Pilot-K さん プロフィール

  •  
Pilot-Kさん: Pilot-Kの「前見て加速!」
ハンドル名Pilot-K さん
ブログタイトルPilot-Kの「前見て加速!」
ブログURLhttp://pilotkk.exblog.jp/
サイト紹介文パイロットアカデミー代表が綴る運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等。一般ドライバーも必見!
自由文自動車運転指導パイロットアカデミーは、運転免許を「早く!」「安く!」取りたい貴方を応援します。免許を失効してしまった方、2種免許取得希望者、ペーパードライバーも大歓迎です。ぜひ一度下記URLから弊社HPにお越しください。
http://www.pilotacademy.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/09/09 14:02

Pilot-K さんのブログ記事

  • 調節しながらハンドルを回す右左折もある
  • カーブでは、道の曲がり具合に合わせてハンドルを調節しますが、右折や左折では、通常は、調節しながらハンドルを回す必要がありません。こと仮免前の場内コースにおいては、右折では、直近マークに合わせて1回転、左折では、左後輪を縁石に添わせるように全部、ハンドルを回せば、通常は、うまく曲がって行けるはずです。しかし、同じ道幅の道路同士が直角に交わるならその通りなのですが、そうでない交差点もあるので、一つ覚え [続きを読む]
  • 自転車の法定速度は?
  • 幹線道路を走っていると、車に交じって猛スピードで走る自転車を見掛けることがあります。ふらつきながら走るママチャリも危ないですが、こういう猛スピードの自転車も、車を運転している側から見れば怖いですね。ところで、自転車の法定速度ってご存じですか?あ、その前に、自転車は制限速度の標識が適用されましたっけ?道路交通法第22条第1項には、「車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはそ [続きを読む]
  • FF=フィードフォワード
  • この業界的には、「FF」と聞くと、「フロントエンジン・フロントドライブ」(前輪駆動)を思い浮かべる人が多いと思いますが、自動車を運転するに際しての心構えとしては、「フィードフォワード」というのも忘れてはいけません。結果を検証して改善に活かすのが「フィードバック」であるのに対し、結果を予測して予め対処するのを「フィードフォワード」と言います。「フィードバック=帰納的、フィードフォワード=演繹的」と言 [続きを読む]
  • 四輪を確認するように
  • 車に乗り込む前には、車の周囲(前後左右)の安全を確認してください。試験では、次の受験生は後部座席にすわっていますから、自分の順番が来たら左後ろのドアから出て、車の後ろを回って右側に来て、一旦運転席を通り過ぎ、前を見てから運転席に乗り込みます。それで、前後左右が確認できたことになります。その際に、漫然と車の周りを歩いてみるのでなく、“安全”をしっかり確認してください。具体的には、四つのタイヤを見るよ [続きを読む]
  • 直進バックは難しいか
  • 普通車は、後ろに進む際には、前進の場合と違って、“直進性”がありません。そのため「まっすぐバックするのは難しい」と言う人が多いです。しかし、牽引車ならまだしも(けん引のバックは確かに難しいです)、普通車なら、ハンドルのてっぺんを片手で持ってそのまま保持すれば、車はまっすぐバックしてくれるはすです。「ハンドルを切った後でまっすぐバックするのが難しい」という声もよく聞きます。そういう人は、必要なだけ右 [続きを読む]
  • 思い込みと思いやり
  • 働き過ぎと言われ続けている日本人(小生もその1人)ですが、年次有給休暇を年間5日以上は必ず取らせるべく、労働基準法の改正が検討されているそうです。今の制度では、本人が「○月○日に休みます」と指定しないと有休は使えません。しかし、それだと、実際には休めないサラリーマンが多いため、本人任せでなく企業側に義務づけようというのが今般の法改正の狙いだそうです。ところで、その「休めない」という理由について、「 [続きを読む]
  • 「真ん中」よりも「まっすぐ」を意識
  • 「方向変換」(俗に「車庫入れ」とも呼ばれる課題)で、車体を斜めにしてバックする人がいますね。例えば車庫の片側に寄ってしまいそうな場合に真ん中に向かうなど、慣れてきたら(車の取り回しが分かるようになったら)、斜め向きにバックするのもテクニックの一つではあるのですが、慣れないうち(特に初めて免許を取ろうとする人)は、仮に片側に寄ってしまうとしても構わず、まっすぐ(車庫に対して直角に)バックすることを考 [続きを読む]
  • 運転中に親指を隠さない(?)
  • 先日、路上教習中(運転中)に、ハンドルを持ったまま親指を他の指で握り込んだ教習生がいて、驚きました。「え? 何やってるの?」と訊いたら、「霊柩車とすれ違ったから」と答えるのです。これは、地域性があるかも知れませんが、たしかに、「霊柩車を見たら(昔は「葬列を見たら」だったそうです)親指を隠せ」と言われていますね。ちょっと調べてみたら、親指は災厄に狙われやすい指とされ、葬列の件だけでなく、「夜道では親 [続きを読む]
  • 「彼我の距離と速度」という表現
  • 複数通行帯のある道路で1つ右の車線に移ろうとしたら、その車線を走っている車がいた、という場面では、自分が車線変更できるかどうかを「彼我の距離と速度で判断せよ」と言われます。教本にもそう書いてありますし、このブログでもそう書いたことがあると思いますが、実は、この表現は正確ではありません。「分かった! 彼我の距離と“相対速度”が正しいんじゃないの?」と思った人、惜しいです。確かに、判断材料としては、相 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17022K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。仮免期限ギリギリだったので肝を冷やしましたが、無事1発合格できて良かったです。試験官から「癖を直しましたね(=練習してきましたね)」と褒められたとのこと、指導したこちらとしても我が身のように嬉しいです。今度の免許は(今度の免許こそ)更新忘れの無いよう、気を付けてください。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17011K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。試験結果のご連絡が無く、心配しておりましたが、受験を延期し、合格できたとのことで、ホッとしました。練習では走らなかったコースに当たったようですが、教習中にも言っておりましたように、受験生はコースを覚えてなくて良いので、特に問題は無かったと思います。特定教習を受講済なので、即日、免許証が交付されるとのこと、今度の免許は大事にしてください。おめで [続きを読む]
  • おじいちゃん、おばあちゃん、おかあちゃん
  • 一時停止は、「停まる」だけでなく「安全確認」が重要だということは、このブログで何度も書いてきました。先日、某教習所(パイロットアカデミーではない)の指導員が、一時停止の交差点で、「おじいちゃん、おばあちゃん、おかあちゃん、と唱えなさい」なんて教えているのが聞こえて、ちょっと面白かったです。なるほど、なるほど。車を停止させたら、右を見て「おじいちゃん」、左を見て「おばあちゃん」、もう一度右を見て「お [続きを読む]
  • 「Stop! Look! Listen!」
  • イギリスでは子どもに、交差点では「止まれ、見よ、聞け」と教えるそうです。あれ?どこかで聞いたようなフレーズですね。そう。「踏切」でした。日本では、車が踏切を通過する際に、踏切直前で一時停止し、左右(線路の遠く)を見て、窓を開けて列車の音を聞く、と教えています。いや、ただそれだけの話です。オチもありません。すみません。日本では“おとな”相手に教えていることが、イギリスでは“こども”相手なのが、ちょっ [続きを読む]
  • 右折レーンが2列ある交差点
  • 路上に特有のケースですが、右折レーンが2車線ある交差点がありますね。こういった所では、右折車は2列のまま進みますので、右側(センターライン寄り)に並んだ右折車は曲がった後、第2車線へ向かっていくことになります。本来なら、右折であれ(左折の場合は言うまでもなく)、第1車線に向かって曲がるのが原則ですから、それの例外として理解しておいてください。ただ、これが認識できずに、右側の列に並んだのに第1車線に [続きを読む]
  • 「猫の日」にちなんで「猫バンバン」について
  • 2月22日はネコの日だとか。まあ、鳴き声からの語呂合わせだろうと誰でも推察できますね。ところで、先日(本当に数日前)ラジオで「猫バンバン」という言葉を紹介していて、なるほど、と感心しました。これは、特に寒い冬は、車の下やエンジンルーム内に猫が入り込んでいることがあるので、乗り込む前にボンネットをバンバン叩いて追い出してあげることなのだそうです。…と書いてみましたが、皆さん、もうご存じだったかも知れ [続きを読む]
  • アクセルを踏んで進路変更
  • パイロットアカデミーの教習では、「アクセルを踏んでから進路変更!」と口酸っぱく言っています。別に、進路変更中に加速していなくても、試験で減点されるわけではありません。でも、加速しないと、大概車体がふらつきますし、「ハンドルに頼った運転」にもなりがちです。(まあ、だからふらつくのですけど)また、「安全かどうか分からないので加速できない」のだとしたら、それは確認が不充分であることの証左と言えます。ある [続きを読む]
  • AB(アクセル・ブレーキ)踏み間違えの心理
  • アクセルペダルとブレーキペダルとの踏み間違えによる事故が後を絶ちません。冷静な状態で考えれば、間違ってアクセルを踏んでしまったならブレーキを踏めば良い、と思いますが、運転者本人は「今踏んでいるのがブレーキペダルだ」と思い込んでいるわけですから、危険な状況にあっても(危険だと認識したからこそ)、なお強くアクセルを踏んでしまうことになります。ところで、このAB踏み間違えに関して、先日、興味深い話を聞い [続きを読む]
  • 地平線は見えないですけど…
  • サイドミラーの上下は、地平線がミラーの中央に映るように合わせるのが基本です。もちろん、東京やその近郊では地平線なんか見えないんですが、そういう屁理屈を言わずに、「見えるとしたらここが地平線だろう」というラインを想定して、それに合わせてください。「後ろに見える建物の足もと」のラインに合わせると、少し下向きになってしまいますよ。なので、それより「気持ち上」くらいがちょうど良いと思います。もっとも、所内 [続きを読む]
  • 発進の合図は発進できる態勢を整えてから
  • 試験開始にあたり、試験官から「では発進してください」と言われると、いきなり、ウインカーを出す人がいます。「あ、分かった。安全確認してないからダメなんでしょ」と答えた人ーー!観点は悪くないですが、安全確認は合図を出した後に行っても構いませんよ。というより、その方が自然な動きです。冒頭の例は、説明不足でちょっと意地悪な問いかけでしたが、試験官から発進指示を受けた時に発進できる態勢が整っていたかどうか、 [続きを読む]
  • 仮免で原付バイクは運転できません!
  • もう数年前の話ですが、初めて免許を取ろうとしている教習生が、「仮免許が取れたらバイクで路上試験コースを走ってみたい」と言ったので、仰天しました。「じゃあ指導員はどこに乗るんだい?」と反問したら、彼はギャフンと言いました、というのはウソで、「あ。」と言ったきり、黙ってしまいました。普通免許を取得すると原付自転車も運転できるので、おそらく、それと混同したのだろうと思いますが、仮免許にはそんな制度はあり [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17013K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。冷たい雨の降る中、運転は大変だったと思いますが、外を歩く人や自転車が少なく、むしろ受験には好都合だったかも知れません。取得時講習もお近くで受けられるようで、免許制度が変わる前に免許復活できそうですね。今度の免許は大事にしてください。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 ぜひ1日1 の応援をお願いいたし [続きを読む]
  • 味や香りは本を読んでも分からない
  • このブログ『Pilot-Kの「前見て加速!」』は、「goo」,「excite」,「livedoor」,「yahoo」の4サイトに掲載しています。お蔭さまで、4サイト合計で1日1000PVを超えるようになりました。ご愛読いただいております皆様に、心より感謝いたします。このブログを書き始めた発端は、パイロットアカデミーの教習の様子を知ってもらうことが目的でした。が、程なく、教習生向けの“副教材”として補足説明やワンポイントアドバイスを書 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17009K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。バイクが多くて手こずったとのこと。今日は暖かかったからでしょうか。そのくせ、風が強くて、それもまた大変でしたね。このたびの免許失効は思いがけない事故には違いありませんが、おっしゃっていたように、運転技能を一から復習しなおす良い機会になったことと思います。でも、今度の免許はできれば更新忘れの無いように気を付けてください。おめでとうございました! [続きを読む]
  • 路線バスが譲ってくれる意外な理由
  • 路上教習で交差点を右折しようとしていると、対向車線を直進してくる路線バスが譲ってくれることがよくあります。本当は、教習生には正しい優先順位を理解してほしいので、指導員としてはあまり有り難くないのですが、後ろの直進車を邪魔していてもいけませんから、譲られたら素直に(ただしバスの蔭に直進の二輪車がいないか注意して)曲がって行くことにしています。試験場近辺を走っている路線バスは、あの辺りには教習車が走っ [続きを読む]
  • 祝! ブログ開設10周年! 「前見て加速」とは?
  • 当ブログ「 Pilot-K の『前見て加速!』」は、平成19年1月31日に gooブログにて開設し、先日、丸10周年を迎えました。ここまで続けられたのも皆様のご支援あってのことと、感謝しております。さて、ブログタイトル「前見て加速!」について、改めて解説しておきたいと思います。これは、自動車運転のコツを端的に示した用語です。発進に際しては、周囲の安全が確認できたら、横を見たままでなく、これから走る車線を見て、 [続きを読む]