首相に手渡した。健康や暮らしの改善に役立てるとともに新たな産業の育成につなげる。政府が6月に策定する成長戦略に反映させたい考えだ。提言は茂木氏が委員長を務める自民党の「経済構造改革に関する特命委 [続きを読む]
  • 5/12 田辺三菱、2017年度に植物VLPワクチンの第III相を開始へ 他
  • 日付:2017年5月11日分類:VLPワクチン企業:田辺三菱製薬株式会社内容:田辺三菱、2017年度に植物VLPワクチンの第III相を開始へ 決算発表会でラジカット米展開、阪大微研との合弁、バイファの終息も説明−田辺三菱製薬は2017年5月10日、2016年度(2017年3月期)決算発表の記者会見を開催し、三津家正之社長が発表した。5月8日に発表した筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬「RADICAVA」(一般名:エダラボン)の米食品医薬品局(FDA [続きを読む]
  • 5/11 製薬各社、3月期通期決算を発表 他
  • 日付:2017年5月10日分類:3月期通期決算企業:エーザイ内容:エーザイ、為替要因で微減収も営業増益  「ハラヴェン」など伸びる−エーザイが10日に発表した2017年3月期連結業績(国際会計基準〈IFRS〉)によると、売上高は5390億9700万円、営業利益は590億6400万円で減収増益となった。グローバルブランドと位置付けている抗がん剤「ハラヴェン」や抗てんかん剤「Fycompa(日本名=フィコンパ)」が伸長した。ソース:日刊薬業 [続きを読む]
  • 5/10 田辺三菱 阪大微研と合弁会社設立 他
  • 日付:2017年5月9日分類:合弁会社設立企業:阪大微生物病研究会、田辺三菱製薬株式会社内容:ワクチン製造の合弁会社「株式会社BIKEN」設立のお知らせ−一般財団法人阪大微生物病研究会(以下、BIKEN財団)と田辺三菱製薬株式会社(以下、田辺三菱製薬)は、5月1日、BIKEN財団のワクチン製造事業を基盤とした合弁会社「株式会社BIKEN」の設立に最終合意しました。これを受けて、5月9日、BIKEN財団が100%出資し、「株式会社BIKEN [続きを読む]
  • 5/10 武田薬品 沈降ヘモフィルスb型ワクチンの発売中止 他
  • 日付:2017年5月9日分類:ヒブワクチン企業:武田薬品工業株式会社内容:沈降ヘモフィルスb型ワクチン「ヴァクセムヒブ 水性懸濁注」の供給元GSK社の全世界への生産中止に伴う発売取りやめについて−当社は、2016年1月、厚生労働省より2か月齢以上5歳未満の小児におけるインフルエンザ菌b型(以下「ヒブ」)による感染症の予防を適応症として製造販売承認を取得した、沈降ヘモフィルスb型ワクチン「ヴァクセムヒブR水性懸濁注」( [続きを読む]
  • 5/10 アジアの成長率を上方修正 IMF 他
  • 日付:2017年5月9日分類:アジアの成長率企業:国際通貨基金(IMF)内容:アジアの成長率を上方修正 IMF、17年は5.5%−国際通貨基金(IMF)は8日発表したアジア太平洋地域の経済見通しで、2017年の域内総生産(GDP)の成長率を、物価変動の影響を除いた実質で前年比5.5%とし、昨年10月時点から0.1ポイント上方修正した。ソース:日本経済新聞 日付:2017年5月9日分類:成人肺炎診療ガイドライン2017企業:日本呼吸器 [続きを読む]
  • 5/9 帯状疱疹 ワクチンで予防 他
  • 日付:2017年5月8日分類:帯状疱疹ワクチン企業:−内容:帯状疱疹 ワクチンで予防 水ぼうそうウイルス再活性化 「接種で症状軽減」報告も−激しい痛みを伴う帯状疱疹(ほうしん)は、体の奥に潜んでいた水ぼうそうウイルスが再活性化して発症する。厚生労働省は、水痘ワクチンの効果・効能に「50歳以上の帯状疱疹の予防」の追加を承認した。ワクチン接種により健康被害が生じた場合、公的な救済措置の対象となる。帯状疱疹は痛み [続きを読む]
  • 5/3 国立感染症研究所、黄熱のリスクアセスメントを更新 他
  • 日付:2017年5月2日分類:黄熱企業:国立感染症研究所内容:黄熱のリスクアセスメント−2016年12月からのブラジルでの黄熱流行を受け、国立感染症研究所が黄熱のリスクアセスメントを更新。黄熱は、黄熱ウイルス(フラビウイルス科フラビウイルス属)による感染症であり、感染症法上は、4類感染症に分類される。宿主はヒトとヒト以外の霊長類(サル)である。媒介動物でありまた保有宿主でもある蚊に刺されることにより感染する。 [続きを読む]