taninaoki さん プロフィール

  •  
taninaokiさん: 弁護士谷直樹/医療事件のみを扱う法律事務所のブログ
ハンドル名taninaoki さん
ブログタイトル弁護士谷直樹/医療事件のみを扱う法律事務所のブログ
ブログURLhttp://medicallaw.exblog.jp/
サイト紹介文医療事件のみを扱う弁護士谷直樹の法律事務所の公式ブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2010/08/28 19:20

taninaoki さんのブログ記事

  • 学校法人加計学園が第2の森友学園に
  • 学校法人加計学園の第2の森友学園疑惑が報道されています.医科系学部の新設、37億円相当の公有地の無償譲渡、96億円の補助金が市議会で可決された背景には、強い政治力があったのでしょうか?加計孝太郎理事長は安倍晋三総理の旧友と報じられています.昭恵夫人が学校法人加計学園の運営する認可外保育施設で講演した際に政府職員2人が同行していたとのことです千葉科学技術大学と安倍晋三総理系... [続きを読む]
  • カルテット・ロス
  • 学生時代に,巌本真理弦楽四重奏団の定期演奏会を聞きに行っていました.弦楽四重奏は大好きです.冬シーズンのドラマは,「カルテット」を見ていましたが,終わってしまいました.視聴率的には今ひとつだったようですが,満島ひかりさん,松田龍平さん,高橋一生さん,松たか子さんの醸し出す空気感が心地く,はまりました今は,カルテット・ロスです谷直樹ブログランキングに参加してい... [続きを読む]
  • 医療法施行規則(昭和二十三年厚生省令第五十号)の改正
  • 医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)においては、助産所について、分べんを取り扱うことを前提として,床面積9平方メートル以上の分べん室を設けることを設けていましたが,産後ケア等のみ取り扱い,分べんを取り扱わない助産院もあることから,そのような助産所においては、分べん室の設置を要しないことと改正されました.○厚生労働省令第十八号医療法(昭和二十三年法律第二百五号)第二十三条第... [続きを読む]
  • ドラマ『LEADERS 特別編 ディレクターズカット』
  • 『LEADERS II』放映を前に,3年前にTBSで放映された『LEADERS』を再編集した『LEADERS 特別編 ディレクターズカット』が放映されましたので,長かったですが見ました.住友銀行(ドラマでは西國銀行)支店長がトヨタに「鍛冶屋に貸す金はない」と言い放ったこと,日銀総裁一萬田尚登氏が国産の自動車産業不要論を述べていたこと,激しい労働争議があったことなど事実に基づきます.企... [続きを読む]
  • 出張の楽しみはお弁当
  • 遠方の裁判所の期日もあり,出張が多いのですが,昨日は4時間40分新幹線に乗りました.事件自体は決められたルールを無視して児に重篤な結果を発生させた非常に重いものです.出張の楽しみは「お弁当」です.駅弁もよいのですが,一日二食とも駅弁ですとどうしても飽きてしまいます.昨日は伊勢丹の地下で老舗の「お野菜弁当」を購入して車内で食べました.見た目はすこし地味ですが,野菜の... [続きを読む]
  • 受動喫煙対策:厚生労働省の原案に賛同署名を!!
  • 一般社団法人日本禁煙学会(理事長作田学)は,つぎのとおり,厚生労働省の原案に賛同署名を呼びかけています.2月 8日付けの新聞報道により ますと 「30平方メ‐ト ル以下のキャバレー ・バー ・スナックを受動喫煙対策の例外とする」 としています。 これは、厚労省の 「健康増進法改正案」 をなし崩じ的 に意味のないものとするだけではなく 、 「タバコのないオリ ンピックを目指す」IO... [続きを読む]
  • トランプ大統領とシリコンバレーと訴訟
  • ロイター掲載の「コラム:トランプ政権下で変わるシリコンバレー企業の勢力図」(2017年 3月 13日)によれば,アップル社,グーグル社はトランプ大統領の政策に反対していますが,他方で,一般大衆との接点が少ないオラクル社,クアルコム社はトランプ大統領寄りとのことです.コラムニストは,アップル社とクアルコ社ムとの訴訟,グーグル社とオラクル社との訴訟に,政権交代が影響を及ぼしそう,とみてい... [続きを読む]
  • 医療事件における最高裁判決の重さ
  • 医療事件では,用いる条文が民法709条と民法415条という抽象的な条文ですので,先行する類似事案の裁判例はきわめて重要です.類似する事案であれば,下級審判決も参考になりますが,最高裁判決と下級審判決では,その重みが全く違います.日本では,上級審の判決はその事件について差し戻した下級審裁判所を法的に拘束しますが,それ以外に法としての拘束力はありません.裁判官は,別の事件の最高裁判決... [続きを読む]
  • 厚労省、大学病院院長の意向選挙禁止へ(報道)
  • 毎日新聞「大学病院 院長選挙、禁止へ 厚労省、改正法案 派閥争い「患者不在」(2017年3月4日)は、次のとおり報じました. 「厚生労働省は、全国の大学病院の院長選出に関し、教授会などでの選挙を禁止する方針を決めた。学内での派閥争いが影響して医療の安全確保に指導力を発揮できる人材が登用されていないと判断した。外部有識者らによる選考委員会を設けるなど選考過程の透明化の義務づけを盛... [続きを読む]