Pilot-K さん プロフィール

  •  
Pilot-Kさん: Pilot-Kの「前見て加速!」
ハンドル名Pilot-K さん
ブログタイトルPilot-Kの「前見て加速!」
ブログURLhttp://pilotkk.exblog.jp/
サイト紹介文パイロットアカデミー代表が綴る運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等。一般ドライバーも必見!
自由文自動車運転指導パイロットアカデミーは、運転免許を「早く!」「安く!」取りたい貴方を応援します。免許を失効してしまった方、2種免許取得希望者、ペーパードライバーも大歓迎です。ぜひ一度下記URLから弊社HPにお越しください。
http://www.pilotacademy.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/09/09 14:02

Pilot-K さんのブログ記事

  • こちらを見ないで!
  • おそらく真剣さの表れなのだと思いますが、指導員が説明をしている時に、こちらを見る人がいますね。もしかしたら、厳しい親御さんから、「話している人の口元を見ろ」などとしつけられたのかも知れません。でも、教習中に限っては、指導員の方を見ないでくださいね。走行中(教習生が運転中)、助手席に座っている指導員の顔を見るっていうのは、わき見運転に他なりません。一瞬ならともかく、説明している間ずっと前から目を離す [続きを読む]
  • 地図を憶えるコツ(の一例)
  • お彼岸で帰省したり、連休を使って遠出をしたり、という人もいるでしょう。その中には、「地図を憶えるのが苦手」というドライバーも一定数いることと思います。地図(経路)を憶えられないという人の多くは、「○○という交差点を左折、しばらく進んで○○の所を右折」というように、“言葉”で憶えようとしているようです。あるいは、地図上で憶えたつもりでいても走り出した途端に頭真っ白になる、という話もよく聞きます。かつ [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17087K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。「予想通り」と言うべきか、路上試験の予約がなかなか取れず、今日の受験になってしまいました。でも、この間に特定教習を受けておいたため既に免許証が交付されたそうで、また、試験に1発で合格できたこともあって、感慨もひとしおでしょう。今度の免許は更新忘れの無いようにしてください。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 [続きを読む]
  • 試験場前集合にしている意味
  • パイロットアカデミーの路上教習は、原則として、試験場前に集合していただいています。府中試験場は、どの駅からも徒歩30分以上かかるので、武蔵小金井駅か京王の多磨霊園駅からバス利用が普通でしょう。鮫洲試験場は、品川駅港南口からバスに乗るか、でなければ京急の鮫洲駅から10分ほど歩くことになり、雨の日は少し大変かも知れません。他の教習所さまの中には、最寄駅まで迎えに行く、という所もあるようですが、パイロッ [続きを読む]
  • 「方向変換」と「縦列駐車」は別の日に
  • できる人が念のために復習されるのなら、同じ日にやっても問題ありません。でも、1から教わろうという人が「方向変換」(俗に「車庫入れ」とも呼ぶ)と「縦列駐車」とを同じ日に練習すると、半数以上の方が手順を混同しますね。これは、3つの課題(右バック・左バック・縦列駐車)を1回の教習に詰め込むからと思いきや、2回に分けようが、3回に分けようが、どうも“同じ日”に練習すると、こういう症状が起きやすいように感じ [続きを読む]
  • 「22.5°」の妙
  • 「方向変換」(俗に「車庫入れ」とも呼ばれる)の課題では、バックする前に車体を少し斜めにしておくと、“車庫”に入れやすくなります。ただし、このやり方は、東京の府中試験場と鮫洲試験場では問題ないのですが、他府県では「やってはダメ」という所もあると聞きます。ローカルルールがある場合には(そういうのが存在するのもどうかとは思いますが)注意してください。さて、このナナメをどのくらいの角度にするかというと、こ [続きを読む]
  • 「丁字路の 平らな側も 駐停禁」(五・七・五。お粗末。)
  • 交差点の中では駐停車禁止です。こんなことは、道路交通法を勉強していなくても、常識的に理解できそうですが、これは、丁字路(T字路・突き当たりの交差点)でも、同じですよ。と、わざわざ書くのは、突き当たる側でなく、突き当たられる側の道を直進している時に、丁字路内で停車してしまう人がいるからです。これが自分側(左側)に道があるなら、余程へそ曲がりか意地悪でない限り、交差点内で停車することはないでしょう。で [続きを読む]
  • 自宅用パソコン故障(HDD異常)と復旧(?)の経緯
  • 先日、自宅で使っていたパソコンが壊れました!今日は、その経過について当方の備忘のために記しておきます。当ブログのテーマからは外れますが、お許しください。1.背景そのパソコンは、2年ほど前に中古PCショップで購入した「TOSHIBA Dynabook Satellite B551(i5搭載)」で、元々はWindows7マシンだったのを、昨年6月、Windows10にアップグレードしたもの。さて、忘れもしない平成29年8月31日の夜、ふと8月分のWind [続きを読む]
  • サイドブレーキを使わなくても減点されません
  • 坂道発進の課題では、AT(オートマ)車もMT(マニュアル)車も、サイドブレーキを使って発進するのを教わっていると思います。では、仮免許や本免許の技能試験で、上り坂で停車後に再発進する時にサイドブレーキを使わなかったら減点されるのか、と問われると、答えは「否」。サイドブレーキを使わなくたって、その事では減点されません。AT車は、緩い勾配の上り坂なら、クリープだけで下がらずに発進できるでしょうし、MT [続きを読む]
  • 惰力走行しても良い場面
  • クラッチを切って惰力で進むのは、基本的にはダメです。エンジンの動力がタイヤに伝わっていないので加速できないのは当然として、エンジンブレーキが利かないため、減速もフットブレーキだけに頼ることになって、非効率、かつ、危険だからです。ところが、その惰力走行が許される場面があります。それは、徐行あるいは微速走行の時です。例えば、見通しの悪い交差点を通過しようとする時(交差するどちらの道にも優劣が無い場合) [続きを読む]
  • 前が通れたらハンドル戻し始め
  • クランク型(屈折型狭路)コースを通過する課題において、一番危ない箇所は、前(左に曲がる時は右前、右に曲がる時は左前)の角です。え?一番危ないのは内輪差じゃないかって?もちろん、内輪差も危ないのですが、パイロットアカデミーの教習生や当ブログの読者諸氏は、「内輪差では絶対に載せない」との意識を持って、気持ち奥まで進んでからハンドルを回し始めているはずです …よね。そうしたなら、内輪差のことは忘れて構わ [続きを読む]
  • 「右折の方が左折よりも簡単」?
  • 教習で「左折」を「右折」より先に練習するのは、左折よりも右折の方が難しいからではありません。むしろ、右折の動作そのものは、「左折よりも簡単」と言ってしまっても良いくらいです。では、なぜ、“簡単”な右折よりも先に“難しい”左折を練習するのでしょうか。それは、「左折」で、ハンドルの取り回しや加減速の“基本”を練習するためです。すなわち、(1) ハンドルを切り始める前(概ね5m手前)までに減速しておく、(2) [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17078様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。仮免許の試験はそうでもなかったですが、本免許は、受験の予約が取れず、ずいぶんブランクが空いてしまいましたね。それはともかく、仮免許も本免許も1発で合格できて、良かったです。取得時講習も、これまた、ずいぶん先になるようですが、もう一息ですから、頑張ってください。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 ぜひ1日1 [続きを読む]
  • 周回コースの走り方がすべての基本
  • 教習がある程度まで進んでいる人でも、(一部例外はあるものの)教習の最初は、周回コースを走ることから始めると思います。これは、もちろん慣らし運転なのですが、やっていることには意味があります。周回コースを走ることで、(1)カーブの手前でスピードを落とす(2)カーブの中で加速していく(3)直線ではしっかりスピードを出す、を繰り返しているのです。すなわち、自動車運転で「安全確認」に次いで2番目に大事な「加 [続きを読む]
  • お申し込みは必ずお電話で
  • パイロットアカデミーでは、メールフォームによるお問い合わせにも対応しておりますが、初回の教習予約だけは、お電話でのみ承っております。と申しますのは、まず、予約状況が常に変動しているので、メールではタイムラグがあって対応しきれない、というのが第1の理由です。それと、集合場所や当日お持ちいただきたい物については、相手によってご案内が変わりますので、電話の方が都合が良いというのが第2の理由です。それ以外 [続きを読む]
  • シフトレバーから左手を放して
  • MT(マニュアル)車はギアチェンジのため左手でシフトレバーを操作します。当然、変速動作中は片手運転になるわけですが、それは仕方のないことです。でも、その動作が完了したら、左手をシフトレバーから放してハンドルを握ってください。いつまでもシフトレバーに手を載せていると、ミッション(トランスミッション=変速機)に負担を掛けるので、故障しやすくなる、という話を聞いたこともありますが、その真偽のほどは分かり [続きを読む]
  • アクセルには微妙な力加減が必要
  • 某Q&Aサイトに、「アクセルには微妙な力加減が不要」と書かれていて、仰天しました。もっとも、MT車のクラッチ操作に関する質問だったので、回答者は「クラッチに比べればアクセルは‥」というつもりで書いたのかも知れませんが、でも、クラッチをなめらかにつなげるためにも微妙なアクセル加減が求められるはずです。MTであれATであれ、アクセルは優しく踏んでください。「優しく」です。とは言っても、「弱く」ではあり [続きを読む]
  • 「ブレーキ」とか「ホイール」とか
  • 外来語のうち、古い時代(主に明治年間)に取り込まれたものは、語尾の「k」を「ク」ではなく「キ」と読ませる傾向にありますね。「ステッキ」「ステーキ」「ストライキ」「ケーキ」「ミルクセーキ」「インキ」とか、そして、自動車関連では「ブレーキ」も。でも、自動車に関する用語がそんなに古くから日本にあったとは思えず、「コーヒーブレイク」のように「ブレイク」と読んでも良さそうなのに、なぜ「ブレーキ」なのか、不思 [続きを読む]
  • 二輪乗りだからこそ起こるミス
  • 普通車と二輪車は構造的にも運転テクニック的にも別物ですが、でも、二輪免許を持っている人は、普通車もあまり苦労なく乗れることが多いです。初心者にありがちな「ブレーキを踏みながらハンドル」というミスは、二輪乗りは、まずやりませんし、カーブでの「スローイン・ファストアウト」も、体が覚えていますね。でも、いつだったか、カーブでハンドルを回さなかった人がいて、驚きました。二輪車はカーブを曲がる時にハンドルを [続きを読む]
  • 「合格できればめっけもの」も一つの選択肢
  • もちろん受験するからには合格したいでしょうし、試験に合格するために練習してきたはずです。とは言っても、「合格できるようになるまで受験しない」というのは、あまりお勧めしません。箸にも棒にも掛からない状態で受験するのは論外ですが、ある程度まで練習したら、受験レベルに達していなくても「まずは受けて来る」というのもアリですよ。受験してみると、試験場の雰囲気とか受験中に特有の緊張感とか、口で説明しきれないこ [続きを読む]
  • なぜ練習を先送りに?
  • 受験日程が決まると、それに向けて教習プランを考えることができます。その時に、「受験が近づいてから練習を入れたい」という教習生が、少なからずいらっしゃいます。しかし、教習課題が一通り終わっている人がそう言うのは良いですけど、まだ修了が見えていない段階で教習を先送りすると、課題をやり残してしまうかも知れませんよ。パイロットアカデミーのキャパシティ的に、ご希望の日時で予約を入れられない可能性もありますし [続きを読む]
  • 路上課題終了時の停止位置は試験官の指示に従って
  • 路上試験で自分の課題コースを走り終えたら、車を左に寄せて停めます。この時は、試験官が停止位置を指示します。しかし、指示された停止位置が、道路交通法上は不適切な場合があるようです。わざわざ出入り口の所に停めるよう指示されたり、敢えて路端から離れて停めるよう指示されたり、という実例を見聞きしたことがあります。これは、おそらく、左側にドアを開けられるスペースを取りたいとか、路肩に雑草や水たまりがあって乗 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 17081K様本免技能試験合格のご報告ありがとうございました。もともと運転されていたということで技能的には問題ありませんでしたが、試験に向けてのポイントチェックに通われました。もっとも、合格できたのは、教習自体の効果というよりも、「教習を受けよう」と思われた、その意識こそが、結果につながったように思います。今度の免許は更新忘れの無いようにしてください。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村 [続きを読む]
  • 路上の減点は場内課題に引き継がれます
  • 本免の技能試験は、「路上(指示経路走行)課題」と「場内課題(方向変換または縦列駐車)」とで構成されています。普通一種免許の場合、まず、路上試験を実施して、点数の残っている人だけ、場内試験を受けることが出来ます。ここで憶えておきたい事は、路上での減点は場内課題にそのまま引き継がれる、ということです。ご存じと思いますが、技能試験は減点が30点を超えると不合格になります。よく「70点で合格」と言われます [続きを読む]
  • 「それからのこと」と「これからのこと」に関して思うこと
  • テレビアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の最初の主題歌『ウィーアー!』(作詞:藤林聖子)には、2番に「それからのこと と これからのこと」という歌詞が登場します。商売柄これを聞くと、「それからのこと」= 少し先の未来 = 免許を取ってやりたい事(ドライブとか新しい仕事とか)「これからのこと」= 直近の未来 = 免許を取るためにやるべき事(教習とか)というのを連想し、含蓄に富んだ歌詞だと思っています。「目的と [続きを読む]