サントーシー さん プロフィール

  •  
サントーシーさん: カレーなる日々
ハンドル名サントーシー さん
ブログタイトルカレーなる日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suntosi2005/
サイト紹介文2009年7月よりインド・ニューデリー在住。インドでの日々を中心に語りながら、日常を記していきます。
自由文前世は南インドのタミルナードゥ州、コインバトール生まれです。
そして・・来世はカニャークマリに転生します。(アガスティアの予言)
インドで人生を全うするために、今を生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/09/03 01:17

サントーシー さんのブログ記事

  • マンドウの宮殿 〜 ルプマティ・マハル 〜
  • バス・バハードゥル宮殿の上の丘に建てられているのが、ルプマティの離宮である。丘は高さ366m。離宮の前は駐車場になっており食堂や茶店もある。入口でチケットのチェックがある。 普通に道路もあるのだが、ここは昔を思いながら、この急で狭い階段を登ってみる。内側に傾いているのは転落防止のためか。 2階建てに見えるが、1階部分はこのような通路、2階部分は庭園になっているので、実際はここが1階部分だと思われる [続きを読む]
  • マンドウの宮殿 〜バス・バハードゥル・マハル 〜
  • レーワー・クンドの東側にあるのがバス・バッハトゥール宮殿である。私は建築家ではないのでよく解らないのだが、ラジャスターン様式とムガール様式が融合した宮殿らしい。1508年に建設と書いてあるので、バッハドゥール(マンドゥ最後の領主)が王になる数十年前に建てられたそうだ。 階段を登って右側にある入口から中に入る。ちなみに階段の左側は崖。中に入ると手入れされた庭があり、奥には井戸らしき跡があった。宮殿自 [続きを読む]
  • マンドゥを探索。
  • マンドゥの見所は大きく分けて3ケ所である。物好きな私はそれ以外の場所もくまなく行ったが、普通の観光客は「ジャミ・マスジット周辺」「宮殿遺跡群」「レーワー・クンド遺跡群」しか行かないと思う。それ以外の場所の遺跡もいくつかいい物もあったが、見なくても良さそうな物も確かにあった。見所3ケ所を紹介した後でまとめて記載する。 3ケ所の入場料は各200Rs(約340円)である。世界遺産でもないし取り過ぎじゃな [続きを読む]
  • マンドウの宮殿 〜 ジャル・マハル 〜
  • ジャル・マハルとは水の宮殿と言う意味である。ジャハズ・マハル(船の宮殿)の裏側の池の対岸にある。乾季の今は池には水はほとんどない。水の宮殿と言うだけあって、いろんな細工を施した井戸のような物があった。  ここまで来る物好きな観光客は私しかおらず(笑)かくれんぼをしている子供たちに、写真を撮ってくれと囲まれてしまった。インドの子供は(大人もだけど)結構しつこい・・・。それさえなかったら・・・いい場所 [続きを読む]
  • マンドウの宮殿 〜 ジャハーズ・マハル 〜
  • 「宮殿区」で一番有名で大きな建物が、このジャハーズ・マハル(船の宮殿)である。入口を入ってすぐ左側にある大きな建物なのですぐに解る。この急な階段を登って屋上に行く。 屋上にはチャトリと言う小屋のような物がいくつかあるだけだが、風があれば気持ち良かっただろう。宮殿は幅15m、長さ120mの細長い宮殿で、裏側にあるムンジャ池に映った姿が大きな船に見える事から、この名前がついたのだが・・・・どうかな。乾 [続きを読む]
  • マンドウの宮殿区。
  • マンドゥの見所は3つの地区に分けられる。一つ目がバススタンド(実際にはただの広場)のある、ジャーミ・マスジット周辺。そこから北東に1Kmほど離れたところにあるのが「宮殿区」。人造池の周囲に、王宮や接見の間、モスク、ハレムなどがある。その宮殿区を「ジャハズ・マハル」「ジャル・マハル」「その他」に分けて記載する。メインから紹介したい所だが後のお楽しみに取っておいて、まずはその他の所から紹介する。 入場 [続きを読む]
  • 【インドの宿泊施設】 〜 ホテル・ルプマティ 〜(マンドウ)
  • マンドゥは小さな村である。どの程度のホテルが何軒あるのか全く分からなかった。ホテルの予約サイトにも情報が少なかったので、想像するに・・・ゲストハウスの類がメインで、WEB予約できるレベルのホテルが少ない事は想像できた。行ってみてホテルがなかったり満室だったりするのは避けたかったので、メイクマイトリップで最も安かったここにした。セールで1泊1800Rsだったが、メイクマイトリップの1000Rs割引ク [続きを読む]
  • ホーシャング・シャーの墓(マンドゥ)。
  • ジャーミ・マスジットの右側から外に回ると、ホーシャング・シャーの廟がある。白い大理石、ドーム・・・どこかで見たような・・・まぁこの時代のイスラム教の墓となると、こういった建築になるのだが。ホーシャング・シャーはマンドゥを都としていたグーリ朝の王。インドで初めて建てられた白大理石の建築物らしい。実はアグラのタージマハルもこの廟を参考にして建てられたそうで、タージマハルを建てたムガル帝国の皇帝シャージ [続きを読む]
  • アシュラフィ・マハルと勝利の塔(マンドゥ)。
  • ジャーミ・マスジットの前は広場になっていて、野菜やフルーツ、軽食を売る屋台なども出ているが、小さな村である。他にマーケットらしいものはなかった。バススタンドでもあるこの場所が、それでも一番の繁華街である。ジャーミ・マスジットの向かい側にあるのが、アシュラフィ・マハル&勝利の塔である。入場は無料。階段を登って行くと平らな場所に出る。元々は建物があったのだろうが、今はこれだけである。ムハマド・キールの [続きを読む]
  • マンドウのモスク 〜 ジャーミ・マスジット 〜
  • マンドゥにはバススタンドと言うものがなかった。村の中心の広場のような所にバスが止まり、引き返して行く。そこにジャーミ・マスジットがある。入口の右側にあるチケット売り場で入場券を買う。外国人200Rs(約340円)だが納税者カードに物を言わせて、インド人料金15Rs(約25円)で入場できた。このモスクは15世紀前半に建てられたイスラム教初期のモスクである、ホーシャング・シャーがシリアのダマスカスにあ [続きを読む]
  • インドでゴルフ、85回目。
  • 今年の初ゴルフはさんざんで久々に130台と大たたきした。その次は120台だった。これは普通か?そのおかげでコンペで2回続けて最下位だった。そこで、ハンデ改正が行われ、30から40に増えた。スタート時にキャディがいないと言う珍事にみまわれ、ただでカートに乗れたので良しとする。またこの無駄な待ち時間のおかげで、ジュニアチャンピオンに会えた。インドのジュニアチャンピオンかと思ったら、世界ジュニアチャンピ [続きを読む]
  • レーワー・クンド遺跡群(マンドウ)。
  • 村の中心部から南に向かって行くと道が二つに分かれる。ここには解りやすい案内はなかった。右手は登坂だったのでイチかバチか左に進んだのだが、レーワー・クンド遺跡群は右手だった。(笑)その他の遺跡について後日まとめて記す事にする。レーワー・クンド遺跡群方面へ坂を上って行くと、(まぁ私はどこまで行っても辿り着かないので、 村人に聞いて戻ってきたわけだが・・。)右手に村一番の高級ホテルであるマルワ・リゾート [続きを読む]
  • インドール動物園。
  • インドール市内の北西地区を散策したので、その後は動物園に行く事にした。市内は乗り合いのワンボックスカーがあったので、聞いてみると動物園に行くそうだった。思ったより遠かったので20Rsだったけど。どうもコースは市内を一周しているらしい。また帰りは逆向きの乗り合いもあった。まぁそれはいい。動物園のチケット売り場で驚いた。入場料はインド人が50Rs、外国人が500Rsと仰天の設定。 ラージワーダーの25 [続きを読む]
  • ガンディー・ホール(インドール)。
  • 鉄道駅の前を通る道路がマハトマ・ガンジー通りにぶつかった所に、威風堂々と建っているのがガンディー・ホールである。空港からホテルに向かう時に最初に見て、すっごい建物だなぁと思っていたら、これがガンディー・ホールだった。このゴシック様式のホールは1904年に建てられ、当時はエドワード王ホールと言う名前だったらしい。通りは高架線になっており若干見下ろす事になるのだが、夕日を浴びて燦然と輝いていた。中では [続きを読む]
  • ラージワーダー(インドール)。
  • 18世紀の後半にインドールを統治していた、マールワ藩王国のホーカル家の宮殿である。市内の中心部から西に少し行った所にある。なんと・・・入場料が250Rs(約430円)もする。世界遺産でも何でもないのに・・・・。どうよ・・・この強気な姿勢・・・。ありえないわね。インド人料金が10Rs(約17円)だったので、ダメ元で納税者カードを出してみたが撃沈した。と言う事で入口の写真だけである。外見からしてもそん [続きを読む]
  • インドールのレストラン 〜 インディアン・コーヒー・ハウス 〜
  • お馴染のインディアン・コーヒー・ハウスである。南インドであれば、どこに行っても見かけるが、北インドのインドールにもあった。帰りのバスで迂闊にも寝てしまい降りそびれてしまったので(笑)、次の停車場所の鉄道駅まで行ったおかげで、立ち寄る事ができた。           住 所:M.G. Road, Indore, Madhiya Pradesh, India電 話:91-731-2523314, 2523315, 2523316予 算:50Rs〜<食したメニュー>フレンチ [続きを読む]
  • インドールのレストラン 〜 サンダール 〜
  • 夜、ビールを飲むべく町をうろついたのだが、近所で見つかったのは、ホテル・レモンツリーの中だけだった。入ってみたら、プールバーで・・・ビリヤード台に気取ったカップルがいたので、止めた。そこで宿泊したホテルに戻って隣のホテル・サンダールのレストランに入った。           住 所:17/2, South Tukoganj, Indore, Madhiya Pradesh, India電 話:91-731-2523314, 2523315, 2523316予 算:300Rs〜<食 [続きを読む]
  • インドールのレストラン 〜 バナナリーフ 〜
  • インドール空港に着いたのが12:30で、ホテルにチェックインした後でホテル周辺を探索がてら食事に行った。適当に歩いていたらバススタンドがあり、周辺に小さな食堂が並んでいた。そこでも良かったのだが、逆方向にも歩いてみた。するとバススタンドから少し離れた方にこぎれいな商店街があった。一軒のレストランの前にこの方の看板があったので、吸い込まれるように(笑)立ち寄った。ラジニ様の看板があったら素通りできな [続きを読む]
  • 【インドの空港】 〜 インドール〜
  • インドールはマディア・プラデッシュ州にある。特に有名な観光地がある訳ではないが、隠れた名所マンドゥへのゲートシティである。手っ取り早く行く為には飛行機を利用した。インディゴで片道約1時間半、4000Rs位だった。いつからかそうなったのか知らないが携帯のポータブル充電器は、チェックイン荷物に入れてはいけないらしい。こんなシールを貼られる。機内持ち込み荷物にいつも入れているのでそのままだった。意外にも [続きを読む]
  • グルガオンのレストラン 〜 バーンタイ 〜
  • グルガオンに美味しいタイ料理屋があると聞いて、頼み込んで連れて行っていただいた。MGロードのモールに入っている、バンコクNo.1の姉妹がやっている店らしいが、もう半年で2回名前が変わったそうだ。           住 所:Golf Course Road, Gurgaon, Haryana, India,電 話:91-9971540555, 8076631141予 算:500Rs〜<食したメニュー> えび春巻き、鶏のフライ、さつま揚げ、魚唐揚げ、イカの炒め物、 [続きを読む]