いまいはのん さん プロフィール

  •  
いまいはのんさん: いまいはのんの『コトノハお茶会』
ハンドル名いまいはのん さん
ブログタイトルいまいはのんの『コトノハお茶会』
ブログURLhttp://ameblo.jp/imaihanon
サイト紹介文幻想を追いかけて、ひとつひとつの夢を信じて。 自作の詩を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/09/01 18:18

いまいはのん さんのブログ記事

  • イオンモール東久留米のイベントに星さいかさんが出演
  • おはようございます。快晴ですね、お出掛け日和♪今日、イオンモール東久留米のイベントに、星さいかさんが出演します。星さいかさんには、震災支援チャリティーライブ「助け合い 力をあわせて のりこえよう!」や被災地の仮設住宅での復興支援ライブ、仙台FMや仙台の情報誌「りらく」のホームページなどで詩の朗読や歌でご協力いただいてます。お時間ありましたら、足をはこんでみてくださいね。http://www.aeon.jp/sc/higashiku [続きを読む]
  • 雛人形とあの日の空と
  • 3月3日は桃の節句のひな祭りひな祭りと東日本大震災色々な気持ちがよぎります。あの日、太平洋沿岸を容赦なく襲った津波。それによって、つきつけられた事実。誰かにとって意味のないものが誰かにとってかけがえのないものかもしれない昨日まで生活していた家に、いきなり住めなくなり昨日まであったはずの風景がなくなってしまった事実昨日まであったはずの場所がなくなってしまった事実あの人の声あの人の涙やりきれない思いあ [続きを読む]
  • 詩『涙を笑顔に決意を力に逆境を越えろ』
  • 『涙を誇りに決意を力に逆境を越えろ』ここから再び立ち上がり前へと一歩一歩進む何度となく襲いかかる試練足が止まり 首をもたげ 力尽き意識を 思いを 決意をも無くし 手放したはずなのにそれでも胸の奥の奥淡く ひ弱で 揺れる光が心臓を動かし 鼓動を刻み君以上に君を信じてる呼吸を感じて整えて今一度 抗え生きることも 死ぬことも忘れられることもどうしていいのか分からないそれでもたとえ今は打ちのめされても再び立ち上が [続きを読む]
  • 詩『また会おう』
  • 『また会おう』公園の小道桜の咲き後一秒ごとに刻まれる永遠戻ることのない時間また会おうさよならは始まりの一歩さよならは未来への約束来年笑顔でまた会おうそれまでは身体には気を付けてそのためにも一日一日大切に生きていくお互いに全生命力をかけて [続きを読む]
  • 桜彩るふるさと亘理、悠里館へのあの桜小道
  • 4月10日の桜前線は亘理町に到着!写真は、『いまいはのん 亘理への詩〜東日本大震災から5年』を開催した悠里館ギャラリーと繋がっている悠里館。悠里館の東側にあるあの桜小道。こちらの写真は橋の辺りからですが、陸橋からみる桜も綺麗です。もちろん桜と水路の間にある桜小道を真っ直ぐ、のんびり歩きながら、穏やかな時間をすごすのもステキですね。「桜彩るふるさと亘理、悠里館へのあの桜小道」桜が舞ったら今度は新緑来年 [続きを読む]
  • 亘理への詩〜Web編 詩『信用できる大人と信用できない大人』
  • 『信用できる大人と信用できない大人』あの日こどものままではいられないことを強制的に背負わされ今は小さな大人だけどそう悪くもないよだから、お父さん、僕は大丈夫温かい豚汁をくれたおばさん黙って手をさしのべてくれたおじさんがれきを大事そうに抱えて片付けてくれたお姉さん変がおで笑わせてくれたお兄さんあの日たくさんなくしたかもしれないけど僕は目がよくなったよくだらない大人も口だけのえらい人も嘘も怖さもごま [続きを読む]
  • 亘理への詩〜Web編 詩『自動車学校』
  • 『 自動車学校 』免許証の更新のたびにフト思い出していたあの頃短くもバスに乗って通ったあの道路校舎での授業プレハブでの救命の練習もー泣きそうだった縦列駐車そして田畑が銀河にとけた夜間走行「昨日はそれで良くても今日は更に良くならなきゃだめ」あの教官の言の葉は今でも私の胸に残っている学び舎が消えてしまってもあの言の葉が消えることはない私にとって大切なあの日の言の葉・・・・・・・・亘理駅に迎えに来るバ [続きを読む]
  • 亘理への詩〜Web編 詩『この場所』 詩『菜の花の道』
  • 『この場所』この場所で生まれて精一杯生きるどんなに荒らされても汚されても諦めないあなたと出会えたこの場所だから未来を信じて咲き誇る『菜の花の道』 名前の知らない道に菜の花とそよぐ風生きている二度と来ない今日という日をどんな場所でもどんな名前でも生きる誇りを抱いてこの時代に生きる四季が彩り姿が変わっても今日の風景を忘れない・・・・・・・・個展が開催されている悠里館の近くに亘理承水路(川)と用水路が [続きを読む]