MOCO さん プロフィール

  •  
MOCOさん: モコと一緒
ハンドル名MOCO さん
ブログタイトルモコと一緒
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/go39z
サイト紹介文日常のこと、仕事・子供・ランニング・ラグビー・お酒そしてウイペットのモコとの生活を書き綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/08/28 22:36

MOCO さんのブログ記事

  • 早朝ラン
  • 日曜は久しぶりに朝の早い時間にモコと大阪城を走る。何といい天気。大阪城がいつも以上にはっきりと見えました…噴水に虹がかかってました。 [続きを読む]
  • 和食基本技術の会体験教室
  • 料理教室の体験コースに行って来た。30人ほどの教室に男は2人だけ、あとは20代後半の女の子が占める。4人ごとのテーブルに座るが、最初にテーブルごとで自己紹介をしてくださいと言われ、「60を過ぎて料理を作りたくなりました」と娘と同じくらいの年頃の子に挨拶する。今日の献立は「とりの照り焼き丼」と「春野菜のみそ汁」。ゆで卵の作り方から始まり、とり肉はまず皮を下にして焼くなど教えてもらう。テーブルごとに共同作業と [続きを読む]
  • 体験と経験
  • 「体験」と「経験」の違いを最近よく考える。辞書で調べると「体験」とは自分で実際に行動して体で感じたこと。「経験(けいけん)」とは、自分で実際に行動することによって、自らの糧として何かを習得したことをいうらしい。1回の体験で10回ほど経験したように語れる人がいれば、10回の体験をして1回の経験も語れない人がいる。近頃、若い子がしっかりと喋ってるのをみて、その違いを思うようになった。人生60年生きてきて、体験 [続きを読む]
  • 大阪城花見
  • 日曜は大阪城でチーム180の花見バーベキュー。天気もよく、桜も散りはじめてはいたが、何とか花見には持ってくれました。K元ちゃんの奥さんが来るというので、ママちゃんとモコも途中から参加する。11時過ぎから始めて夕方まで、グダグダ飲みました。帰ってくると、カラダも服も炭のにおいで充満してました… [続きを読む]
  • 不適切な治療
  • ペットの犬が慢性腎不全になったのは、動物病院の不適切な治療のせいだとした裁判で、大阪地裁が病院側に治療費や慰謝料などの支払いを命じたらしい。モコが1歳のとき、避妊手術をした時のことを思い出す。腹部の縫合がどうみてもいい加減で、モコも元気がないし、何とかしてと連れていくと、暴れるからとホッチキスとアロンアルファで処置された。結局、「訴えるぞ」となり、治療費を返してもらってほかの病院で再縫合した。モコ [続きを読む]
  • N.Y.チェリーキャラメルサンド
  • 東京出張の際、ママちゃんから頼まれた。「東京駅の大丸でキャラメルサンド買ってきて」ここは人気の店でいつも行列が絶えない。3時からの会議に少し早い新幹線に乗り東京へ到着、そして行列に並ぶ。30分待ちでようやく買えた。定番は4個入りにして、季節限定のN.Y.チェリーキャラメルサンドを購入。大丸心斎橋店でも来週26日から1週間販売するらしい。ボクにはこれと阪神梅田店のガトーフェスタが何故人気があるかわからない。家 [続きを読む]
  • 大阪マラソンアスリート枠
  • 大阪マラソンを市民アスリート枠でエントリーした。ひる12時からのネット申し込みにアクセスが集中してなかなかつながらない。前年は10分ほどで定員締切になったと聞いたが、12時10分を過ぎてもアクセスし続ける。やっと最初の画面が現れ、必要事項を記入、ただ、次の画面がなかなか出てこない。何回、マウスを したことか。やっと申し込み終了にたどりついたのは始めてから2時間を過ぎていた… [続きを読む]
  • アクアライナー
  • 東京から社長が来た。取引先を訪問した後、時間が余ったので大阪観光と称して、淀屋橋からアクアライナーに乗る。大阪に住みながら初めての乗船となった。大川べりはゆったりと風を感じて気持ちよい。ただ、大阪城に向かう寝屋川に入ると川幅が狭くなり、多少、川のにおいが気になった。桜は満開とまではいえなかったが週末は雨模様なのでこれが見頃となるのかな… [続きを読む]
  • 入社式
  • 入社式に行って来た。東京は桜が満開というニュースが流れていたが、いつものところで見る桜はまだつぼみで例年より開花が遅いような気がする。今年の新人は13人、女の子も1人いるが、皆、現場配属となる。工事現場で女性が颯爽と仕事するのもいいものだ。ホンちゃんの入社式はどうだったかなあ… [続きを読む]
  • 新大阪発東京行き
  • 2番目の娘が明日から社会人として今日の新幹線で東京へ行きました。娘が3歳の頃、ママちゃんが家で留守番で上の娘とふたりを会社の慰安旅行に連れて行った時のことを思い出す。ママちゃんと離れるのが初めてだった娘は気にもせず、最初は遊んでた。夜の宴会の席では、5,6人いた子供の中で先頭になってマイクを持つと「もしもしカメよ」と歌いだした。「アレ、この子こんなに積極的だったんか」とその行動をうれしく思ったものだ。 [続きを読む]
  • ママちゃんの誕生日
  • ママちゃんの誕生日。ローソクの数もケーキに立てるところがないほど多くなりました。今年は2番目の娘と3人でお祝い。この娘もあと3日で東京へ行ってしまいます。寂しいなあ…夜は久しぶりに3人で百貨店にある台湾小籠包の店で食事。 [続きを読む]
  • 稀勢の里優勝
  • 稀勢の里が優勝した。千秋楽にまさかの照ノ富士に連勝。15年ほど前、ひざを怪我した貴乃花がこれも千秋楽で武蔵丸に勝って、当時の小泉首相が「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した!」と言ったのは有名な話。でもボクのなかでは50年近く前に見た千秋楽の逆転優勝が最も印象に残る。中学生の頃のスポーツといえば、子供の好きなものを例えても「巨人大鵬卵焼き」と言ったくらい、野球と相撲がいちばん人気でした。その場所は2場 [続きを読む]
  • 早や咲きの桜
  • モコと大阪城を走った。森ノ宮口の早や咲きの桜が咲き出した。今年の3月はいつもより寒く、桜の咲くのも遅いような気がする1週間前、まだ桜は咲いてません。 [続きを読む]
  • グランドセイコー
  • しもやけの薬の副作用で禁酒していた後輩のK関くんと久しぶりに飲みに行く約束をした。会社を出る時、腕時計がないのに気がついた。普段は机に放り投げているが、引き出しをあけても落としてないか周りの床を見ても見当たらない。まだ30代だった頃、ある人に「少しはいい時計を見につけろ」と言われて買ったグランドセイコー。2回ほど修理には出したが20年以上愛用してる時計です。確か、今朝電車に乗る前、時計を見た記憶がある [続きを読む]
  • 大阪城リレーマラソン
  • 今年も恒例の大阪城リレーマラソンに行ってきました。仮装を競うのもこの大会で、「ピコ太郎」や「ブルゾンちえみ」やあべのハルカスを背負って走るチームがいた。我がチーム180は地味めに「大阪のおばちゃん」でエプロンをしてネギをかごに入れて走った。朝から好天で昨日はよく日焼けしました…ゲストの安田団長。いつものようにスタートダッシュしたが足の筋肉はアスリートそのものでした。42キロを10人で走り、3時間54分でゴー [続きを読む]
  • WBC2次ラウンド
  • 日曜からWBCのすべての試合を1回表から見た。居酒屋で酒を飲みながらの野球観戦はよくあるが、1球1球にテレビにかじりついてこれだけ見るのもめずらしい。昨日は筒香のホームランで一気に流れが変わった。4番打者の風格が出てきた。先発の千賀もよく粘り強く投げた。聞けば育成枠でプロに入ったらしい。WBCが落ち着いてそれぞれの選手のドキュメント番組があれば、また必死に見るんだろうな… [続きを読む]
  • おばはん
  • 国有地払い下げの問題である国会議員がその副園長のことを「おばはん」呼ばわりしていた。決していい言葉ではないが、この前の泉州マラソンを走った時、沿道から「お父さん、頑張って」と声をかけられて違和感を感じた。「おっさん」と言われるよりもいいが、最近、飲み屋でもよくお父さんと言われる。やっぱりそこは「おニイさん」でしょ。女の人は「おばちゃん」でなくて「おネエさん」でしょ。言い回しは微妙だが気持ちは若いつ [続きを読む]
  • スポーツ満載
  • 最近、スポーツニュースが面白くなかったけど、今日のスポーツ新聞は久しぶりにスポーツ満載で楽しめた。女子マラソンで久しぶりの2時間21分台。稀勢の里人気で大相撲春場所始まる。三浦知良、50歳でゴールを決める。そしてWBC、日本がオランダに4時間46分の熱戦で勝利。スポーツ新聞の1面はWBCの中田の大アップでした。夜中の12時前までテレビを見ていましたが、1球1球から目を離せず、正直疲れました… [続きを読む]
  • 60本の赤いバラ
  • 週末は娘たちと、仕事で大阪に来ていた娘婿が、ミシュランの評価がある寿司屋に連れて行ってくれた。ママちゃんは何を食べても「おいしい、おいしい」と嬉しそう。時間が過ぎ、ボクも焼酎を3杯くらい飲んだところで娘が「還暦祝いです」といって60本の赤いバラの花束を差し出してきた。花など今までもらったことがないので「赤いちゃんちゃんこよりはいいわな」と照れて言う。その言葉に娘ふたりが顔を見合わると、なんと紙袋から [続きを読む]
  • 50代の終わり
  • 今日で50代は終わりです。小学校の頃,先生に教えてもらった日本の男性の平均寿命は65歳でした。となれば、あと5年の命。寿命が80あたりまで延びたといっても季節でいえば、春夏秋冬の冬となる。40代までは悔いなどあまり感じなかったが、50代は悔いが多すぎてモコと出会ったあの頃からもう一度やり直したい。でも、それは無理なこと。これからは「いい感じ」で歳をとっていきたい… [続きを読む]
  • 春ですね。
  • 昨日、2番目の娘が4月から入る会社の研修で東京へ行きました。いよいよ、2人だけの生活となる。ここにモコ(まーぼも)が居なかったらどれだけ寂しい生活やねんと思う…モコと走った大阪城は気候も穏やかで家族連れの人も多く、もう春という感じでした。 [続きを読む]
  • 手ぶら人生
  • タイトルが気になって弘兼憲史の「60歳からの手ぶら人生」という本を買いました。50ページほどの内容を大きい文字と文章間をあけて1冊にしたような本だがよく売れているという。内容はよくある身辺整理だが、持ち物を減らす、思い切って捨てるのはよく聞くが、「友達を減らす」「家族を見直す」までに及んでいた。高齢化社会となって若い時と同じような生活を続けることはできない。続けられない「つきあい」は整理しなさいという [続きを読む]