kotaro さん プロフィール

  •  
kotaroさん: きれいな空気の部屋づくり
ハンドル名kotaro さん
ブログタイトルきれいな空気の部屋づくり
ブログURLhttp://kkaokuzawa.blog135.fc2.com/
サイト紹介文無垢の吉野ひのき・稚内産の珪藻土・EMなど自然素材を使い、モデルハウス鎌倉玉縄「三角の家」が完成。
自由文皆様のお部屋の一部分でも自然素材の材料を使うことによって、明るく楽しい暮らしができるのではないでしょうか。このような家には自然に『幸せ』が訪れます。また、高齢化社会となり、住宅や公共施設のバリアフリーのニーズは年々高まってきています。バリアフリーリフォームは、ご生活しているお住まいの段差の解消や手すりの設置などちょっとしたところを変えることで、住宅内での事故やケガを防ぐことができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/09/08 09:33

kotaro さんのブログ記事

  • 化粧垂木と化粧野地
  • 玉縄の家は、陽ざしの取り入れ方と風通しを考えて2階リビングにしています。このリビングは化粧垂木に化粧野地板を使うのですが、お盆明けの建方に向けて天然オイル塗りの下準備が必要です。ヒノキの化粧野地板は作業場でオイル塗りを行い、階段に使う予定のヒバ集成も一緒に塗装。天然オイルを塗り、乾いたらペーパーを軽くあてるとなめらかで肌触りの良い仕上がりになる。化粧垂木は現場にてオイル塗り。このように構造体などを [続きを読む]
  • モスグリーンのガルバニウム鋼板
  • 玉縄の家の外壁は、モスグリーンのガルバニウム鋼板です。三角の家や桜のみえる家と同じガルバニウム鋼板なのだが、デザインだけではなくメンテナンスなどの耐久性を考慮してこちらのデザインに。実は三角の家のガルバニウム鋼板はデザインはとても良いのですが、この土地鎌倉特有の欠点があるのです。今回は、この欠点を克服するための検討、そして横の中間部のジョイントを設けたくなかったので、長物の搬入経路の検討、長物なの [続きを読む]
  • 無垢フローリングのオイル塗装と外壁板張りの勉強会
  • 今日は作業場で玉縄の家に使う桜の無垢フローリングと桧の無垢フローリングのオイル塗装を行いました。手前側の短い板が桜、奥の長い板が桧です。無垢の木の住まいは、中にいるだけで森林浴効果が得られます。樹木が発する芳香成分のはたらきによるもので、人間の自律神 経を安定させる作用があると言われています。この作用は樹木が伐採され、木材となっても失われないものです。 更に木には、音を適度に吸収してきれいに響かせる [続きを読む]
  • トイレ使ったよ
  • 今日は鎌倉市内のオーナー様から奥澤さんに治してもらったトイレ、しむ〇けんが使ったよと連絡をいただいた。早速おじゃましてみると、テレビの撮影で弊社がリフォームしたお宅が使われ10分ほどの予定が3時間以上かかったそうな。サインや写真が沢山ありました。年内にほかにもテレビの撮影がある予定なので次回はお邪魔する予定です。↓ みなさんの応援お願いします。 湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店 北鎌 [続きを読む]
  • 新しい省エネ基準と断熱材
  • このところ住宅の断熱方法に悩んでいます。これまでの省エネ基準から新しい省エネ基準に変更され、住宅の外皮の熱性能については、今までの年間暖冷房負荷/熱損失係数(Q値)・夏期日射取得係数(μ値)から、外皮平均熱貫流率(UA値)・冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)の基準へ変更されました。これによって、断熱材の厚みが増し通気スペースの設け方に工夫が必要になる。木造住宅の壁内の湿気が外部に逃げるように弊社ではモイスを使 [続きを読む]
  • 鎌倉玉縄谷戸池プロジェクトB棟の建方
  • 本日は玉縄谷戸池プロジェクトB棟の建方この時期はどうしても雨仕舞対策が必要。数日前から天気予報をこまめにチェックし大工さんや材木屋さんと搬入日や時間を綿密に打ち合わせをしておいたお陰で、モイスなど濡れたらいけない材料は一切濡れることなく無事に上棟できました。新しい省エネ基準の天井断熱のため通気スペースを特殊な工法で設けます。そのための屋根垂木の加工もスムーズにできました。最後はいつものようにお神酒 [続きを読む]
  • 新耐震補強基準の講習会
  • ここ最近、一級建築士の定期講習や新省エネルギー等級の講習など勉強つづきでいましたが、昨日は建築士事務所協会鎌倉支部の新耐震補強基準の講習会に行ってきました。鎌倉支部の定例会のあと、悟工房の山中さんに熊本地震の被害状況も踏まえて分かりやすく講義していただきました。木造住宅の構造に関してはバランスのとれた耐力壁の配置がいいので今まで通り面材体力だけでははなく筋かいを併用し、さらに座屈も検討していい建物 [続きを読む]
  • 鎌倉台の三つの現場
  • GW明け快晴の鎌倉本日から三つの現場が着工。朝からスタッフそれぞれの担当現場に。私は北鎌倉スタジオの対岸の鎌倉石とピンころ錆石の階段を拵える現場でレベルの確認。写真 奥のフラットバーのバルコニーの建物が私たちの事務所の北鎌倉スタジオです。次に、キッチンリフォームの現場で養生の確認と解体作業の準備。そして最後に、「純和風の家」GW中に仕様と色決めをしてスケッチ完成。ヒノキ材を仕入れて加工を急がなければ。 [続きを読む]
  • 「玉縄の家」の地鎮祭
  • 本日は、大安吉日。「玉縄の家」の地鎮祭を執り行いました。地鎮祭式のはじまる前にお施主様といくつか最終確認。・建物の配置・セットバックライン・窓の位置と大きさ(一番重要なので晴れて良かったです)・駐車場スペースなどなど、わかりやすく模型を使っての説明でしたので予定通りに打合せは終わりました。工事が始まる前に、土地の神様へご挨拶。これから、安全に注意して作業を行ってまいります。天候にも恵まれ記念になる [続きを読む]
  • 玉縄桜と楢材テーブル
  • 本日は、朝から北鎌倉スタジオでスタッフと無垢フローリングのサンプルを入れる木製BOXのオイル仕上げある程度、流れにのったところで私は別の作業に。昨年から探し求めていた玉縄桜がやっと入手できたのでスタジオの入口に植えました。今年度にかぎりOKUZAWAで家づくりをしていただいた方に玉縄桜を記念樹として贈呈させていただきます。お昼からは、OKUZAWAオリジナルのダイニングテーブルのオイル仕上げ。天然オイルの3度塗り [続きを読む]
  • 鎌倉支部耐震委員会の打合せ
  • 本日は、建築士事務所協会鎌倉支部の耐震委員会の会議が市内で行われました。今年度の編成や活動計画、耐震診断の精度向上のための鉄筋探査機や新たな計測器の検討、鎌倉市の耐震診断相談窓口などの受付業務についてなどを打合せしました。建物の設計において、地震力に対して安全に設計することを「耐震設計」といい、その「耐震設計」をするための基準を「耐震基準」といいます。建築基準法により、それぞれの構法毎(鉄筋コンク [続きを読む]
  • 「玉縄の家」の地盤調査
  • 本日は、玉縄の家の地盤調査。いつものように数本分の立ち合い、そして新入社員のはじめての建築現場なので課外授業も兼ねています。ちょうど、陽が差してきたので模型で陽ざしのチェック。この計画地は、周りの山が陽ざしを遮るので開口部は入念に計画しました。夜には、植栽計画の打合せ。念願の玉縄桜を添えることができるか楽しみです。↓ みなさんの応援お願いします。 湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店  [続きを読む]
  • ウッドデッキで陽ざしのチェック
  • 本日は、朝から快晴でしたのでこの春から着工する玉縄の家の陽ざしの入り具合をスタジオのウッドデッキで最終チェック朝のような寒さが続くといけないのでストーブを用意しましたがとても暖かく必要ありませんでした。軒と開口部のバランス、あらわし天井の納まりなどを模型づくりに携わってもらったスタッフと共に確認し、この家で使う予定の自然素材など打ち合わせを行いました。あとは最終図面の仕上げを急ピッチで進めていきま [続きを読む]
  • 造作建具のオイル仕上げ
  • 本日は、現在進行中の藤沢市渡内のリフォーム現場の打合せ。こちらの現場の木製建具はすべて造作のためオイル仕上げをどの段階で行うか最終確認。リビングの建具は、玄関までのあかり取りを兼ねて中空ストライプのポリカを採用。現場は、床も仕上がりキッチンの据え付け中。ホワイトオイルの仕上げは現場塗りになりそうなので来週は、部屋のなかにオイルの良い香りが充満しています。↓ みなさんの応援お願いします。 湘南鎌倉 [続きを読む]
  • 「健康な体」
  • あけましておめでとうございます本年もよろしくお願い申し上げますOKUZAWAの9年目がスタートして今年の目標を成し遂げるために必要なのは「健康な体」という結論に。そして、この健康な体づくりには日々の生活で歩くということが最も重要。現場に行くときにどうしても車を使ってしまい歩くことが少なくなってしまいがちだが、今年は鎌倉の寺社仏閣を歩きで巡り歴史を感じながら体づくりをしていこうと思います。さっそく、浄智寺 [続きを読む]
  • 鎌倉「城廻の家」の建方
  • 本日は、鎌倉「城廻の家」の建方。オーナー様と今年の春から打合せを重ねこだわりの箇所の工法を検討し納まりや仕上げをご理解いただきこの日を向かえることが出来ました。自ら設計図を書き、納まりを検討しながら施工図を書き、それぞれの材料を確認して手配して、職人さんとの事前打合せをして、全ての段取りを行い建物を築いていく。私たちは、設計の意図を現場の職人さんにスムーズに理解してもらうために設計と施工を行ってい [続きを読む]
  • 桜の樹のお手入れ
  • 週末は、逗子の家の樹木の伐採と地縄はりに伺いました。着手前にお施主様とお清め!お施主様はご実家が製材所で、現在も木に携わる仕事をされているのでもともと植わっていた桜の樹を自ら伐採。桜の樹は見た目は元気で私たちには分からなかったのですが、幹の中身が一部傷んでいてこのままだと倒れてしまう危険があるので伐採することになりました。リビングから眺めることを計画してましたが、倒れてしまうと、周辺にもご迷惑がか [続きを読む]
  • 切通しをとおり幼稚園に
  • 今日は、自宅近くの玉縄の現場で朝から打合せがあったのですが職人さんが作業場によってから来るということで、少し時間ができたので子供を幼稚園に送りに行きました。いつもは普通の道で行くのに、「今日はトトロの森から行きたい!」そんなに張り切っているならトトロの森から行くか。トトロの森とは、幼稚園の裏山のこと。裏山につづく尾根が自宅近くまでつながっているので今日はそこを通って行くことに。山道の入口から結構険 [続きを読む]
  • 逗子の家の現地確認
  • 本日は、逗子の家の現地確認。お客様と何度も打合せを重ねご要望をできる限り取り入れたプランが完成しました。現地で井戸の水深と水質の確認のあと模型を見ながら建物の配置の確認です。陽ざしのチェックも行い除草かわりにマリーゴールドの種の散布。お客様が樹木に携わるお仕事をされているので草木に関しては学ぶことばかりです。その後、北鎌倉スタジオにて打合せ。模型やパースをご覧いただきながら設計の意図などをご説明い [続きを読む]
  • 運動会の綱引きで初優勝
  • 今日は、子ども達の運動会とオープンスクール。幼稚園と小学校を行ったり来たりするので昨夜は妻とスケジュールの打合せ。二人で別々に行動して、幼稚園と小学校に分かれるかそれとも運動会の催しの合間に二人でオープンスクールに行くか。ママ友にも協力してもらい後者を選択。協力していただいたお陰でスムーズに行動できました。いつも感動する運動会、先生方やお手伝いの方のお陰で今年もたくさん感動させてもらいました。そし [続きを読む]
  • 逗子の家のファーストプラン
  • 本日は、「逗子の家」の打合せ。いろいろと敷地調査に時間がかかりやっとファーストプランが出来上がりました。好条件の敷地ではあるのですが平屋なので、軒の出と陽ざしのバランスを確認してもらうために模型も製作いたしました。外観のイメージは、私たちも好きな緩やかな勾配の落ち着いた雰囲気に。メインツリーを考慮して様々な条件をクリアして配置。木に携わるお仕事をされているお客様には外壁の板張りなども気に入っていた [続きを読む]
  • 山道を通り打合せに
  • 先日、谷戸のガルボの点検ともろもろの打ち合わせ後、山道を登りながら玉縄の次の打ち合わせに向かいました。この山道は、自宅から数分のところなのですが心臓破りの坂の上にあるため久しぶりの通行になりました。帰りも尾根の入り口を通り下山しました。自宅の近くにこれだけ緑が多いのは歩いていても気持ちいいので、とても幸せなことです。玉縄のお客様に大分のかぼすをいだだきました。サンマのお供に最高でした。S様ご馳走様 [続きを読む]
  • 静岡産のケヤキのテーブル
  • 静岡産のケヤキのテーブルが完成しました。7月の下旬に静岡の材木屋さんにケヤキの丸太輪切り板を探しにいきました。大きさも厚さもピッタリの物が数枚あり材木屋の社長さんに輪切りを2枚欲しいと相談したら「奥澤さん、3枚共持っていきなよ!」と。スタジオに帰り、スッタフにどの板が良いか聞きそのケヤキをデッキ用のテーブルにすることにしました。仕事の合間にスタジオの片隅でケヤキのサンダー掛けをしてリボスオイルを2 [続きを読む]
  • 逗子の家の現地調査
  • 本日は、「逗子の家」の現地調査。プランを検討するのに大事なのが、あさの陽の入る時間。何時になると計画地に陽が差すのか、もしくは周辺の山々に陽が差すのかを確かめに日の出前から待機です。OKUZAWAのヒアリングシートは出勤前の朝食の時間帯もお聞きするので、一日のスタートを気持ちよく過ごせるようにその時間帯にダイニングに陽が入るのかを確かめます。暑い日は続きますが、平日の朝の時間は海には人がまばら。逗子海岸 [続きを読む]
  • 補助金100万円の家づくり相談会
  • 「補助金100万円の家づくり相談会」を夏休み限定で開催しています。国土交通省が昨年度の事業に盛り込んだ地域型住宅グリーン化事業とは、地域における木造住宅生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため中小住宅生産者等が、他の中小住宅生産者や木材、建材流通等の関連事業者とともに連携体制(グループ)を構築して省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物の整備やこれと併せて行う三世代同居への対応等に対して [続きを読む]