miccalus さん プロフィール

  •  
miccalusさん: ミカリュスのフランス語恋愛絵日記
ハンドル名miccalus さん
ブログタイトルミカリュスのフランス語恋愛絵日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/miccalus-vulgaris/
サイト紹介文パリ郊外で過ごす日常生活、フランスの美味しいもの、バイリンガル教育、フランス現地校情報など。
自由文ブルターニュ出身のフランス人、グランヌヌスと、ミカリュスとの恋のお話です。2人のデートのようすや、普段の会話など、かわいい絵日記で公開しています。
日本語対訳付きなので、フランス語学習初心者でも楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2010/08/28 01:42

miccalus さんのブログ記事

  • あらゆる可能性は同時に存在している!
  • 以前に書いた記事にいただいたコメントで、読者の方からこちらのサイトを教えていただきました。 Erikaさん、どうもありがとうございました。 多国籍の絵本の翻訳や精神世界についての記事をかかれているさいとうゆうこさんのサイトです。  聞かせてよ、英語のお話・わらべ歌 上記のリンクから臨死体験で末期癌が消えた『喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと』の著者『アニータ・ムアージャニさん』のイン [続きを読む]
  • 恋愛未満の誰かがいるあなたへ
  • 今朝からスカイプが繋がらなくてけっこう焦りました。 調べてみたらヨーロッパ全域で障害が起こっているようです。 こちらのサイトで世界中でのスカイプの接続状況がわかります。  http://touteslespannes.fr/statut/skype/carte/ 私はフェイスブックもラインもしないので、スカイプが家族とのコミュニケーションの命綱です。 息子にはメールもしてみたけれど、いつでも見ているわけではないのですぐには返事は来ません。 [続きを読む]
  • 日曜日のグランヌヌスシェフごはん
  • ブルターニュでは義母の美味しいごはんを食べて、義両親が別荘に行っている間は、昼も夜も外食になりがちで、旅行中はどうしても食べ過ぎになってしまいます。 パリに戻った日曜日のランチは、デトックスということで、グランヌヌスがキャロットラペをたくさん作ってくれました。 スーパーなどで売っている市販のキャロットラペはお手軽ですが、保存のためか味が濃すぎてあまり好きでないのです。 グランヌヌスのキャロッ [続きを読む]
  • 悩ましいアメンバー記事
  • アメンバーの申請をたくさんいただいております。 でも、とっても悩ましいのです。 アメブロも他のブログもされていない方で、私のブログが気に入ってずっと読んでくださっている方がいらっしゃり、ときどきメッセージなどをいただくことがありとても嬉しく思っています。 そういう方こそ私にとっては大事な読者さんで、プライベートなことも書いているアメンバー記事も読んでもらいたいと心から思うのですが、私の方からその方 [続きを読む]
  • バカンスの後にいつも思うこと
  • 無事にパリの自宅に戻ってきました。 旅行から戻ってきて、家の中が出かけた時と同じ状況なら、すごくホッとします。 何日も家を空けると心配なのは泥棒で、たいしたものはない我が家でも留守中に誰かが侵入して部屋を荒らされるのは嫌なので、自宅に戻って何もかもがそのままであれば、ありがたい、ありがたいと何度も手を合わせています。 我が家は小さい屋根裏部屋なので、泥棒も狙わないとは思うのですが、長期で出かけ [続きを読む]
  • 義両親に送る母の日と父の日のプレゼント
  • 有閑マダムの義母は、義父が現役の頃から夏はみっちり3ヶ月は海に面した別荘で過ごしています。 義父は仕事を休める1ヶ月ほどは義母と一緒に別荘で夏を過ごすのですが、それ以外は週末だけ車を飛ばして妻に会いに来るという暮らしを送っていました。 義父が引退した今は、二人とも毎日がバカンスなので、夫婦で夏の間中、仲良く海の家で過ごしています。 (義母の本音は一人の方が気楽でいいみたいですが。) 私たち夫 [続きを読む]
  • 二人きりのルーフテラスで
  • ブルターニュの南フィニステールのカンペールでの小旅行から、義両親宅に戻ってきました。 義両親は海辺の別荘に行ってしまったので、私たち二人だけで自由にさせてもらっています。 カンペールで偶然見つけたバー。 道路に面した小さなバーの奥の古びた階段を登ると、小さなルーフテラスがありました。 オーナーは元パリジャンの男性で、ブルターニュのこの地が気に入って、数年前に一軒家を購入、そしてバーも [続きを読む]
  • ビールが美味しい初夏のカフェテラス
  • ブルターニュ、北フィニステールのブレストのカフェで。 左がアイルランドのビール。 右がアルザスのビールです。 アイルランドのビールの泡。 味も濃くて風味があって美味しいです。 アルザスのビールは、グラスが可愛い。 プチ・アルザシアンがビールを一気飲みしています。 南フィニステールのカンペールのカテドラル前の老舗カフェ。 メニューの表紙が昔のカフェの写真です。 左がブルター [続きを読む]
  • 陽射しの中でランチタイム
  • ブルターニュのカンペールでのランチタイムです。 偶然見つけたレストランのテラスが素敵だったので、迷わずここに決めました。 お天気の変わりやすいブルターニュですが、今日のカンペールは一日中お天気が良くて快適でした。 太陽の陽射しを浴びながら飲む白ワインは格別です。 テラスに咲く花。 アントレの海老です。 大きくてぷりぷりで、パリで食べる海老とは比べ物になりません。 薄切りのバゲ [続きを読む]
  • 甘やかされている私たち
  • 義両親と一緒にブルターニュでバカンスを過ごしています。 1年ぶりの再会をとても喜んでくれて、昼も夜も、義母の美味しいお料理をいただいて甘やかされている私たちです。 ブルターニュのバターで炒めた新ジャガイモとクルジェット(ズッキーニ)。 白身魚のハーブ焼き。 パリで食べるお魚とは鮮度が違います。 義父が選んだ赤ワイン。 コストパフォーマンスの良い納得のワインです。 左から時計周りに、 [続きを読む]
  • 義両親と過ごすバカンス
  • 週末から1週間、義両親が住むブルターニュで過ごしています。 親戚の叔母さんも立ち寄ってくれてシャンパンでアペリティフタイム。 とっても甘くて美味しいブルターニュの苺。 パリは今週は気温が高く夏日が続くそうですが、ブルターニュ今週の気温は20度から上がっても25度くらいらしいので、避暑地に来た気分です。 海岸でペタンクをする人々。 潮風に吹かれてながら、義両親と一緒に海岸沿いを散 [続きを読む]
  • 幸せになる直観力の磨き方
  • 月曜日がペンテコステのお休みだったので、先週末は3連休だったフランス。 5月も連休が続いていたので、この時期はなんだかお休みばっかりのフランス生活です。 通りかかった公園でさくらんぼを摘んできました。 高枝切りばさみや梯子持参の強者フランス人ムッシューやマダムに混ざって、丸腰で飛び入り参加した私たちはジャンプして上の方にある真っ赤に熟れたさくらんぼを摘みました。 夫が背が高くって良かったと [続きを読む]
  • 自分を幸せにするということ
  • 私たちひとりひとりの内面の投影が世界を創っているということをご存知の方も増えてきていると思います。 自分を自分で幸せにすることは、周りの人の幸せに繋がりその波動は世界を良い方向へ変えるための大きなエネルギーになります。 こうあらればならない。 良い人でいなければいけない。 そして皆に良い人に思われたい。 そのような気持ちで動いていると、その苦しい波動は思いエネルギーとなり周りに伝染していきます。 [続きを読む]
  • 私のメディテーション - 至福の時間
  • 最近発売になった79歳の日本人パリジェンヌの弓・シャローさんのこちらの本を実家の母に贈りました。 昨日、無事に届いたようで、サプライズプレゼントとして贈ったので、ユミさんと同い年の母はすごく喜んでくれました。 パリが教えてくれたボンシックな毎日 ときめくものだけシンプルに。暮らしのセンスアップ86の秘訣 周りに流されず自分軸を持って生きていらっしゃる方は、いろいろな意味で老化が緩やかなような気がし [続きを読む]
  • 危ない甘い生活
  • このところ毎日1時間はヨガをして、フランスのオーガニックスーパーの『ナチュラリア』で見つけたアーユルヴェーダのハーブティーを飲んでいる私。 『チャクラを刺激するアーユルヴェーダのハーブティー』ミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブ…|https://t.co/rslnw5cEuP― Miccalus Vulgaris (@Miccalus) 2017年6月3日 そんなにわかヨギーな私のリズムが瞬く間に壊れる週末がやってきました。 我が家のシェフが、朝 [続きを読む]
  • 79歳のパリジェンヌと母への思い
  • 最近発売になった79歳の日本人パリジェンヌの弓・シャローさんのこちらの本。 ユミさんと同い年の実家の母に贈るためにアマゾンに注文をしました。 パリが教えてくれたボンシックな毎日 ときめくものだけシンプルに。暮らしのセンスアップ86の秘訣 ユミさんは在仏51年、31歳で結婚されたフランス人の旦那様との結婚生活は7年の別居期間を乗り越え、現在は仲良く [続きを読む]
  • ギークな息子からの母の日の贈り物
  • このところ創作意欲が芽生えてきた私は、フランスのブロカントなどでアンティークの天然石やビーズを集めています。 今度帰国したときに母の宝石箱も物色させてもらって、使えそうな石などもらって帰ろうと思います。 『時を経ても美しい古代の装飾品。』ミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブ…|https://t.co/O9Ez3JE2NZ― Miccalus Vulgaris (@Miccalus) 2017年6月2日 ルーアンの食堂 [続きを読む]
  • 自分軸と直感力
  • 昨日から夫が企業の国際会議のためにブリュッセルに出張中です。 パリーブリュッセル間で出されるタリスの朝食。 今回は、ショソン・オ・ポムがついています。 ギリシャ・クレタ島でのバカンスの後、大きな変化の渦の中にいます。 今まで滞っていたことが動き始めました。 長い時間をかけて押し続けていた、今まではビクともしなかった大きくて重 [続きを読む]
  • 人生はAll inclusive
  • 日曜日のパリ近郊は、気温が33度くらいまで上がるとの予報だったので、朝の涼しい空気をお部屋に取り込んだ後は、カーテンを閉めて、お部屋の中の温度が上がらないようにして、朝からセーヌ川沿いで開催されていたブロカントに行ってきました。 暑い夏を乗り切るこの方法は冷房がないアパルトマンに住むパリジャンの裏技で、まだバカンスでもないのに、強い午後の日差しが入ってこないように、雨戸がしっかりと閉ざさ [続きを読む]
  • 日本が恋しい今日この頃
  • バカンス中にコメントをくださった方々。 たいへん遅くなりましたが、お返事が終わっておりますので、お時間のあるときに覗いてみてくださいね。 クレタ島からパリに戻った日は、着いたのが夜ということもあり13度という気温で、寒くてがっかりしたのですが、日曜日から気温が上がって、昨日も今日も気持ちの良い5月の青空が広がっています。 パリ郊外にある小さな日本庭園も新緑が眩し [続きを読む]
  • 自分の機嫌は自分の責任 だけど。。。
  • 私は、東京でもパリでもスポーツジムには何度か登録したことがあるのですが、長続きせず、毎回会費の無駄遣いになってしまうという黒歴史があるので、現在、近所の森や公園でのウォーキングとお家ヨガをマイペースで続けています。 しかし今回、クレタ島のリゾートホテルのスパのジムを利用してみて、太ももの裏の筋肉が刺激される感じなど、普段あまり使っていない場所に効いているのを実感できたので、定期的に [続きを読む]
  • 人の機嫌はその人の責任
  • クレタ島最終日。昨日のピラティスとジムでのウェイトトレーニングで、普段使わない筋肉が刺激されてあちこち痛い私です。今日、ホテルをチェックアウトするので、最後のソレイユ(太陽)を楽しんでいます。海辺のバカンスは、気をつけていてもやっぱり肌を傷めてしまい、シミやソバカスが増えてしまいますが、美肌・美白に命をかけて人生を楽しめないより、少しくらいなら年齢相応の変化を受け入れて、笑顔でハツラツと過ごしたい [続きを読む]