関西と皮膚のリフトアップを研究する社長 さん プロフィール

  •  
関西と皮膚のリフトアップを研究する社長さん: 関西と皮膚のリフトアップを研究する社長のブログ
ハンドル名関西と皮膚のリフトアップを研究する社長 さん
ブログタイトル関西と皮膚のリフトアップを研究する社長のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/piggy-backs/
サイト紹介文化粧品の専門的知識、リフトケア、小顔対策等スキンケアの情報や開発秘話等を楽しく記載しています。
自由文美容、健康を通じ、関西景気も女性のお肌も楽しくリフトアップするための研究をしている社長のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2010/09/12 17:32

関西と皮膚のリフトアップを研究する社長 さんのブログ記事

  • 口紅で唇が荒れるときには!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 「口紅を塗ると、唇があれるんです・・・。」 決して、多くはないのですがこのようなご相談をお聞きすることがあります。 口紅はほぼリップクリームと同様の成分でつくられています。 ですので比較的、唇の乾燥を防ぐ効果も持ち合わせている化粧品になります。 そのことを踏まえてリップクリームには含まれず口紅に配合されている成分。 それは口紅の主も重要な [続きを読む]
  • 石鹸についた髪の毛は、お尻でとる!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 何年か前にも書いたブログ記事。 それは石鹸についてしまう髪の毛のとりかたです。 爪でとると石鹸に爪あとがつくうえ爪の間に石鹸がはいるし…。 なかなか髪の毛が掴めずイライラします。 石鹸に髪の毛がついてしまったときは石鹸をおしりで擦るとキレイにとれますね! テレビやブログなどでもよくいわれている方法ですのできっと試されているかたも多いので [続きを読む]
  • 夏の終わりの女子力アップ交流会!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 いよいよ日が近づいて参りました! 夏の終わりの女子力アップ交流会のお知らせです!! この交流会は起業家プロデューサー小曽根一智さん主催の今回、大人女子限定の交流会。小曽根一智さんは全国の女性起業家の方々から“ラブさん”と慕われている人。 小曽根一智プロフィール わたしも絶大なる信頼をおいている社長さんです。ラブさんといえば昨年の9月に大盛 [続きを読む]
  • 防腐剤は、殺菌剤?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 色んな本などで防腐剤のことが書かれています。 もちろん防腐剤にはメリット、デメリットがあるわけですが…。 しかし防腐剤のデメリットのことだけを書かれているものに多くみられること。 それは殺菌剤と防腐剤をごちゃ混ぜに書かれているケースをよくみかけます。 殺菌剤は微生物を殺すことを目的とした薬剤です。 主に薬用ハンドソープやニキビケア化粧 [続きを読む]
  • サンドイッチに塗るバターの化学
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 昼食にはかなりの頻度でサンドイッチを買って食べています。 そのサンドイッチの話なのですが。 サンドイッチのパンにはバターを塗りますよね。 これはなめらかな食感とその風味を味わうためのもの。 しかしバターを挟むパンの両方の一面に塗るのは別の理由もあります。 サンドイッチに挟むキュウリ、トマト、レタスなど。 これらは水分が95%以上含まれ [続きを読む]
  • 化粧品開発における再現性の検証について
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 “新しい理論は、直感から生まれる!” 福井謙一氏の言葉です。 “化学をもっと理論的な学問にしたい!” その想いから物理学の量子力学を化学の世界に取り入れた人です。 1981年かつて化学反応のしくみを原子、分子の法則である量子力学で解明していく“フロンティア軌道理論”をつくりだし日本初のノーベル化学賞を受賞されました。 福井謙一氏は論理より直 [続きを読む]
  • ミトコンドリアとエイジングケア
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 きっと普段ミトコンドリアについて考えることってないですよね。 しかしミトコンドリアをエイジングケアにとってすごく重要な働きをしています。 わたしたちのからだのすべての細胞にはミトコンドリアが存在しています。 化学の教科書などではこんな感じの図で紹介されていましたね。 このミトコンドリアの役割はエネルギーをつくりだすことになります。 [続きを読む]
  • パイナップルと肉料理の化学
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 まだまだ、暑い日が続きますね。 このようなときにはフルーツを冷やして食べるとたまらなく美味しいですよね! フルーツは、冷やすと糖度が増すうえビタミンや栄養素を壊しにくいことから美容・健康にも適しています。その中でも注目したいフルーツのひとつはパイナップル。パイナップルにはブロメラインというタンパク分解酵素が含まれています。 わたしは [続きを読む]
  • 炭火焼と電子レンジの科学
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 アウトドアでバーベキューをするときの炭火焼き。 一方ご家庭で調理で使用する電子レンジ。 昔ながらの加熱方法と最新技術。 真逆のように思われがちですが実は原理は同じものになります。 炭火が発しているのは、赤外線です。 そして電子レンジにはマイクロ波が使われています。 波長は異なるとはいえ両方とも電磁波の仲間です。 煮物、揚げ物を例に考 [続きを読む]
  • コロイドってなに?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 化粧品づくりや料理などは化学反応のオンパレード。 そこには「コロイド」という考えも重要になりますね。 食塩や砂糖。 これらは水に溶かすと水の分子と均一に混ざり食塩水、もしくは砂糖水になります。 しかしデンプンを水に溶かそうとした場合は溶けずに底に沈殿しますよね。 今度は、牛乳の場合を考えてみます。 牛乳中の脂肪は、水には溶けません。 [続きを読む]
  • 本当に化粧品に美肌効果を感じられていますか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 きっと、おどろかれると思います。 たった2週間であなたの肌悩みが改善されるスキンケア方法をご理解されれば!実際にピギーバックスのお客様の方々はすでにご実感されておられますから。これまで7年間お伝えし続けたたくさんの方々がブログやフェイスブックメール、口コミサイトなどでご実感されたことをご報告してくださっています。それからピギーバッ [続きを読む]
  • 骨に近い肉ほど美味しいといわれる3つの理由!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 “骨に近い肉ほど、美味しい!” よく耳にしますがイギリスでは、格言になっているとか。 骨に近い肉が美味しい理由にはいくつかあげられるのですが…。 そのうちの3つを。 ひとつは骨とそのまわりの肉は肉の中に埋もれていること。 そのことから加熱している際に熱くなるのも、火が通るのも外側に肉ほど速くないことがあげられます。 骨の近くはほかの部分 [続きを読む]
  • 年齢を重ねると太りやすくなる!その原因とは?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 とても悲しいことなのですが…。 年齢を重ねるにともない同じように食べても太りやすくなってきますよね。 なぜなら…。 基礎代謝量は年齢を重ねるとともに減少していきます。 さらに年齢を重ねるにともない筋肉も減少していきます。 運動のトレーニングのひとつに有酸素運動があります。 有酸素運動はエアロビクス、ジョギング、ウォーキングスイミング [続きを読む]
  • 鉱物油って本当に肌によくない?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 1970年代のことになります。 精製度の低い鉱物油が配合された化粧品が世の中にでまわりました。 その鉱物油でつくられた化粧品を使用された方々の肌が油やけを起こしてしまうことに。 これが鉱物油が嫌われることになった発端だといわれています。 実際にはこの肌が油やけした原因は鉱物油ではなく…。 精製度が低かったために鉱物油に含まれていた不純物でし [続きを読む]
  • ノーメイクでもダブル洗顔してませんか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 クレンジング剤と洗顔料を使ってダブル洗顔。 薄いメイクをされている日であっても。 メイクをされていない日であっても。 “ダブル洗顔”が習慣になってはいないでしょうか? 最近はほとんどみることが無くなったコールドクリーム。 ポンズ コールドクリームは長く親しまれている代表かもしれませんね。 「コールド」は「冷たい」という意味。 一般的に油 [続きを読む]
  • お顔の皮膚をひっぱっていませんか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 年齢を重ねるにともない顔の皮膚はたるんできます。 そしてシャープさがなくなってきます。 ふと鏡をみてそのことを感じられたときなどに…。 つい顔の皮膚をひっぱってしまうことってないでしょうかぁ? ”昔は、このくらい皮膚が上がっていたのに!” 鏡の前で若いころの皮膚のハリを思いだしながら。 皮膚を上にひっぱってしまうことがあるかもしれません [続きを読む]
  • ピーリングを頻繁にされていますか?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 日本人の肌は、欧米の人に比べて表皮の角質層が薄い傾向にあるようですね。 平均の厚さがわずか0.02mmの角質層。 この食用ラップほどの薄い層がからだへの刺激物の侵入を防いだり肌内部の水分の蒸発を防いだりしています。 寒い地域で生活されている国の人は寒さや乾燥から肌を守るために角質層が厚くなる傾向にあります。 そして角質層の水分量は日本人と比 [続きを読む]
  • 化粧品は、必ず本品1個を使い切ること!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 「この化粧品、すごくいいかも!」 そう感じられた化粧品はどんどんお試しされることをお薦めします。 気になる化粧品は試供品などで使用感や香りをお試しされて。 肌の弱い方はパッチテストで問題ないかを確認されて。 その上で、本品をご購入。 そうされて選ばれた化粧品であれば最低そのひとつは使い切ってください。 必ずひとつは使いきる! そう決め [続きを読む]
  • 日焼け止めクリームの開発について
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 今回は新商品の開発の内容であることから長文になってしまいました。 先日会員さんだけにお送りしているメールマガジンで新商品モニターのご協力のお願いをいたしました。 約3年間ずっと検討していた商品なのですが。 なかなか自分自身で満足いくものができなくて何度も諦めかけていました。 今回たくさんのご応募をいただきこれは発売に向けもうひと頑張 [続きを読む]
  • 洗顔とは、自分を大切にする行為です!
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 洗顔をしないスキンケアも流行っていますね。 わたしも不全角化(角質層が薄くなり未熟な角質細胞の状態)の方には、洗顔料を使った洗顔をおすすめしておりません。 ですが…。 肌に残った古い油分は老化の原因となる過酸化脂質を残すことになってしまいます。 たとえ洗顔料を使用しないお湯で洗う洗顔方法であっても…。 古い油分と新しい油分を区別して [続きを読む]
  • 夏なのに乾燥肌?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 暑い夏は肌が汗と皮脂でベタベタ…。 乾燥肌とは無縁のように思ってしまいがち。 温度、湿度の高い夏はジメジメしているうえ皮脂分泌が活発になります。 そのため肌がうるおっているように感じてしまうかもしれません。 しかし実際は肌の水分は汗とともに失われて肌が乾燥気味になっていることも多くみられます。 そのうえ屋内ではエアコンが使われています。 [続きを読む]
  • ステンレス製のものは、サビにくい?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 “ステンレスは、サビにくい” このように認識されている方も多いのではないでしょうか? 鉄よりサビにくいとされるステンレス。 工業設備をはじめ流し台や料理器具など。 幅広い用途で利用されている素材ですね。 当然化粧品分野でも製造装置、中味の保管容器、分析器具などにステンレスは活用されています。 鉄は、化学的に不安定…。 自然界ではサビた [続きを読む]
  • 真夏の夜の女子力アップ交流会のお知らせ
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 本日は、8月30日。大阪心斎橋で行われる交流会のお知らせです。交流会のタイトルは【真夏の夜の、女子力アップ交流会!】今回は起業家プロデューサー小曽根一智さん主催の大人女子限定交流会になります。小曽根一智さんは全国の女性起業家の方々から“ラブさん”と慕われている人。 小曽根一智プロフィール わたしも絶大なる信頼をおいている社長さんです。ラブさ [続きを読む]
  • 肌はしっとりしてます?さらさらしてます?
  • 化粧品がいらない肌に導く化学者大川明伸(はるのぶ)です。 肌の角層とは皮膚の最外層で角質細胞が重なった層のこと。 角質細胞がひとつ剥がれるとそれをシグナルとし基底層で新しい細胞がひとつ生まれるとされています。 しかし肌の表面がベタベタだと角質細胞は剥がれにくくなります つまり基底層で新しい細胞が生まれにくくなります。 角質細胞が剥がれにくくなれば角層は厚くなり、表皮は新しい細胞がつくられな [続きを読む]