ミーアキャット さん プロフィール

  •  
ミーアキャットさん: 彼女の旅路、晴れ(時々雨)空の下
ハンドル名ミーアキャット さん
ブログタイトル彼女の旅路、晴れ(時々雨)空の下
ブログURLhttp://springcherry.blogspot.com/
サイト紹介文小豆島在住の海山、写真、バイク好きが潰瘍性大腸炎と共に歩む日々。
自由文ハーブ栽培や、天然酵母パン作りもやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/09/02 21:19

ミーアキャット さんのブログ記事

  • 夜明け
  • 朝日に染まる太平洋の青、空の彩り波の音、鳥の声 全てがただただ美しかった。この大きくて豪快な海が好きすぎて帰って来る度に次はいつ、戻って来れるかな?とか次はもっと長く滞在したいなとかここでちょっと暮らしてみるとかできないだろうかとか色々考え、ワクワクする。でも思えば、海はひとつ。今いる場所にある海も、この大きな海と繋がっていて肉眼では見えないけど繋がっていてすぐ側にある海の中に、この大きくて豪快 [続きを読む]
  • 初夏の道
  • 春の写真が沢山あるので掲載していくと伝えておきながら仕事やら畑仕事やら、何かと忙しくほとんどブログを開くことなく過ぎ行く日々が続いています。忙しい時こそ食事に気をつけたいし、疲れがとれるように湯船にゆっくり浸かりその日の歪みはその日のうちに取るようにと寝る前にはストレッチを行うようにしている。(ストレッチの体勢のまま寝落ちてしまうこともよくあるけど‥)これらが何とかできているということは、有難い、 [続きを読む]
  • カモミールと蝶
  • カモミールに小さな蝶手を近づけても、羽の後ろを指先でチョンと触れても全く動かず何枚も写真を撮らせてもらった。蝶ってこんなにのんびりしててこんなに可愛かったっけ?”霊は生命であり、生命は霊です。それゆえ、生きとし生けるものすべてがーー小鳥も魚も花も果実も、みな霊なのです。”シルバー・バーチの霊訓(十)p. 203隙間時間を見つけては庭畑仕事。例えば30分タイマーをかけ駐車場への通り道をジャングル化しようと [続きを読む]
  • 人がこの世を旅立つということ
  • 「ほな行ってくるわ。後のことは頼んだで。」雨の翌日の朝、父はそう言って船に乗り出かけて行った。その言葉を聞き、はっとした。たぶん父親は、同じような言葉を自分に言い残して霊界へと旅立つのだろう。そして、人がこの世を旅立つということは本来はこんな感じなのだろうなと思った。仕事や家事など様々な雑務、日常のしがらみから解放され楽しい旅に出かけるのだ。愛する人がそのような解放と喜びを体験しようとしているのだ [続きを読む]
  • 春はじまる
  • 島でもソメイヨシノ桜が咲き始めた。昨年よりも遅い春。夜からしばらく雨予報とのこと午前中、気になる桜の木たちに会いに行ってきた。八坂神社のしだれ桜が満開だった!降り注ぐような桜色に寄り添うように座ってみた。ゆらゆら揺れる桜花に包まれる幸せ‥城山のソメイヨシノ。白い花と若緑の配色が美しいスモモ 。スモモの花は先から咲いていて、風が吹くと花吹雪が。。農免道の桜。 [続きを読む]
  • 再会の春
  • 秋に植えた球根たちとの嬉しい再会の春。最初に咲いたのは赤チューリップでした。チューリップたちが陽気に踊っているようにしか見えん。奥の緑はカモミールです。フレッシュ・カモミールティーを楽しめるようになりました。とっても優しい味わい。 [続きを読む]
  • 菜の花、野菜の花
  • 畑の黄色は満開の小松菜の花(カブの花もよく似ている)黄色い花を生けたり花が咲く前は食べれるので収穫しては食材にしている。スコーンに入れてみたら、それも美味しかった。ルッコラの花。扇風機の羽みたいな形で少しくしゃっとしたリネンシャツのような質感の花びら。ほうれん草の花穂は、初めて見た。どんな花が咲くのか見てみたい気もするが抜いて食べてしまうかもしれない。どうするか迷っているうちにきっと先に花が咲く。 [続きを読む]
  • いずみ公園
  • 福田のいずみ公園へ行ってみた。平日の午後、桜の花はまだ大半が莟で人は誰もいなかった。桜の木の下に座りシルバーバーチの本を読んだ。ここは昨年秋に関西から霊仲間たちが訪問してくれたときに待ち合わせをした場所。みなさんお元気かな。四月になり、外はもう紛れもなく春。春の日差しは明るく陽気だが半透明な感じ乳白色をしているように思う。桜の花びらのような、淡く優しい色合い。透き通り研ぎすまされた冬の空気が生まれ [続きを読む]
  • 夢のレモンと松かさ顔
  • 2014年に苗木を植えたレモンの初収穫果実!自画自賛ながら(と言えるのか??‥ほとんど放置で、見かねた母親がたまに草抜き等の世話をしてくれたおかげで収穫できたのだよ)世界一美味しい!と思った。まず作ったのは、刻んだ果皮と果汁を入れたスコーン。(ちなみに最近 Miya'sベイクショップはスコーンしか作れていません)レモンタルトを作りたいのだがなかなか時間が‥そしてチョコやん。久しぶりの登場なのに、またまた変顔 [続きを読む]
  • 桜待ちの季節
  • ブログを開く間もなく日々が過ぎて行き気付けばうぐいすが鳴いているし、海にクラゲが浮かんでいたり。ミモザが咲き、菜の花が咲きそして桜待ちの季節になっていた‥みなさん、どんな春を迎えようとしていますか。上の二枚の写真は、前回の更新で使用した二、三枚目の写真と同じ場所で同じ時刻に撮ったもの。(昨日の朝)以下二枚は一昨日の夕刻。海沿いの桜の木たち、きっと 誰よりも多く美しい夕陽を見ている。花が咲いたら、わ [続きを読む]
  • 啓蟄
  • 3月5日、啓蟄。みつばち(たぶん)が家の中に入ってくる。庭へ連れていくが、手からなかなか離れない。カモミールに近づけたら、カモミールはあまり気に入らない様子だったので花が咲いているビオラのところへ連れていくと喜んで花へと移った。昨年のクリスマスの日、同じような小さい蜂が弱った状態で家の中に現れたのを思い出す。死んでいるのかと思い拾い上げて手に乗せると動きだし、私の手の上をゆっくりゆっくりと歩いた。仕 [続きを読む]
  • 試練や苦しみ
  • 試練、苦しみ、辛さそれらは私たちの心に重くのしかかるような言葉なのかもしれない。しかし、それらに対面しているときこそ自分を内観し、生きている意味や目的真に価値のある喜びや幸せを再発見、再確認するチャンスです。ですから、皆さんには試練や苦しみをネガティブなものとして捉えないでいただきたい。容易いことではないが、同じ思いを持つ人がひとりでも増えてくれたら‥私はそのように願い続けています。自分の人生の目 [続きを読む]
  • 冬の海
  • 冬の海美しいけれど風が強く寒すぎて長くは居られないしかし全てのものを清めるような海風の清々しさや深い表情の青に惹かれわたしは冬の海へ出かけた写真は、一枚目が15日頃二、三枚目が24日頃、最後の二枚は月末。 [続きを読む]
  • 霊的楽天性
  • 霊的真理を知った者は、悩んではいけません。楽天的でなければなりません。この世のことで思い煩うのは間違っています。今、自分の心が楽天的であるかどうかチェックしてみましょう。何か取り越し苦労をしていないか、余分な心配をしていないかチェックしてみましょう。もし悩みにとらわれているのなら、今すぐ「霊的真理」によってそれらを払拭してください。そして毎日を”霊的楽天性”を持って生きることを、今後の人生の目的と [続きを読む]
  • 晴れて
  • 前回の更新で、もう大丈夫ですと書いた後すぐ、熱が出たりして再び療養していました。風邪で寝込んだのは何年ぶりだったのだろう…数年分の風邪をまとめて、だったのかな。とにかく長かった〜今度こそ回復できたようです。たぶん、きっと(笑)そのように感じ、晴れて髪を切ってもらってきた。昨年末くらいから長い髪を煩わしく思うようになっていたので、ばっさりと。気分爽快。この太陽の画像とっても気に入っています。輝かし [続きを読む]
  • 変顔スタート
  • だいぶ出遅れましたが、2017年が始まりましたね。変顔、変ポーズの初更新です。今年もよろしくお願いします。今年の誕生日で10歳になるチョコやんと初散歩、1月3日年末年始はドタバタで、その後年明け早々の風邪、その他季節の感染症パーティーに自分は参加する予定ではなかったのに結局巻き込まれてしまっていました。ちょっと大変でしたがもう大丈夫です。皆さんはどんなお正月を過ごしましたか?12月と比べ、日差しに明るさ [続きを読む]
  • 道しるべ
  • 2016年12月29日。今日はこれから実家の餅つきを手伝う。外の空気はぴりりと冷たく、空は沢山の綿雲で銀色に光っている。今朝は産直へ買い物に行き(すごい人だった!)サツマイモや人参、葉ネギなどを買った。裏の畑でレモングラスを一茎刈ってきて、グアバの茶葉も加えてお茶を沸かした。母が、前の畑のレモンも収穫できそうだと言うので見に行くと黄色に熟れた元気な小ぶりのレモンが5個!2014年春の大師市で買ってきて植えたレ [続きを読む]
  • 死を恐れなさんな
  • 死を恐れなさんな死を恐れる者死んだら全てが終わりだと考えている者がまだまだ多すぎる死は終わりではない恐れるものではない死は解放である肉体が全てだと考えていれば肉体の死が全ての終わりだと信じてしまうのは当然のことだが我々の肉体は、我々の仮の姿でしかなく我々の本質、本当の自分は霊体(魂)であり魂は永遠に続く我々は永久不滅の存在である肉体から解放された喜び軽快感をあなたの肉体が終わるときあなたも体験する [続きを読む]
  • 導き
  • 分からないとき 進み方に迷うときにはこちらに助けを求めなさい。あなたの意識に浮かぶキーワードだったり自然に手を伸ばし開いた本のページにあなたに必要な知識や情報、求めている答えが見つかったりする。こちらからの導きは このような形をとることが多い。なので我々からの働きかけをすぐに察することができるようあなたは自身の意識、波長を霊的で清らかに維持しておくこと。我々がサポートしたくても、あなたの意識が我々 [続きを読む]
  • 冬が来て
  • なかなか更新できない間に冬が来た。寒いのは苦手だけど、空気が澄んで景色が美しく見えるのが好きで美しい空や夕陽との出会いを寒い季節の一番の楽しみとしている。身体が縮こまり鈍くなってきて肉体が大人しくしている分本来の感性が表面化しやすくなるのも嬉しい。先日も、澄んだ空と晩秋に染まった麓の山々の美しさにえらく感激して、今日は山も空もどうしてこんなに美しいのだろう!とひとりで興奮し感動しながら車を走らせた [続きを読む]
  • 偉大なる愛の言葉
  • 繰り返し、自分の力となっている言葉を紹介します。ですから、決して絶望してはいけません。落胆してはいけません。くよくよしてはなりません。心に不安の念を宿してはなりません。恐怖心を近づけてはなりません。取り越し苦労は蹴ちらしなさい。そんな憂うつな有難からぬ客を絶対に魂の奥の間へ招き入れてはなりません。   潮文社『シルバー・バーチの霊訓』(1)p.192シルバーバーチの言葉は、深い愛と真実の言葉ばかりで [続きを読む]