Pilot-K さん プロフィール

  •  
Pilot-Kさん: Pilot-Kの「前見て加速!」
ハンドル名Pilot-K さん
ブログタイトルPilot-Kの「前見て加速!」
ブログURLhttp://pilotkk.exblog.jp/
サイト紹介文パイロットアカデミー代表が綴る運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等。一般ドライバーも必見!
自由文自動車運転指導パイロットアカデミーは、運転免許を「早く!」「安く!」取りたい貴方を応援します。免許を失効してしまった方、2種免許取得希望者、ペーパードライバーも大歓迎です。ぜひ一度下記URLから弊社HPにお越しください。
http://www.pilotacademy.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/09/09 14:02

Pilot-K さんのブログ記事

  • 合格おめでとうございます!
  • 17014K様※教習手帳には「19014K」と誤記しておりました。免許取得のご報告ありがとうございました。その後のご連絡が無く、どうされたのか心配しておりましたが、無事免許復活できたようで、良かったです。お仕事も忙しい中、頑張りましたね。今度の免許は更新忘れの無いようにお気を付けください。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 ぜひ1日1 の応援をお願いいたします。 ( [続きを読む]
  • 黄信号で迷ったら
  • 信号が青から黄色に変わった時は、停止するのが基本ですが、安全に停まれない場合は通過して良いことになっています。この時に、行くべきか停まるべきかを迷ってしまう人が多いですね。でも、迷う必要は無いんじゃないでしょうか。どういうことかと言うと、「停まろうかな、どうしようかな」と迷うなら、すなわち、「迷っている時間がある」ってことですから、ブレーキが間に合うはずです。黄色の信号を見た時、瞬間的に「こりゃ間 [続きを読む]
  • ブレーキを踏み足すならハンドルは回さない
  • カーブや右左折でハンドルを回す時にスピードが落とし切れていないことがあります。そもそも、減速は、ハンドルを切り始める前に完了させておかなければいけないのですが、今さらそれを言っても仕方がありませんから、スピードが速すぎるなら、ブレーキを踏み足すことになります。しかし、その場合、初心者がやってしまいがちなのが、ハンドルを回し始めてしまうことです。おそらく、カーブや交差点に進入してしまうので、つい、ハ [続きを読む]
  • ウインカーはドライバーの手で消していますか
  • ウインカー(方向指示器)での合図は、動作を始める前に出し、動作が完了するまで出し続けることになっています。そして、その動作が完了したら、速やかに消さなければなりません。ところで、一般的な四輪の自動車は、「ウインカーを出す」のは、もちろんドライバーの手で操作するのですが、「ウインカーを消す」のは、ハンドルと連動して自然に切れる機能が装備されています。しかし、ハンドルを切った量によっては、その機能が働 [続きを読む]
  • 「冷や酒」と「バックのハンドル」は後で効く
  • 違いました。正しくは「親の意見と冷や酒は‥」ですね。でも、バックする時の車の挙動をイメージすると、こんな諺が連想されてしまいます。車を後退させながら向きを変えようとする時、当然そちらへハンドルを回すのですが、初めのうちは、車はそちらへ進んでくれません。これは、普通車は前輪で舵を取るため、ハンドルを回しても、後輪の位置はあまり変わらないからです。でも、前輪は動いていますから、“車の向き”は変わってい [続きを読む]
  • ハンドルをかかえ込まない
  • 「ハンドルを握る」という表現を使いますが、車をまっすぐ走らせる限りは、「握る」というより「指を掛ける」という感じで、バーの上に手を載せているだけでOKです。まれに、かかえ込むようにハンドルを握ってしまう人までいますね。おそらく緊張しすぎなのだと思いますが、それだと、手首が自由に動かせず、操作しづらいんじゃないですか。あるいは、もしかしたら、「ハンドルをまっすぐ保持しよう」と意識してのことかも知れま [続きを読む]
  • 何回か受験を繰り返してから来られる人
  • パイロットアカデミーに通われた教習生の中には、何回か受験してみて、言い換えれば何度も不合格になってから、プロの指導を受けることを決められた方が少なくありません。そうですね。いくら過去に運転免許をお持ちだったとは言え、練習無しで通用するほど甘い試験ではないと思います。本当は、最初に教わった(はずの)運転ができていれば合格できないわけはないのですが、現実にそれの出来る人は、ほぼゼロに近いでしょう。でも [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17041G様外国免許切替審査合格のご報告ありがとうございました。運転技能には問題がありませんでしたが、標識や点滅信号の意味など、日本の交通法規を憶えるのに少し苦労されましたね。でも、練習の甲斐あって無事に1回で合格でき、お仕事への支障も最小限で済みました。今後のご活躍をお祈りしております。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 ぜひ1日1 の応援をお願いいたしま [続きを読む]
  • 危険な場面でホーンを鳴らしたら…
  • 1年以上前の話ですが、路上教習中に対向車線側から歩行者が飛び出したのを見て、咄嗟にホーン(クラクション)を鳴らした教習生がいました。運転の基本から言えば、危険を感じたら、まずブレーキを踏むべきですが、必要なら、ホーンを鳴らして良い、というより鳴らすべきです。そして、その場面は実際危険だったので、ブレーキとほぼ同時にホーンを鳴らしたその行為自体は、試験中だったとしても特段の問題はありませんでした。し [続きを読む]
  • 障害物は早めに対処を
  • 自分の進路上に障害物があったら、当然、それを避けて進むことになりますが、障害物の目前まで進路を変えない人がいますね。もしかしたら、できるだけ対向車線を走らないようにしているのかも知れませんが、それだと、舵を大きく切る羽目になり、却ってはみ出す量が多くなってしまいますよ。それに、対向車を妨害しないことは、はみ出す前に確認しているはずです。また、障害物に近づくと速度を落とさざるをえず、それが車体をふら [続きを読む]
  • 3年未満で二種免許が取得できるケース
  • 仮免許による路上練習は、「運転経験が通算3年以上の者」または「第二種運転免許所持者」が同乗して指導しなければならないことになっています。これを聞いて、免許制度に詳しい人は、「あれ?」と思ったかも知れません。と言うのも、二種免許の受験資格は、一般には、「21歳以上かつ運転経験が通算3年以上」と認識されているからです。なので、「二種免許所持者であるなら必然的に3年以上の経験があるはず」と思っても不思議 [続きを読む]
  • 「4回」が試験中止のキーワード
  • 警察庁が公開している運転免許技能試験の採点基準には、「減点」となる項目のほかに「試験中止」となる項目も挙げられています。そのほとんどは、「一時停止義務違反」のような、いわゆる「一発中止項目」なのですが、何回か繰り返すと中止になるものも含まれています。例えば、狭路内での「切り返し」。1回は減点なし、2回または3回やると減点なのですが、4回切り返すと「4回分の減点」ではなく、「通過不能」として試験中止 [続きを読む]
  • 自動車教習所は「届け出ることができる」
  • 自動車教習所は、大きく3つに分類されます。1.指定教習所 公安委員会の指定を受けている、いわゆる「公認自動車学校」。 (法律上は「届出教習所」に含まれるが、通常、そう認識されることはない) 指定教習所を卒業すれば、技能試験免除(学科試験のみ受験)で免許が取得できる。 2.届出教習所(特定教習を実施する「特定届出教習所」もこれの一種) 公安委員会に届け出ている教習所。 指導カリキュラムが有り、それに [続きを読む]
  • 英語を使って何ができるか
  • ある外資系会社の日本法人社長がスペシャリスト募集に際して、「英語が話せることはアピールポイントにならない」という談話をサイトに掲載していました。おそらく(推測ですけど)、外資系会社へ入社を希望する人の大多数は「私は英語が得意です」と言って来るのではないでしょうか。でも、会社にしてみれば、「英語ができる」なんてことは最低限の条件であって、そんなのは、普通の日本企業で例えるなら、「私は日本語が話せます [続きを読む]
  • 次のカーブを見たために失敗する不思議
  • S字コース(屈曲型狭路課題)では、1つめのカーブを曲がりながら、「前へ前へ」と目線を移して、早めに次のカーブに対処できるようにしましょう。ところが、2つめのカーブを見てしまうと、まだ車体がそこまで進んでいないうちにハンドルを回し始めてしまう人がいますね。指導員が、「道に合わせて車を動かすためにハンドルを回すんだよ」と言っても(教習生も頭ではそれが解っていても)、何度も同じ失敗を繰り返したりします。 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17029様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。鮫洲で仮免許試験が受けられるようになるのを待ったため期間は少し余分に掛かりましたが、受験結果としては、仮免も本免も一発で合格。また、取得時講習もGW中に受講できるそうで、連休明けには免許証が手に入りますね。公務ご多忙の中、頑張られました。今般の免許取得に向けての熱意と自信が、お仕事にも活かされることを祈念いたしております。おめでとうございまし [続きを読む]
  • 坂道発進の直後に坂の頂上
  • 仮免技能試験は、試験場内のコースで行われるので、上った坂は、必ず下ります。特にMT(マニュアル)車では「坂道発進」が合否を分ける“天王山”とも言えるため、上り坂で停止して発進するまでは気を張っている人が多いですが、発進した直後には「坂の頂上」があることもお忘れなく。坂の頂上は、言ってみれば「縦方向のカーブ」。向こう側が見えないので、非常に危険な場所です。坂の頂上で道が(左右方向に)曲がっているかも [続きを読む]
  • 合格率を気にするのはナンセンス
  • 車の運転技能試験は、相対評価でなく、絶対評価で採点されます。合格枠が何人とか決まっているわけではないので、極端を言えば、全員が合格することも、全員が不合格であることも、どちらも可能性としてはあるのです。したがって、「合格率がどのくらい?」と気にするのは意味がありません。他の受験生(特定の人や平均点)と比較するよりも、自分自身の減点を無くすように努力するべきです。ちなみに、試験場での技能試験の合格率 [続きを読む]
  • 内輪差とは
  • 内輪差とは、車が曲がるとき前輪が後輪より内側を通ることによる前後輪の軌跡の差をいう。この説明は正しいでしょうか?答えは「×」!「○」と答えた人は、落ち着いて問題文を読み直してみてください。気が付きました?「“後輪”が“前輪”より内側を通ることによる前後輪の軌跡の差」なら正しいですよね。学科試験でたまに出題される意地悪ひっかけ問題ですので、注意しましょう。ところで、後輪で舵を取る大型特殊車両を除き、 [続きを読む]
  • 信号が見えなかったは言い訳にならないどころか
  • 大型車の後ろを走っている時など、前方の信号が見えないことがあります。そんな時に、前の車が交差点を通過したからと言って考えなしに自分も交差点に進入したら信号が赤だった!ということが起こりがちです。。。。って、ダメです!前の車で信号が見えないってことは、信号だけでなくて、路面状況や標識とか、歩行者や自転車がいるのかとか、つまり、景色のほとんどが見えていないに違いありません。それは非常に危ない状態ですか [続きを読む]
  • 教習回数についての問い合わせは直接連絡を
  • パイロットアカデミーでは、仮免許を所持されている方の教習も承っています。そして、本免技能試験に向けての練習回数は、法定10時間の路上練習が必要な方については、「7回」を標準プランとして設定しています。ところで、法定練習を終えられている場合に何回の練習が必要か、というお問い合わせをいただくことがあります。が、それには一概には答えられません。と言うのも、教習回数は、教習生の技能次第で増減するからです。 [続きを読む]
  • ハンドルは下から上へ
  • ハンドルを回す時には、「下から上へ押す」という意識を持って回してください。すなわち、時計の「10時10分」で持った基本形から、右に回す時には左手を下から上に、左に回す時には右手を下から上に、ということです。その逆に、「上から下に引っ張る」のは、ハンドルに変な力が掛かるので、お勧めしません。「引っ張るハンドル」の典型例が「ハンドルの内掛け」です。内掛けすると力を入れやすいので、昔の大型車を運転されて [続きを読む]
  • クラッチは一気に
  • アクセルやブレーキは、加減しながらペダルを踏んでいくものですが、クラッチに限っては、一気に底まで踏んでください。(どこまで? だからソコまでですってば)クラッチは、つなげていく時には、加減しながら足を上げていきますが、クラッチを切る時って、加減しなくてもエンストするわけでなく(むしろエンストさせないためにクラッチを切るわけで)、また、アクセルと連動させる必要もありません。ですから、シフトチェンジを [続きを読む]
  • 乗車してすぐに窓を開ける?
  • 今日の関東地方は久しぶりの晴天に恵まれ、絶好の“受験日和”ですね。こういう日は、外の風を取り込みながら走ると気分が良いので、試験でも、窓を開けて走って構いませんよ。とは言っても、助手席や後部座席には試験官や次の受験生が座っていますから、開けるのは、運転席側の窓だけにしておきましょう。ところで、乗車したらすぐに(発進する前に)窓を開けておくように教えている教習所様があるようです。そのココロは、踏切で [続きを読む]