wonwon さん プロフィール

  •  
wonwonさん: 一人娘とドーベルマン
ハンドル名wonwon さん
ブログタイトル一人娘とドーベルマン
ブログURLhttp://joylin.blog.fc2.com/
サイト紹介文AYAが小学4年生の時にドーベルマンのJOYを家族に迎えました。AYAとJOYのその時々の表情を綴っています。
自由文AYAとJOYの毎日の様子、成長の記録を中心に、その時々の出来事を自由気ままに書いていこうと思います。ご意見や感想など頂けると幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/09/04 21:31

wonwon さんのブログ記事

  • 飼い主としての成長
  • JOYと暮らすようになって、7年が経過した。最近ではJOYの思いが、自然と伝わってくる時がある。私を見つめる目や表情、それにちょっとした仕草から、JOYの気持ちを感じ取ることができるようになった。私も飼い主として、少しは成長したのかもしれない。とはいえ、私の自分勝手なところは相変わらずである。JOYが吠えると、反射的に私は「うるさい!」と叫んでしまう。JOYは理由があって、吠えているのだ。そもそも犬は「無駄吠え」 [続きを読む]
  • 7歳になる
  • 月日の経つのは早いもので、JOYは7歳になった。「ようやくJOYも落ち着いてきたね」と妻がいう。 少し前までは、やんちゃ坊主のJOYを見て早く大人になって欲しいと思っていたのに、いざそうなると、何となく寂しい感じもする。以前ある人に、JOYが悪戯ばかりして困ると愚痴をこぼしたら、「今が一番楽しい時期ですよ」と笑顔で言われたことがあった。その言葉の意味が、今になってようやく理解することができた。最近では、運動量が [続きを読む]
  • 犬の言葉を理解する
  • 久しぶりのブログ更新。インスタはどこでも簡単にできて便利だが、落ち着いて考えたり、記録に残すときにはブログの方が優れている。最近、YouTubeでDOGGY STATIONという番組をみつけた。ドッグビヘイビアリストの田中雅織さんが犬の行動を分析し分かりやすく解説してくれるので大変面白い。犬が発するサインは本で読んである程度は知っているが、自然な犬の動きの中で、それを見つけるのは難しい。次の動画で犬同士の会話を、田中 [続きを読む]
  • ありがとうマイケル
  • 一昨日の夕方、AYAから電話があった。「マイケルが死んじゃった」。電話口から泣き声が聞こえてきた。マイケルはもともと、私の弟が北海道で保護した猫だ。それをAYAがひきとり、片時も離れず暮らしてきた。勉強する時も、寝る時もAYAはマイケルと一緒だった。JOYが来るずっと前から、マイケルは我が家の住人。先輩のマイケルは、JOYの前ではいつも悠然としていた。いつも一緒に寝ていたAYAは、昨晩はかなりつらかったようだ。自然 [続きを読む]
  • JOYと青空
  • 短い時間をやりくりして、JOYと一緒に河川敷を歩いた。青く澄み渡る空とJOYを写そうと、地面に横になってシャッターを切る。気づいたら、自分の足も写っていた。自然の中で伸び伸びしているJOYの姿が私は好きだ。インスタで世界中のドーベルマンの姿を見ることができた。私が共感したのは、自然に溶け込んでいるドーベルマンだった。 [続きを読む]
  • 桜の楽しみ方
  • 週末は曇りで小雨がぱらつくあいにくの天気。青空の下で桜を楽しみたかった私は、とても残念な気分であった。ところが妻は、どんな状況でも桜をみると心がなごむという。一瞬の華やかさを楽しむのが桜だから天候は関係ないらしい。私が桜を目で楽しむのに対して、妻は心で楽しんでいるようだ。JOYの目に桜はどんな風に写っているのだろう。夜の散歩でも、妻は名残惜しそうに桜を眺めていた。私は、カメラが壊れたことにブツブツ文 [続きを読む]
  • 新学期
  • 新学期が始まり、AYAは高校2年生になった。あと二年で大学生かと思うと、月日の経つのははやいものだと実感する。文理選択ではAYAは理系を選び、それに伴うクラス替えがあったようだ。仲の良い友だちと別のクラスになったとか。いかにも女子高生らしい悩みだ。AYAとJOYを連れて花見を兼ねて散歩をした。久しぶりに一眼レフカメラを持ち出したところ、落としてしまいオートフォーカス機能が壊れてしまった。そのため、ピンボケばか [続きを読む]
  • のんびりと過ごす
  • 久しぶりの休日を、JOYと二人だけで過ごした。 都内では桜の開花に伴い、渋滞している所があるとラジオが伝えていた。 AYAは、春休み最後の日を、ベッドの上で満喫していた。妻は、桜なんぞはお構いなしに、マイペースの一日を送っていた。この時期、世間は桜に注目するが、他にも綺麗な花はある。川沿いの道に車を止めて、しばしのんびり手足をのばした。JOYの目に花はどんな風に映っているのだろうか。釣りをしている人の姿 [続きを読む]
  • ドーベルマンの世界
  • 短い春休みを利用して、AYAはディズニーシーと横浜の中華街を楽しんでいだ。ディズニーシーへは、同じ高校の友だち三人で出かけて行った。雨の中、朝5時に家を出て夜中に帰宅するというハードなスケジュール。中華街は、中学時代からの親友と一緒に食べ歩いたという。遊ぶことへの執念を感じた。普段は勉強で忙しく、自分を抑えている反動なのかもしれない。JOYを迎えたのはAYAが小学生の時だった。AYAの学校が休みの時期は、JOYを [続きを読む]
  • 大きく膨らむつぼみ
  • 今日は春らしい太陽の光を感じながらJOYと散歩した。黒いJOYの体は、光を吸収して熱くなってくるほどだ。ピンク色をした桜のつぼみが、大きく膨らんでいた。今すぐにも開花したくてたまらないといった感じだ。 すでに咲いているつぼみはないかと、JOYと探してみた。「あそこに、あったよ!」とJOY。日曜日には、一斉に花開くような気がする。いよいよ春がやってきた。 [続きを読む]
  • その国の文化なのか
  • ペットの飼育放棄が社会問題となっている今日、にわかには信じられないニュースが、海外から飛び込んできた。「捨て犬か、里親か…韓国・朴前大統領が置き去りにした珍島犬9匹の運命は 」韓国で罷免され、青瓦台(大統領府)を追われた朴槿恵(パク・クネ)前大統領が新たな批判に見舞われている。ソウル市内の私邸に戻った際、青瓦台で飼っていた珍島犬9匹を残してきたからだ。韓国メディアによると、大統領府は朴氏の要請によ [続きを読む]
  • 犬が人を咬む瞬間
  • 犬が人を咬む瞬間の映像がある。そこには、警察犬として訓練を始めて間もない月齢15ヶ月のジャーマンシェパードが、テレビレポーターの顔を噛みつくまでの一部始終が収められている。テレビレポーターは目の上と口の横を縫うけがを負ったが、目を失明するような大けがは免れた。私はこの動画の存在を以前から知っていたが、改めて見る気になったのは、犬が人を咬む寸前の兆候を、確認したいと思ったからである。ゴールデンリトリバ [続きを読む]
  • インスタグラムを始めて感じたこと
  • インスタグラムを始めて2週間になった。FacebookやTwitterといった、流行りのSNSに縁遠い私は、ぶるはるさんの勧めがなければ、たぶん手を出さなかっただろう。インスタグラムは世界で5億人、国内でも1千万人の利用者がいるというが、その魅力の一端を垣間見ることができた。インスタグラムは、何といっても操作が非常に簡単。スマートフォンで撮影した写真を、その場で加工しアップするだけ。作業は全てアプリにあるソフトで行え [続きを読む]
  • 先入観は禁物
  • 先日、ドッグランに行った時のことだ。大型犬のエリアには、30代のご夫婦が、柴犬の血が入っていると思われる犬を連れて遊んでいた。私が「入っても大丈夫でしょうか?」と声をかけると、JOYが雄なのを確かめて「うちのは雌なので心配ないでしょう」と奥さんが答えられた。それでも私は一応挨拶をすませるまでは心配なので、リードを着けてゆっくりランに入って行った。JOYは大型犬だと警戒するが、相手が小柄なワンちゃんというこ [続きを読む]
  • 飼い主の責任
  • JOYは6歳になっても私とじゃれ合って遊び、いつも私のそばにぴったりと寄り添っている。私を見つめる表情は、幼いころのままだ。垂れ耳といった外見や、好奇心旺盛は行動など、子どものままの性格を保ち続ける犬の特性は、ネオテニー(幼形成熟)と呼ばれている。犬は人間と一緒に生活するようになってから、大人にならずに子どものままでいる道を選んだ。生涯、人間に依存した生き方をする犬は、自立して大人になる必要はなかった [続きを読む]
  • 10か月の乳児を襲った悲劇
  • 10か月の乳児が、犬に嚙み殺されたという痛ましいニュースが、目に飛び込んできた。(事件の犬とは関係ありません) 東京・八王子市で9日、生後10か月の女の子が大型犬に頭をかまれ死亡した。死亡したのは東京・八王子市に住む生後10か月の安田翠ちゃん。警視庁によると9日午後5時前、祖父母の家に預けられていた翠ちゃんがリビングルームでハイハイをしていたところ、室内で飼われていた4歳のオスのゴールデンレトリバー [続きを読む]
  • 寝る前の儀式
  • 以前は居間のソファーがJOYのベッドだった。しかし、JOYはソファーを何度も破壊し、そのたびに買い替えていたが、それも限界に達した。JOYを私のベッドに連れてきて、一緒に寝ることもあるが、やはり寝具を噛んで破壊し、掛け布団や枕をいくつもダメにしてくれた。昔はマザーグースの羽毛布団をかけて気持ちよく寝ていたものだが、今は、ニトリの一番安い掛け布団を愛用している。最近は、私の書斎の中に置いてある夏用の薄い掛け [続きを読む]
  • インスタグラム始めました
  • blueharuさんに勧められて、インスタグラムを始めてみた。doberman_joyという名前で登録し、blueharuさんに操作方法を教えてもらいながら、いくつかアップすることができた。スマホで写真をアップするだけで手軽にできるというので始めたが、実際のところインスタがどんなものなのか、実はよく分かっていない。面倒くさくなってすぐ止めてしまうか、それとも面白くなって続けることになるか、私自身でも予想もつかない。「フェイス [続きを読む]
  • JOYと母
  • 母が我が家にやってきた。普段と変わらぬJOYの態度をみると、母は群れの一員だと認識していることが伺える。 母に背を向けることで、体を撫でてもらうことを要求するJOY。JOYの言葉を受け止めて、いつまでもJOYの体をさすっている母。二人はまさにいいコンビだ。 [続きを読む]
  • 犬じゃないところが魅力
  • 公園に行くと遠くの方で、JOYと同じオレンジ色のロングリードで、楽しく遊んでいる白い犬がいた。その犬はJOYの存在に気づくと、飼い主を引きづるような形で、こちらに向かって進んできた。みるとダルメシアンだった。 まだ9か月の女の仔。JOYと遊びたくて仕方がないといった感じ。リードにつないだ状態で、しばらく遊ばせることにした。その方は、3代続けてダルメシアンを飼っているという。今回はドーベルマンにしようか迷 [続きを読む]
  • 河津桜
  • 今日から3月。晴れてはいるが、朝の気温は5℃と肌寒く感じる。川沿いの道をJOYと歩いていると、河津桜が咲いていた。ソメイヨシノの桜並木の中に、何故か河津桜が何本か植えられている。ウィキペディアによると、河津桜が静岡県河津町で偶然発見されたのは1955年。今から62年前のことだ。当初、発見者の飯田勝美さんの屋号から地元では「小峰桜」と呼ばれていたという。恥ずかしい話だが、花の色が濃いピンク色をしているので、私 [続きを読む]
  • 友の死を悼む犬
  • 友の死を悲しむ犬の様子が、ネット記事に取り上げられていた。犬は、親しい間柄にある者に対して深い愛情をもち、その別れには心から悲しむ動物であることがよく表れている。仲良しだった2匹の犬に訪れた突然の別れ。それは哀しくも素晴らしい愛に満ちていた。なんともハートブレーキングな話題が飛び出したのはタイ北東部のブリーラム県で22日のこと。車にはねられ(一部報道では毒を食べたとも)死亡した白い犬の亡骸は、飼い主 [続きを読む]