スピードスターにあこがれて管理人 さん プロフィール

  •  
スピードスターにあこがれて管理人さん: スピードスターにあこがれて
ハンドル名スピードスターにあこがれて管理人 さん
ブログタイトルスピードスターにあこがれて
ブログURLhttp://tenchosato.pazru.com/
サイト紹介文ジャイアンツの応援、試合寸評、巨人戦観戦レポ 氷室京介のライブレポ等
自由文年間15〜20回程度のジャイアンツ戦観戦レポ。2008年から続くほぼ毎日更新の試合評論。氷室京介のライブレポート、作品評論などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/08/29 21:38

スピードスターにあこがれて管理人 さんのブログ記事

  • 新時代 G☆52
  • ドアが開いたねえ。なんか、新しい時代のドアが豪快に蹴破られた音がしたよ。 もうホントに最高です。思い残すことは何もありません。皆さん、今までありがとうございました。さようなら、また会う日まで。・・・とか言いたくなるくらい満足度の高い試合でした。いやぁ、最高だわw今日は通常800円のビールが500円になる東京ドームのプレミアムフライデー。いつもは3〜4杯の管理人も、財布の紐が緩み実に6杯も飲んでき [続きを読む]
  • レジェンド G☆10
  • 二つの話題を同時に語ろうとするから、話に芯が通らなくなっておかしなことになる。だからこう考えればいい。阿部慎之助がどれほど偉大な選手か、どれだけハイレベルなレジェンドかということと、その阿部が今チーム内でどういう扱いかということには1ミリの相関関係もない。そこを履き違えちゃいけない。いかにすごい選手で不世出に近いレベルの捕手だという話と、その阿部が38歳にしてまだ四番を打っていること、ファーストと [続きを読む]
  • ファンサービス
  • ラーラーラララーララララー 夏の夜空に願いこめてーロッテの応援歌とかチャンテはいい曲多いんだよねえ。写真からもいい雰囲気が伝わるでしょ?ビール片手に野球と花火。夏の風物詩を一度に3つも楽しめるこの贅沢な感じ。マリンにしてはかなり混んでて、いつもマリンに行くときのゆったりした楽しみ方はできなかったけど、これはこれで素敵な夏の1ページ。 そして、人気面ではロッテの主力選手になった魚。 球団もフット [続きを読む]
  • 新機軸 G☆52★44
  • やっと買った。ブログトップコメントでビジターユニを買う宣言をしてから早や数ヶ月。今日ようやく買いました。誰のユニにしたかは記事の最後で。 今日は攻めたと思うよ。今までにないくらい踏み込んだ積極的な采配だったと思うよ。小林女子の悲鳴が聞こえてきそうな非情交代は、ここにきて出てきた2017年ジャイアンツの新しい戦い方。勝負どころで小林が下げられるのは恒例にせよ、ここまで露骨なまるであてつけのような交 [続きを読む]
  • 生きる道 G★43
  • まあ、負けますよね。そうですよね。傍から見てれば面白い試合だったろうけど、追い付くまでで追い越せないし、何よりも得点したすぐ次のイニングに失点する繰り返しで試合のリズムが悪過ぎた。そんな中でどこを拾おうか考えたけど、今日は重信の役割について。実も蓋もない言い方をするけど、一軍に重信って必要か?こういうところで盗塁を決められない代走要員なら、そのために枠を一つ取ってる意味がない。去年までの尚広と違っ [続きを読む]
  • Right here Right now G☆2017
  • あぁ、これで決まったな。固まったんだな。昨日今日の打線大爆発を見てそう思った。今年みたいにグダグダなペナントだとぼやけてしまうけど、例年ならばもうそろそろオーダーを固めてベストメンバーを決めていく時期だ。ここ一番の大事な試合、一発勝負のプレーオフはこのスタメンで戦うぞと、その年のベストな布陣を見極めていくのが8月のベンチワーク。それが今年はこのタイミングで決まった気がした連夜の猛攻だった。結局、春 [続きを読む]
  • 百戦錬磨 G☆23
  • みんな忘れてる。 相川さんは強打で鳴らしたキャッチャーだったことを。 小林を例に挙げたら申し訳ないけれど、バッティングはまるで期待できないようなキャッチャーがゴロゴロいる中、横浜時代ヤクルト時代の相川さんは侮ることのできないイヤな打者だった。 横浜時代の2007年には規定打席をクリアした上での3割達成。ヤクルトに移った2010年には打率293で自身初の二桁ホームラン。十分に「打者として機能する」捕手 [続きを読む]
  • Thursday G☆90
  • 驚くこと、呆れることが多々ある今年のジャイアンツだけれど、7月も最終盤のこの時期になってようやく木曜日初勝利だそうだ。試合数にして実に11戦目。そして誰が先発した試合なのかを振り返るとこうなる。4/6  吉川4/13 吉川4/27 宮國5/4  宮國5/18 宮國5/25 大竹6/1  池田6/8  池田6/15 内海7/6  畠普通にいけば木曜日ってのは、火曜から始まるカードの3戦目にあたる。菅野中4日登 [続きを読む]
  • Say Goodbye G☆11
  • 命に限りがあるように選手生命も有限な訳でさ。いや言葉にすると当たり前すぎてアレなんだけども。その限りある選手生命を二軍で飼い殺しのようにジリジリと減らしていくんじゃ悲しすぎる。クルーズの場合、実力的には一軍レギュラーで当たり前のレベルなんだし、本人の責に因らない事情で二軍に幽閉されてるのは巨人ファンだけでなく12球団のファン全てが知るところなんだしさ。だからこれはいい別れ。元気でな、頑張れよと笑顔 [続きを読む]
  • 試合を動かす G★24☆20
  • たまに耳にすることのある野球用語「試合を動かす」。まるでその見本のような試合だった。もちろん悪い意味で。先に言っておくと、結果論と言ってしまえばそれはもうその通り。菅野はオールスターでも投げてたから早めに降ろしたいのもわからないではないし、3点差の9回にクローザーを出す起用も定石といえばそれまで。だけども采配ってのは、つまるところ確率論な訳でさ。より可能性が高い方、より成功率がいい方に賭けるのが正 [続きを読む]
  • 新陳代謝 G★42☆28
  • 昨日のことを考えるよりも明日のことを考える方がよっぽど建設的な訳でさ。起きてしまったことに対する反省や考察は必要だけれども、それってのは「もう二度とそういうことが起きないため」の努力であって、決して前向きなものじゃない。言ってみれば、マイナスからゼロにする努力に近い。元がマイナスなんだからそれは水面下でやるべきことであって、そこにスポットライトが当たるようじゃいけない。管理人はそう思う。管理人は昨 [続きを読む]
  • 攻撃は最大の防御なり G☆33
  • 快勝でした。実に気持ちいい試合でした。始球式には不倫してた方のマギーが登場し、それに歩調を合わせるかのようにジャイアンツは2番セカンドマギーの超攻撃的布陣。で、マギーのセカンドは悪くないんだよ。そりゃ片岡やクルーズと比べたら見劣りするけど、比較対象が中井となればハッキリ言ってほぼ遜色なく見える。シーズン残りの後半を考えたときに、これはこれでありの作戦だと思う。きっと、捨てシーズンとして若手育成に [続きを読む]
  • コンパクト G☆6☆19
  • お暑うございます・・・。夏ですねえ。個人的にプロ野球ってのは秋のスポーツだと思ってるんですが、観戦に関して言えば夏に勝るものなしですな。なんかこの「抜けるような青空」って言葉のサンプルになるような空を見てるだけでジーンとくるものがあるもの。 決してベストゲームではないのだけど、智之が抑えてキャプテン坂本が打ってスッと最短距離で勝ったような試合。序盤にノーアウト満塁の大チャンスでまさかの三者連続三 [続きを読む]
  • 正解 G☆24
  • 間違えると叩く。外すと非難する。その反対に、振ったタクトがピシャリとはまったときには褒めて称えないとな。普段、何の遠慮もなく叩いて非難してるんだから尚更w今日の内海は5回どころかまだまだいけた。球数も77球だったし、珍しくストレートに力があった。ちゃんと見られたのは5回裏だけだけど、あれだけ140キロ超えを連発してる内海なんて何年ぶりに見たことか。相手打者も差し込まれてたし、ストレートと変わらない [続きを読む]
  • 特攻 G★87
  • 尾花ってさあ、昔は本当に優秀なコーチだったんだよ。2006年から2009年までジャイアンツの投手コーチとして、投手陣の成績改善に大きな貢献をして並々ならぬ実績を残した。2010年にベイスの監督に招聘されチームを離れることになって、管理人も「あぁ、尾花いなくなるんだ痛いなあ。でも監督になるんじゃしょうがないよなあ」なんて思ったのを覚えてる。それが紆余曲折を経て戻ってきて、巡り巡ってこの2017年、尾 [続きを読む]
  • Darker than darkness G★2017
  • darker than darkness 闇よりも暗く・・・、そんなタイトルのアルバムがBUCK-TICKにあったよなあ。いや、でもあれは「暗闇の向こう側」って少しポジティブな感じの意味だっけか。などと白目で物思いに耽る土曜の夜。まあ、なんとパンチの効いた試合だったことか。今年はこういうマンガみたいな試合、夏の高校野球みたいなシーソーゲームが頻繁に起こるし、困ったことにその全てが負け試合になる。予兆的なもの、予感的なものはな [続きを読む]
  • 逃れられない闇の中で今日も眠ったふりをする G★5
  • 記事の中身が気になる人に先に言っておくと、これといって特に新たなことはない。年末のTBSのインタビューで言っていたことの繰り返しのような内容だし、強いて新しい情報を求めるならばこの半年間清原はクリーンであったことだけだ。 この号の見どころは、清原を取り巻く周囲の野球人の熱意。直属の後輩立浪がストレートに「清原さんが好きだ」と打ち明け、周囲からどう思われようと彼の力になりたいとまで語る。驚いたのは、そ [続きを読む]
  • Weak G★2
  • うーん、4日間のお休みを経て待ちわびたリーグ再開。交流戦終盤の勢いそのままに・・・とはいかず、実に寂しい試合内容だった。 やっぱ、これだけ打てないと勝負にならない。そして、こういう流れの試合は、先発を代えたタイミングでワンチャンあるかどうかなんだけど、最終回にそれを見越して田島→岩瀬を繋いで石橋を叩いて渡ってきた中日の勝ち。もう「しょうがないや」で終わる試合ではあるんだけど、ちょっと引っ掛か [続きを読む]
  • ハッピーエンド G☆9
  • よくやったこれで終わりでいいじゃん?大の男が、それもそこそこ実績のある男が、人前であれだけ号泣した意味を考えたらもうそれでいいじゃん?「命取られる」とまで思って必死に戦ってくれてるのも十分伝わったし、そこで四の五の言いだすのはナンセンスだよ。そりゃ四も五もあったから4時間半近い延長戦になってんだし、申し訳ないけどその大部分を管理人は見ていない。仕事が落ち着いて職場でスマホアプリの動画を見ていたら、 [続きを読む]
  • 競争原理 G☆2☆7☆56☆65☆33☆25
  • 巨人が強い。13連敗で地の底を彷徨ったチームは、しっかり息を吹き返して自分たちの野球ができるようになった。菅野、田口、マイコラスを擁する先発ピッチャーのレベルはもともと12球団屈指だから、彼らがこうして試合を作ってくれると互角以上の戦いができる。打線も活気を取り戻し連日の大量得点。ほら、試合を見てて感じるでしょ?1番バッターは長野にしようか陽にしようか。セカンドは山本にしようか辻にしようか。4番は [続きを読む]
  • Time goes by G★26
  • どこの広告だったか、はたまた球団のPR映像だったか忘れてしまったけれど、今年東京ドームのビジョンで内海のインタビュー映像が繰り返し流れる。そこそこやれると思っていた自分が強豪のリトルリーグに入り挫折したこと、そこから猛烈に練習して上手くなり、その中で人としても成長できたことが自身の口から語られる。そして「内海さんにとって野球とは?」の問いに、ミスターよろしく「まさに人生そのものですね」と答えて締める [続きを読む]
  • GIANTS PRIDE G☆19
  • フー!とか言ってみたりみなかったり。「みんなでバブル」とか言われても、管理人の年代ですらバブルなんてピンとこないし、まして余興で遊んでられるようなチーム状況でもない。なんなんだよ、この誰も喜ばない企画は。 管理人だけでなくみんな内心そう思いながらも、とりあえず乗っかって扇子フリフリ。まあ、このバカ企画は今回きりで終わりだろうなw ・・・管理人は今日、一つの結論を得ました。菅野智之こそがGIANTS PRID [続きを読む]
  • 手詰まり G★87
  • 昔、フリーセルが好きだった。そう、無料ゲームとして一世代前のパソコンに搭載されていたあのカードゲームのことだ。ほとんどの人が一度は遊んだことがあると思うけど、フリーセルとはランダムに並んだトランプのカードを順番に並べ替えていくゲーム。カードを置いていいのはそのカードより1つ数値が大きいカードの上だけ。4つの余白を最大限に利用し、一つ一つ並べ替えてダイヤ、ハート、クラブ、スペードすべて1から13まで [続きを読む]
  • 同窓会 G☆39
  • 今日ベンチ入りの選手の中で【元ハムの巨人選手】陽、石川、實松【元巨人のハム選手】大田、公文、市川、矢野ハム戦はいつも不思議な気持ちになる。昔の仲間や同僚に久々に会ったときのような、こそばゆく嬉しく懐かしく、それでいて記憶の中のその人との違いが気になってしまう、そんな得も言われぬ気持ちになる。おぉ、大田!元気そうだな!飛び出してアウトになったり、かと思えば長打打ったり、せわしないのは相変わらずだな! [続きを読む]
  • ピューイング G★12
  • ハイ皆さん、これが12連敗を喫した歴史的試合のスコアボードです。 管理人は今日この辺で観てました。ポジション的にはどう見ても外野でありながらなぜか内野席扱いになる場所で、芝生の外野席と違って席はあるものの、声を出して応援してる人もあまりいない実に微妙な席です。 中継を見ていた方でも気付かれたかと思います。今日もピューイピューイと西武ドームに響き渡った指笛の音。相手を煽る意味でピュイピュイ吹くのはジ [続きを読む]