Pilot-K さん プロフィール

  •  
Pilot-Kさん: Pilot-Kの「前見て加速!」
ハンドル名Pilot-K さん
ブログタイトルPilot-Kの「前見て加速!」
ブログURLhttp://pilotkk.exblog.jp/
サイト紹介文パイロットアカデミー代表が綴る運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等。一般ドライバーも必見!
自由文自動車運転指導パイロットアカデミーは、運転免許を「早く!」「安く!」取りたい貴方を応援します。免許を失効してしまった方、2種免許取得希望者、ペーパードライバーも大歓迎です。ぜひ一度下記URLから弊社HPにお越しください。
http://www.pilotacademy.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/09/09 14:02

Pilot-K さんのブログ記事

  • 合格おめでとうございます!
  • 17029様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。鮫洲で仮免許試験が受けられるようになるのを待ったため期間は少し余分に掛かりましたが、受験結果としては、仮免も本免も一発で合格。また、取得時講習もGW中に受講できるそうで、連休明けには免許証が手に入りますね。公務ご多忙の中、頑張られました。今般の免許取得に向けての熱意と自信が、お仕事にも活かされることを祈念いたしております。おめでとうございまし [続きを読む]
  • 坂道発進の直後に坂の頂上
  • 仮免技能試験は、試験場内のコースで行われるので、上った坂は、必ず下ります。特にMT(マニュアル)車では「坂道発進」が合否を分ける“天王山”とも言えるため、上り坂で停止して発進するまでは気を張っている人が多いですが、発進した直後には「坂の頂上」があることもお忘れなく。坂の頂上は、言ってみれば「縦方向のカーブ」。向こう側が見えないので、非常に危険な場所です。坂の頂上で道が(左右方向に)曲がっているかも [続きを読む]
  • 合格率を気にするのはナンセンス
  • 車の運転技能試験は、相対評価でなく、絶対評価で採点されます。合格枠が何人とか決まっているわけではないので、極端を言えば、全員が合格することも、全員が不合格であることも、どちらも可能性としてはあるのです。したがって、「合格率がどのくらい?」と気にするのは意味がありません。他の受験生(特定の人や平均点)と比較するよりも、自分自身の減点を無くすように努力するべきです。ちなみに、試験場での技能試験の合格率 [続きを読む]
  • 内輪差とは
  • 内輪差とは、車が曲がるとき前輪が後輪より内側を通ることによる前後輪の軌跡の差をいう。この説明は正しいでしょうか?答えは「×」!「○」と答えた人は、落ち着いて問題文を読み直してみてください。気が付きました?「“後輪”が“前輪”より内側を通ることによる前後輪の軌跡の差」なら正しいですよね。学科試験でたまに出題される意地悪ひっかけ問題ですので、注意しましょう。ところで、後輪で舵を取る大型特殊車両を除き、 [続きを読む]
  • 信号が見えなかったは言い訳にならないどころか
  • 大型車の後ろを走っている時など、前方の信号が見えないことがあります。そんな時に、前の車が交差点を通過したからと言って考えなしに自分も交差点に進入したら信号が赤だった!ということが起こりがちです。。。。って、ダメです!前の車で信号が見えないってことは、信号だけでなくて、路面状況や標識とか、歩行者や自転車がいるのかとか、つまり、景色のほとんどが見えていないに違いありません。それは非常に危ない状態ですか [続きを読む]
  • 教習回数についての問い合わせは直接連絡を
  • パイロットアカデミーでは、仮免許を所持されている方の教習も承っています。そして、本免技能試験に向けての練習回数は、法定10時間の路上練習が必要な方については、「7回」を標準プランとして設定しています。ところで、法定練習を終えられている場合に何回の練習が必要か、というお問い合わせをいただくことがあります。が、それには一概には答えられません。と言うのも、教習回数は、教習生の技能次第で増減するからです。 [続きを読む]
  • ハンドルは下から上へ
  • ハンドルを回す時には、「下から上へ押す」という意識を持って回してください。すなわち、時計の「10時10分」で持った基本形から、右に回す時には左手を下から上に、左に回す時には右手を下から上に、ということです。その逆に、「上から下に引っ張る」のは、ハンドルに変な力が掛かるので、お勧めしません。「引っ張るハンドル」の典型例が「ハンドルの内掛け」です。内掛けすると力を入れやすいので、昔の大型車を運転されて [続きを読む]
  • クラッチは一気に
  • アクセルやブレーキは、加減しながらペダルを踏んでいくものですが、クラッチに限っては、一気に底まで踏んでください。(どこまで? だからソコまでですってば)クラッチは、つなげていく時には、加減しながら足を上げていきますが、クラッチを切る時って、加減しなくてもエンストするわけでなく(むしろエンストさせないためにクラッチを切るわけで)、また、アクセルと連動させる必要もありません。ですから、シフトチェンジを [続きを読む]
  • 乗車してすぐに窓を開ける?
  • 今日の関東地方は久しぶりの晴天に恵まれ、絶好の“受験日和”ですね。こういう日は、外の風を取り込みながら走ると気分が良いので、試験でも、窓を開けて走って構いませんよ。とは言っても、助手席や後部座席には試験官や次の受験生が座っていますから、開けるのは、運転席側の窓だけにしておきましょう。ところで、乗車したらすぐに(発進する前に)窓を開けておくように教えている教習所様があるようです。そのココロは、踏切で [続きを読む]
  • 鮫洲の路上試験で青物横丁駅前は通らない?
  • ※今日の記事は、未確認情報を含むため、正確でない可能性があることを予めご承知おきのうえお読みください。東京・鮫洲の路上試験コースが、平成29年4月から変更されました。(この情報は確認済。正しいです。)新しいコースは12通りあるそうで(この情報は伝聞)、大森海岸駅付近を走るコースが追加されたそうです。(以前、二種免許の路上試験で走っていた所か? これは推測。)そして、“伝聞の伝聞”になりますが、「青 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17012K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。仮免から取り直しになってしまいましたが、その後の本免試験は1回で合格できて、良かったです。教習中に申しましたように、一発試験は、甘く見ていると痛い思いをします。逆に、きちんと練習して受験すれば、世間で言われるほどには厳しいものでもない、ということが身をもって理解できたことと思います。合格記念品(特製パスケース)を送りますので、どうぞご活用くだ [続きを読む]
  • 原付の進路変更に要注意
  • 原動機付き自転車(俗に「原付バイク」と呼ばれる)は、基本的には道路の左端を走っているはずですが、右折しようとする時など、車線を移ることがあります。原付に乗らない人は日ごろ意識していないようですが、原付の右折方法は、交差点によって異なります。基本的には、普通車と同様に、センターラインに寄せてから右折しますが、片側2車線以上の道路では、「左端を直進した後、右に向きを変えて、対面する信号に従って直進する [続きを読む]
  • 鮫洲試験場が使えるようになりました!
  • 平成22年12月から長らく閉鎖されていた東京の鮫洲運転免許試験場が、コースの改修工事を終え、4月3日(月)から使えるようになりました。中型二種を除くすべての免種の試験が受けられるそうです。 ↓警視庁ホームページ > 鮫洲運転免許試験場http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/shikenjo/shikenjo/samezu.html これを受けて、パイロットアカデミーでも、鮫洲での受験に対応したカリキュラムを再開いたしました。( [続きを読む]
  • 家具を運び入れるにも切り返しが使える
  • 箪笥のような家具をマンションに運び入れる時、階段を曲がりきれなかったら、窓からロープで吊り上げるのを考えるより前に、切り返しを使って通らせてみましょう。わざと大回りをして、前がぶつかったらバックして、再び曲がって行くのです。もちろん、通路の幅にもよるところですが、意外に大きな家具でも通れたりしますよ。こんな場面でも(そうそう機会があるものでもありませんが)、教習での狭路(クランクやS字)の通過を思 [続きを読む]
  • 障害物回避は大きくはみ出して
  • 自分の進路上に障害物があって、それを避けるために自車線をはみ出す場合に、つい遠慮して少ししかはみ出さない人が多いですね。もしかして、車線を越えて走ることに抵抗があるのでしょうか。でも、それで障害物との間隔が狭くなってしまうとしたら、それの方がよほど危険ですよ。「徐行すれば障害物のすぐ近くを通っても良い」という理屈ではありますが、障害物に遭遇するたびに徐行していては、円滑な交通を阻害してしまいます。 [続きを読む]
  • 眠い時に効果のある音楽
  • ドライブ中には、自分の好きな音楽を聞きたくなりますよね。教習中は遠慮してもらいたいですが、免許を取った後で自分の車で聞く分には遠慮なくどうぞ。でも、それがゆったりした音楽だったりすると、眠くなることもあるので、注意してください。また、意外に、激しい曲やカラオケの十八番などは、その曲が掛かっている間はテンションが保てますが、本当に眠い時は、次の曲に入った途端、その反動で一気に眠気が襲ってくるので、こ [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17030S様普通自動車第二種免許技能試験合格のご報告ありがとうございました。今日は、学校が早めに終わっていて路上に子どもたちの姿が多く見られたそうですが、教習でもお話ししたように、必要なら徐行するなど適切に対処すれば大丈夫ですから、特に問題は無かったでしょう。また、「免許制度改正前に取得したかった」とも言っておられましたが、タクシーを運転する分には関係ありませんよね。ともあれ、今後は、“プロ”として、 [続きを読む]
  • 調節しながらハンドルを回す右左折もある
  • カーブでは、道の曲がり具合に合わせてハンドルを調節しますが、右折や左折では、通常は、調節しながらハンドルを回す必要がありません。こと仮免前の場内コースにおいては、右折では、直近マークに合わせて1回転、左折では、左後輪を縁石に添わせるように全部、ハンドルを回せば、通常は、うまく曲がって行けるはずです。しかし、同じ道幅の道路同士が直角に交わるならその通りなのですが、そうでない交差点もあるので、一つ覚え [続きを読む]
  • 自転車の法定速度は?
  • 幹線道路を走っていると、車に交じって猛スピードで走る自転車を見掛けることがあります。ふらつきながら走るママチャリも危ないですが、こういう猛スピードの自転車も、車を運転している側から見れば怖いですね。ところで、自転車の法定速度ってご存じですか?あ、その前に、自転車は制限速度の標識が適用されましたっけ?道路交通法第22条第1項には、「車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはそ [続きを読む]
  • FF=フィードフォワード
  • この業界的には、「FF」と聞くと、「フロントエンジン・フロントドライブ」(前輪駆動)を思い浮かべる人が多いと思いますが、自動車を運転するに際しての心構えとしては、「フィードフォワード」というのも忘れてはいけません。結果を検証して改善に活かすのが「フィードバック」であるのに対し、結果を予測して予め対処するのを「フィードフォワード」と言います。「フィードバック=帰納的、フィードフォワード=演繹的」と言 [続きを読む]
  • 四輪を確認するように
  • 車に乗り込む前には、車の周囲(前後左右)の安全を確認してください。試験では、次の受験生は後部座席にすわっていますから、自分の順番が来たら左後ろのドアから出て、車の後ろを回って右側に来て、一旦運転席を通り過ぎ、前を見てから運転席に乗り込みます。それで、前後左右が確認できたことになります。その際に、漫然と車の周りを歩いてみるのでなく、“安全”をしっかり確認してください。具体的には、四つのタイヤを見るよ [続きを読む]
  • 直進バックは難しいか
  • 普通車は、後ろに進む際には、前進の場合と違って、“直進性”がありません。そのため「まっすぐバックするのは難しい」と言う人が多いです。しかし、牽引車ならまだしも(けん引のバックは確かに難しいです)、普通車なら、ハンドルのてっぺんを片手で持ってそのまま保持すれば、車はまっすぐバックしてくれるはすです。「ハンドルを切った後でまっすぐバックするのが難しい」という声もよく聞きます。そういう人は、必要なだけ右 [続きを読む]
  • 思い込みと思いやり
  • 働き過ぎと言われ続けている日本人(小生もその1人)ですが、年次有給休暇を年間5日以上は必ず取らせるべく、労働基準法の改正が検討されているそうです。今の制度では、本人が「○月○日に休みます」と指定しないと有休は使えません。しかし、それだと、実際には休めないサラリーマンが多いため、本人任せでなく企業側に義務づけようというのが今般の法改正の狙いだそうです。ところで、その「休めない」という理由について、「 [続きを読む]
  • 「真ん中」よりも「まっすぐ」を意識
  • 「方向変換」(俗に「車庫入れ」とも呼ばれる課題)で、車体を斜めにしてバックする人がいますね。例えば車庫の片側に寄ってしまいそうな場合に真ん中に向かうなど、慣れてきたら(車の取り回しが分かるようになったら)、斜め向きにバックするのもテクニックの一つではあるのですが、慣れないうち(特に初めて免許を取ろうとする人)は、仮に片側に寄ってしまうとしても構わず、まっすぐ(車庫に対して直角に)バックすることを考 [続きを読む]
  • 運転中に親指を隠さない(?)
  • 先日、路上教習中(運転中)に、ハンドルを持ったまま親指を他の指で握り込んだ教習生がいて、驚きました。「え? 何やってるの?」と訊いたら、「霊柩車とすれ違ったから」と答えるのです。これは、地域性があるかも知れませんが、たしかに、「霊柩車を見たら(昔は「葬列を見たら」だったそうです)親指を隠せ」と言われていますね。ちょっと調べてみたら、親指は災厄に狙われやすい指とされ、葬列の件だけでなく、「夜道では親 [続きを読む]