i+i さん プロフィール

  •  
i+iさん: i+i 設計事務所
ハンドル名i+i さん
ブログタイトルi+i 設計事務所
ブログURLhttp://iplusi.exblog.jp/
サイト紹介文土地探し ローコスト住宅 シンプルモダン 高機密高断熱 を得意とする設計事務所のブログです
自由文アイプラスアイ設計事務所は、デザイン性の高い建築を設計する、いわゆるアトリエ系の設計事務所ですが、土地探し、木造、高断熱、パッシブソーラー、コストコントロールといった技術の分野も得意としています。設計者の知識や技術力がどれほどのものか、依頼前の建主さんには、知るすべがありません。そこで、知識や技術力については、ブログや、本HPの掲示板で積極的に公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/08/28 19:12

i+i さんのブログ記事

  • 三宿N邸上棟
  • 三宿N邸上棟しました。ロフト付き2階建て、切妻屋根の住宅です。在来木造、屋根は登梁形式@910で充填断熱。野地は2層(24?+通気垂木45*55+12?合板)。中央左手上部、資材が置いてある部分はハイサイドライトになります。都内一等地ですが、お隣の敷地にクレーン車やトラック置けたので、建て方はスムーズ、初日に主要架構は全部かかりました。作業は、村木さん、森兄弟、狩野さん、新井さん、石倉さん、沢舘さんといういつもの [続きを読む]
  • 準耐火建築の壁に無理せず木を張る方法
  • 昨日投稿したローコスト準耐火木内外壁のつづきです。三宿N邸、外壁は道路側の主要な部分に昨日ご紹介のJBN仕様で木を張る予定です。一方、茶色い部分はモルタルに吹き付け。全体的に茶色系に振って、柔らかい感じにしようと思っています。JBN仕様で外壁に木を張る場合、内部は石膏ボードを重ね張りする必要があります。でも内装に木を張ると石膏ボードはシングルで済むそう。ならば、外壁に木を使う部分に合わせて木を張るのが合 [続きを読む]
  • 準耐火建築の外壁、間仕切り壁に木を張る裏技
  • 青木さん(父)が会長を務めるJBN(全国工務店協会)が、準耐火建築の外壁と間仕切壁に木を張れる認定を取得しました。今までは準耐火で木を張るには、外壁では薬剤処理した高級な材料を、内壁では薄い突き板をダイライトなどに練りつけたまがい物を、使わざるを得なかったのですが、今回JBNが取得した認定は、石膏ボートの捨て貼りや重ね張りだけで、内外とも普通の木の羽目板が使えます。準耐火なのに床壁をオール木にすることも [続きを読む]
  • 朝川剛先生来所
  • 記事にするのがちょっと遅くなりましたが、今春、日建設計を退職し、今川憲英先生の後任として東京電機大学の准教授に就任された、構造家の朝川剛先生、来所。先生と書きましたが、朝川さんは母校武蔵高校バスケ部、2学年下の後輩なんで普段は呼び捨てです。朝川さんは、京都大学から日建設計に入社。日建時代は、ホキ美術館(上記写真はウィキペディアから拝借)や木材会館を担当した構造のエースでした。組織で培った安心安全の [続きを読む]
  • 多摩NK邸仕上げ工事
  • 切妻中央にハイサイドライトのある家、多摩NK邸。現場は着々と進んでいます。ハイサイドライトは高さ低いですが南向きなので、暗くなりがちな切妻中央を照らすには十分なの光の量。あまり大きくすると暑くて危険ですからね。FIX窓の両脇に設けた滑り出し窓は電動で開閉できまるので、温度差換気も可能です。ハイサイドライトの光は吹き抜けの大きな壁に沿わして落とします。階段踊り場にいるのはエクスナレッジ湯浅さん。建築知識 [続きを読む]
  • 横浜M邸配筋検査+打設
  • 横浜M邸配筋検査by熊沢。間口6間の巨大なベタ基礎です。中央、マイヘルメット持参だけどスカートのエクスナレッジ湯浅さんは、建築知識、現場監理特集の取材中。大きめのデッキも一緒に耐圧板打つため、青木さん、勝栄土建の配慮でデッキ下部と本体の間に止水板を入れて頂きました。耐圧板の検査。スランプ16。単位水量175kg/m3、水セメント比53%の良質なコンクリートです。今回は珍しく4m3積み。私道の行き止まりで通過交 [続きを読む]
  • 川越K邸 竣工後3年の様子
  • 川越K邸、榊住建の家検サービス(1年毎の定期点検)があったので、千代岡社長と熊沢と一緒に伺ってきました。K邸に伺うのは竣工依頼初めて、かつ3年ぶり。Kさん=小泉さんには普段アイプラスアイの模型を作っていただいているのですが、肝心のK邸は片付いてないからということで設計者、ずっと見せてもらえてなかったのです、笑。土間にはペレットストーブが設置されました。離隔はクリアできるので、あえてガラス前に置いています [続きを読む]
  • 三宿N邸配筋検査→打設
  • 三宿N邸は中根建築士監理のもと、基礎工事着々と進行中。5/24配筋検査。2世帯住宅なのでスリーブもたくさんあります。敷地内の高低差があったので深基礎で対応。たかだか40cmだけどサポートは随分ゴツくなりますね。雨が続いたので、5/29耐圧打設。この日のスランプは16でした。いつもどおり第三者試験を確認してから打設します。ポンプ車に最初に流すモルタルはバケツに出して、最後の生コン車に返してたそう。現場が汚れないの [続きを読む]
  • 雑誌「家を買Walker」に「間取りの方程式」紹介記事
  • 有村架純ちゃんが表紙の家づくり入門雑誌「家を買Walker」。住まい本の紹介コーナーで「間取りの方程式」大きく取り上げていただきました。書店にてご覧いただければ幸いです。家づくり雑誌の表紙を家でなく有名女優が飾るという、建築系本にとっては厳しい時代ということなかもしれませんが、「新米建築士の教科書」もおかげさまで売れ行き好調です。「間取りの方程式」同様に引き続きよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 荻窪K邸 基本設計案
  • 荻窪K邸基本設計案。外観はドーマー窓の幅が構造に合わせて少し広くなり、間取りは2階LDKかつ2階浴室で収束しました。南2階の窓は2200Hのシャター付き引違いが3つ並びます。1階の外壁は木の予定。つまり、①木の外壁、②間口いっぱいの大窓、③屋根が層状に重なってくるわけです。2階は吹き抜けを挟んでリビングとダイニングの床を40cmスキップさせています。奥の明るいところはキッチンです。隣家のオープンスペースめがけて [続きを読む]
  • 町田K邸引越し後
  • 3月末に引き渡した町田K邸、昨日お邪魔してきました。青空に焼杉が映えますね。北側道路向かいの公園は、サクラやイチョウが植わっており、花見、紅葉が楽しめます。この日は初夏の緑が爽やかでした。樹脂サッシだけどFIX窓を効果的に使って、開放感を出してます。ネイルサロンのドアからも公園の緑が眺められます。ガラスに表情を付けている極細の十字はスチールのフラットバー。ということで、Kさん、この家は緑が一つのテーマな [続きを読む]
  • 稲毛S邸05案
  • 稲城S邸05案。全体の形状と部屋の配列は05案でほぼ決まりました。親世帯と子世帯の玄関を、あえて南と北に分けます。塀は西方向にだけ出す形です。親世帯の玄関は、ビル風強風対策として引き戸を希望されているため、無理せずアルミの防火戸に。これで建物配置の自由度も高まります。2階の子世帯バルコニーは前面道路の歩行者通行が極めて多いため、手すり兼用の目隠しルーバー付き。机が置けるくらいの広さがあります。ベンチがバ [続きを読む]
  • LIVESvol.93「自分サイズの家」読み物記事「身の丈家づくり塾」
  • 雑誌LIVESvol.93「自分サイズの家」(第一プログレス)、後半の読み物記事、「身の丈家づくり塾」に全面協力。といっても、私は各種資料をお渡ししつつ、インタビューを受けただけですが、編集の池田さんと「小さな家で楽しむスタイルのある暮らし」や「マイホームプラス」などで過去に何度もお世話になっている松川絵里さんが、6ページの誌面にきちんとまとめてくださいました。全国の書店にて絶賛発売中。お手に取っていただける [続きを読む]
  • 横浜M邸地鎮祭
  • 今日は横浜M邸、地鎮祭でした。横浜M邸の敷地は市街化調整区域、前面道路は私道かつ43条但し書き道路ということで、申請の難易度高いものの、日当たりの良い70坪オーバーの真四角、平坦な整形地です。敷地が広いので、家の方もアイプラスアイとしてはやや大きめの44坪。ロフトや吹き抜け含めれば、実質50坪くらいのゆったりした家になります。個人宅では過去最大です。手前の汚水枡が高くて邪魔ですので、頂部切り飛ばすことを検討 [続きを読む]
  • 稲毛S邸04案
  • 稲毛S邸04案。西側の妻面は切妻中央を欠き取り、キューブをはめ込んだような構成。1階は庇の下に1間半間口の掃き出しを二つ並べました。形は良くまとまってますが、窓が大きすぎて物が置きにくいということで、間取り含めて再検討の予定です。2階のインテリア。入れ子された空中の家型ランタンから3方向に光を導入する形です。Sさんは2階のテラスの広さを優先させたいということで、ランタン作戦も再検討します。 [続きを読む]
  • 三宿N邸地鎮祭+工事契約
  • 今日は三宿N邸地鎮祭+近隣挨拶+青木工務店との工事契約でした。神主さんはNさんの手配で近所の松陰神社の方がいらしたんですが、青木さん実は10年前に松陰神社の神楽殿をつくったそう。現場、越境特に問題なし。隣地境界部、1.2m越えのブロック塀撤去済み。基礎がらみの配管の処理お施主さんへ説明。南側一部低かった以外は地盤レベルはほぼ想定通り。地盤は南側の一部を表層改良する形で、セカンドオピニオン会社の保証を使いま [続きを読む]
  • 妙蓮寺T邸01案
  • 新しいお仕事、妙蓮寺T邸。北斜面、崖上の建築です。古い擁壁に囲まれているので、その処理が最重要課題。01案は南に背の高い隣家が立つ北斜面の立地を考慮して、ハイサイドライトや2階窓から吹き抜けに光を落とす、切妻型の住宅をご提案。眺めのいい北東側には、特徴的な窓をとりました。ちなみに、T家ご主人は超大手設計事務所勤務で、奥様も超大手ゼネコン設計部出身。つまりお二人ともバリバリの本職。アイプラスアイ責任重大 [続きを読む]
  • さいたまO邸その後
  • 竣工後約1年半。連休中日の本日、さいたまO邸伺いました。角のエリアには株立ちのアオダモなどが植わり、さわやかな感じになっています。青空とシングルパネルの外壁がよく合いますね。リビングダイニングは2階。切妻の中央にロフトが浮かぶ構成で、ダイニングは勾配天井なりの空間になっています。通り側の大窓は横型ブラインドで下からの視線を遮っています。冬場は一番温かいロフトで寝ていたそうです。大窓沿いはアイプラスア [続きを読む]
  • 多摩NK邸 現場進捗状況
  • 多摩NK邸は外回りが大詰め、内部はフローリング張りが始まったところです。これは、2階南のセカンドリビング部分。窓際の天井高2M。サッシはH=1500の片引き(特注サイズ)。方立の内側に90角の構造柱を立てただけのシンプルおさまりですが、昔の住宅のようなスケール感が、とても好ましいです。既製の換気棟は、端端ではなく、最後のハゼまでとしていただいたので、小口はすっきり納まっています。ハイサイドの屋根も破風なしです [続きを読む]
  • 稲毛S邸02案
  • 稲毛S邸02案。両世帯入口を、高低差の少ない南東角にまとめること。プライバシー確保のため塀をまわすこと。2階テラスを2か所にして、テラス南は格子状の表現にすることなどが今回の02案の要点です。ロフトに上がる階段は逆三角形の壁で表現してみました。2階のキッチンから、南側のテラス方向を見たところ。 [続きを読む]
  • 荻窪K邸02案
  • 荻窪K邸02案。2階をスキップさせる案を検討。「1階から2階の階段」と「2階からロフトの階段を」東西455ずらすことで、スキップ段差用の階段を生み出すという、Kさんのプロっぽすぎるアイデアをそのまま採用しました。浴室は1階に移動。反対にクローゼットは2階に。洗濯機は2階に配置してあるので、洗う干す畳むしまうは2階で完結させる計画です。 [続きを読む]