Baum さん プロフィール

  •  
Baumさん: Baum 香り三昧
ハンドル名Baum さん
ブログタイトルBaum 香り三昧
ブログURLhttp://ameblo.jp/baum-mimpi/
サイト紹介文卵巣ガン、腹膜播種、がん性腹膜炎、オストメイト。現在は、末期がんで在宅医療。
自由文'13.01月より、卵巣ガン、腹膜播種。術後・転移再発により、がん性腹膜炎 →'14.08に、オストメイト。
'16.03月に腸管破裂で末期がんとなり、4月から 在宅療養となりました
今度は、両足が深部静脈血栓症に。
これからも、小さな愉しみをいっぱい見つけながら暮らしていきます☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2010/09/10 20:22

Baum さんのブログ記事

  • 入院してから
  • ウサギの形のクッキーが1個入ってて当たりのようです お見舞いありがとうね〜1日に入院して、4日が過ぎました2日に輸血をした結果ですが血小板の輸血は、効果がなく輸血をしたのに、数値が上がっていないと先生から伺いました輸血は、抗体が出来てしまうと効果はなくなるもので何回かは大丈夫だと聞いてましたが1回目から効果がないということはどういうことだろう主治医の休みがあけたら相談てことになりそうですとりあ [続きを読む]
  • 輸血を終える
  • 2日目の、2日(火)この日は平熱まで下がり日中は、快適に過ごせました昨日は、先生曰く私の顔色は非常に悪く、真っ白だったとか熱が下がると、食欲もでて人間て、体調が良いかどうかでコロッと変わりますねおかげで、1年前に顔見知りだった看護師さんも覗きに来てくれたり、声掛けをしてくれたりそれが、本当に嬉しいですね〜知ってる看護師さんが居てくれるのはそれだけでも、心強いものですそうは言いながらもこの1年、ずっ [続きを読む]
  • 1日に 入院しました
  • 1日の朝、朝ごはんを食べた後から下血しひとりではもう、トイレにさえ立ち上がれなくなり悪寒と、一昨日から続いていた発熱などで救急車で搬送されました入院する前に、訪問医の許可が先に要るのでまずは、家族から訪問医に電話してもらい訪問医から、病院が9時になってから連絡をいれてもらいその後に、救急車の搬送依頼の電話を自分等でするように言われ9時になるのを待つのに、1時間以上を要したので病院に着いた頃にはかな [続きを読む]
  • 「結人 VOL7」の予定
  • 昨年の8月、まだ元気だった頃にコロプラストさんに写真を撮ってもらったものです1月か、4月の予定で冊子が発行されるとその時には、お知らせをしていたのですがあれから、かなり遅れたそうで順調にいけば、この5月末くらいに冊子の発行予定だそうです私については、コロプラストさんのほうで少しですが、記事を紹介して下さいますオストメイトの方のための情報誌ではありますがもしどこかで見かけたら手に取って見てくださると [続きを読む]
  • CT撮影しました
  • お土産ありがとう〜一際、味が際立つ山椒だそうで、大好物の私には楽しみ18日は、病院の診察日でした出血の原因を調べるために内診するはずたったのですが胸の下から太ももにかけて腹腔内の浮腫があまりにも酷く尚且つ、痛みも辛かったです久しぶりに、叫びそうになりました結局、内診はできずCT撮影することになりました久しぶりにCT画像をみたときに自分のお腹の浮腫がまるで、ゴーストバスターズに出てくるマシュマロマンそれに [続きを読む]
  • 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」
  • 「湯を沸かすほどの熱い愛」2016年製作 / 125分解説:『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢 [続きを読む]
  • ローズマリー
  • 友達が、自宅のお庭の花を持ってきてくれたこれが、ローズマリーの爽やかな香りに包まれて低血圧の私にはローズマリーは本当に身体の芯から、そして心の底からありがたいのですそして、今年初の西瓜食欲がなくてお昼ごはんが食べれないこの頃夕飯もなかなか、食べる気になれなくて食べたいものと妹に聞かれて西瓜 をお願いしてみた爽やかな初夏の味でした [続きを読む]
  • 低血糖
  • お母さん代わりのような友達に頼んでまた寝間着を送ってもらいました腹腔内の浮腫が酷すぎて、歩くのも大変でパジャマでも痛いからですこのところ、食欲が落ちてるので胃が空っぽになって低血糖になることが、度々あります冷や汗が出たり、空腹感を感じそして、あくびや脱力感、手や指の震え、冷や汗、動悸などの症状もあらわれます空腹感を感じるのに、食べられないのです食事の量が少ないと、いつもより血糖値は上がっていないの [続きを読む]
  • 「つむじ風食堂の夜」
  • 「つむじ風食堂の夜」2009年製作 / 1時間30分見どころ: 吉田篤弘原作の同名のロングセラー小説を映画化した、心温まる大人向けファンタジー。『真夏のオリオン』などの篠原哲雄監督がメガホンを取り、ノスタルジックな食堂に集う、夢みる心を忘れない大人たちの交流を繊細(せんさい)なタッチでつづる。主人公を演じるのは、『秋深き』に続きこれが2本目の主演作となる八嶋智人。共演者も下條アトムや田中要次、ミュージシャン [続きを読む]
  • 『フレンチアルプスで起きたこと』
  • 「フレンチアルプスで起きたこと」 FORCE MAJEURE(英語)/Turist(フランス語)/フランスでは“Snow Therapy”というタイトルで公開2014年スウェーデン/デンマーク/フランス/ノルウェー合作1時間58分見どころ:フランスのスキーリゾートに休暇で訪れたスウェーデン人一家が経験する家族の危機を描く人間ドラマ。ある出来事をきっかけに一変する家族の関係を活写し、第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した [続きを読む]
  • 『幸せは、特別でない日常の中に。』
  • 友達から、こんな可愛い多肉植物の鉢植えが届きましたありがとうございました実家には昔から、庭に多肉植物がいて私も貰ってきてはどんどん寄せ植えにして、増やしていましたいまでは、お花の水やりも家族の世話にならないといけないのでこれは助かるし、嬉しいし、ありがたいことです小さな愉しみを 見つけるのが得意だった私もいまでは、大波小波に揺られることが度々子供の時のように無邪気に面白い時には、涙が溢れるほど 大笑 [続きを読む]
  • 出血は未だ止まらず
  • 6日の朝からの出血が、まだ 止まりません7日の夜に、訪問医からは 止血剤2種類と、止血効果のある抗生剤のお薬を、処方され調剤薬局から、早速 届けてもらったので服用を始めました朝から 真っ赤な出血が続いています正直、初めてトイレが真っ赤に染まった時には出血量に驚いてすぐさま入院になるのか、もう、私はあかんのかもーと思ってしまいましたでも看護師さんによると危険なほどの出血は、もっともっと濃いそうですそれは [続きを読む]
  • 在宅療養でかかった費用 '17.03
  • 平成29年3月請求分、在宅医療でかかった主な費用薬局調剤請求(医療用麻薬、他) 30,970円往診ドクターによる訪問診療(月1回)13,512円内訳は、治療費13,220 円+居宅療養管理指導費292円+自費代 0-訪問看護利用料(訪問看護師さん、週1回、計5回)15,620 円 点滴用 スティクポピドンヨード(イソジン)5個 250円使い捨てプラスティック手袋S(パウダーフリー)ケンツメディコ 600円 [続きを読む]
  • タムに驚く!
  • 、先週末のある日のこと起きてみたら、廊下に出血が・・・まさか私が流血しながらトイレへ行ったのかと思いきやタムの右の、黒目の表面に大きな血の塊それが、なかなか落ちることもなくウェッティで拭いても、綺麗にならず血が溢れてくるばかりで、アタフタして私が、目眩でくらっとしたほど可哀想に、目の周りも涙で毛が固まっていました室内が真っ暗だったのでワンコたちと、一緒に眠っていた妹は 気付くことなくこたとタムは、 [続きを読む]
  • 映画「ぼくを探しに」
  • 「ぼくを探しに」原題:Attila Marcel2013/フランス 上映時間106分 コメディ解説:「ベルヴィル・ランデブー」「イリュージョニスト」のシルヴァン・ショメ監督が長編実写作品に初挑戦したコメディ・ドラマ。幼い頃に両親を亡くし、伯母姉妹に育てられた孤独な青年が辿る奇想天外な心の旅路を、ポップな映像でハートウォーミングに綴る。主演はフランス期待の若手ギョーム・グイ。共演にアンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン [続きを読む]
  • 「はじまりは 5つ星ホテルから 」
  • 「はじまりは5つ星ホテルから」Viaggio sola / A Five Star Life2013年イタリア製作 / 1時間22分見どころ: 高級ホテルのサービスをチェックする覆面調査員が題材のドラマ。覆面調査員として世界を回りながら5つ星ホテルを滞在する女性が、さまざまな出来事を通して自分の人生を見つめ直していく。メガホンを取るのは、『ダブルボディ 愛と官能のルール』のマリア・ソーレ・トニャッツィ。ヒロインにふんする『ローマ法王の休日』 [続きを読む]
  • 朝から出血が続く
  • ここのところ、下腹部の痛みがひどく麻薬も効かなくなり今週4日から、フェントステープを増やしてもらいましたそれでも、痛みが消えることがなく下腹部の痛みが、ギューっと圧迫されるように継続しアブストラル舌下錠だけでなく、オキノーム散も レスキューとして、服用していました6日は、朝から出血先月から、尿意を催す度に下腹部に熱を持つような感覚があったし 血液検査では、血小板の数値がかなり 下がっている [続きを読む]
  • 鎮痛剤が効かなくなって
  • 友達が書いてくれた 7枚の写経 1枚につき 1週間使用できます7週間デトックスできるんです 有難い2月から、鎮痛剤として使っている医療用麻薬の貼り薬のフェントステープは1日1回の貼替えと、決まっているのでこれは、'15の秋から変わらずで成分量だけが、徐々に増えています【2月】外用薬: フェントステープ 6mg頓服薬: ジクロフェナクナトリウムSRカプセル×夕食後1カプセル 内服薬: ロキソニン錠1 [続きを読む]
  • ここ最近の朝食
  • 1日のうち、朝ごはんが一番しっかり食べることができます朝ごはんだけは、最近は主人が担当で作り、用意してくれますいまではすっかり慣れてきて果物や、ヨーグルトまで、添えてくれます丸干し、焼きたらこ、ぬか漬け、竹輪胡瓜、ネギ入り厚焼き卵、もやし炒め、ツナ胡瓜、妹が作ってくれる煮物や、作り置きのおかずも大活躍です 柚子果汁を添えて食べることが多いです昼はあっさりと、単品のことが多いですうどん、素麺など [続きを読む]
  • 「キングコング: 髑髏島の巨神 Kong: Skull Island」
  • キングコング: 髑髏島の巨神Kong: Skull Island2017年アメリカ製作 / 118分解説;  「GODZILLA ゴジラ」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズが、ハリウッドを代表する巨大モンスター“キングコング”を壮大なスケールでリブートしたアクション・アドベンチャー大作。太平洋に浮かぶ謎の孤島を訪れた調査隊が、想像を絶する巨大生物たちと遭遇し、決死のサバイバルを繰り広げるさまを迫力のアクション満載に描き出す。主演は [続きを読む]
  • さぬき一番
  • 千代田駅近くの、西友の向かいにあるさぬき一番随分昔からあるような気がする、地元のうどん屋さんですこのお店は、平日と、土曜のお昼のみ15時迄しか、営業していませんただし、こちらのうどんはコシのない柔らかい麺です私はコシのある、讃岐うどんが好みなのですが店内で食べる時にはおにぎり定食をよく食べていましたこのお店では、持ち帰りができるのが有難くて以前 お世話になっていた勤務先からは近かったこともあり昼休 [続きを読む]
  • 映画「イラン式料理本」
  • 山形国際ドキュメンタリー映画祭2011受賞作品「イラン式料理本」英題:IRANIAN COOKBOOK2010年イラン製作 / 1時間12分見どころ:イラン人家庭のキッチンで女性たちが料理をする姿を撮影し、その様子から浮かび上がるイラン社会を映し出すドキュメンタリー。100歳目前の女性、主婦歴40年の女性、現代の若い女性がイランで食される料理を調理し、食べ、片付けるまでの間に、家庭ごとのさまざまなドラマが繰り広げられる。メガホンを [続きを読む]
  • 長男が、東京へ転勤
  • 先日、長いお付き合いだった義母との別れがありましたそうすると、その次の日に今度は入社以来、岡山にいた長男が東京本社に転勤することが決定したとの通知がきて驚きました今度は、欧米豪州事業部で、オーストラリア、ニュージーランド担当の営業です入社以来、専門の研究室にいたので営業は初めてで、化学英語が大変そうでも、本人はこれを機に、英語を体得するつもり、と言っているので頑張れとだけ伝えておきましたそれに も [続きを読む]
  • 2ヶ月ぶりの診察日
  • 2月の診察はパスしたので 火曜の診察は、2ヶ月ぶりでしたが採血してもらったところで、心臓がパクパクやはり車椅子がないと、動けなくなってしまい帰宅してからも、発熱したり、麻薬が効かなかったりで日曜の晩まで、寝込んでました土曜の夜はとくにきつく、入院するかと思った程ですがやっと今朝は、回復してきたので食べたい、という気持ちが頭をもたげてきましたとはいっても、朝は調子が良くても昼には分からな [続きを読む]