ケジボン さん プロフィール

  •  
ケジボンさん: 徳床公太郎の夢日記
ハンドル名ケジボン さん
ブログタイトル徳床公太郎の夢日記
ブログURLhttp://thecrystalskull.blog135.fc2.com/
サイト紹介文日記、書籍、マンガ、映画、音楽、食、自然、生き物、性、ウイルス、ドライブ、ネコ、魚、缶詰、etc.
自由文ジャンルを問わず、思いついたことを殴り書き。

ウソも混ぜての行き当たりばったりなブログです。

気軽に遊びに来て下さいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/09/12 10:32

ケジボン さんのブログ記事

  • 酒田ラーメンEXPO2017
  • 今でこそ、鶴岡のラーメン事情も盛り上がってますが、昔からラーメンのレベルは、酒田の方がずっと上でした。そんな酒田で開かれたラーメンEXPO、行ってきました。会場の東北公益文化大学。緑豊かな文教地区にあります。近くに広大な駐車場があるんだけど、間に合わないんだろうね。吉本住みます芸人の三浦友加(鶴岡)と、うっほ菅原(千葉)。後で勝俣州和が来るとのこと。(おいらはその前に帰宅)会場についてすぐ、この列に並びま [続きを読む]
  • 土門拳記念館☆☆
  • いつ訪れても、その構造美に感心する土門拳記念館。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで星2つなのも納得です。展示室へ向かう通路で、前をゆくマイマザー。開催中の企画展示は、第36回土門拳賞の受賞作でした。・小銭をくわえたカラス 梁丞佑(ヤン・スンウー)※館のHPより転載。「新宿迷い子」と銘された写真集での受賞で、ドキュメントタッチのモノクロ写真が迫力ありました。こちらがメインの展示室で「鬼の目 土門拳の仕 [続きを読む]
  • 遊佐で名車・外国車編その2
  • 山口百恵のヒット曲プレイバックPart2。このブログ記事も外国車編のPart2になります。さて、歌詞の内容に真っ赤なポルシェとありますが、ポルシェって、赤より白が似合うと思うのです。グラマラスなオシリ。安産型ですな〜もひとつオイラのこだわりを述べるとすれば、ポルシェは横から見た姿が一番美しい。ポルシェのライバル、フェラーリはなんといっても鮮やかな赤のイメージ。エンジン(ヘッドカバー)だって真っ赤っ赤。あ、で [続きを読む]
  • 名画とHAHA
  • 酒田市美術館において開催中の特別展が面白そうなんで、行ってきました。※画像は で拡大、以下同。なんと!展示物の写真撮影がOK。(フラッシュ、ストロボはNG)ネットで拡散もOK。なんとブログネタ向きなことよ♪目に覚えがある名画が勢揃いの、この展覧会。名画を見逃すまいと、マイマザーも一緒です。ミレーの チョコボ広井 落ち穂拾い。クロード・モネと母。岐阜に、コレにそっくりなモネの池ってのがあるそうです [続きを読む]
  • 遊佐で名車・外国車編その1
  • 前回の国産車編に続き、今度は外国車の特集です。いかにもクラシックといった佇まいのオープンカー昔アメリカに、デューセンバーグという超高級車がありました。クラーク・ゲーブルやゲイリー・クーパー、グレタ・ガルボ、ウィンザー公等が顧客だったそうです。そんな時代を思い起こします。70年代以降のアメ車は、どれもマッチョなイメージ。今にもレイザーラモンHGが「セイ、セイ」言いながら、運転席から降りてきそうです。(^ [続きを読む]
  • 遊佐で名車・国産車編
  • 6年ぶりに訪れた、遊佐町クラシックカーミーティング。鳥海温泉「湯楽里」前の広場に、国内外の名車が秋の陽光を浴びて勢揃い。おいらは旧車のスタイリングが好きなんです。全体的に今の車より可愛らしい気がするんですわ。 いすゞベレット。若い人は、いすゞが自家用車を作ってたの、知らないかもね〜 日産ローレル。お〜お〜ローレル〜♪ってなCMソングがありましたな。( ´_ゝ`) 8のゾロ目は八の字が末広がりで、縁起が良 [続きを読む]
  • 蔵屋敷LUNA
  • 5月の連休時ですから、もうだいぶ前になります。兄が帰郷していた最後の晩、会食に訪れたのがこちら。昭和通りにある、蔵屋敷LUNAです。↑門をくぐる、マイ マザー。↓庭園を通り、店へ向かう、マイ マザー。江戸時代に建てられた酒蔵を改造した、和食のお店です。ゆっくり寛げそうな待合室。2階の客室席。右上に兄がちょこっと写ってます。まずは前菜。お品書き見ると、よもぎ薄衣揚げ にぎり寿司 蚕豆博多揚げ 鶏松風 よも [続きを読む]
  • 鶴岡市の新しい文化会館がヤバイ!?
  • NHK NEWS WEB 山形版、8月30日付から。どういう事か、かいつまんで申し上げますと、市民1:「完成まぢかの新しい文化会館、なんか壁面がデコボコじゃね?」市民2:「だよな〜莫大な市民税注ぎ込んでアレじゃあね。クレーム付けたろ」市民グループ:「手抜き工事だ!市は説明せよ」…ってな感じになったらしいのです。百聞は一見に如かず、どういう具合か見ないことには始まらないんで、さっそく確かめに行ってきました。場所は市 [続きを読む]
  • クラゲとキノコ
  • 生物には、まったく種が違うのに不思議とソックリなものがあります。クラゲとキノコなんてのもそうじゃないでしょうか。まず両者とも傘があり、体の構造が似ています。 ライフサイクルも似てる気がします。 特にクラゲは動物の生態っぽくない、キノコ寄りの生活してるようですね〜(^_^;)そして、両者とも毒があることで有名です。 そうだ、両者とも暗がりで光るってのも共通。※オワンクラゲ※シイノトモシビタケ食材の面からみて [続きを読む]
  • YURASAYA
  • 先日行った朝倉さやのコンサート。演奏合間のMCで、「由良の海にはいっぱい思い出あるんだず〜」ってなこと、さやちゃんが語ってたんだわ。そしたら、ブログさやらんぼ山形で、さっそく由良の写真アップしてくれました〜(^^)vhttps://ameblo.jp/asakura-saya/由良にさやちゃんで、ゆらさや=YURASAYA。(おいらの造語です)なんか響きがいいと思いませんか?さやちゃんの歌に「ゆらゆらゆらら」という曲があります。それって、な [続きを読む]
  • ミ〜ナちゃんの妊娠と出産
  • 6月下旬から飼い始めたミナミヌマエビ。当初は何匹も☆になったり、(☆になる=アボーンする)抱卵しても稚エビが生まれない状態が続いてました。ところが最近やっと稚エビを確認できたんですよ〜(^^)まずは抱卵中のママエビがこれ↓◯で囲んだのが卵です。ミナミヌマエビの♀、名前はミ〜ナちゃん。水草につかまり しゃがんだまま、ほとんど動かなくなりました。昔の出産の様子に似てなくもない?翌朝見たら、ミ〜ナたんが卵抱 [続きを読む]
  • 月山高原で、うっしっし〜
  • 四季折々に姿を変える、月山高原牧場。夏はと言うと、こんな感じになります。※画像は で拡大、以下同。どっかで見たような草原風景ですね〜某MS社OS(糞ピー)の壁紙に似てなくもない?この道を進んで向こうの丘を越えると、何かいい事ありそう。ロマンチストのおいらは、ついそんな想いにふけるのでした。(誰がロマンチストだって?( `д´) ケッ!)いや、いいことがありましたよ。大勢の美味しい可愛いさんたちが出迎えてくれた [続きを読む]
  • 荘内藩 大名行列
  • 鶴岡の8月中旬は、お祭りウィーク。15日には、荘内大祭の大名行列がありました。荘内大祭は、歴代4藩主を祀る荘内神社の例祭です。どぉお〜んと轟く銃声、荻野流砲術隊の演武。レミントンやウィンチェスターの銃なんぞ目じゃないッス。それにしても でっかい銃口…いや、これは砲口(咆哮)です。(*_*)歴戦の老兵?が持つ鉄砲に、御婦人が興味津々のようですな。庄内藩の軍旗は"朱の丸"でござるよ。三役奴振り。毛槍を投げ渡す演技 [続きを読む]
  • もう ばんげだどりゃ
  • 8月12日は、おいらにとって特別なメモリアルデーになりました。ついに、生さやちゃんに会えたんですよ〜(^^)v入場1時間前の大ホール玄関前。開演1時間前になり、入場。2階席からステージを見下ろしたところ。おいらの指定席は、ステージが目の前。特等席と言ってもいいんじゃないでしょうか。そこから振り向くと、こんな感じ。音響をコントロールするミキサー等の機材。コンサートの始まり始まり〜演奏中は撮影禁止なので画像は [続きを読む]
  • 奥の細道最上川ライン
  • 今まで何度も通っている、この踏切。列車が通るトコを1度も見たこと無いんです。陸羽西線の清川駅に近い踏切で、上り方面を向くと、立谷沢川に架かる鉄橋が見えます。東北の清流No.1にも選ばれたことがある立谷沢川。釣り人の姿もチラホラ見られます。鉄橋の向こうはトンネル。写真の被写体として気になってました。列車が通るトコロを撮影したい"撮り鉄"欲が…1時間に1本あるかないかの過疎路線。土日のダイヤを調べると、正 [続きを読む]
  • 九九七式魚雷
  • 前回はスタンダード中華そばをいただいた、荘内麺場九九七さん。今回は魚介中華そばに挑みます。ギョカ〜イ、カイカイ♪ ギョカ〜イ、カイカイ♪お昼の早い時間帯、テレビは通販番組ばっかし。ラーメン屋で、竹の割り箸使うの珍しくね?調味料入れっぽい招き猫やね。冷水の他にもお茶が飲み放題なんですよ、奥さん。(通販番組口調)お冷やに、鉄観音茶を少し足してみたッス。そんなことしてるウチに、魚介中華そばが到着。ギョカ [続きを読む]
  • コスタ・ネオ・ロマンチカ
  • 8月2日、イタリア船籍のクルーズシップコスタ・ネオ・ロマンチカ号が酒田港にやって来ました。鶴岡雅義と東京......ではありませんぞ。4月に寄港した飛鳥Ⅱとほぼ同じ大きさ。飛鳥よりいくらか垢抜けて見えるのは、イタリアデザインの造形力かもね。親子連れみたいだけど、お母さんの方がノリノリ。やっぱ、デッカイわ〜白いつなぎのツルハゲおじさんは、船員だろうか。ドーム状のはレーダー?間違ってたら、どーむすいません。 [続きを読む]
  • 九九七式麺場攻撃機
  • 怒涛の開店ラッシュが続く鶴岡市のラーメン事情。7月にオープンしたお店へ突撃してまいりました。(`・ω・´)ゞその名も荘内麺場九九七漢数字で「九九七」。おいらなんかはすぐにこんなの思い浮かべちゃう。九がひとつ足りませんが、九七式は真珠湾攻撃にも参加した、中島飛行機(現スバル)が開発した艦上攻撃機です。ま、それはさておいて。店名のネタばらしすると、単に鶴岡市内の郵便番号〒997から付けたんだって。(^_^;)御託は [続きを読む]
  • 自作ドリンクで水分補給。
  • 夏も本番、連日の暑さで喉もカラカラになります。汗をかいた分、水分補給しなきゃならないんだけど、水だけだと体内のミネラルバランスが崩れちゃう。実際に水中毒という病名があり、死に至ることがあるくらいですからね。おいらが数年前ウィルス性の胃腸炎で、思いっきり上から下からジャージャー液漏れ状態になった際に、医者から進められたのがこんなドリンク。これは、ポカリスエットでお馴染みの大塚製薬で作られてる経口補水 [続きを読む]
  • 東大中退 ハーバード大卒
  • 2011年2月に上げた記事の【街で見かけた有名人】http://thecrystalskull.blog135.fc2.comどれも微妙な位置の有名人なのですが、もうひとり見かけたのを思い出しました。モーリー・ロバートソン1981年3月、富山県立高岡高等学校卒業。同年4月、東京大学理科一類に入学、日本語で受験した初のアメリカ人東大生となる。同時にハーバード、マサチューセッツ工科、スタンフォード、イェール、バークレー、プリンストンの各大学にも合格 [続きを読む]
  • 今、このマンガが面白い!
  • 当ブログでは、これまで自分が気になる漫画を紹介、論評してきました。ミーファ(2010/9/10)">ミーファ(2010/9/10)※題名を で記事へ、以下同。テルマエ・ロマエ(2010/9/30)">テルマエ・ロマエ(2010/9/30)カレチ(2012/0309)">カレチ(2012/0309)モテキ(2012/10/02)">モテキ(2012/10/02)ハルロック(2014/09/01)">ハルロック(2014/09/01)あらためて見ると、カタカナの題名ばっかし!(*_*) あと、週刊モー [続きを読む]
  • 魚拓☆発祥の地
  • 今日は 海の日。え、3日前に終わっただろって?いや〜本来は7月20日が海の日なんですよ。ハッピーマンデーとやらで7月の第3月曜日になっちまいましたが。さて、海の日に因んだ話をしたいと思います。魚拓というものは皆さんご存知でしょう。釣り上げた魚の形を墨や絵の具で紙や布などに転写する技法ですね。その魚拓の発祥地は、我が日本国。海外版のWikipediaにもそう記載されてます。そして日本語版では、こう記されてます [続きを読む]
  • 城下町のゆる〜い祭り
  • 書きかけて、2ヶ月近く放ったらかしになってた天神祭りの記事。もったいないので遅ればせながらアップロードしました。まずは大泉橋を渡る神輿と内川の舟下り。山王通りにパレードの見物客がスタンバイ。 不逞外国人たちが良からぬことを企んでます!これは成立後初めての共謀罪適応か?…なんてね。(^_^;)鶴岡天神祭りのメインキャラ「化けもの」さんです。クラスメートに出会ったのかな?バイバイ〜。中身は25度の甲類焼酎。( [続きを読む]
  • シワが多いほどモテモテ?
  • 炎天下の鶴岡市小真木原運動公園。そこで開かれたのは第3回全国メロンサミットです。つまりは日本中のメロン産地が一同集合ってことです。頭のテッペンが焦げそうな位あっちい!氷屋が繁盛しとるわ。冷たい肉そばは冷たいスープに浸った汁そばです。内陸では芋煮のあとにカレーとうどん入れて〆にします。(庄内風の芋煮ではやらない)新庄/最上地方では、とりもつラーメンとかで、とりもつをよく食べます。抜けるような青空には [続きを読む]
  • 日伊合作!生ハムメロン
  • 前回は見物に終始した「つるおか食文化市場 FOODVER」今回は、いよいよ実食です。(笑)鶴岡市内に天ぷら食べさせる店は結構あるけど、天丼が美味しいトコはなかなか無い。…ってんで、こちらのお店へ。和食「彩鶴」の丼物専門店。海鮮丼と天丼が食べられます。おいらが注文したのは、この特製海鮮天丼 1,800ナリ。高さもありますが、横に穴子天がはみ出してます。(^_^;)味はと言うと、おいらにはちと甘すぎた。もっとあっさりし [続きを読む]