karenmusic さん プロフィール

  •  
karenmusicさん: 音楽のーと
ハンドル名karenmusic さん
ブログタイトル音楽のーと
ブログURLhttp://musickaren.exblog.jp
サイト紹介文音楽に関することとか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/08/30 16:21

karenmusic さんのブログ記事

  • 見解の違い
  • お盆休みに上の娘と息子が帰省していた。上の娘は、住所を移しているので自分のマンションに戻ることは『家へ帰る』になる。スーツケースを転がす息子に下の娘は「旅に出るみたいやね」次は帰るのがお正月なので息子は「4か月の旅やな」それを聞いた私は、上の娘は家を出た子やけど息子は、家はここと思ってくれてるんやな、とちょっとホッとする。今日も、田畑で汗水垂らして働いていた義... [続きを読む]
  • 連鎖
  • 上の娘は下の娘に厳しい。きついことを平気で言う。もっと優しい言い方をすればいいのに、といつも思っていた。下の娘は慕いたくても姉を慕えない。で、その原因は私にあることにある時気づいた。私が上の娘に優しく接すると彼女も優しくなっている。そうか。私が原因だったのか・・・。そういえば、彼女の言うことにいつも何かケチをつけていたような気がする。彼女の言うことにいつも... [続きを読む]
  • 苛立つ人
  • 苛立つ人に、苛立ってもらわないためにはあなたちょっと苛立ってますよ、とかなんでそんなに苛立たないとあかんの、とかいい加減にしてよ、とかそんな言葉を投げかけても効果がない。苛立つ人からただ逃げるか避けるだけでは苛立つ人はずっと苛立ったままだ。あるとき、苛立つ人がいつものように苛立ちながらワゴンを乱暴に押してきて、寸止めのところでそのワゴンが胸に当たりそうになった。むっと... [続きを読む]
  • ピアノに一心に向かう演奏に
  • レッスンで、コブクロの「未来」という曲を生徒が弾いていた。少しだけ細かいところをチェックしてでは最初から弾いてみてね、と生徒が弾きはじめた。観客としてその演奏を聴きたくて、隣の席からソファに移動した。私だったらこう出したいなと思う音が彼女なりに自然と奏でられていてピアノに向かって一心に弾いている。歌詞も映画(主題歌)のこともよく理解しての演奏になっている。弾き終わ... [続きを読む]
  • 親指
  • きゅうりをスライサーでスライスしていたら右手の親指まで切ってしまった(-_-;)指って、怪我をして初めて指の存在感とその重要性に気づく。結構深く切ってしまっていたのでしばらくピアノは弾かなかった。少しましになったかな、とピアノを弾いてみた。怪我をした指先に当たってないのに痛い(>_<)切ったところが深くて、それが間接的に痛いのもあるけど親指みたいな短い指... [続きを読む]
  • 生徒が辞めないためには・・・
  • 実はそんなに難しいことではない。上手になるために習いに来る生徒。好きな曲を弾きたくて来る生徒。なーんの考えもなくなんとなく来る生徒。いろんな生徒がいるけれど、ピアノから離れて行かないために何を気を付けてレッスンしたらいいか、と言うと『劣等感を持たせない』すなわち、、、弾けない。わからない。難しい。これらの『出来ない』に陥らなければ劣等感を持つこ... [続きを読む]
  • 迷惑をかけない
  • 人に迷惑だけはかけないように、と心がけている。とはいえ、知らず知らずのうちに迷惑をかけてしまっている。言い換えれば、誰かのお世話になっているというか。例えば、今着ている服だって、私が作ったものではない。誰かが作ってくれて、誰かが包装してくれて、誰かが運んでくれて、誰かが売ってくれたから。出したゴミは、誰かが片づけてくれている。大げさな話、吸った息を吐くのだって、地... [続きを読む]
  • ピアノの暗号
  • ピアノには暗黙の了解がある。それは、指番号。「ドレミファソ」って楽譜に音符が書いてあってその上に指番号が振ってある。ドの上に「1」と。で、その次のレからソまで何も書いてなかったらそのままの指なりの番号で弾きなさい、という意味。これは暗黙の了解。で、「ドレミファソ」のドの上に「1」でファの上にも「1」と書いてあるとそれはミからファへの移動のときに指のくぐり技を... [続きを読む]
  • 面倒くさい人たち 2
  • 私の周りの面倒くさい人たちは、長女の人が多い。初めての子どもで、蝶よ花よと育てられ(古い言い回しやなぁ(-_-;))プライドが高くお嬢様に育て上げられている。自分の思い通りにいかないと癇癪を起こす。場合によっては相手を容赦なく痛めつける。怖い怖い・・・。って書いてる私も長女です(-_-)面倒くさいし、タチが悪いので要注意です。 [続きを読む]
  • 面倒くさい人たち
  • パート先で。事務所内のメンバー5人で、あることで意見を交わした。反対意見の人が、最初は反対意見を言っていたのだけどそのうちピタッとその話に入って来なくなった。自分の意見を曲げる気はないからもうその話はしませんっ!と怒ってるのが手に取るようにわかるような素振りだった。他の4人がそれに気づいてその話をそのまま止めるわけにもいかず、その行方をどうしたもんかなぁと思っていたら幸い... [続きを読む]
  • 練習の方法
  • 同じところをもう一度弾いてごらん、とレッスンで小3の生徒に言って弾いてもらっていた。もともと積極的にピアノを弾こうとせず、頭を掻いたり、足を触ったり弾きはじめるまでに時間がかかる。先生はやる気になるのを無言で待つ・・・。やっと何回か弾いてもらったあと、聞いた。「今やってることって何やと思う?あ、ピアノ弾いてるねんけどそのことをどう言うと思う?」「・・・・・?」... [続きを読む]
  • 鼻歌
  • 日中は日差しが降り注いで暑いけど爽やかな風が入って来るので窓を開けてレッスンしている。レッスンを終えて、生徒と雑談をしながら玄関で、さよ〜なら〜 って見送る。開いた窓から、鼻歌を歌いながら帰っていく生徒の声が聴こえてくる。それって、さっき一緒にやった新曲のメロディやん♪先生は嬉しくなりました。 [続きを読む]
  • メッセージカード
  • パート先の社員さんと元学生アルバイトの子が結婚することになった。アルバイトの子はとても性格がよくて気立てのいい子ですごく嬉しい気持ちになったので御祝いのプレゼントをすることにした。メッセージカードを添えて。『ふたりでいると楽しい。ふたりでいると面白い。ふたりでいると幸せ。幸せがずっと続きますように・・・。 おめでとう? 』書いて封をしてから、ふと思った。そんな私... [続きを読む]
  • すみませんはなるべく使わない
  • すみません、という言葉は便利だ。ごめんなさい、にも使えるしお願い、にも使える。そして、もうひとつ。ありがとう、の意味にもなる。だから、なるべく使いたくないな、と思う。便利すぎて、心がこもっていない感じがすごくする。・・・などと言いながらあえて使う時がある。本当に心から納得して謝ってなくてそれでも謝らないといけないときに。あと、接客のときにお客さんに対してとか。... [続きを読む]
  • 他人事
  • 本当に大事な人は誰?本当に大事なことは何?誰も人のことなど気にしていない。私もそう。他人もそう。所詮、ひとごと。『ひとごと』って、漢字変換では『他人事』ってなるんやね。すごいすごい。何かをあれこれ言われても、真剣に私のことを考えて言ってくれているわけではないので。何にも気にする必要はない。自分の思いに任せて喋ってるだけやからさ。あほみたい。... [続きを読む]
  • 愛想よくしない
  • 続き。愛想よくしないので、無駄な話もしない。愛想よくしようとすると、その人のこと、何の興味もないくせに聞いてみたり自分のことを話したりする。それももうめんどいなぁ、と思う。パート先ですごいひどい言われ方をしたことがあってなんで自分のことを棚に上げて、ここまで無茶苦茶言われなくちゃいけないのかなと幻滅していたのがまだ尾を引いている・・・。必要最小限の仕事上の話のみ... [続きを読む]
  • 愛想よくすること
  • 愛想よくすることを止めよう・・・と思う。誰に?生徒や店のお客さん以外の人。愛想よくする癖がついていた。無駄やな、って。意味ないやん、って。自信がついたかな。やっと。この歳になって、今更〜?やけど。 [続きを読む]
  • レッスンの時間
  • レッスンの時間はリラックスできる環境と楽しくなるやりたくなる雰囲気をいかに作り出せるか・・・。緊張する瞬間ももちろん時には必要だけど・・・。先生の持って行き方次第。がんばろう。 [続きを読む]
  • 拘る
  • 悶々としている。過去のことを引きづっている。絶対に忘れない。数々の毒を持った攻撃を。数々の悪意を。弱っている相手に、攻撃するつもりはさらさらない。淡々と。ただただ淡々と・・・。真綿で締め上げるように。ひっそりと仕返しを。 [続きを読む]
  • 毒を吐く
  • 今日は毒づいてばかりだった。本来なら心の中で留めていられることも口から声が出て毒を吐いてばかりいた。最低やな、と思った。ま、でも身体が清浄されるから、いいか・・・。************************** [続きを読む]
  • 雪がよく降る。うちの辺りでも15cmほど積もった。次の月曜日もまだ降り続いていた。割と降ったり積もったりする土地柄ではあるけどこんなに積もったのは珍しい。子どもたちは、雪が積もると必ず雪だるまを作ったり、雪合戦をして遊ぶよね。小2の生徒がレッスンにやって来た。「毎日寒いね。よく雪が降ったよねぇ。」「もう雪いらんわー。」... [続きを読む]