ゆう さん プロフィール

  •  
ゆうさん: ゆうの日単「己事究明」
ハンドル名ゆう さん
ブログタイトルゆうの日単「己事究明」
ブログURLhttp://ameblo.jp/daitoku-ji/
サイト紹介文滋賀県東近江市能登川町にある禅寺、臨済宗妙心寺派大徳寺の副住職。人形供養の寺。日々の活動を更新。
自由文「禅は己事究明である」と学問の師より教わった。迷い悩みながら前向きに歩む、そんな日々の記録。思ったことを気ままに更新していきます。見て楽しんでいただけたら光栄です。当寺は、白隠慧鶴の高弟である東嶺円慈の授業寺として、また伊庭氏の菩提寺として知られています。
大徳寺ウェブサイトhttp://www10.ocn.ne.jp/~chofuku/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/08/31 23:07

ゆう さんのブログ記事

  • お地蔵さま
  • 今日は毎月恒例、毎月第4土曜日の、お地蔵さまの法要。近所の公園にあるかわいらしいお地蔵さまです。 法要終了後、来月の地蔵盆について話し合い。皆さん熱心にお世話してくださるので本当にありがたいちなみに「地蔵盆」という呼び方の由来は、お盆の時期に近いことからそう呼ばれるようになったらしいです。最近では、参加する人々の仕事などに合わせ、縁日である24日から多少日程をずらして土日に行うところが増えています [続きを読む]
  • 暑気払い
  • 梅雨が明けたと思ったら、猛暑。これから毎日これが続くのかと思うときついですね。夏だけ軒先にかけている風鈴が唯一、涼しげな音色で癒してくれます。。。うちの寺にはありませんが、お寺では堂の軒の四方に「風鐸」(ふうたく)と呼ばれるものが吊り下げられていることがあります。風鈴の由来と言えるかどうかはわかりませんが、これは、古来より強い風は流行病や悪い神をも運んでくると考えられていたことから、邪気除けの意味 [続きを読む]
  • 今年初琵琶湖
  • 午後から少し時間ができたので、近江八幡市の宮ヶ浜水泳場へ。子供の頃、学生の頃から、もう何十回来ているかわかりません。百回超えてるかも。。。今年、初琵琶湖です。と言っても今回は少し立ち寄っただけで泳ぎませんでしたが(^_^;)。 休日で、しかも暑かったのでたくさんの人で賑わっていました。ゆっくりしようかとも思ったのですが、雨が降り出したので退散。まあ、これから今年、最低でも5回は来るでしょう(^_^)。 198 [続きを読む]
  • 地元の花火大会
  • 今夜は地元の花火。数年ぶりに打ち上げ花火が復活した、第136回愛知川祇園納涼祭花火大会です。地元ではここ数年、この花火大会が吹き上げ花火のみになってしまって寂しい思いをしておりました。私もこの2年ほど、行くのを辞めてましたね。やっぱり打ち上げがあると盛り上がる(^_^)。 滋賀県内では、夏になると琵琶湖畔の各地で花火大会が行われますが、どこも大規模で席の確保が難しかったり、行き帰りが大渋滞になったりで大変 [続きを読む]
  • 年に一度の総出の大掃除
  • 本日は、午前8時より檀信徒の皆様による境内清掃。大徳寺の境内は広く、緑の生い茂るこの時期に大人数で剪定等の大掃除をしなければ維持できません。毎年この時期にお願いしており、檀信徒の皆様には感謝しております。特に今日は明け方に大雨が降ったりして、実施できるか心配しましたが、何とかほとんど降らずに乗り切れました。この清掃作業を当寺では「垣結い」と呼んでおり、特に境内の、樹木による垣を整備します。緑が多く [続きを読む]
  • 昨日は信長の命日
  • 昨日、6月2日は織田信長の命日でした。滋賀県近江八幡市の摠見寺では、開山忌並びに信長忌を厳修。私も、法類寺院として出頭して参りました。 安土山の中腹に建つこの摠見寺は、織田信長が建立した寺院。現在でも信長の木造が本堂に祀られております。仏教に対して厳しい姿勢をとっていた信長も、臨済宗は大切にしてくれていたようですね。不思議なものです。 [続きを読む]
  • 夏のような一日
  • 今日は暑くて夏のような陽気です。 昨日檀信徒の有志の皆様により、先住職の慰労と、新住職の歓迎の会を開催していただきました。本当にありがたく、ご参加いただいた皆様には心より御礼申し上げます。励ましの言葉、お祝いの言葉、皆様よりお声をかけていただき身の引き締まる思いです。能登川に生まれ育ち、幼い頃より檀信徒の皆様のお世話になって、これまで生きてきました。ご恩返しをすべく、これから寺のために努力して参り [続きを読む]
  • 地域のお祭り
  • 本日は地域のお祭り。春と秋に行われますが、メインは春。好天に恵まれてありがたかった。イベントは天気が一番ですね。神輿を担ぐ若者たちにパワーをもらいました。 私は自警団として各所で警備。昨日の宵宮は寒かったけど、今日は暖かくて助かった〜。 参加しない人も増えてますが、やはり祭りは盛り上がる。日常にアクセントを与えてくれる大切な行事です。 [続きを読む]
  • 新緑の季節
  • 4月も終盤に入り、すっかり新緑の季節となりました。 「百花春至為誰開」(百花春至って誰が為にか開く)、『碧巌録』第五則「雪峰尽大地」に出てくる公案の頌にある言葉です。春になると草木は次々と青い芽を出し、一斉に花を咲かせます。花は一体誰のために咲いているのか。。。誰のためでもありません。誰のためとか何のためとか、そのような目的や考えはまったく無い。命の赴くままに、ありのままに只々咲いているのです。そ [続きを読む]
  • 降誕会を厳修
  • 本日は4月8日。仏教の開祖であるお釈迦様の誕生日。キリスト教で言えばクリスマスにあたります。日本では「花まつり」という行事名で呼ばれることが多いですね。降誕会(ごうたんえ)、灌仏会(かんぶつえ)とも言われます。当寺でも例年同様、午前10時より厳修しました。 写真のように花で飾った花御堂の中で、甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置した誕生仏像に、柄杓で甘茶を掛けてお祝いします。釈迦生誕時に産湯を使わせる [続きを読む]
  • 坐禅指導の一日
  • 今日は、私が所属している臨済宗妙心寺派滋賀北陸青年僧の会の活動。福井県にあるサンドーム福井にて、坐禅指導を行いました。相変わらず大きな建物です。このような施設で坐禅をする機会は貴重だと思います。 今年でもう5回くらいになるでしょうか。この場所に来るのが慣れてきました。某大学の新入生オリエンテーションの一環で、1,000人以上の学生がこの場所で一度に坐禅。ですのでこれくらいの箱が必要です。今回は学生 [続きを読む]
  • 春彼岸
  • 今日は彼岸の中日。春分の日を中日として、前後各3日を合わせた7日間が春のお彼岸。春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりと言われています。昨日と一昨日が土曜日・日曜日だったこともあり、お墓参りに訪れる方が大変多い3日間でした。お天気も良かったですしね。「彼岸」本来の意味としては、煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。 [続きを読む]
  • 大般若祈祷会を厳修
  • 大徳寺では本日、午前10時より大般若祈祷会を厳修しました。全国的には1月に開催されることが多い行事ですが、なぜか当地域では多くのお寺で3月に行います。現在大般若会ラッシュです。まず最初に『般若心経』を3回唱えた後、全600巻からなる『大般若波羅蜜多経』を転読します。転読とは、一冊ずつ手に取り、経題を大声で唱えた後、頁をパラパラとめくり陀羅尼を何度も唱える作法です。機会があれば是非一度ご覧になってい [続きを読む]
  • そろそろ枝垂れ梅の咲く季節
  • 昨日のブログ同様、境内に咲いている花について。春が近づくと、枝垂れ梅のつぼみが膨らみ始めます。うちの枝垂れ梅は遅いので、これが咲くと、「春が来た」と感じます。今日は寒かったですけどね。大した世話も何もしていないのですが、毎年よく咲いてくれます(^^)。花言葉は「忠実」。学問の神様として知られる菅原道真が、九州の太宰府に左遷されたとき、大切に育てていた梅の木が飛んできたという伝説にちなんでいるそうです。 [続きを読む]
  • 兼務寺の涅槃会
  • 今朝は、毎月一度のお地蔵さまの法要。そしてその後、彦根市にある兼務寺にて涅槃会を厳修しました。こちらのお寺は残念ながら涅槃図をお寺に備えておりませんので、皆でお経をとなえてお釈迦様のご遺徳を偲びます。小さなお寺ですが、簡素な設備にして地域の皆様がしっかりと護ってくださっております。法要後は皆でお茶を飲みながら懇談。 今日はすっきり晴れて良い天気。大徳寺の境内も、ようやく春らしい雰囲気が漂ってき [続きを読む]
  • 涅槃会を厳修
  • 今日も一日、昨日に続き雪がよく降りました。あ〜、もう雪は見たくない。。。そんな悪天候の中でしたが、当寺では年間行事予定通り、午前10時より涅槃会を厳修しました。お参りいただいた7名の方には厚く御礼申し上げます。今日はもしかしたら誰も来られないかと思ってました(^_^;)。 さて、涅槃会とはお釈迦様がお亡くなりになられた命日で、仏教徒がその尊い一生を仰ぐために行う法要です。本来2月15日に行いますが、 [続きを読む]
  • 今年は雪が多い。。。
  • 昨日から、今年3回目の本格的な雪。1回目2回目に比べると軽めですが、それでもよく降りました。まだ過去の記憶が新しいのに、、、もう雪は見たくない。。。昼間に軒先を見ると、氷柱がしっかりできてました。そりゃあ寒いわ。 「擔雪填古井」雪を擔(にの)うて古井(こせい)を填(うず)む)という禅語があります。雪を井戸に投げ込んでも、雪はとけてしまって井戸をうめることはできません。しかし、その無理だと思うよ [続きを読む]
  • 立春大吉
  • 本日は、2月4日。暦の上では立春です。これからまだまだ寒い季節が続くと思いますが、今日は春の初めを感じさせる良い天気になりました。車を走らせ琵琶湖の方へ出ますと、青く澄んだ空と白い湖西の山々で美しい景色を見ることができました。気分は立春大吉!。 昨日は節分ということで、ニュースで豆撒きの様子が紹介されたり、SNS上では恵方巻きの写真がたくさんアップされていました。みんなイベント好きですね〜。う [続きを読む]
  • 今年最初のお地蔵さま
  • 良く晴れた、暖かい一日となりました。今朝は、今年最初のお地蔵さまの法要。先日の大雪の影響で、公園の中はまだまだ雪が。。。 こんな状態の中、お参りに来ていただいた皆様には感謝申し上げますm(__)m。 人通りが少ない公園に行くまでの道も、まだまだ雪だらけ。さすがに足袋と雪駄はやめて、靴下とブーツにしました(^_^;)。 今日が本当に暖かかったので、雪は夕方にはかなりとけてくれました。それにしても今回 [続きを読む]
  • 雪がよく降った〜、そして正月飾り撤去
  • 寒い!、今日は本当に寒い!!。そんな中、本日は午後から山門周りの正月飾りを撤去していただきました。11月30日に設置して、1か月半にわたり山門を華やかに飾ってくれた門松とも、しばらくお別れ。また今年の年末によろしく!。悪天候、そして寒い中、作業をしていただいた造園梶賀様、誠にありがとうございましたm(__)m。4メートル30センチの竹は、近所の方々が、竹細工に使いたいということで、毎年持って帰られます。 [続きを読む]
  • 寒波襲来。。。
  • この冬で初めての、本格的な寒さです。年末年始が温暖でしたから、この寒さは堪えますね〜。今朝から雪が降り始め、昼頃には境内がすっかり白くなりました。このブログを書いている現在、夜の9時。外はまだ雪が降り続けている。明日の朝はどうなっているのやら。。。 山門周りのお正月の飾りは、明日撤去予定。最後に雪化粧になりました。 今日は大学入試センター試験の日。大雪の影響で、会場によっては時間の繰り下げ [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年明けましておめでとうございます。大晦日から、元旦、そして昨日くらいまでは忙しい毎日を過ごしておりました。毎年のこととは言え、5日まで来るとほっとします。4日は獅子舞、そして年頭回礼。 大晦日の山門は、ライトアップもあり華やかでした。気候も暖かく、除夜の鐘も気楽にできましたね(^^)v。 今年の干支は酉年。去年は色々と悩むことの多い一年でしたが、吉祥のシンボルである鶏にあやかり、明るく、そし [続きを読む]
  • 山門の飾り付け
  • 昨日の夕方、山門を正月に向けて飾り付け。円形の縄を設置していただきました。これはなかなか太くて迫力がある!。正月らしい雰囲気が出ますね(^_^)。 少し暗くなってから、大晦日の除夜の鐘に向けて門松のライトアップのテスト。こちらも良い感じになりそうです(^^)v。 除夜の鐘では、皆様のご来寺をお待ちしております。 [続きを読む]
  • 子供会もちつき
  • 本日は、地域の子供会が主催するもちつき。年末ムードが高まります(^_^)。うちの子供は6年生ですので、この行事に参加するのは今年で最後です。送る会も同時に開催していただきました。ありがたいですね。 午前中はお地蔵さまの法要もあったり、忙しく過ごしていました。今年最後のお地蔵さま。一年間毎月法要をさせていただくことができ、関係者の皆様には厚く感謝申し上げます。来年も宜しくお願いいたしますm(__)m。  [続きを読む]
  • 今年最後の役員会
  • ここ数日で急に寒い気候に。昨日は、雪まで降って冬本番を実感しました。琵琶湖の対岸に見える山々も白く見えています。綺麗だけど、寒〜。。。 今日は、夕方に当寺の今年最後の役員会。平穏な一年の報告に終始しましたが、一点だけ自分自身の重要事項。来年4月1日で住職交代。私が住職に就任することになります。晋山式は既に終えておりますので、書類上、そして立場上での変更。役員の皆様も異議なく、喜んでいただいてお [続きを読む]