ゆさ さん プロフィール

  •  
ゆささん: ゆさな日々
ハンドル名ゆさ さん
ブログタイトルゆさな日々
ブログURLhttp://underhell.blog62.fc2.com/
サイト紹介文猫、本、歴史、アートなど好きなもの、日々の出来事を徒然に。絵は和風オリジナル多め。季節の写真もあり。
自由文こんにちは、ゆさと申します。飼い猫たち、読んだ本のこと、歴史(日本史中心)、アート、音楽など好きなものや、その日考えたことをマイペースで書いています。
イラストは和風オリジナル中心。季節や旅行の写真もたまに出ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/09/06 15:42

ゆさ さんのブログ記事

  • 熊蜂の飛行。
  • 恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を読んで、久々に音楽、特にピアノ曲が聴きたくなって部屋中のCDとか動画サイトで音源を漁りまくっていたゆさです、こんばんは。(この記事も聴きながら書いています)同書は浜松市のピアノコンクールを舞台に、4人の主人公と彼らをとりまく人々の心の動きがピアニストたちの演奏とともに描かれていく小説です。あちこちで話題になってますしわたしの周辺でも好意的な感想が多かったので楽しみで、パッ [続きを読む]
  • 箱の中味は何でしょう。
  • キッチンに段ボールを放っておいたら何か入っていたので。何を考えているのかな〜。別の向きから撮ったら目をパチリと開きました。たぶん気配を感じたんだと思う。正面。じーっと待ってるうちに眠たくなったのか目を閉じかけましたが、誰かが横を通ると「!?」みたいな顔で反応してた。箱の中は安心ですが背後の視界はさえぎられるので安全というわけにはいかないねえ。また別の日。この角度からですと耳だけ見えてるのですが、「 [続きを読む]
  • 根拠のない楽観は禁物です。
  • 去年、劇場に観に行った弟くんにあれこれ解説してもらいながら先日やっと映画『シン・ゴジラ』を観ました。予告編とずいぶん印象が違うなと思いましたが、特撮と日本のいちばん長い日とエヴァンゲリオンと野村萬斎を知っている人と現美の特撮博物館を鑑賞した人にはものすごく見ごたえのある映画だと思います。キャストがメイン〜ワンカットしか出ない人まで「どこかで見たことある」人ばかりだし(パンフレットのクレジットで「こ [続きを読む]
  • 春のめざめ。
  • 我が家の桜が今年も満開になりました!去年よりちょっと遅い感じで、いつ咲くかなとワクワクしながら待ってましてつい先日まで茶色い枝だけだったのが一夜明けてこうなってたりするから毎年びっくりします。自然の神秘…!青空いっぱい。満開になったら撮ろう、満開になったら撮るんだと毎年見計らっていますけど自分の予定やお天気の都合もあってタイミングが難しい。この日も割と咲いてる方でしたけど地面を見るとそれなりに散っ [続きを読む]
  • ミュージアム・ヒストリー。
  • 科博の「大英自然史博物館展」に行ってきました☆始祖鳥を始めとする約8000点ともいわれる同館のコレクションから選りすぐりの180点が世界中を巡回しています。意外ですが同館に関するまとまった展覧会は今回が初めてなのだそうで…大英博物館の展示は割と行われてるイメージあるけども。スタッフさんからの「フラッシュを焚かなければ撮影OKです」との案内に僥倖を覚えてデジカメを手にワクワクしながら展示室に入ります。まず [続きを読む]
  • 第2250回「朝食は和食派?洋食派?」
  • こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「朝食は和食派洋食派」です朝食は1日のはじまりを元気にスタートさせる大切な食事ですよね...FC2 トラックバックテーマ:「朝食は和食派?洋食派?」旅行中などの例外を除いて、基本的に白米・お味噌汁・納豆or卵です。納豆のときは辛子を入れずにお醤油かポン酢だけ、卵のときはレンジであたためチンだけしてポン酢かけて溶いてごはんとかき混ぜます。気分が向い [続きを読む]
  • 博物館でお花見を。
  • 東博本館の「博物館でお花見を」に行ってきました。過去に何度か訪れていますが、毎年恒例の春の行事です。絵画に工芸に彫刻、展示室のあちこちに花の作品がたくさんあって楽しかった〜☆こちらも恒例、春の庭園解放。桜の木もたくさんあるようですが、池のほとりにある江戸彼岸だけ満開になっていました。ピンクのシャワーが降り注いでるみたい。枝垂れ桜ってほんときれいだよね。本物の桜を楽しんだ後は展示室の桜をめぐります。 [続きを読む]
  • キャットガーデンその8。
  • ねこあつめ絶賛プレイ続行中です(ФωФ)。冬のアップデートで新しい猫さま「しのぶさん」がいらっしゃるようになりました。忍装束と青い目、背中にチラリと見え隠れする刀と赤いマントがかっこいい☆お姿だけでも惚れ惚れしますが、この猫さまは他の猫さまとはちょっと違います。まず出現からして新しいです。どこに現れるかといいますと、こんな感じ。他の猫さまと違ってクッションで寝たりボールに戯れたりカフェでお茶飲んだ [続きを読む]
  • 手のひらの和菓子フレンズ。
  • 先週発売された食べマスリラックマの新作「桜リラックマ」が地元のローソンのどの店舗でも見つからなくて電車で遠出したら見つかった件!都会すごい。そんなわけで連れて帰ってこられました〜うほほっかわいい☆リラックマはプリン味、キイロイトリはゆず味です。(どうでもいい余談ですけど、仕事の帰りに思い切って遠出すると決めた今朝は「オレ…この仕事が終わったら…リラックマを探しに行くんだ…」とか頭の隅で考えていたの [続きを読む]
  • 着物で京都旅。
  • 京都に行ってきました。もはや言うまでもない気がしますが一応(笑)六道珍皇寺さんの特別公開が目的です☆あと京都市は今月いっぱいを「伝統産業の日」としていて着物の人は観覧料が無料になる施設があったり、伝統工芸に関するイベントが開催されたり色々楽しそうだったので。着物で京都観光は2度目ですが今後も折を見て着れたらいいなあ。夜行バスで朝早くに京都に着いて、駅のトイレで着物に着替えてそのまま市バスに飛び乗って [続きを読む]
  • 食卓に珈琲の匂い流れ。
  • 『茨木のり子の献立帖』を読んでいます。作家のおやつとか画家の食卓みたいな本がありますが、あんな感じの本で茨木さんが生前に書き残したレシピノートから再現した料理写真と台所実測図や日常の写真、日記の一部などから彼女が普段の生活の中でご家族やご友人と何を食べていたかが紹介されています。茨木さんに限りませんがこういう本読むと「ああこの人、ほんとに生きて生活してたんだなあ」というごく当たり前のことをしみじみ [続きを読む]
  • 歴史と寓話。
  • 国立新美術館の「ミュシャ展」に行ってきました。ミュシャは人気なので毎年だいたいどこかで展示やってるし4年前の六本木のも行きましたけど今回はスラヴ叙事詩が来日すると聞いたので!美術ファンやミュシャファンなど知る人には知られているスラヴ叙事詩、その大きさと美術的価値ゆえにチェコ国外で展示されることはないと思われていたのが2年前に突如「円柱に巻きつけて運びます」というパワーフレーズとともに速報が流れたと [続きを読む]
  • 銘仙と足利氏と国広の町。
  • 週末に足利市に行ってきました。(去年の記事見たらほぼ1年ぶりだった〜そうかもう1年経つのか)足利市にある「うさぎや」というアンティーク着物屋さんが月に1日だけ販売している足利銘仙柄の和菓子が買いたかったのだ(^ω^)。前に一度行ったことがあって、そのときは市松模様と矢羽のお菓子がいただけまして今月は「雛祭り限定カラーですよ☆」というアナウンスがあって「ほしーい!」ってなりまして。足利市駅から、うさぎ [続きを読む]
  • そばにいてくれてありがとう、また明日ね。
  • 今期アニメ感想かきます。妖怪ウォッチ、ぼのぼの、少年アシベ、ねこねこ日本史、信長の忍び、クラシカロイド、3月のライオン、戦国鳥獣戯画と落語心中2期、CCさくらとこんにちはアンとエヴァの再放送ほか、新作を。鬼平がアニメ化と聞いて最初に思ったのはキャラデザも世界観のビジュアルも想像つかなくて「どうなるんだ…!?」の一言だったのですが、蓋を開けたら原作やドラマみたいにストレートに人情時代劇だった件。田中公 [続きを読む]
  • 春はネコバスの窓から。
  • ジブリ美術館に行ってきました。前回の訪問から2年振りですが、やっと希望日のチケットが取れまして。あと今月は、まだ見てなかった映画「たからさがし」が上映されていて(ジブリ美術館の短編映画は毎月変わります)タイミングもばっちりだったので。去年の春〜夏にかけて長期のリニューアルを行った美術館は外観が2001年のオープン時みたいなカラフルさに戻っていました!蔦がびっしりな状態も味があったけど、きれいになるとク [続きを読む]
  • Cat's NapTime Day。
  • さても今年も猫の日です!にゃんにゃんにゃんの日です(=^・ω・^=)ニャー☆じゃらんのにゃらん様に続いて22時22分に「にゃー」とつぶやくミッションを今年も無事クリアし、ネット上にあふれる猫さま画像を1日中漁っておりました。猫の本、猫グッズ、猫アート、猫イベント等色んなものが巷にあふれるようになってきて何が欲しいかどこに行くか選択肢が増えすぎて熟考するようになったし「猫大好き!」って周囲にオープンにすると自然に [続きを読む]
  • 竜宮小僧。
  • 大河ドラマ『おんな城主直虎』を見ています。キャスト発表時に主演が柴咲コウさんと聞いてすごく楽しみにしていたし、去年の真田丸でも「彼らにも物語がある」とか言われて応援されてもいたし何より女性の領主にスポットが当たる企画はうれしい〜!実際は未だに女性か男性かはっきりしてなくて元々謎の多い人ですけど真田丸みたいに面白さとリスペクトに満ちた物語に仕上げてくれたらいいなと思ってます。菅野よう子さんのオープニ [続きを読む]
  • 平安の正倉院。
  • 東博にて「春日大社 千年の至宝」展を見てきました。大社の創建から歴史、古文書、本地仏、奉納された神宝や武具、芸能、式年造替まであらゆる視点から春日大社を紹介する展覧会です。金地螺鈿毛抜形太刀が見たくて行ったのですが、他の武器も結構かっこよかったり春日権現験記絵が予想以上におもしろくてわーいたーのしー!ってテンション上がって結局2時間近く滞在してしまった。割と混んでいたのでお互いに譲り合いながらの鑑 [続きを読む]
  • 雪晴れの京都旅。
  • 京都へ日帰り旅してきました!例によって六道珍皇寺さんが「寺宝展と特別御朱印やります」とおっしゃったのと相国寺さんの若冲展に行きたかったのと北野天満宮の宝物殿で久々に鬼切丸を見たくてタイミングいいじゃん、ヒャッホー☆と夜行バスの予約を取った直後、週末の西日本は大雪かもしれませんという天気予報が発表されまして(震)。夜行バスからも「大幅な遅れが予想されます」とアナウンスされてバスが遅れたら一泊してこよう [続きを読む]
  • 小さな中村屋たち。
  • 前回記事で少し触れましたが、歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部の門出二人桃太郎を見てきました☆同演目にて中村屋の七緒八くんが三代目勘太郎を、哲之くんが二代目長三郎を名乗り初舞台を踏まれます。わたし七緒ちゃんを見るのは今の歌舞伎座杮落し公演のお祭り以来ですが哲ちゃんはナマで見るのは初めてで、歌舞伎界のお祝い事に立ち会うのは猿之助さんや芝翫さんの襲名公演を見ていますし大人が中心でしたからドキドキより [続きを読む]
  • 立春前夜。
  • わたしは普段から鬼好きを公言してはばかりませんけど、節分という日は世間の雰囲気もあって勝手にリミッターが解除されて突然鬼語りを始めてしまって家族や友人や道行く人の時間を奪いかねないので最近はがんばって脳内語りにとどめております。本日の脳内議題は「酒呑童子と別れた後の茨木童子について」という、わかる人はわかると思いますが闇まっしぐらの議題でした。なぜよりによって節分にこんなこと考えてるんだわたしは… [続きを読む]
  • 祓いたまえ清めたまえ。
  • 川越八幡宮(川越八幡神社)に厄払いに行ってきました。友人が年明けに何やら災難があったらしく「お祓い行きたい!」というお誘いがあったので。川越には何度も来ていますが、この八幡宮に来たのは初めてで駅から徒歩5分というのも初めて知りました。近いなー!入口の鳥居の参道には朱塗りの燈籠がズラリと並んで美しい。社務所で御祈祷の受付をすませてから神社にお参り。川越八幡宮は1030年、甲斐守だった源頼信が長元の乱の必 [続きを読む]
  • 戯れせんとや生れけむ。
  • 「鳥獣戯画制作キット」で遊んでいます☆鳥獣人物戯画甲巻に描かれている動物たちや小物を好きに配置して自分好みの画像を作れるスマホアプリです。この兎たちは作って保存した後に、ちょっと1964年の亀倉ポスターのイメージ入ってるなって思った。制作画面はこんな感じ。蛙や猿や兎など、動物たちがカテゴリごとに分けられていてタップすると画面に挿入できます。同じ画像をいくつも挿入できたり、大きさも変えられるし反転もでき [続きを読む]
  • キャットアートで猫まみれ。
  • 川越市立美術館の猫まみれ展を見てきました(ФωФ)。猫に関する美術品のコレクター・招き猫亭小銀氏が40年かけて収集したコレクションの展示で錦絵、彫刻、油絵、日本画、エッチング、コラージュ、スケッチまでたくさんの猫たちに会えました。夕方に駆け込んだら展示室の壁と床に猫アートがみっしり並んでいて、鑑賞者もほどほどでしたので展示室のあっちこっちを行ったり来たりしながら好みの猫を探したり、気になる猫を見に戻っ [続きを読む]
  • 図書室と5つの物語。
  • 『ぐるぐるの図書室』を読みました。まはら三桃さん、菅野雪虫さん、濱野京子さん、廣嶋玲子さん、工藤純子さんの5人の作家さんたちがデビュー10周年記念に書きおろした放課後の学校図書室が舞台のリレー短編集です。皆さま2006年にデビューされたので「2006年組」と呼ばれているそう。工藤純子さんは読んだことないけど、他の作家さんはずいぶん前から読んでた気がしていて去年で10年だったと聞いて「おおっそんなに経つ…い [続きを読む]