スピードスターにあこがれて管理人 さん プロフィール

  •  
スピードスターにあこがれて管理人さん: スピードスターにあこがれて
ハンドル名スピードスターにあこがれて管理人 さん
ブログタイトルスピードスターにあこがれて
ブログURLhttp://tenchosato.pazru.com/
サイト紹介文ジャイアンツの応援、試合寸評、巨人戦観戦レポ 氷室京介のライブレポ等
自由文年間15〜20回程度のジャイアンツ戦観戦レポ。2008年から続くほぼ毎日更新の試合評論。氷室京介のライブレポート、作品評論などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/08/29 21:38

スピードスターにあこがれて管理人 さんのブログ記事

  • サムライ
  • 今月になってから何度感動しただろう。何度、感極まって涙しただろう。このチームにこんなにも魅せられるとは思ってもみなかった。年末年始にかけてのもはや半ば恒例になりつつあるメジャー組の辞退表明。おまけに中心に据えて考えるはずだった大谷も辞退。練習試合、強化試合が始まってもエンジンのかからないチーム。つい3週間までは、こんなにものめり込むとは思ってもみなかった。中心選手がいるんじゃなくみんなで戦う全員野 [続きを読む]
  • この涙はなんだろう。自分で思った。管理人は人生に苦しんでる。ハッキリ言うと野球だけが生きる望みだし、その野球ですら、このブログですらなぜかPCとスマホの接続が上手くいかずイライラしてる。今日もあまりに頭にきて、全力でマウスをPCの画面に投げ付けたら画面が変色したw うーん、ついこの前も一人カラオケで似たようなことをしてマイク1本ぶっ壊したような壊さなかったような。こんなことばっかりして荒れてるといつ [続きを読む]
  • 日の丸
  • 「・・・誰だコイツは?」今月になってから何度も思った。巨人ファンの知る小林と、日の丸を付け躍動する小林がまったく一致しない。2割打つのがやっとでマイコラスにも怒鳴られ、クロワッサンとか帽子とかマイナスの逸話にも事欠かなかった小林と、日本代表の投手を鼓舞し、勝負強い打撃も光る全日本の正捕手が同一人物とは思えない。「立場が人を育てる」とはこのことかと思わされ、巨人ファンであればあるほど困惑するこの20 [続きを読む]
  • National
  • やっぱり特別なんですよ。飽きるほど来てる東京ドームだけど、今日はよく見知った顔の他に、明らかに初めて東京ドームに来たと思われる人たちもかなりの数。12球団のファンが心を一つに集まり、国の威信をかけて戦う大舞台。立ち見エリアは三重四重の人だかりで異様な熱気。立錐の余地なしとはこのこと。スタンドですらこんなでいつもとは違う空気が充満してるんだから、実際グラウンドで戦う選手たちは尚更。智之の後を受 [続きを読む]
  • 死宝
  • 知ってる人にとっては当たり前のことだけど、今日のチケットは2試合観られる通し券。昼の12時からキューバと中国の試合があって、19時からは日本とオーストラリアの試合。お得な券とも言えるけど、そんな平日の真昼間から外国同士の試合を観る物好きもそうそういない。うん。まあ、管理人は物好きなんだけれども。 ・・・いいなぁ、この昼間からどっぷりと野球に浸かる感じ。たまにはこんな日があってもいいよね。 ただ、当 [続きを読む]
  • Take off
  • 試合が雑だよな。よく言う大味な試合ってヤツだ。序盤で明らかにキューバの集中力が切れた瞬間が見えたし、追い上げられてもどこか緩くて、逆転されるようなことはないんだろうなと思いながら見られた。中盤から先の展開は、言ってみればドカーン、ドカーンと雑なパンチの打ち合い。投手陣を始めとして課題はあるし、ケチをつけようと思えばいくらでも出てくる。だけどこれでいいんだよな。今日が初陣。強化試合のふがいなさからす [続きを読む]
  • 近況報告
  • すいません。突然ですが、しばらく更新不可です。そろそろ宮崎のおばちゃんからキャンプレポが届く時期ですが、パソコンが不調どころか壊れかけです。IEもクロムも異常に遅くほぼほぼ動かない状況なので、通信状況うんぬんではなくPC本体の問題かと思われます。まあ、8年ほど使ってる物なのでしゃーない。PCを買い替えますので、それまでしばらく更新できません。読者の方申し訳ない。そういう事情なので、更新がなくてもブログを [続きを読む]
  • NO SMOKING
  • 田舎に戻って約1ヵ月になる管理人。知ってる人は知ってる通り、もともとは母親の体調が芳しくないことで東京生活を切り上げ実家に戻った管理人。母親は入退院を繰り返してるような状態だったし、少々ややこしい病気なもんで原因も治療法もよくわからない。今生の別れになることも覚悟して、最後の時を共に過ごすべく戻ってきたつもりだった。とりあえず、現状母親の状態は落ち着いている。今日明日どうこうなんてことはなさそうだ [続きを読む]
  • 確定 G☆2017
  • さてさて、やっと落ち着いた感じがしますな。人的補償が誰になるのか頭のどこかで気にしたままの正月が終わり、やっと今年の戦力が出揃った。余談になるけれど、この発表時期はどうにかならないもんなんだろか。奥村くんのときもそうだったけど、もう自主トレが始まる年明けになってから移籍が決まって、バタバタ引っ越しやら挨拶回りじゃ気の毒でしゃあない。選手のことを考えて、年内を発表期限としてやることはできないもんなん [続きを読む]
  • 年の瀬に語りたくなる思い出話
  • もう15年も前の話。管理人はその頃、駆け出しの賃貸不動産営業マンだった。小さい店ながらも店長になったり、賃貸は賃貸でも賃貸管理業になったり、いろいろと紆余曲折があった管理人の賃貸不動産キャリアだったけど、スタートはいわゆる「賃貸の不動産屋さん」。そう、誰もがイメージしやすいカウンター営業のあれだ。当時は中野の駅前にあった店で働いてた。交差点角地で視認性は抜群だし、1階店舗で入りやすい。すごく忙しく [続きを読む]
  • 国民総SMAPファン
  • こんなスーパーグループがこんな形で解散していいのかと、どうしてもどうしても言いたくなってしまった月曜の深夜。華が半端ない。キャラの立ち方が半端ない。ファンじゃなくても知ってる曲が山ほどあって、この曲がヒットしていた頃はどこで何をしていたなんて記憶が甦る。日本人ってみんな潜在的にSMAPファンなんだよな。5時間半しっかり見ちゃったけど、前人未到の高いところまで上り詰めたグループなんだと改めて再認識。最後 [続きを読む]
  • ハコ推し G☆2017
  • ゴマキが妊娠だってよ。しかも一人目じゃなく二人目ときたもんだ。彼女がまだ中学生の頃、センセーショナルにモーニング娘に加入した経緯を見てきた者としては隔世の感がある。もっと言うと、テレビの中の時だけが流れ続け、それを見ているこちら側が取り残されたような。そんな切ない気持ちにさせられる。夜中にAKBの番組を見た。うん、もう何年もやってる日テレのあれだ。・・・知ってる子がほとんどいなかった。管理人の中じゃA [続きを読む]
  • 禁じ手 G★59
  • ・・・うん、それはアリなのか。鼻からうどん吹くくらいたまげたし、その発想はなかったぞ。管理人も含めて世間の人的補償予想が小山に集中してるから、どうせ獲られるならタダじゃなく代わりになんかもらっとけってか?この人的補償とトレードの相関関係、それを公にするタイミングについては、球界に一石を投じる話に成り得るんじゃないかこれは?まあ、驚いたし呆れたし言葉にし難い思いにもなったけど、これについては上手くや [続きを読む]
  • 役に立たない東京観光ガイド
  • 先日、読者さんから「野球以外の記事も書いてください」とコメントをいただいたので、それを真に受けて久々の野球じゃない記事。・・・昔は野球以外のことも結構書いてたんですけどねwんで、何を書こうかと考えた。間もなく東京を離れる管理人。ちょうど今は時間もあるし、今まで行ってなかったところを巡る観光レポなんかいいかなと。だけど、既に都民歴は20年を超える管理人。いわゆる観光地はだいたい行ってる。なので、東京 [続きを読む]
  • 二人増える、一人減る G★2017
  • さてさて、めんどくさいから詳細は省くけれど、人的補償で一人減る訳だ。ベイスで円形脱毛症になってるようなメンタルのヤツは、巨人阪神に来たら全形脱毛症でハゲあがるんじゃないかと思うけれども。問題は、・・・いや世間が知りたいのは、誰が守られてるかじゃない。ベイスの側から見た視点で、果たしていったい誰を獲れるのかだ。プロテクトリストの予想よりも、誰をもらえるかのリストがあるならそっちを欲しいだろう。じゃあ [続きを読む]
  • 大復活 G☆25
  • 今日は四の五の御託を並べずハッキリ結論を書こう。今年、村田さんは復活した。そう褒めてあげなきゃ、いや絶賛してあげなきゃ村田さんに失礼だ。人はその言葉を簡単に使うけれど、「復活」ってのは定義が難しい。人は年々衰える。村田さんだって、キャリアハイのホームランはこともあろうに46本だ。35歳の人にその27歳の頃の輝きを求めても仕方ない。35歳を過ぎたら身体はもう下り坂も下り坂。そんな状況下で選手が去年の [続きを読む]
  • 無風 G☆2016
  • ・・・そうか、去年はこの場で由伸の最終打席イベントがあったんだよな。テレビでファン感を見ながら、ちょうど一年前のことを思い出した。賭博の激震に揺れ、その余波も落ち着かぬ中での原退陣→由伸監督就任。去年のこの時期は、寒風吹きすさぶ嵐の中で真っ向から荒波に挑んでいくかのような状態だった。それに比べて今年のなんと静かなことか。嵐の対義語でいえばさしずめ凪か。そんな中で「は?」と思わされた新ユニフォー [続きを読む]
  • 初陣 
  • この試合の意義とはなんだろう。なんとなく親善試合的な緩い感じになって、なんとなく勝つような気がしてた。メキシコが強いかどうかはよく知らない。いや、管理人だけでなく誰も知らないだろう。なぜなら、他のスポーツと違って野球の代表チームは、本当にその時点で最強の代表なんだかまるでわからないもの。国際大会にアマチュアを出してくるアメリカがいい例だ。 でも、まあなんとなく勝つんだろう。ホームだし、こ [続きを読む]
  • 門出 G☆44
  • 管理人は転職経験だけは豊富だ。そんな管理人が思うのは、同じような仕事をするにせよ環境というのは重要だということ。例えば、一つの仕事を進めるときにあらかじめフローが確立されている会社。自分の判断であれやこれやと手探りで進めていく会社。何かを改善しようとするときに上司にお伺いを立て、決済だ稟議だとプロセスの多い会社。独断でスイスイと推し進めていける会社。同じ業種で同じ仕事をするにしても、その組織の [続きを読む]
  • 小さなことからコツコツと G★22
  • おもしろいなあ日本シリーズ。戦前から非常に予想が難しい対戦ではあったけど、ここにきていよいよわからなくなった。ミスもエラーも多いけど、それこそが日本シリーズという大舞台。内容が白熱してるし、スタンドのファンも熱いし、選手もタレント揃いで実に見応えあるよ。そして、ジャイアンツは来年この舞台に立てるだろうかと、どうしても思いはそっちに向く。今シーズンを振り返って、いろんなところで分析、検証がされて [続きを読む]
  • 日陰の花 G☆40
  • もう4年も前になるのか。加藤健戦力外のニュースを見て、今さらながらいわゆる「日本シリーズ劇団加藤事件」を思う。誤解を恐れずに言えば、管理人は今でもこれは加藤も被害者の一人だったと思ってる。普通に考えて、腕や腹の辺りのユニフォームに掠るような球ならまだしも、危険球となるような顔、頭部に当たったフリなんてできるだろうか?様々なアングルからテレビカメラが撮影している中、すぐ後ろで審判が見ている中、そ [続きを読む]
  • スピードスターにあこがれて G☆12
  • バッターにとって、バッティングを捨てるということはいかなるものなのだろう。プロに入ってくるような選手は、みんなその街で一番だったようなエリート中のエリート。守備が売りの選手だって足が売りの選手だって、学生の頃はそのほとんどがクリーンアップを打ちチームを牽引してきた主力打者だったはず。自らが生き残るためとはいえ、守備に徹し走りに徹し、バッティングを半ば諦めたような立場になるのはどういう心境なのだ [続きを読む]
  • GAME OVER G★2016
  • 「バント」・・・バント、バントねえ。間違ってるとまでは言わないけど、管理人の野球観にはない采配だなあ。で、申し訳ないけれど、「あぁ、実に高橋大監督様らしい素晴らしい采配」と思ってしまったのも事実。言い方を変えれば「やると思った」とも言うかなw1アウト一塁で1点ビハインドのあの場面、同点なら実質勝ちなんだから送って正解という見方が無いとは言わない。だけど、あの雰囲気の中で自ら進んでアウトカウント [続きを読む]
  • 降格 G★15
  • そうか・・・。意外に早くバッサリと見切ったな。まるで「坂本VSベイスターズ」みたいな試合でなんとか拾った勝利に沸くなか、ちょっと気になるのは澤村のこと。明日どうすんだろなあ?思い出すのは今から4年前の秋、2012年の日本シリーズ。その年クローザーだった西村はCSから調子を落とし、日本シリーズでも復調することなく第4戦で炎上し負け投手に。ほら、ガッツさんが西村の肩を抱いてる写真見たことあるでしょ?あ [続きを読む]