関西と皮膚のリフトアップを研究する社長 さん プロフィール

  •  
関西と皮膚のリフトアップを研究する社長さん: 関西と皮膚のリフトアップを研究する社長のブログ
ハンドル名関西と皮膚のリフトアップを研究する社長 さん
ブログタイトル関西と皮膚のリフトアップを研究する社長のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/piggy-backs/
サイト紹介文化粧品の専門的知識、リフトケア、小顔対策等スキンケアの情報や開発秘話等を楽しく記載しています。
自由文美容、健康を通じ、関西景気も女性のお肌も楽しくリフトアップするための研究をしている社長のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2010/09/12 17:32

関西と皮膚のリフトアップを研究する社長 さんのブログ記事

  • W洗顔をやめてみませんか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。“ダブル洗顔はしたほうがいいのでしょうか?” フェイスソープのご購入時によくいただく質問ですね。 ダブル洗顔とはクレンジングと洗顔の2回洗浄することを意味します。 ダブル洗顔についてお話をさせていただくには・・・。まずは歴史的にコールドクリームのことをお伝えしなければと思います。 最近はあまり市場でみることが無くなってき [続きを読む]
  • 化粧品の生産現場と管理について
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。本日は、化粧品の生産のこと。化粧品が製品になるまでのことを簡単に書いてみますね。株式会社ピギーバックスは化粧品製造販売業許可を取得しているエイジングケア専用化粧品メーカーです。 ピギーバックスのエイジングケア化粧品をはじめご依頼いただいたサロン様等のオリジナル化粧品の製造に関しましては・・・。弊社の化粧品GMP(製造管理基準)GVP(安 [続きを読む]
  • 遺伝子レベルの化粧品は、本当?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。「遺伝子レベルの化粧品って効果があるのですか?」 少し前になりますがピギーバックスにお越しになられた方にいただいたご質問です。 「DNAレベル」と謳われている化粧品もありますよね。 人間のからだは約60兆個の細胞でできているといわれています。 しかし文献によっては37兆個ともいわれますので微妙なところですが。とにかく想像ができ [続きを読む]
  • 季節の変わり目の肌あれの原因について
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。花粉症?アレルギー??そうではないのに肌あれ・・。普段は健康な肌でも季節の変わり目だけ肌があれてしまう方も多くおられます。両頬、または顎のライン部分の肌あれ。もしくは大人ニキビができてしまったり急激にカサカサの乾燥肌になってしまう方もおられるかもしれませんね。お子様のご卒業やご入学。転勤、引越しなど。生活環境の変化による精神的なストレ [続きを読む]
  • 青野菜はたっぷりのお湯で茹でる化学!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。青野菜を茹でて料理をされるときにはたっぷり沸騰したお湯に野菜を入れていきます。 野菜の緑色はクロロフィル(葉緑素)といわれる色素です。 長い時間加熱してしまいますと分子のMg(マグネシウム)がとれて色があせてしまいます。 これはクロロフィルが、野菜の中に含まれる酸化酵素によって褐色のフェオフィチンという成分に変化してしまう [続きを読む]
  • 泡も立たない洗浄力もない石鹸のお話
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。“石鹸”と聞きますと・・・。泡がモコモコと立って洗浄する目的の石鹸を思い浮かべてしまいますよね。 石鹸の仲間には洗浄力がほとんど無い石鹸もあります。 そのひとつが“逆性石鹸”と呼ばれるものになります。 これは陽イオン(カチオン)界面活性剤と呼ばれる石鹸になります。 洗顔石鹸など汚れを落とすことが目的の石鹸は水に溶けると [続きを読む]
  • 肌あれのときにこそ、上手に化粧品を活用する!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。季節の変わり目やからだの調子がよくないときにあらわれやすくなる肌あれ。 肌があれているときに肌に何もつけないようにしていませんか。 もちろん化粧品が肌にあわなくてその化粧品のご使用を中止されるのは当然なのですが・・・。よく肌の調子がいいときは化粧品をご使用されて肌の調子が悪いときにはご使用されないことをお聞きします。本来は、そ [続きを読む]
  • 毛穴とエイジングケアの関係について
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。普段わたしたちが“毛穴”と呼んでいる部分は医学的には“毛包”と呼ばれている部分です。“毛穴”とはいわれますがスキンケアにおきましては“皮膚のくぼみ”だと考えられたほうがわかりやすいかもしれませんね。 毛穴も構造は皮膚の表面と同じだということ。 つまり毛穴も皮膚の表面と同じだということは毛穴の中には雑菌も棲んでいます。そして皮脂 [続きを読む]
  • オリジナル化粧品開発についてよくあるご質問
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。弊社、エイジングケア専用化粧品メーカー ピギーバックスでは・・・。個人サロン様や企業様のオリジナル化粧品開発のご依頼も お受けいたしております。 約2年半前から開始いたしましたこの事業。現在は自宅サロンオーナー様から企業様までご相談をいただけるようになりました。中国、アメリカからもご相談をいただいております。ご相談の際によくいただ [続きを読む]
  • 化粧品の販売にご興味はあるでしょうか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。今回の内容はとくにサロンオーナー様にはご興味をもっていただけるかと思っています。【あなたにピッタリのオリジナル化粧品や販売方法がわかる!プレミアム診断会】 〜化粧品販売にご興味のあるオーナー様へ! あなたの個性を活かした販売方法を知ってみませんか?〜実は昨年から考えておりましたこの講座をおこないます。あなたに最も適した化粧品の販売 [続きを読む]
  • 頭皮のかさぶた、剥がしていませんか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。顔の肌と頭皮は繋がっています。スキンケアとヘアケア化粧品が分けられているため別々に考えがちですが間違いなく同じ皮膚ですよね。近年は、ヘッドスパなど。頭皮をケアする意識が高まり専門にされるサロン様やサービスも増えましたね。また製品も開発されてきているのですごくいいことのように感じています。わたしは毎日ではないのですが美容液を頭皮に塗布し [続きを読む]
  • シリコン、ノンシリコンの化粧品科学
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。“ノンシリコンシャンプー”など。以前ほどではないにしてもまだノンシリコンが流行っていますよね。わたしが化粧品開発に携わりはじめた25年ほど前から美容室のパーマやヘアカラーに影響があることはいわれていました。さらに、その頃はドロドロした(高分子)シリコンの原材料を配合するのがサロン用ヘアケア製品には流行っていましたからね。しかしシャンプー [続きを読む]
  • キャベツの千切りの化学
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。実は、キャベツが大好きです。キャベツだけは、いつもストックをしています。 そのキャベツはほとんどサラダにして食べていますね。 キャベツに限らず野菜を千切りにして生食するときには切った後に水に浸けるようにしますよね。 野菜には約90%以上の水分が含まれています。 もし千切りしたままで放っておきますと切り口から水分が蒸発して [続きを読む]
  • 美容、健康に効果があるアミノ酸とは?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。“アミノ酸”と聞くとどのようなイメージでしょうか?“コラーゲンを生成し、美肌になる!”“脂肪を燃焼して痩せる!”“からだが健康になる!”あとは「アミノ酸系」などの成分にはからだに優しいイメージをもたれている方もおられるかもしれませんね。そもそも、アミノ酸とは?化学的にはこのように説明されているものです。【アミノ酸とは、「アミノ基(ーNH2 [続きを読む]
  • 見た目年齢をご自身で決められていますか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。“あの人、わたしと同じくらいの年齢かな?” そう思っていた人が実際は10歳も年上だった。 “あの人は、きっと30代半ばくらいかな?” そうみえた人が実際は40代半ばだった。 見た目年齢が実年齢より下に見られる人っておられますよね。弊社ピギーバックスにもそんな魅力的な女性がたくさんお越しになられます。 きっと年齢を重ねるに [続きを読む]
  • 過去の経験を上手に引き算していくエイジングケア!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。美容には外面美容、内面美容。そして、精神美容があります。 化粧品の活用は、外面的美容。肌や腸内環境など。からだの材料となる食事への意識が内面美容。どちらも簡単なことではありません。ですが、続けていくことができるものです。わたしは美容におきましては最も精神美容が大きく影響を与えるものだと思っております。 人は年齢を重ねるにともな [続きを読む]
  • ピーリング化粧品を頻繁に使われていませんか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。皮膚科でも治療として取り入れられているピーリング。治療の薬より濃度が極端に低く配合されていますが市販でも販売されていますね。ピーリングとは英語で「皮を剥ぐ、取り去る」という意味です。 新陳代謝が悪くなったり肌の調子が不安定なときなど。 溜った老化角質を取り除くスキンケア方法になります。 本来肌は新陳代謝によって自然に古い表 [続きを読む]
  • ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naの違いとは?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。ドラッグストアなどで販売されている比較的安価なシャンプーに配合されている成分。ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na。“水”の次くらいに表示されている成分で泡立ちのよい洗浄剤。合成界面活性剤になります。よく、経皮毒とか発がん性など。悪者にされている成分ですのでご存知の方も多いかもしれませんね。経皮毒に関しましては根拠が全くない仮説ですので論外 [続きを読む]
  • コラーゲンを肌に塗って効果あるの?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。コラーゲン=肌がプルプルこのようなイメージがあるのでは?そして、コラーゲン配合化粧品。市販されている化粧品にもいっぱいありますよね。弊社、ピギーバックスの化粧品にもコラーゲンを配合しています。でも・・・。“肌にコラーゲンを塗って効果があるの?”そんな疑問をお持ちではないでしょうか?結論から申しますと“効果はあります!”という回答をさせ [続きを読む]
  • 肌の角質コントロールとは?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。“肌の角質層の状態をコントロールすること”わたしは、スキンケアをこのようにお伝えしています。たった、0.02mm。食品用ラップとほぼ同じ厚さの角質層。しかも角質層の細胞は、核がありません。すでに、生きていない細胞です。生きていない細胞であってもこの角質層の状態によってあなたの現在の肌状態だけでなく今後の肌状態も左右します。角質層は薄すぎても [続きを読む]
  • 美容液成分78%! すごく効果がありそう?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。ちょっと気になるキャッチの化粧品をみつけました。美容液成分78%配合!何だか、すごく肌に効果が期待できそう〜。そう思ってしまうかもしれませんね。“78”という中途半端な数字も真実味をかもしだしていたりしています。決してこの化粧品が悪い化粧品だということではありません。ただ表記されているキャッチは“美容液成分”ということです。“美容成分”では [続きを読む]
  • そのスキンケア方法!かえって肌を乾燥させていませんか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。どんどん天然成分が活用されるようになってきている化粧品。容器、パッケージも天然、自然を思わせる色やキャッチフレーズ、ネーミングを使われています。“化学合成成分は、からだに悪い!”などといったザックリした悪者をつくりだして天然がからだにいいように訴えているのも見受けられますよね。ザックリと“化学物質”などと悪く簡単に言われている人ほど専 [続きを読む]
  • 本当の化粧品のお試し方法について
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。はじめてのご使用される化粧品はまずお試ししなければわかりませんよね。でも化粧品メーカーが無料で用意しているサンプルは様々ですがだいたい1回分や3日分ほど。有料のトライアルセットでも1週間から10日分くらいではないでしょうか?実際に無料のお試し品の量では肌への刺激がないかどうか。また好みの香り、好みの使用感の確認しかできないかと思います。あなたの肌 [続きを読む]