Hanakoya さん プロフィール

  •  
Hanakoyaさん: Hanakoya ブランドメンテナンス専門店
ハンドル名Hanakoya さん
ブログタイトルHanakoya ブランドメンテナンス専門店
ブログURLhttp://fukunaga-press.dreamblog.jp/
サイト紹介文モンクレールなどのダウンジャケットからバッグや靴のメンテナンス専門店です。
自由文モンクレールやバッグ、靴クリーニング承ります。ブランド品のメンテナンスでお困りならHanakoyaへ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2010/08/29 18:16

Hanakoya さんのブログ記事

  • 第12回靴磨き教室のご報告
  • 5月19日(金)第12回靴磨き教室をおこないました。今回は普段から靴磨きをする機会が多いという皆様のご参加でした。集中して黙々と靴を磨かれ、つま先までピッカピカのお仕上がりとなりました!この機会にぜひ靴磨きの基礎を学ばれてみてはいかがでしょうか♪次回は7月開催予定です。お時間ございましたら是非ご参加くださいませ。 お申し込み・問い合わせはこちらHanakoyaTEL076-227-8758e-mail:info@hanakoya.com [続きを読む]
  • 紳士靴ビンテージトゥスティールの取り付け
  • 靴リペア:ビンテージトゥスティールのご紹介です。ご依頼品のプレーントゥ紳士靴です。トゥスティールは革靴裏面の先端に金属を取り付け、補強する方法です。付けることでつま先の消耗を抑えてくれます。金属を取り付けるため、歩き方によってはコツコツと音がなる場合があります。段差ができないようヴィンテージスチールの形に合わせて革底をカットし、高さを合わせます。こちらはリーガルウイングチップの紳士靴です。ビンテー [続きを読む]
  • エルメスサンダルのプレケア
  • 靴リペア:ハーフソールのご紹介です。エルメスのサンダルです。新品時のプレケアとしてハーフソールをご依頼いただきました。デザイン性が高い女性の靴はソールが薄く減りやすいため、新品時のハーフソールがおすすめです。ソールの持ちが格段に増し、ソールに厚みもでますので傷になりにくくなります。ソール底に貼ってあるシールはどの部分がどんな素材で作られているかを表示しています。上からアッパー(表地)・ライナー(裏 [続きを読む]
  • ドクターマーチンショートブーツ
  • 本日はドクターマーチンブーツのメンテナンスをご紹介いたします。ご依頼品のショートブーツです。人気のネイビーですねつま先は退色し傷があります。色があせると白っぽく見え、光沢もなくなります。今回は傷を染色補正し目立たなく致します。染色補正は退色する心配がありません。傷が浅い場合はご自身でシュークリームでメンテナンスして頂いてもいいですね。このようにキズや退色は染色補正にて見栄えよくなります。セルフメン [続きを読む]
  • モンクレールBADIA染め替え(ピンク⇒ピンク)
  • 本日はMONCLER BADIAのお染め替えをご紹介ご紹介致します。ご依頼品のモンクレールレディスのバディアです。元々淡いピンクのダウンウェアですが裾を中心に変色し緑色っぽくなっています。襟元など肌に触れる箇所は変色しやすい箇所となります。お染め替えは元より濃い色で変色を隠します。同系色でのお染め替えがなじみが良いためお勧めです。今回は濃いピンクで染め替えを行います。裾の変色はほとんど分からなくなります。この [続きを読む]
  • クラビズム (Clubism)
  •   5月号クラビズム特集「リペア」の魅力にHanakoyaが掲載されています。弊社ではトータルファッションを中心にリペアさせて頂いていますが今回の特集では色んな物がリペアによって甦えりいい物を長く使うということを改めてお伝えできる特集になっていると思います。どうぞご覧いただけるエリアの方はチェックしてみて下さい。 お申し込み・問い合わせはこちらHanakoyaTEL076-227-8758e-mail:info@hanakoya.c [続きを読む]
  • 春季休業のお知らせ
  • 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら下記期間におきまして臨時休業とさせていただきます。【休業期間】2017年5月3日(水)〜2017年5月7日(日)店頭業務、発送業務及び、 電話・ メールでのお問い合わせ業務を休業させて頂きます。5月2日16時以降のメールでのお問合せ・ご依頼等に関しましては2017年5月8日(月)より順次ご回答させていただきますが、ご連絡にしばらくお時間を要する場合もござい [続きを読む]
  • ハーフソール+底縫い補修
  • 靴リペアのご紹介です。こちらレッドウィングのワークブーツです。ラバー部分が経年劣化によりボロボロと崩れています。底縫いの糸も擦れにより所々切れています。オリジナル仕様にするため新たにハーフソールを貼り直したのち、底縫いをかけ直します。タンクソールタイプのハーフソールを張り直します。グリップ性、耐摩耗性に優れており、ワイルドな印象でワークブーツなどにおすすめです。 このようにハーフソール+底縫い仕様 [続きを読む]
  • ベルトステッチ補修
  • ベルトステッチ補修のご紹介です。ご依頼品のエルメスのベルトです。所々ステッチが切れています。経年劣化により糸が切れている場合、表からは繋がっているように見えていても、ほどいてみると切れているケースが多くみられます。今回も糸があるように見える部分も中はブツブツと切れた状態だったため、全周縫い直し致します。このようにベルトのステッチが切れている場合は縫い直すことで補修可能です。元々ステッチが無いベルト [続きを読む]
  • モンクレールグルノーブルクリーニング
  • 本日はMONCLER CANMOREクリーニングをご紹介いたします。ご依頼品のCANMOREです。グルノーブルラインです。タイトなタイプですがボリュームもなくなっています。前立て部分のロゴの切り抜きも剥がれております。ウェットクリーニングで汚れを落とした後、このような剥がれは接着し補修致します。ボリュームは羽毛復元罪で出来る限り復元致しますが、羽毛の状態によっては元に戻らない可能性もございます。このようにMONCLERグルノ [続きを読む]
  • グッチバッグ四つ角破れ補修
  • 本日はグッチのバッグの底上げ補修のご紹介です。バッグの四つ角が擦れたり破れたりという補修のご依頼は多くとても使い込んだ印象をあたえます。バッグの作りや状態によって補修方法がかわります。今回のグッチのバッグの四つ角は擦れにより穴があきそうな状態です。今回カバンのサイズは少し小さくなりますが擦れ部分の範囲が狭いためその部分を内側に入れ込んで縫う補修方法でご提案させて頂きました。こちらは入れ込んで補修し [続きを読む]
  • 財布擦れ傷のメンテナンス
  • 今日は長財布の擦れ傷のメンテナンスをご紹介いたします。ご依頼品の財布です。表面が擦れて退色しています。擦れ傷は染色補正を施すことで目立たなくなります。深い傷は多少跡が残る場合もございます。また革のくせ付きは残ります。ひっかき傷やヘコミは残りますが擦れによる退色はこのように比較的簡単に修復可能です。お申し込み・問い合わせはこちらHanakoyaTEL076-227-8758e-mail:info@hanakoya.com〒921-8802石川県 [続きを読む]
  • ハーフソールの選び方
  • 今回はハーフソールをお選びいただく際の基準をご紹介いたします。選ぶ基準として?コバ(ソールのふち)の色に合わせる、?底面の色に合わせるという二通りの方法がございます。こちらファビオルスコーニのエナメルパンプスです。今回はコバ(ソールのふち)の色に合わせ「こげ茶」をご指定頂きました。少し反り返りがあるソールなのでこげ茶のハーフソールが横から見えますが、コバと似たお色のため馴染みが良いです。ハーフソール [続きを読む]
  • バレンシアガバッグの部分補修
  • レザーバッグ部分補修のご紹介です。こちらバレンシアガのエディターズバッグです。パイピングの角が破れています。ご使用時擦れやすく、破れやすい部分です。バッグの入口部分にも破れがございます。入口部分の破れは内側から革を当て、これ以上破れが広がらないよう補修いたします。角の破れは上から部分的に革を当てます。境目は違和感が出ないよう薄くすいてあります。今回は部分的なお直しですが、パイピング全体を交換するこ [続きを読む]
  • 穴あきのかけつぎ
  • 今日はカーディガンの穴補修をご紹介いたします。ご依頼品のニットカーディガンです。モヘアのような毛足の長いカーディガンです。2箇所虫食いの穴があります。今回は共布があったのでかけつぎを致します。共布がない場合は縫い合わせて補修致します。またニットの網目によってはかけつぎ出来ないものもあります。このようにカーディガンの虫食いも補修可能です。カシミヤコートなどの虫食いも補修可能です。お申し込み・問い合わ [続きを読む]
  • フェラガモロングブーツメンテナンス
  • 本日はフェラガモロングブーツのメンテナンスをご紹介いたします。ご依頼品のブーツです。つま先は擦れ傷やめくれがあります。車の運転でカカトが傷つくケースもありますね。また雨や雪の中を歩くとヒールの革巻きも劣化したり退色します。全体に染色補正を施すことでレザーのスレは修復可能です。革巻き部分は特殊なインクで修復します。深い革のめくれは残る場合もありますが今回のような傷はほどんど目立たなくなります。このよ [続きを読む]
  • グッチバッグメンテナンス
  • 本日はグッチのバッグのメンテナンスのご紹介ですこちらのバッグはデイリーユーズにより全体的にスレと日焼けのせいかもともとのお色の部分より全体的にお色がうすく退色しています日焼けした画像です入り口部分のスレの画像です内側などの元々の一番きれいな状態の部分に合わせて色を作り全体的に染色していきます染色によりスレキズは目立たなく致しますスレや退色は染色により改善いたします。その際は革の風合いも重視して染色 [続きを読む]
  • モンクレールVダウンベストクリーニング
  • 今日はモンクレールVダウンベストのクリーニングをご紹介いたします。ご依頼品のMONCLERダウンベストです。綿素材のシリーズで裏地にプリントがあったり、アンティークな風合いのあるシリーズです。ロゴワッペンは白色です。表面の汚れはウェットクリーニングで概ね除去可能です。生地が退色しているケースもありますが、素材上、退色の修復は出来ません。またプリントの再現も不可となります。水洗いすることでご使用による汗や皮 [続きを読む]
  • イヴサンローラン紳士靴のインソール交換
  • 靴リペアのご紹介です。こちらイブサンローランの紳士靴ローファーです。インソール(中敷き)の表面が経年劣化により剥がれています。元々ついていたものを剥がし、新しいインソールに交換致しました。その為ブランドロゴは無くなります。紳士靴の場合ハーフサイズのものがついていることが多く、今回もハーフサイズをお付けしました。このように、インソールは新しいものに交換することで補修可能です。婦人靴の場合も交換可能で [続きを読む]
  • 第8回 モンクレールクリーニングモニター募集のご案内
  • Hanakoyaよりお知らせです。 毎年ご好評頂いておりますモンクレールクリーニングモニターを今年も大募集いたします。MONCLERまたはDUVETICAダウンウェア1点を無料でクリーニング致します。もちろんハイパー撥水コーティングも施します。今までメンテナンスされたことない方も、常連様もたくさんのご応募お待ちしております。応募期間:H29年3月3日〜3月5日(日)24時まで当選発表:H29年3月9日(木)※発表は当選メールにてか [続きを読む]
  • デュベティカダウン染め替え(ベージュ⇒こげ茶)
  • 今日はデュベティカaidaの染め替えをご紹介いたします。ご依頼品のDUVETICAダウンウェアレディースのaidaです。袖が緑色に変色しています。フードの内側もよく変色していますが、皮脂など汚れが付いたままでの保管が原因の一つと考えられます。今回こげ茶に染め変えました。デュベティカのブランドタグはそのまま染めても変化はありません。ステッチは染まらないため元のお色のまま残ります。明るい色のステッチは浮いたような仕上 [続きを読む]
  • グッチ財布のリペア
  • 財布リペアのご紹介です。ご依頼品のグッチGGキャンバス×レザーの長財布です。ご使用によりホック部分のレザーが破れ、ちぎれそうです。キャンバス地の折り山部分も破れています。キャンバス地の破れは上から新たなレザーでパイピングを施し、破れが広がらないよう補修致しました。ホック部分のレザーは新たに作成致しました。お色は出来る限り近いものをお付けいたします。(お色によっては似たレザーが無い場合もござい [続きを読む]
  • FOXEYワンピースの黄ばみ除去
  • 今日はフォクシーワンピースの黄ばみ除去をご紹介いたします。ご依頼品のFOXEYワンピースです。肌に触れる部分や胸元に黄ばみがあります。ドライクリーニングでは汗などの水溶性の汚れは落ちないため時間の経過とともに黄ばみが発生し浮き上がってきます。この様な黄ばみは漂白加工にて比較的簡単に除去可能です。全体の黄ばみも取れるため柄が映え白が甦ります。この様にワンピースの黄ばみは漂白加工にて除去可能です。通常はご [続きを読む]
  • エンポリオアルマーニスニーカー
  • 本日はEMPORIO ARMANIレザースニーカーのメンテナンスをご紹介いたします。ご依頼品のスニーカーです。白いスニーカーはつま先からキズにより黒ずみます。スニーカーは全体をクレンジング後、専門のスタッフが染色補正し傷を修復します。深い傷は跡が残る場合もありますが、このようにレザースニーカーのキズは修復可能です。汚れが落ちるだけでもスッキリします。お申し込み・問い合わせはこちらHanakoyaTEL076-227-8758e [続きを読む]
  • プラダカナパグレーメンテナンス
  • 今日はプラダカナパグレーのメンテナンスをご紹介いたします。ご依頼品のカナパです。全体の状態は良いですがハンドルに黄ばみがあります。入口付近も黄ばみが起きています。ハンドルは一番汚れが付着する部分ですね。黄ばみは経年劣化の為完全には取れませんが、水洗いし出来る限り除去します。黄ばみが激しい場合は漂白加工を施しメンテナンスいたします。仕上げに防汚・防水効果のあるハイパー撥水工ティングを施し汚れを予防い [続きを読む]