miccalus さん プロフィール

  •  
miccalusさん: ミカリュスのフランス語恋愛絵日記
ハンドル名miccalus さん
ブログタイトルミカリュスのフランス語恋愛絵日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/miccalus-vulgaris/
サイト紹介文パリ郊外で過ごす日常生活、フランスの美味しいもの、バイリンガル教育、フランス現地校情報など。
自由文ブルターニュ出身のフランス人、グランヌヌスと、ミカリュスとの恋のお話です。2人のデートのようすや、普段の会話など、かわいい絵日記で公開しています。
日本語対訳付きなので、フランス語学習初心者でも楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供401回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2010/08/28 01:42

miccalus さんのブログ記事

  • ふたりぼっちのお花見と頭なでなで
  • フランス大統領選の第一回投票の結果が出ましたね。フランス大統領選 第一回投票結果 マクロンが1位 ルペンが2位で、決戦投票に臨みます。 https://t.co/rq9FVjMDVW― Miccalus Vulgaris (@Miccalus) 2017年4月23日 日曜日は、パリ郊外のソー公園へお花見に行ってきました。 朝方は冷え込んで寒いくらいでしたが、午後には快晴になり、気持ちの良いピクニック日和となりました。 &nbs [続きを読む]
  • 土曜日のランチデートとシャンゼリゼのテロ
  • 前回のこちらの記事には、たくさんのコメントをくださり本当にありがとうございました。            稼ぐ稼がないは自立とは何の関係もない 自立と自律 皆様のコメントを読ませていただくことで、いろいろな立場の方のお気持ちがわかり日々学ばせていただけることに感謝しております。 このテーマは、関心のある方が多く、たくさんの方が読んでくださったのがとても [続きを読む]
  • 稼ぐ稼がないは自立とは何の関係もない 自立と自律
  • アメンバーを申請してくださっている皆様へ 何度もブログでお知らせしておりますように、アメンバー承認の最低条件は、ブログをされていてその方の家族構成や住んでいる場所など、おおまかな生活ぶりわかる方で、私にわかる形で読者登録をしてくださっている方となっております。 その上で、コメント等で交流があり、今後も末長く良い関係を築いてくださるお気持ちのある方だけを承認させていただいておりま [続きを読む]
  • ルカリュスの帰国受験ストーリー
  • 大学生になってあまり書くことがなくなってしまったルカリュスの逆留学日記ですが、日本の高校を帰国受験したときの様子がまとまりつつありますので、こちらでも紹介させていただきますね。 このブログをお読みの方で、帰国受験を検討されている方がいらしたら参考にしていただけばと思います。帰国生のための学校選び帰国生のための学校選び - 我が家の場合 part1帰国生のための学校選び - 我が家の場合 part2帰国生の [続きを読む]
  • サロン・ド・テでプチ・デジュネ
  • ノルマンディーのルーアンでの朝食は、偶然見つけたこちらのサロン・ド・テでいただきました。 Dame Cakesというイングランド風のサロン・ド・テです。 キッチン付きのアパートに泊まっていたのですが、外で朝食を食べるとバカンス気分が盛り上がります。 温かい飲み物は、夫はコーヒーを、私はマリアージュフレールのマルコポーロをお願 [続きを読む]
  • モテる女は浮気しない!
  • 本当にモテる女性は浮気も不倫もしません。 この場合、モテるという意味は女性としての健全な自己信頼感があるということです。 言い寄ってくる男性の数や、デートに誘われた回数などとは全く関係ありません。 女性としての自分にきちんとした自己信頼感があると、夫以外の男性から女性として求められたいとか、それによって自分の価値を確かめたいという気 [続きを読む]
  • 旅は歩くのも食べるのも体力勝負
  • アメンバーの申請をしてくださった方々。メッセージをくださった方々。いつもブログを読んでくださってありがとうございます。ノルマンディーでプチ・バカンス中ですので、パリに戻りましたら、ゆっくりお返事を差し上げますのでもう少しお待ちくださいね。ノルマンディーの首都、ジャンヌ・ダルクの最期の地、ルーアンでの昨日のランチです。私が注文したバヴェットステーキ。Bavette d'aloyauという牛の部位で、柔らかくてビーフ [続きを読む]
  • ケシの実入りレモンケーキとルイボス&黒豆茶
  • フランス、ノルマンディーの首都、ルーアンに来ています。パリのサンラザール駅。ノルマンディー行きの列車。朝ごはんを食べてきたのに、なぜかお腹が空いたので、駅構内のパン屋さんへ。どれにしようかな。こちらのケシの実入りレモンケーキにしました。パリのサンラザール駅には、無印良品「MUJI」もあります。「MUJI」のルイボス&黒豆茶とケシの実入りレモンケーキ。サンラザール駅のキヨスクでは、クラランスのマスカラのオマ [続きを読む]
  • 自分の欲しいものだけしか欲しくない
  • おそらく多くの人の悩み事や欠乏感は、雑誌やネットで見た素敵そうに見える誰かのライフスタイルや、世間(って何?)が言う成功の形みたいなものに振り回されていることからきているだけかもしれません。あなたが羨ましいって思うその生活は、あなたには全然向いてないものかもしれないし、本当に欲しいものじゃなかったりすると思うのです。自分の欲しいものだけあればそれでいいと思います。私が個人的にいいなと思う人は淡々と [続きを読む]
  • 奇跡は起こる!
  • どう考えてもこれは無理だと思うことでも、スルリとうまくいったりすることがあります。 前にも何度も同じようなことがあって、そのときもダメだったので、また今度もダメに違いないと思いがちですが、過去に起こったそのことと今目の前にある問題は、同じに見えても違っていて、何が違うかというと、そのときと今とでは意識のあり方が違うのです。 もちろん原因は他にもいろいろあります [続きを読む]
  • パリ植物園と休日とバカンスの過ごし方
  • パリ5区にあるJardin des plantes(植物園)。 八重桜が満開でした。 ここにはじめて来たのは、今から15年ほど前でしょうか。 植物園が目的ではなくて、進化大陳列館(Grand Galerie de l'Evolution)を見学するためでした。 動物の進化の過程をダイナミックな展示で観れるので、息子が喜ぶと思い連れていったのです。 そのときに館内のトイレに息子の毛糸のボネ [続きを読む]
  • 日曜日の朝ごはん?
  • 日曜日の朝、グランヌヌス特製のほかほかの焼きたてのパンがテーブルに準備されていました。 前日の夜にこねたパン種を一晩寝かせて、早朝からオーブンで焼いてくれたそうです。 オーガニックの林檎が入っている林檎入り田舎パンです。 私は、こちらのコールドプレスジュースを作りました。 &n [続きを読む]
  • 愛され続けるよりも大切な愛し続ける努力
  • 私のブログを行間までしっかりと読んでくださっている方は、もうお気づきだと思いますが、 愛される秘訣というテーマでよく記事をアップしておりますが、その根底にあるのは「そのままの相手を愛すること。」の大切さです。 結婚生活が長くなってきますと、旦那さまの存在が当たり前になり、つい可愛げのない態度を取ってしまったり、邪険に扱ったりしてしまう人もいるのではないでしょうか。 &n [続きを読む]
  • 水曜日のソワレと鏡の中の私
  • 転職して別の企業に移った夫の昔の上司に誘われて、元同僚たちがカフェに集まって近況報告をし合おうみたいな会がありました。 夫の勤める企業の社食にもよく出没する私は、ほとんどの同僚、上司を知っていて、夜の飲み会にも普通に参加しています。 私は全くの部外者なのですが、そのことを気にする人は誰もいなくて、皆、私をファーストネームで呼び、ビズをして迎えてくれます。 [続きを読む]
  • バニラビーンズたっぷり手作りクレーム・シャンティイ
  • シャンティイ城の庭園のはずれにあるアモー(HAMEAU)という田園集落にあるレストランLES GOUTERS CHAMPETRESで食べれる元祖『クレーム・シャンティイ』。シャンティイ城の腕利き宮廷料理人であったフランソワ・ヴァテール氏(Francois Vatel 1631-1671)が生クリームを撹拌すると泡立つのを発見してこの名前がついたと言われています。 3月にパリから日帰りの小旅行でこのクレーム・シャンティイの発祥の地『シャンテ [続きを読む]
  • 土曜日の徒然日記
  • 暖かくなってきたので、コールドプレスジュースを再開しました。 冷蔵庫の残り野菜で作りました。 すぐに飲まないときはジュースのビタミンが空気に触れて失われるのを防ぐために、蓋付きの瓶にいっぱいまで入れて冷蔵庫で保存するのが良いそうです。 城崎温泉でフルーツ牛乳を飲んだときに、夫が気に入って持って帰った瓶が役立っています。 材料は、林檎、人参、パプリカ、白菜、イタリアンパセ [続きを読む]
  • アラカン美人モデルの美しく歳を重ねる秘訣
  • 前回に引き続き、フランス人のアラカンのマヌカン、ヤスミーナさんの年齢を重ねるたびに身も心も美しくなる秘訣をシェアしたいと思います。 まずは前回のこちらの記事からお読みくださいませ。 前回、一部抜粋して翻訳しましたが、こちらの2017年のこちらの最新の記事から、60歳を過ぎても美しいだけでなく心の平安を保ちながら自分らしく生きているヤスミーナさんの美の秘訣をさらに翻訳 [続きを読む]
  • 海辺で旅行気分なランチデート?
  • 今日のパリは、まるで夏が来たみたいな暖かい1日でした。 街行く人は半袖の人も多く、朝夕に冷えることもあるので、微妙な冬服との組み合わせの人もちらほらいましたが、午後からどんどん気温が上がっていて、Tシャツ組は軽快に、コートを着て来た人は、邪魔になったコートを脱いで、春の陽射しを楽しんでいました。 思いきって夏服を着ちゃってもいいのか、スプリングコートはやっぱり持って行った [続きを読む]
  • 体に良いことを続けるとテロメアは伸びる!
  • アメンバー記事へコメントしてくださったアメンバーの皆さま。たいへん遅くなってしまいましたが、今までのコメント(BEBEヌヌスの記事やラブストーリーなど)のお返事が全て終了しておりますので、よろしければお時間のあるときに読んでみてくださいね。 我が家のキッチンから見えた今朝の朝焼けです。(グランヌヌス撮影) どうして空がこんなに綺麗なのでしょう。 ピンクと [続きを読む]
  • 定年後の夫婦の形とお洒落の重要性
  • アメンバー記事へコメントしてくださったアメンバーの皆さま。たいへん遅くなってしまいましたが、今までのコメントのお返事が全て終了しておりますので、よろしければお時間のあるときに読んでみてくださいね。 せっかく晴れの日が続いている今日この頃のパリですが、月一度の女性の日と重なってなんとなく遠出をする気になれず、お家でずっとお洗濯ばかりして過ごしています。 &n [続きを読む]
  • 年齢は自分で決める!21歳から先はX(エックス)歳
  • 皆さま ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、本日は、米国在住のフランス人のマヌカン(モデル)のYasmina Rossiさんの歳を重ねても美しく生きる秘訣を、皆様とシェアしたいと思います。 Yasmina Rossiさんは若い頃からモデルの仕事をされていましたがブレークしたのは45歳になってからだそうです。 日本語の記事がありましたのでご参考までにリンクを貼っておきますね。 20代より [続きを読む]
  • 昼下がりの日曜日、ブックカフェにて
  • 皆さま 先日の記事からこちらのブログに飛んでくださった方々、本当にありがとうございました。  ミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブック  子供と一緒にバイリンガル その日以来、おかげさまでいつもの倍近くのアクセスがあり、とても感動しています。 ミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブックでは、パリでシングルマザーをしていた頃から、フランスの普通の暮らしや旅の様 [続きを読む]