イタリアーノ塾 さん プロフィール

  •  
イタリアーノ塾さん: 美しきトスカーナからイタリア語も美味しさも楽しさも
ハンドル名イタリアーノ塾 さん
ブログタイトル美しきトスカーナからイタリア語も美味しさも楽しさも
ブログURLhttp://italianojuku.blog135.fc2.com/
サイト紹介文イタリアからトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ、田舎生活、ホームステイを提供
自由文イタリア人伊語講師が日本のガイドブックに載っていない美しきトスカーナ情報や(イタリア人にしか分からない)誰も教えてくれないイタリア語会話のポイン ト、ほんとに美味しいイタリア家庭料理レシピ、街に住んでは味わえない田舎生活での癒しと楽しさ、イタリアの心が味わえるトスカーナ滞在情報など興味津々のホット情報をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/08/26 18:26

イタリアーノ塾 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • マレンマ
  • 今年のマレンマの冬は、1月に2週間だけ寒かった!雪も降らなかった!数年前までは、ソリ滑りができるくらい、雪が降っていたのですが、最近は本当に雪が降らなくなった。暖かい日が続いていることで、果実の木々の開花時期も早まり、アーモンドやプルンの花は3月中旬には既に満開となっていました。桜の花は、従来、4月10日頃が満開の時期ですが、10日以上も早い今が満開を迎えています。絶滅が危惧されているミツバチですが、幸い [続きを読む]
  • ヒツジ
  • この時期になると、イタリアでは復活祭の準備が始まる。お待ちかねのパスクア(復活祭)!学校も会社も、クリスマス休暇の後の長い連休となる、およそ、1週間のお休みが待っているのです。そして、イタリア国民、みんな大好きなパスクアの定番菓子「コロンバ」が食べられるとあってワクワクな時期でもあります。 私は食べたことがありませんが、イタリアのパスクアの伝統的な食べ物の一つに仔羊料理があります。仔羊料理については、 [続きを読む]
  • アドリアーノ
  • イタリアでは、薪ストーブは欠かせないものである。 丘や山に住んでいる人はもちろん薪ストーブがメインの暖房設備となっている。 でも、イタリア人は、暖炉に憧れているので、街のアパートや家では、都市ガスの暖房設備があっても、暖炉が設置されていることが多い。 やはり、薪火の暖かさや温もりを一度知った人は、もう、薪ストーブや暖炉を使わないではいられなくなる。 薪と言えば、木を切り倒す作業から始まる。その木 [続きを読む]
  • イタリア・トスカーナでのご滞在はいかがですか?
  • イタリア・トスカーナでのご滞在はいかがですか?ホームステイ1泊でも2泊でも無料でお泊めします!イタリア語リスニング教材の執筆が忙しく、1年間、ホームステイをお休みしておりましたが、次の教材執筆で忙しくなるまでの間、ホームステイを喜んでお受けすることにいたしました。昨年お休みしてご迷惑をかけた代わりに、特別に、2017年2月中旬までのホームステイ宿泊料金を2泊まで完全無料でお受けすることにしました。そして、 [続きを読む]
  • イタリア語の翻訳について
  • 私は数多くの翻訳・通訳を経験してきました。最近は、翻訳者や通訳者を目指す生徒さんへのイタリア語レッスンも増えています。私の生徒さんに、度々、こんなことをも言ったりします。「イタリア語を話したり、イタリア語を翻訳するためには、イタリア語の文法をしっかり覚えることです。階段を1段づつ登るように、文法を一つづつ覚えなければ、イタリア人に理解してもらえるイタリア語を話すことや翻訳は出来ないのですよ。」と。 [続きを読む]
  • 私の生徒さんが言ってくれたこと!その2
  • 生徒さんがイタリアのシチリアへ旅行し、先日、戻られ、先週のレッスンを始める前に、下記の通り私に話してくれました。「宿泊先の5つ星ホテル主催のパーティーに参加し、豪華な夕食を楽しんできましたよ〜。ホテルのジャルディーノの沢山のテーブルは食事をしている人で一杯でした。生バンドの演奏がBGMで流れている雰囲気の中、隣のテーブルの着飾った女性たちの会話が聞こえてくるので、何気なく聞いてみました。ファッション [続きを読む]
  • 私の生徒さんが言ってくれたこと
  • 私の二人の生徒さんの言ってくれたことが、とっても嬉しかった!45分のレッスンが終わろうとしたとき、5年前から習われている生徒さんはこう言ってくれました。***************************************************************************「先生のレッスンが今まで習った中で最も楽しいレッスンです。一冊のテキスト(教科書)が終わる度に、毎回、素晴らしいテキストを探してくれるので、いつも楽しく勉強が出来ます。なので、こ [続きを読む]
  • トスカーナの星空の下でのサトゥルニア温泉
  • トスカーナの星空の下でのサトゥルニア温泉!特別な演出を楽しまれてはいかがでしょうか!このイベントは、7月30日の22時から深夜の1時までです。私たち家族も度々利用させていただいていますが、本当に素晴らしい温泉なのでお奨めします。サトゥルニア温泉についてのブログ記事:http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-29.htmlhttp://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-category-10.html [続きを読む]
  • イタリア語会話リスニング教材その2を作成中・・・
  • こんにちは。フィオレンツァです。イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」が好評でしたので、現在、これに続く、中級・上級レベルの「ascoltiamo in italiano 2」を開発・制作しているところです。このasco.2の開発に専念するために、ブログを暫くの間、お休みいたしますが、スカイプイタリア語レッスンと私のfacebookページ「イタリア語会話リスニング教材 - イタリアーノ塾」の2つは並行して頑張り続けていま [続きを読む]
  • イタリアの有名なグループ歌手が今年解散
  • 1966年に結成されたイタリアの有名なグループ歌手「Pooh」は、今年が50周年を迎える節目の年となり、今年限りでグループを解散すると公表した。イタリアでは、若い世代も含め知らない人がいないくらいの超人気度を維持し続けていたが、解散宣言をし、ミラノとローマでのさよならコンサートを予定していた。しかし、イタリア中の多くのファンが熱烈に地元でのコンサートを熱望したことで、年間日程が埋まるほど多くのイタリア各地で [続きを読む]
  • 生徒さんがローマ街歩きガイドブックを出版!
  • 1年前からイタリアーノ塾でレッスンされている生徒の水谷渚子さんが、ローマの街歩きが愉しくなるガイドブックを出版しました。その本のタイトルは、「甘くて、苦くて、深い、素顔のローマへ」!本のタイトルのごとく、甘美なごちそうやほろ苦いエスプレッソ、そして、ローマの歴史と芸術の奥深さが魅力溢れんばかりに綴られている。水谷さんはローマに3年ほど語学留学され、この度、帰国されたばかり。折角、覚えたイタリア語を忘 [続きを読む]
  • 山菜に頼る
  • 冬の野菜がちょうど終わり、新しい野菜を植えるための畑を耕す時期なので、この季節になると、どうしても畑から採れる野菜が少なくなる。畑を耕し、自分で作ったコンポストの肥料を使っての畑作りが始まった!コンポストは、藁、牛糞、家庭で出る生ごみ、どんぐりの木の落ち葉等を数か月保管したもの。今から、種まきや苗植えをすれば、収穫は早くても5月の末頃になる。1度、自分の育てた野菜を食べると、スーパーから買う野菜は、 [続きを読む]
  • トスカーナの中の小さな日本
  • この時期になると、私は、毎年、山菜を採りに出かけていた。秋保温泉から、更に奥へ行ったところから山に入り、細い山道を、ツキノワグマを恐れながら、笛を吹いてひたすら登る。笛を吹くのは私たちの存在を熊に知らせるためだ。時には、野生の山猿の群れに出会うこともあった。そんな時は、冷や汗をかきながら私たちは身動きせずにじっとして、群れがいなくなるのを待った。私が少しでも動くと、ボスざるが牙を出して威嚇する。威 [続きを読む]
  • イタリア語会話リスニング教材、遂に完成!
  • イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」明日4月1日からご提供を開始します!やっと、完成しました〜〜〜!いろいろな壁を乗り越えて、皆さんからアドバイスやご声援をいただきながら、念願のイタリア語会話リスニング教材を完璧に完成させることが出来ました。遡ること約30年、私は日本語を学びながらイタリア語を教え始めました。二十数年前にも講師仲間とディスカスして、日本全国で販売できるようにと漠然と [続きを読む]
  • 生徒さんがイタリア語検定試験CILS B2に一発合格!
  • 私の生徒さんがイタリア語検定試験CILS B2に合格し、喜びのお声を頂きましたので、皆さんにもお知らせします。この生徒さんは、イタリア語実用検定試験の「準2級」を、そして「2級」を1発で合格し、今回、直ぐに「CILS B2」を受験されました。とにかく、頑張り屋さんで、イタリア語を熱心に勉強された生徒さんです。********************************************Carissima Fiorenza先生 Sono C・・・.御無沙汰しておりますが、お [続きを読む]
  • ベストなイタリアのスパ(温泉など)その4
  • 今回、ご紹介するトスカーナの有名な温泉は、ピストイア郊外のモンスッマーノ テルメ(Monsummano terme)にあるホテル「グロッタ ジュスティ リゾート ゴルフ&スパ(Grotta Giusti Resort, Golf & Spa)」です。この温泉は1800年代から洞窟温泉として知られており、オペラの「リゴレット」、「アイーダ」、「椿姫」などを手掛けたイタリアのロマン派音楽の作曲家ジュゼッペ・ベルディが頻繁に愛用していた話でも有名になっています。 [続きを読む]
  • ベストなイタリアのスパ(温泉など)その3
  • トスカーナのシエナ県にあるアミアータ山の麓(前回掲載したキアンチャーノ・テルメよりもアミアータ山に近い)に魅力的な温泉があります。出来れば頻繁に行きたいですが、最低でも生涯一度は行ってみたいスポットで、世界遺産に登録されているサン・クイリコ・ドルチャに近いバーニョ・ヴィニョーニ(Bagno Vignoni)の村にある温泉です。バーニョ・ヴィニョーニの村自体に独特な特徴があります。それは村の中央に大きな温泉プールが [続きを読む]
  • ベストなイタリアのスパ(温泉など)その2
  • 今回の温泉は、トスカーナのオルチャ渓谷にあるキアンチャーノ・テルメ(Terme di Chianciano)の中の一つの日帰り温泉を紹介します。まず、キアンチャーノは、世界遺産に登録されているオルチャ渓谷の中のサンクイリコ・ドルチャの近くにあります。また、去年のイタリアのペコリーノチーズコンクールで最優秀賞に輝いたピエンツァに近い場所でもあります。キアンチャーノの温泉は、肝臓の病気に効果があると言われており、世界中か [続きを読む]
  • ベストなイタリアのスパ(温泉など)
  • これからブログで、頻繁に、イタリア全国の私も行きたい魅力のスポットをご紹介していきますので、どうぞ、楽しみにして下さい。私に、大好きなものは?と聞かれれば、必ず「温泉」と答えていました。実際に、日本に住んでいた時に、いつも、北は北海道、南は九州までの日本全国で温泉巡りをしていました。言うまでも無く、イタリアにいる私は、日本の温泉とお蕎麦が懐かしいです。でも、幸いにイタリアにも日本と同じような温泉が [続きを読む]
  • アブルッツォ旅行記その5(最終回)
  • (アブルッツォ旅行記その1から読む!)今日の午後もドキドキ感動が待っているような予感がしたので、ティリノ川沿いで急いでお昼ご飯を食べました。カヌーのガイドさんにお奨めされた素晴らしいスポットとは、サント・ステファノ・ディ・セッサーニオ(Santo Stefano di Sessanio)の村とロッカ・カラッショ(Rocca Calascio)のお城の見学です。ここティリノ川からは1時間もかからない場所なので是非行ってみてはと奨められたのでした [続きを読む]
  • アブルッツォ旅行記その4
  • 翌朝はカヌーで楽しみ、また、午後には別の場所での楽しみを計画し、バカンスは最高に盛り上がろうとしています。さて、カヌーの出発地点への集合時間は朝10時でしたので、13時までの合計3時間ほどカヌーを思う存分楽しみました。カヌーにはガイド一人とお客2人が救命具を身に着け乗り込みます。後ろに乗るガイドさんと一番前に乗るお客さんが漕ぎ棒を使って進んでいきます。カヌーを漕ぎたいと言う息子と娘に任せて、私たちはのん [続きを読む]
  • アブルッツォ旅行記その3
  • オオカミセンター(Centro del Lupo)でもらったパンフレットを見て、私たちの旅程が決まった。このパンフレットに掲載されていたのは、何と、ヨーロッパで最も透明度の高い綺麗な川がこの近くにあるとのこと。マウンテンバイクを借りれば、この川沿いのコースを自由に周ることも出来るし、また、カヌーでこの川を往復することも出来ると言うのだ。それで、私は子供たちに「明日は、ヨーロッパで一番きれいな川に沿ってマウンテンバ [続きを読む]
  • アブルッツォ旅行記その2
  • アブルッツォと言えば、頭に直ぐ浮かぶのは「オオカミ」。以前から、本物のオオカミを近くで見たいと思っていた。オオカミはいつも見ることが出来ない幻の動物で、また、牙もあり、人をも襲う恐ろしい動物のイメージを抱いてきた。世界中で有名な「赤ずきんちゃん」、「3匹の子ぶた」に出てくるオオカミが人をも食う、とっても怖いものとされており、事実、猟師はオオカミを殺し続けてきた歴史もある。こんなにも恐ろしいオオカミ [続きを読む]
  • アブルッツォ旅行記
  • 久しぶりのブログ更新です。なぜ、今までブログを書か(け)なかったかと言うと、実は、私、イタリア語関連のテキストを製本すること決意し、今現在、執筆中なのです。以前から、イタリア語をお教えしていて、どうも、イタリア語の聴き取りを苦手とする生徒さんが多いことに気づき、同時に、イタリア語の聴き取り力を向上させる良い教材が英語に比べて極端に少ないからではないかと考えたのです。そうであれば、今まで日本の生徒さん [続きを読む]
  • 過去の記事 …